光回線のおすすめ4選

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

フレッツ光は光回線の中でも定番のサービスなので、多くの人が利用しています。これからフレッツ光の契約を検討している人も少なくないでしょう。

インターネット上にある口コミを見ると、フレッツ光の通信速度にまつわる評判はさまざまです。通信速度が速いという声もあれば、夜になると速度が遅いという声もあります。

フレッツ光は通信速度が優れている光回線ですが、ある原因で速度が低下することがあります。速度が遅くなる原因を知っておけば、安心してフレッツ光を契約することができます。

そこで、ここではフレッツ光の通信速度について解説します。他社のネット回線とも通信速度を比較するので、参考にしてくださいね。

フレッツ光の公式速度と実効速度

ネットワーク回線

フレッツ光は、インターネット回線の中でも対応速度がとても速いサービスです。ただ条件によって対応速度が違いますし、実際に出る速度も違います。フレッツ光の対応速度と、実際に出る速度を見てみましょう。

フレッツ光は最大1Gbpsの高速回線

NTTの公式ホームページを見ると、フレッツ光は最大1Gbpsの通信速度が出ると表記されています。

フレッツ光 隼

1Gbpsという速度は、数あるインターネット回線の中でかなり高い数値です。

最大1Gbpsの速度に対応しているネット回線はフレッツ光だけではなく、ほとんどの光回線が1Gbpsに対応していますが、この値はかなり速い方と言えます。

速度の観点から言って、フレッツ光の契約をためらう必要は全くありません。安心して利用できる回線です。

フレッツ光の実効速度は50Mbps〜100Mbps

ただ、最大1Gbpsの速度が出るといっても、これはあくまで理論上の最大数値ということには注意が必要です。実際の通信速度は、1Gbpsを下回ることがほとんどです。

平均的な実効速度は、おおむね50Mbpsから100Mbps程度となっています。契約した内容によって通信速度は異なりますが、このくらいの速度を目安と考えるといいでしょう。

この50Mbps〜100Mbpsの速さについては、どのようなインターネットの使い方をしても普通に問題なく快適なレベルです。公開されている速度より遅くても全く心配する必要はありません。

豆知識:LANケーブルやルーターの性能で速度が変わる

ちなみにフレッツ光が持つ最大1Gbpsの速度は、インターネットに接続する方法によっても変わります。

LANケーブルの種類によって通信速度に影響が出る

LANケーブルなどを使ってパソコンをネットに接続すると、フレッツ光の回線が持つクオリティを最大限活かすことができます。

ただ、LANケーブルの種類によって対応速度が違うので、フレッツ光の速度に見合ったものを使うことが重要です。LANケーブルの種類別の通信速度は、下記の表を参考にしてください。

LANケーブル 種類別対応速度早見表
種類通信速度伝送帯域
CAT5100Mbps100MHz
CAT5e1Gbps100MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT710Gbps600MHz

この表を見ると、フレッツ光のクオリティを活かすには最低でも「CAT5e」を選ばなければいけないことがわかりますね。

LANケーブルの形状にも、

  • スタンダードタイプ
  • フラットタイプ
  • スリムタイプ(極細タイプ)

この3種類があります。

LANケーブルの形状

形状によってノイズの受けにくさが違い、通信速度に影響が出ます。この3種類の中ではスタンダードタイプがもっともノイズの強く、フレッツ光の性能を活かすことができます。

Wi-Fiを使う場合、無線LANルーターの種類によって速度に影響が出る

フレッツ光でWi-Fiを利用するとしたら、無線LANルーターが必要です。ただ、無線LANルーターであればどれを使えばいいというわけではありません。

無線LANルーターは種類によっても対応している通信速度が違います。2階建ての戸建て住宅や3LDKのマンションに対応している無線LANルーターは、最大で867Mbpsの速度に対応しています。

値段も5,000円程度の安価になっているので、フレッツ光のクオリティを活かしやすいうえに手軽だと言えるでしょう。

フレッツ光と同じ1Gbpsの速度に対応している無線LANルーターもありますが、値段は20,000円以上と高価です。

通信速度にこだわりたい人なら、高い金額を負担して1Gbpsに対応している無線LANルーターを選んだほうがいいです。

Wi-Fiを使う目的がスマートフォンやタブレットでウェブサイトや動画を見るぐらいであれば、対応速度が867Mbpsの無線LANルーターでも十分でしょう。

フレッツ光を夜に利用するときの速度

フレッツ光を利用していると、夜に通信速度が遅くなることがあると言われています。

フレッツ光は夜になると若干速度が遅くなることがある

実際に夜に通信速度が落ちるケースはあります。夜はインターネットを利用する人が多く、回線が混雑するため通信速度が低下するわけです。

しかし通信速度が遅くなる原因はフレッツ光にあるわけではありません。速度も大きく落ちるわけではなく、普通の使い方なら問題ない程度なので、夜の速度についてはあまり神経質になる必要はありません。

原因はプロバイダであってフレッツ光にはない

通信速度が遅くなる原因は、契約するプロバイダにあります。フレッツ光の回線で行う通信は、プロバイダが管理しています。

プロバイダはNTTの基地局からサーバーを提供していて、そのサーバーで通信を管理しているわけです。サーバーのクオリティは、全てのプロバイダで同じわけではありません。

サーバーのクオリティが低いプロバイダを利用すると、夜になると通信速度が遅くなってしまうのです。サーバーのクオリティが高いプロバイダを契約すれば、夜になっても通信速度が遅くならないのです。

つまりフレッツ光を契約する際には夜の速度は重要ではありません。どのプロバイダを選ぶかが重要なのです。

フレッツ光のマンションタイプの速度

フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsであることが基本ですが、マンションでは方式によって通信速度が違います。また戸建てとは仕組みが違うため、夜の通信速度も異なります。

フレッツ光のマンションタイプは住居によって通信速度が違う

フレッツ光のマンションタイプは、1本の光ファイバーを全戸に分配しています。

分配する方式には以下の3種類があり、それぞれ通信速度が違います。

  • 光配線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式

光配線は光ファイバーと同じケーブルで通信を分配するので、通信速度は最大1Gbps。LAN方式とVDSL方式は光ファイバーとは別のケーブルで通信を分配するので、通信速度は最大100Mbpsになります。

通信速度が100Mbpsと聞くと、多くの人はインターネットが使いにくくなるのではないかと不安に思うでしょう。しかしネットを使うには100Mbpsの速度に対応していれば十分です。

フレッツ光のマンションタイプは夜になると通信が混雑する

フレッツ光のマンションタイプは、1本の光ファイバーを全戸で共有するので、利用者が多い夜の時間は回線が混雑して通信速度が遅くなります。

だからと言って、インターネットが使えないと感じるほど速度が遅くなるわけではありません。多少使いにくくなる程度と考えて大丈夫です。過剰に神経質になる必要はありません。

ちなみに、フレッツ光のマンションタイプは、このことが理由で月額料金が戸建てより安くなっています。

フレッツ光の速度の口コミ・評判

フレッツ光を利用している人からの口コミを見ると、通信速度が遅いという声もいくつか見受けられます。特に夜の通信速度は著しく遅い事例が少なくありません。

フレッツ光の速度が遅い口コミはいくつかある

Twitterなどの口コミ評判を見ると、フレッツ光は夜になると通信速度がとても遅くなるという声をいくつか目にします。

ただ通信速度が遅いと感じる人のほとんどは、フレッツ光に問題があると考えられます。

原因はフレッツ光でなくプロバイダにあり

先ほど説明したようにフレッツ光に原因はなく、プロバイダによって通信速度が遅くなっていることがほとんどです。

フレッツ光の回線速度は、NTTのサービス情報サイトで確認することができます。サービス情報サイトで速度を計測してみると、フレッツ光の回線に問題はないことがほとんどです。

プロバイダを乗り換えたことで、フレッツ光の通信速度が改善したという事例が多く存在しています。

フレッツ光の通信速度が遅くなるときは、プロバイダに原因があることがほとんどと思っていいでしょう。なのでフレッツ光自体はやはりここまで説明してきた通り、普通に速い回線と言えます。

フレッツ光の速度を他社と比較

ここまででフレッツ光はそれなりに速い回線だとわかっていただけたかと思います。他社と比較するとどうなのでしょうか、口コミもあわせて検討していきます。

ちなみに以下の記事では、光回線の全ての回線から速くて安い回線を厳選し紹介しています。こちらもあわせて目を通してみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

公式に表示されている速度はほとんどどの回線も同じ

まず前提として、記事の最初でも触れましたが、公式に表示されている速度ではフレッツ光は速度1Gbpsです。

フレッツ光 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
電力系回線上り下りともに最大1Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

ほとんどの他の回線も同じ1Gbpsとなっていて、フレッツ光は他社と比較しても速い回線なのです。ただ実効速度としては口コミを見たりすると差が出ていて、フレッツ光が最適ともいえないのです。

電力系光回線はおおむね好評判

フレッツ光のライバル的存在であるeo光などの電力会社の光回線(以下、電力系光回線)は、プロバイダの契約が必要ないうえに通信速度が安定しています。

電力系光回線は、50Mbpsから100Mbps程度の下り速度が出ることがほとんどです。なかには、100Mbpsの速度が出るという事例もあります。

eo光はフレッツ光と同じ1Gbpsの速度ですが、実効速度としてはフレッツ光より速いケースも見られます。地域によっては通信速度が遅いこともありますが、フレッツ光よりは比較的安定している光回線サービスと言えるでしょう。

光コラボはサービスによって落差がある

現在のフレッツ光は、光コラボレーション(以下、光コラボ)というサービスでも使うことができます。光コラボとは、NTTの代わりに別の事業者がフレッツ光の回線を提供するサービスです。

利用する回線はフレッツ光なので最大速度は1Gbpsですが、それぞれプロバイダが指定されているので、全て通信速度が同じわけではありません。

平均では50Mbpsから100Mbpsと言ったところですが、夜になると通信速度が遅くなる光コラボも存在します。

指定されているプロバイダで通信速度が遅くなるところは、フレッツ光と同じですね。

この口コミの通り、地域によってもちろん差は出るのですが、OCN光やBIGLOBE光は速い口コミもありますが、良い口コミばかりではないので、フレッツ光よりはおすすめできません。

ソフトバンク光は比較的速い口コミが多くフレッツ光よりおすすめできます。ソフトバンク光が気になる方は、ソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

NURO光は超安定の光回線

最大速度が2Gbpsということで話題を読んでいるNURO光は、実際の通信速度も優れているという声が寄せられています。50Mbpsどころか100Mbps以上の下り速度が出るので、驚いた人が非常に多いです。

あまりにも高い数値が出るので、思わず笑ってしまった人もいます。

NURO光に関してももちろん地域差はありますが、それを無視しても構わないくらいにダントツで速いです。とにかく通信速度の良さを求めたい人は、NURO光がおすすめといえるでしょう。

NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光の詳細は以下の記事でも解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもご参照ください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

フレッツ光は契約しても大丈夫?

では最後にフレッツ光は契約に値するかですが、ずばりどのような人にもおすすめできます。

フレッツ光は回線が高速だがプロバイダに左右される

フレッツ光の通信速度は、最大1Gbpsと非常に高速です。ここまで見てきた通りフレッツ光の回線は、通信速度が遅くなる可能性はほとんどなく安心して使える回線なので、誰にでもおすすめできます。

しかし、契約するプロバイダによって夜の通信速度が左右されるのには注意が必要です。評判が悪いプロバイダを契約すると、フレッツ光を利用しても通信速度が遅くなっていまいます。

フレッツ光が持つクオリティを体感するには、プロバイダだけはしっかり厳選しましょう。

プロバイダを選ぶポイントを知っておこう

フレッツ光を利用するときはプロバイダ選びが大切ですが、プロバイダの数は非常に多いので、どこで契約すればいいのかわからない人が多いでしょう。

プロバイダを選びのポイントは2つあります。1つめは、Twitterや価格.comなどの口コミです。ネットに寄せられている口コミは、実際に利用している人からの声が多いので、信憑性が高いと思っていいでしょう。

2つめは、ISP規制情報というサイトを参考にすることです。

ブログランキング

ISP規制情報はプロバイダにランクを付けているので、通信速度が低下しにくい事業者を選ぶことができます。

プロバイダ選びが面倒と感じる人はNURO光が良い

プロバイダを選ぶことが面倒と感じる人や、フレッツ光より速いサービスが良いという人は、NURO光と契約したほうがいいでしょう。

NURO光は、プロバイダを選ぶ必要がないうえに通信速度が2Gbpsと他社と比べて圧倒的に速いです。実測も公式に表示されている速度の通り速く、圧倒的におすすめできます。

NURO光は速度が速いだけでなく、料金もかなり安くキャンペーンも豪華という点から見てもおすすめです。あえてフレッツ光を選ぶ必要はないくらいに、NURO光は魅力的な回線です。

NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!