光回線のおすすめ4選

J:COM(ケーブルテレビ)とフレッツ光の決定的な違い7つ!比較してどっちがいいか解説!

J:COMとフレッツ光は知名度が高いインターネット回線なので、どちらを契約しても快適に利用できるイメージがあります。

しかし、J:COMとフレッツ光とでは回線の品質が全く異なるので、通信速度に大きな差があります。

口コミによる評判を見ると、多くの人がフレッツ光を選んだほうが良いと感じるでしょう。

 

ここでは、J:COMとフレッツ光の違い7つを紹介し、どちらを利用するべきなのか解説します。

J:COMとフレッツ光のどちらを契約するべきか悩んでいる人は、参考に読んでみてくださいね。

J:COMとは?フレッツ光とは?それぞれのサービス内容を知ろう!

J:COMとフレッツ光を比較する前に、それぞれのサービスの基本となる情報と共通点を見てみましょう。

 

J:COMはケーブルテレビ用の回線でインターネットに接続する

ご存知の人もいるかと思いますが、J:COMはケーブルテレビの事業者として知られています。

J:COMではケーブルテレビで使われている同軸ケーブルでインターネットに接続することが基本ですが、現在はauひかりの光回線を利用するプランも提供しています。

また、KDDIと提携しているので、auユーザーの人がJ:COMを利用すると割引を受けることができます。

J:COMとauひかりの違いについては以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

J:COMとauひかりの決定的な違い6つ!どっちがいいか比較!

フレッツ光は光ファイバーでインターネットに接続する

フレッツ光はNTTが運営するインターネット回線で、光回線でサービスを提供しています。

フレッツ光の特徴は回線が持つクオリティの高さで、下りと上りともに最大1Gbpsの速度に対応しています。

また、運営会社がNTTということもあり、多くのユーザーから絶大な信頼を得ています。

NTTの回線というだけでフレッツ光を使い続けている人も少なくありません。

 

J:COMとフレッツ光の共通点は工事が必須なこと

J:COMとフレッツ光は全く異なるサービスですが、契約する際に回線の導入工事が必要な点と、工事の作業内容が共通しています。

 

戸建てでJ:COMかフレッツ光を利用する場合、電柱から自宅に通信ケーブルを引き、自宅の中に通信機器が設置されます。

 

マンションでJ:COMやフレッツ光を利用するには、予め対象の回線ケーブルが導入されていることが条件です。

回線ケーブルが導入されていれば、壁の中にある通信ケーブルを宅内に引いてから通信機器が設置されます。

 

導入するケーブルや設置される通信機器の種類は異なりますが、基本的な作業の流れはほとんど変わりません。

 

J:COMとフレッツ光の違い7つはこれだ!仕組みが根本的に違う?

J:COMとフレッツ光は運営会社と回線の種類が全く異なるので、サービスに7つの違いがあります。

7つの違いはJ:COMとフレッツ光のどちらを契約するかを決めるポイントになるので、よく把握しておきましょう。

 

違いその1.回線の品質が違う

J:COMとフレッツ光は、回線の仕組みが全く異なります。

J:COMで利用する同軸ケーブルはノイズを拾いやすい弱点があるので、実効速度の変動が激しいデメリットを抱えています。

フレッツ光が提供する光回線は光で情報を送るので通信速度が速く、ノイズもほとんど拾わないので安定性の高さも兼ね備えています。

回線の品質はフレッツ光のほうが優れていると言えるでしょう。

 

違いその2.通信速度に大きな差がある

回線の品質が違うと、通信速度に大きな影響が出てきます。

J:COMには5種類のプランがあり、どれに加入するかで最大速度が変わります。

 

「J:COM サービスプラン別公式速度一覧」

サービスプラン公式速度
1Mコース下り:最大1Mbps

上り:最大512Kbps

12Mコース下り:最大12Mbps

上り:最大2Mbps

120Mコース下り:最大120Mbps

上り:最大10Mbps

320Mコース下り:最大320Mbps

上り:最大10Mbps

光1Gコース on auひかり下り上りともに最大1Gbps

※プランごとの違いの詳細は以下の記事をご参照ください。

J:COMのプラン320M,120M,12M,1M,1Gの違い!速度や評判を徹底分析!

1Mコースと12Mコースではホームページや動画を見ることが難しいので、120Mコース以上のプランに加入することが一般的です。

下りの最大速度はプランの名前通りの数値になりますが、上りの最大速度はそれほど数値が高くありません。

ただ、今のJ:COMはauひかりの回線を利用する「光1Gコース on auひかり」も提供しているので、下りと上りともに最大1Gbpsの速度にも対応するようになりました。

フレッツ光は下りと上りともに最大1Gbpsの速度に対応しています。

 

J:COMとフレッツ光の最大速度を見ると、フレッツ光を契約したほうが快適にインターネットを使えそうに見えますよね?

その考え方は間違いではなく、口コミから見える実効速度にもJ:COMとフレッツ光の差が表れています。

J:COMの実効速度の口コミ

J:COMの利用者からは下り速度が遅いという口コミが多く挙がっているので、評判が良いとは言えません。

ノイズを拾いやすい同軸ケーブルを使っていることが、実効速度の評価が低い原因です。

J:COMにまつわる口コミを見ると「通信速度が遅い」という内容が目立ちますが、「光1Gコース on auひかり」だけは高く評価されています。

といっても、「光1Gコース on auひかり」は本来KDDIが提供している回線なので、J:COM以外のプロバイダでも利用することができます。

「光1Gコース on auひかり」の口コミは、純粋なJ:COMの評判に直結しないと考えたほうがいいでしょう。

速度の詳細は以下の記事でも解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもご参照ください。

J:COMのネット回線の速度は遅い?測定結果をもとに理由とともに解説!

フレッツ光の実効速度の口コミ

フレッツ光の光回線はノイズを拾わないので、とても優れた実効速度を出してくれます。

J:COMの利用者から寄せられた口コミと比べると、フレッツ光の回線品質が高い印象を受けます。

しかし、フレッツ光の回線は、契約するプロバイダによって通信速度が左右されるデメリットがあります。

評判が悪いプロバイダを契約してしまうと、フレッツ光の回線品質を発揮することができません。

速度の詳細は以下の記事でも解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもご参照ください。

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

上記の口コミをまとめると、

  • 「J:COMの通信速度は評価がとても悪く、光1Gコース on auひかりの口コミは純粋な評価ではない」
  • 「フレッツ光は回線の品質が高くても、プロバイダ選びに注意が必要」

という結論になります。

 

違いその3.プロバイダ契約の必要有無が違う

J:COMは回線とプロバイダがセットになっているので、1度の手続きで契約が完了します。

 

フレッツ光は光回線だけでなく、別でプロバイダを契約しなければインターネットを使うことができません。

フレッツ光で利用するプロバイダの選択肢はとても多くありますが、「どこを契約しても同じでしょ?」と思われがちです。

しかし、どこのプロバイダを契約するかで月額料金は変わり、先ほど説明した通り実効速度も左右されます。

フレッツ光を契約するときは、事前に調べて評判が良いプロバイダを選ばないといけません。

フレッツ光と比べると、プロバイダを選ぶ必要がないJ:COMのほうが契約しやすい印象を受けますよね。

プロバイダの選び方は以下の記事で詳しく解説しているので、フレッツ光を検討している方はこちらもご参照ください。

プロバイダの選び方のポイント5つ!初心者にもわかりやすく解説!

違いその4.月額料金が違う

J:COMとフレッツ光には、月額料金にも大きな違いがあります。

 

J:COMの料金

J:COMでは加入するプランによって月額料金が変わりますが、5,500円から6,500円になることが基本です。

(1Mコースと12Mコースは加入する必要性が無いので、下記の表では割愛しています)

 

「J:COM プラン別月額料金一覧」

プランネット回線のみ
120Mコース5,500円
320Mコース6,000円
光1Gコース on auひかり6,500円

J:COMの料金については以下の記事でさらに詳しく解説しています。より詳細まで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ネットの料金J:COMの料金は高いのか他の回線と比較!Wi-Fiの料金についても!

フレッツ光の料金

フレッツ光の月額料金は住んでいるエリアと住居によって変わります。

ただ、フレッツ光の月額はあくまで「回線だけの利用料金」なので、別途500円から1,000円ほどのプロバイダ料金も必要です。

 

「フレッツ光東日本 月額料金」

項目戸建てマンション
月額料金5,700円プラン2

(16件以上の契約が見込める場合)

プラン1

(8件以上の契約が見込める場合)

ミニ

(4件以上の契約が見込める場合)

3,350円3,750円4,350円
ギガ推し!割引(30ヶ月間適用)-300円-200円-200円-200円
にねん割-700円-100円-100円-100円
30ヶ月間の合計4,700円3,050円3,450円4,050円
31ヶ月目以降の合計5,000円3,250円3,650円4,250円

 

「フレッツ光西日本 月額料金」

利用期間戸建てマンション
1~2年目4,300円プラン1:3,250円

プラン2:2,850円

ミニ:3,950円

3年目以降5,400円プラン1:3,700円

プラン2:3,200円

ミニ:4,500円

フレッツ光の料金については以下の記事でさらに詳しく考察しています。詳細が知りたい方はこちらもご参照ください。

ネットの料金フレッツ光の料金は高いのか?他社や他の回線と比較してみた!

J:COMとフレッツ光の料金を比較

フレッツ光のプロバイダ料金の振れ幅を500円から1,000円と仮定して、J:COMの月額料金と比較すると以下の感じになります。

 

「J:COM・フレッツ光 月額料金比較表」

サービス戸建てマンション
J:COM120Mコース:5,500円

320Mコース:6,000円

光1Gコース on auひかり:6,500円

120Mコース:5,500円

320Mコース:6,000円

フレッツ光 東日本30ヶ月:5,200円~5,700円

31ヶ月目以降:5,500~6,000円

30ヶ月:3,550~5,050円

31ヶ月目以降:3,750~5,250円

フレッツ光 西日本1~2年目:4,800~5,300円

3年目以降:5,900~6,400円

1~2年目:3,350~4,950円

3年目以降:3,700~5,500円

 

上記の表から結論を出すと、J:COMは対応速度が遅い割に料金が高く、フレッツ光は最大1Gbpsに対応しているけどJ:COMよりコストが低いということになります。

 

違いその5.セット割引が受けられるかが違う

J:COMはKDDIと提携しているインターネット回線なので、auユーザーが契約すると「auスマートバリュー」が適用されてスマホ代が割引されます。

 

割り引かれる金額はauで契約している料金プランで変わりますが、スマホ代が500~2,000円安くなります。

 

「auスマートバリュー 割引金額一覧」

プランデータ容量2年間3年目以降
auピタットプランスーパーカケホ/カケホ:2GBまで

シンプル:1GB超~2GBまで

500円500円
スーパーカケホ/カケホ/シンプル:2GB超~20GBまで1,000円1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

934円934円
データ定額5/20GB

LTEフラット(7GB)

ISフラット

1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

 

さらに、「auスマートバリュー」は家族も全員が対象なので、J:COMはauユーザーにとって通信費を安くできるインターネット回線になります。

 

フレッツ光ではどのキャリアでスマホを使っていても割引が適用されないので、auユーザーからするとJ:COMほどお得とは感じられません。

 

しかし、「auスマートバリュー」はauひかりなど他の回線でも受けることができるので、J:COMならでは特典というわけではありません。(auひかりの詳細は以下の記事をご参照ください。)

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

 

違いその6.セットで利用できるテレビサービスが違う

J:COMとフレッツ光はどちらもテレビサービスをセットで利用できます。

しかし、セットで利用できるテレビサービスの種類に違いがあります。

 

J:COMはもともとケーブルテレビの事業者なので、J:COMのインターネット回線とテレビサービスをセットで利用できます。

フレッツ光でセット利用できるテレビサービスはスカパーのみとなっています。

 

J:COMのテレビサービスとスカパーにはあらゆる違いがありますが、ここで説明するとあまりにも長くなってしまいます。

以下の記事で詳しく解説しているので、テレビサービスの利用も考えている人はあわせてご覧ください。

J:COMとスカパーの違い9つ!料金やチャンネル内容を比較し解説!

 

違いその7.初期費用の金額が違う

J:COMとフレッツ光の工事内容はほとんど同じ流れですが、費用が全く違います。

 

J:COMでは住まいが戸建てとマンションのどちらであっても基本工事費は6,000円になり、テレビサービスとセットで契約するとキャンペーンが適用されて0円になります。

 

フレッツ光の工事費は戸建てで18,000円、15,000円となっていて、キャンペーンによる割引もありません。

 

「J:COM・フレッツ光 工事費比較表」

サービス戸建てマンション
J:COM6,000円6,000円
フレッツ光18,000円15,000円

※J:COMはテレビサービスとセット契約すると工事費0円。

 

フレッツ光では工事費を30回の分割支払うことができますが、負担する費用の値段で考えるとJ:COMのほうが契約しやすいと思いますよね。

新規で契約するならJ:COMとフレッツ光のどちらが良いか?

J:COMは工事費が安いうえにプロバイダを選ぶ必要が無いので、ほとんどの人がフレッツ光よりも契約しやすいと感じるのではないでしょうか?

しかし、快適にインターネットを使うなら、ある程度の初期費用を支払ってでもフレッツ光を使うべきです。

J:COMは工事費が安い代わりに、通信速度が遅くなりインターネットが使いづらくなる恐れがあります。

プランを「光1Gコース on auひかり」にすれば通信速度は安定しますが、他のプロバイダでauひかりを利用するよりも月額料金が高くなるので、わざわざJ:COMで契約する必要がありません。

 

「J:COM・他社プロバイダ auひかり月額料金比較表」

サービス月額料金
J:COM光 1Gコース on auひかり6,500円
他社プロバイダでauひかりを契約した場合1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目以降:4,900円

 

フレッツ光は工事費こそ高額ですが、評判が良いプロバイダを契約すればJ:COMよりも通信速度が安定します。

快適にインターネットを使うなら、工事費を負担してでもフレッツ光を契約することが無難な選択です。

まだまだJ:COMとフレッツ光のことを詳しく知りたい方は、以下の記事で口コミをまとめているのあわせて参考にしてみてください。

口コミフレッツ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! J:COMの口コミ・評判が悪いと言われる理由3つ!実態を暴く!

J:COMからフレッツ光へ乗り換える手順とメリット

J:COMの通信速度に不満を感じてフレッツ光への乗り換えを考えている人は多いと思います。

J:COMからフレッツ光への乗り換えは簡単な方法で行えますが、高額な費用がかかってしまうデメリットがあります。

 

J:COMからフレッツ光への乗り換えは簡単

J:COMからフレッツ光への乗り換えは、

  1.  フレッツ光を申し込む
  2. フレッツ光の導入工事が入る
  3. J:COMを解約する
  4. J:COMの回線と機器の撤去工事が入る

 

上記4つの順番で行います。

 

①フレッツ光を申し込む

J:COMからフレッツ光へ乗り換える際は、先にフレッツ光の申し込みを先に行います。

最初にJ:COMを解約してしまうと、フレッツ光が開通するまでインターネットが使えなくなるからです。

なので、間違えてJ:COMから先に解約しないようにしましょう。

フレッツ光の申し込みは、家電量販店や公式サイトが受け付けています。

 

フレッツ光でインターネットを利用するには、プロバイダの契約も必要になります。

プロバイダの契約手続きも忘れないように気をつけましょう。

 

②フレッツ光の導入工事が入る

フレッツ光の申し込みが完了すると、2週間後以降に回線の導入工事が入ります。

工事の内容は前半で説明した通りで、所用時間は戸建てで40分から90分、マンションで30分以内です。

工事が完了すると、その日からフレッツ光のサービス提供が開始されます。

 

③J:COMを解約する

フレッツ光が開通したら、すぐにJ:COMの解約申請を行います。

J:COMの解約手続きは、基本的に電話窓口で行います。

解約の詳細は以下の記事で解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらをご参照ください。

J:COMの違約金などの費用を払わない解約方法!やめる月が大事だった?!

④J:COMの回線と機器の撤去工事が入る

J:COMの電話窓口に解約申請を行うと、後日に回線と機器の撤去工事が入ります。

回線と機器の撤去工事は、契約者の立ち会いが必要です。

撤去工事が終われば、J:COMの解約は完了です。

 

J:COMからフレッツ光の乗り換えるメリットは回線の品質が向上すること

J:COMからフレッツ光へ乗り換える最大のメリットは、回線の品質が高くなり通信速度が向上することです。

 

先ほど紹介した口コミを見ればわかりますが、J:COMとフレッツ光は回線の品質が全く違いので、通信速度の評判が大きく異なります。

J:COMは通信速度の評価が良くないので、フレッツ光に乗り換えると回線スピードが大幅に向上することがほとんどです。

 

フレッツ光に乗り換えて受けられるキャンペーンは無い?

J:COMからフレッツ光に乗り換える際には、

  •  フレッツ光の工事費
  • J:COMを解約する際に請求される違約金
  • J:COMの回線撤去費用
上記3つの費用が発生します。

 

発生する金額は住んでいる住居やJ:COMの契約内容によって異なりますが、振れ幅となる値段は以下のようになります。

 

「J:COMからフレッツ光へ乗り換える費用」

項目金額
フレッツ光の工事費戸建て:18,000円

マンション:15,000円

J:COMの違約金3,500~36,000円
J:COMの回線撤去費用2,000~6,000円
合計20,500~60,000円

 

J:COMからフレッツ光に乗り換える場合、最低でも20,500円以上になる費用を支払わないといけません。

 

フレッツ光はキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施していないので、工事費とJ:COMの違約金などを全て負担しなければいけません。

いくら通信速度が向上するといっても、20,000円以上の費用が必要だと乗り換えしにくいと感じますよね?

しかし、乗り換える光回線にはフレッツ光以外の選択肢があり、工事費や違約金の負担を少なくしてくれる事業者があります。

J:COMから光回線に乗り換えるなら、フレッツ光以外の事業者を契約したほうがいいでしょう。

キャンペーンや割引が充実していて、かつ速度の速い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

フレッツ光のデメリットと他の光回線を選んだほうが良い理由

光回線を契約するなら、フレッツ光の他にも多くの選択肢があります。

以前は「光回線を使うならフレッツ光」というイメージがありましたが、今はフレッツ光よりもおすすめできる光回線サービスがいくつもあります。

フレッツ光以外で光回線を契約すれば、工事費や違約金の負担が無くなるうえに、利用料金も安くなります。

 

フレッツ光はNTTによる光回線サービス

「光回線を使う=フレッツ光を使う」というイメージを持っている人は多いと思いますが、光回線を使う人が必ずフレッツ光を契約しないといけないわけではありません。

フレッツ光はあくまで「NTTが提供する光回線」でしかなく、NTT以外の事業者が提供している光回線も存在しているからです。

 

たとえば、auひかりでは東京電力が「TEPCOひかり」で使われていた光回線でサービスを提供しています。

通信速度の速さが話題のNURO光は、厳密にはフレッツ光の光回線でインターネットを提供していますが、すでにNTTが利用していない回線の伝送規格を変えてサービスを展開しています。

 

また、NTT以外の事業者がフレッツ光の回線を提供するサービスも少なくありません。

この後に紹介するソフトバンク光とドコモ光は、NTTの代わりにフレッツ光の回線を提供しているサービスです。

 

上記のフレッツ光以外の光回線サービスはプロバイダがセット契約になっているうえに、フレッツ光よりも月額料金が安いメリットを持っています。

通信速度の評価も高いので、フレッツ光よりもおすすめできるサービスと言えます。

 

さらに、ここで紹介しているサービスは、キャンペーンによる割引で工事費が実質無料になります。

J:COMから乗り換える場合でも、キャッシュバックが適用されるので違約金を負担する必要がありません。

 

フレッツ光よりもおすすめの光回線4つとその理由

先ほど紹介した光回線サービスがフレッツ光よりもおすすめできる具体的な理由を見てみましょう。

サービスごとのメリットを知ると、フレッツ光以外で光回線を使ったほうが良いと感じます。

 

通信速度が爆速のNURO光

 

NURO光はフレッツ光の2倍にあたる最大2Gbpsの速度に対応しているので、多くの人から注目を集めています。

2Gbpsに速度に対応しているだけあり実効速度の評価が高いので、ネットサーフィンからオンラインゲームまで難なくこなすことができます。

フレッツ光より2倍も速度が速いと料金が高そうに思いますが、5,000円以下の月額で利用できるのでお得度も悪くありません。

 

「NURO光・フレッツ光 月額料金比較表」

サービス戸建てマンション
NURO光4,743円4,743円

(NURO光 for マンションが利用できれば1,900~2,500円)

フレッツ光 東日本30ヶ月:5,200円~5,700円

31ヶ月目以降:5,500~6,000円

30ヶ月:3,550~5,050円

31ヶ月目以降:3,750~5,250円

フレッツ光 西日本1~2年目:4,800~5,300円

3年目以降:5,900~6,400円

1~2年目:3,350~4,950円

3年目以降:3,700~5,500円

 

さらに、ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」が適用されて、スマホ代が500円から1,000円安くなります。

フレッツ光より通信速度が速く料金も安いのなら、NURO光を使ったほうがいいですよね?

しかし、関東・東海・関西でしか提供されていないので、利用できる人が限られています。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

セット割引が魅力のソフトバンク光

ソフトバンク光はソフトバンクのスマホ代が安くなる「おうち割光セット」が売りの光回線サービスです。

「おうち割光セット」が提供されるとスマホ代が500円から1,000円安くなるので、ソフトバンクユーザーにとってソフトバンク光はフレッツ光よりお得な光回線と言えます。

基本の月額料金もフレッツ光より安くなる可能性があります。

 

「ソフトバンク光・フレッツ光 月額料金比較表」

サービス戸建てマンション
ソフトバンク光5,200円3,800円
フレッツ光 東日本30ヶ月:5,200円~5,700円

31ヶ月目以降:5,500~6,000円

30ヶ月:3,550~5,050円

31ヶ月目以降:3,750~5,250円

フレッツ光 西日本1~2年目:4,800~5,300円

3年目以降:5,900~6,400円

1~2年目:3,350~4,950円

3年目以降:3,700~5,500円

 

Twitterなどで口コミを見ると通信速度が遅いという事例が目に入りますが、光BBユニットをレンタルして接続方式をiPv6に切り替えれば、十分すぎる回線スピードを出してくれます。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

セット割引だけでなく回線の品質も魅力なauひかり

auひかりは「auスマートバリュー」によるセット割引があるので、auユーザーから高い人気を得ています。

「auスマートバリュー」はJ:COMでも受けられる割引ですが、先ほど説明した通り基本料金がJ:COMより安くなっています。

フレッツ光よりも月額料金が安いので、auユーザーにとってもっともお得な光回線と言えるでしょう。

 

「au光・フレッツ光 月額料金比較表」

サービス戸建てマンション
auひかり【従来型】

1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目以降:4,900円

【auひかりホームV5ギガ】

1年目:5,100円

2年目:5,000円

3年目:4,900円

4年目以降:5,400円

【auひかりホームX10ギガ】

1年目:5,880円

2年目:5,780円

3年目:5,680円

4年目以降:6,180円

3,400~5,000円
フレッツ光 東日本30ヶ月:5,200円~5,700円

31ヶ月目以降:5,500~6,000円

30ヶ月:3,550~5,050円

31ヶ月目以降:3,750~5,250円

フレッツ光 西日本1~2年目:4,800~5,300円

3年目以降:5,900~6,400円

1~2年目:3,350~4,950円

3年目以降:3,700~5,500円

 

基本の対応速度は最大1Gbpsですが、関東の戸建てでは最大5Gbpsに対応した「auひかりホームV5ギガ」と最大10Gbpsに対応した「auひかりホームX10ギガ」を利用することもできます。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりの詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモユーザーならもっともお得なドコモ光

 

ドコモ光も「光セット割」によってドコモのスマホ代が最大3,500円安くなるので、ドコモユーザーによってもっともコストが安い光回線サービスになります。

もちろん、基本の月額料金もフレッツ光より安くなる可能性があります。

 

「ドコモ光・フレッツ光 月額料金比較表」

サービス戸建てマンション
ドコモ光タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

タイプA:4,000円

タイプB:4,200円

フレッツ光 東日本30ヶ月:5,200円~5,700円

31ヶ月目以降:5,500~6,000円

30ヶ月:3,550~5,050円

31ヶ月目以降:3,750~5,250円

フレッツ光 西日本1~2年目:4,800~5,300円

3年目以降:5,900~6,400円

1~2年目:3,350~4,950円

3年目以降:3,700~5,500円

 

ただ、ドコモ光はプロバイダを選択できるようになっていて、フレッツ光と同じように契約する事業者によって通信速度が遅くなる恐れがあります。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

まとめ

J:COMとフレッツ光は回線の仕組みが全く違うので、通信速度に大きな差があります。

J:COMは通信速度の評判が良くないので、快適にインターネットを使うならフレッツ光がおすすめという答えになります。

通信費の安さを求めるauユーザーの人からすると、「auスマートバリュー」が受けられるJ:COMが魅力的に見えますよね。

しかし、「auスマートバリュー」が受けられるインターネット回線は他にもあるので、わざわざJ:COMを選ぶ必要はありません。

 

快適にインターネットを使い続けるならフレッツ光を選んだほうが良いという結論になりますが、これはあくまでJ:COMとフレッツ光だけを比較した場合に限ります。

光回線にはフレッツ光以外にもあらゆる選択肢があり、他の事業者で契約すればより安い料金が安くなるうえに通信速度が安定します。

光回線を契約するなら、フレッツ光以外のサービスを選ぶことをおすすめします。

キャンペーンや割引が充実していて、かつ速度の速い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!