光回線のおすすめ4選

フレッツ光の料金は高いのか?他社や他の回線と比較してみた!

光回線の定番サービスと言えば、NTTが提供するフレッツ光です。これからインターネットを導入する人の多くは、フレッツ光を契約するべきか悩むのではないでしょうか?

フレッツ光はNTTが提供するサービスなので、信頼度はとても高いと言えます。しかし、他の光回線サービスと比べると、毎月の料金は安いとは言えません。

料金を重視したい人は、他のインターネット回線を選んだほうがベストになることが多々あります。

ここでは、フレッツ光の料金について、他社のネット回線と比較しながら解説します。契約するネット回線選びで悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

フレッツ光の料金はいくらなのか?西日本と東日本で解説!

西日本と東日本

他の光回線サービスと比較する前に、フレッツ光の料金を把握しておきましょう。フレッツ光の料金は、他の光回線よりも仕組みが複雑になっています。

フレッツ光は西日本と東日本で料金が違う

フレッツ光は、西日本で利用するか、東日本で利用するかによって月額料金が違います。

フレッツ光西日本の料金

西日本でフレッツ光を利用する場合、基本的な料金は戸建てタイプで5,400円、マンションタイプで3,700円になります。ただ、「もっともっと割」を使うと、さらに月額料金を安くすることができます。

フレッツ光もっと割のキャプチャ

「もっともっと割」を適用した月額料金は、下記の表を参考にしてください。

フレッツ光ネクスト隼 定額プラン 戸建てタイプ月額料金
利用
期間
1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目8年目9年目
以降
割引
未適用
5,400円5,400円5,400円5,400円5,400円5,400円5,400円5,400円5,400円
Web光
もっと²割
3,810円3,810円3,810円3,810円3,810円3,810円3,710円3,610円3,610円

もっと²割
4,300円4,300円4,110円4,010円3,910円3,810円3,710円3,610円3,610円
 フレッツ光ネクスト隼 定額プラン マンションタイプ月額料金
利用
期間
1年目2年目3年目4年目5年目6年目7年目8年目9年目
以降
割引
未適用
3,700円3,700円3,700円3,700円3,700円3,700円3,700円3,700円3,700円
もっと²割3,250円3,550円3,080円3,030円2,980円2,930円2,880円2,830円2,830円
Web光
もっと²割
2,930円2,930円2,930円2,930円2,930円2,930円2,880円2,830円2,830円

※マンションの戸数によって料金は異なります。

フレッツ光西日本の「もっともっと割」については、以下の記事でも詳しく説明しています。あわせて参考にしてくださいね。

フレッツ光「もっともっと割」のメリット・デメリットを解説!

フレッツ光東日本の料金

東日本でフレッツ光を利用する場合、基本料金は戸建てタイプで5,700円、マンションタイプで3,350円から4,350円になります。ただ、「にねん割」や「ギガ推し!割引」を適用することで、料金を少し安くすることができます。

フレッツ2年割りpart2

フレッツ光東日本 定額プラン月額料金
項目戸建てマンション
月額料金5,700円プラン2
(16件以上の契約が
見込める場合)
プラン1
(8件以上の契約が
見込める場合)
ミニ
(4件以上の契約が
見込める場合)
3,350円3,750円4,350円
ギガ推し!割引
(30ヶ月間適用)
-300円-200円-200円-200円
にねん割-700円-100円-100円-100円
合計4,700円3,050円3,450円4,050円

 フレッツ光はプロバイダの料金も加味する必要がある

フレッツ光は、西日本と東日本どちらも別途プロバイダを契約しなければ、インターネットを使うことができません。そのため、先ほど紹介した金額とは別途で、毎月プロバイダの利用料金が発生します。

プロバイダの月額料金は、契約する事業者によって違います。フレッツ光が推奨しているプロバイダ料金は、以下のようになっています。

フレッツ光ネクスト隼 プロバイダ別月額料金
プロバイダ月額料金
AsahiNet戸建て:780円
マンション:700円
BB.excite戸建て:500円
マンション:500円
BIGLOBE戸建て:1,000円
マンション:650円
WAKWAK戸建て:950円
マンション:800円
OCN戸建て:1,100円
マンション:810円
plala戸建て:1,000円
マンション:600円
So-net戸建て:1,000円
マンション:900円
DTI戸建て:951円
マンション:680円
@nifty戸建て:1,000円
マンション:950円
hi-ho戸建て:1,200円
マンション:890円

この他にも選択できるプロバイダはありますが、おおむね500円から1,000円程度が相場と言えるでしょう。

フレッツ光の月額料金は、先ほど紹介した金額にプロバイダ料金を足して算出する必要があります。

プロバイダ料金を加味したフレッツ光の月額料金

プロバイダ料金を加味すると、フレッツ光の月額料金は下記のようになります。

フレッツ光 プロバイダ料金を加味した料金相場
エリア住居タイプ月額料金
西日本戸建て4,110~6,400円
マンション3,330~4,650円
東日本戸建て5,200~6,700円
マンション3,550~5,300円

後ほど他の光回線サービスと比較するとわかりますが、プロバイダ料金も考慮すると、フレッツ光の月額料金は高いことがわかります。

他社の光回線サービスの料金はどうなっているのか?

フレッツ光以外の光回線サービスは、別途プロバイダを契約する必要がありません。つまり、他社の光回線サービスでは、表記されている金額を支払えば、インターネットが利用できるわけです。

他の光回線サービスの料金を見てみると、フレッツ光よりも安くネットを使うことができます。セット割引があるサービスを利用すれば、さらに月々のネット代を安くすることができます。

電力系光回線はフレッツより料金が安く、auとのセット割引もある

フレッツ光と比較されることが多いサービスは、電力会社が提供する光回線サービス(以下、電力系光回線)です。電力系光回線は、NTTよりも先にサービスの提供エリアを拡大したことで、フレッツ光のライバル的存在と言われるようになりました。

電力系光回線は地域によってサービスを提供する会社が違うので、エリアごとに月額料金が違います。電力系光回線は、ほとんどの地域がフレッツ光よりも安い料金で利用できることがわかります。

電力系光回線 事業者別月額料金
電力会社サービス名住居タイプ月額料金備考
中部電力コミュファ光戸建て3,930~5,550円プランによって
料金が異なる
マンション4,110~5,550円
関西電力eo光戸建て1年目:2,953円
2年目以降
:4,953円
マンション1年目:2,524円
2年目:3,524円
中国電力MEGAEGG戸建て1年目:4,000円
2年目以降:5,410円
マンション1年目:2,200円
2年目以降:4,481円
四国電力Pikara戸建て4,200~4,600円通常月額料金は5,200円。
ずっトク割利用で1~5年目は
4,5004,600
9年目か10年目
以降からは
4,200円になる。
マンション3,280~3,400円通常月額料金は4,000円。
ずっトク割適用で
1~5年目は3,400円
6年目以降は3,280円になる。
九州電力BBIQ戸建て4,700円通常料金は5,800円。
5年契約で4,700円になる。
マンション4,100~5,800円マンションの
加入者数
によって料金が異なる。

マンションタイプの料金がフレッツ光と変わらない事業者はありますが、電力系光回線には一つのメリットがあります。

それは、「auスマートバリュー」というセット割引です。auのスマートフォンを使っている人が電力系光回線を利用すると、「auスマートバリュー」が適用となり、月々のスマホ代が割引されます。

割引される金額はauスマホの料金プランによって違いますが、1台あたり最大で2,000円の割引されるので、フレッツ光よりお得になる可能性は高いと言えるでしょう。

auスマートバリュー 割引金額
プランデータ容量2年間3年目以降
auピタットプランスーパーカケホ/
カケホ:2GBまで
シンプル:
1GB超~2GBまで
500円500円
スーパーカケホ/カケホ/
シンプル:
2GB超~20GBまで
1,000円1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
934円934円
データ定額5/20GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

さらに、家族が使っているauスマホであれば、10台までこの割引を受けることができます。auスマホの料金プランと家族の人数次第では、ネット代が実質無料になります。

auスマホの料金プランと家族割

auのスマホを持っている人なら、フレッツ光よりも電力系光回線を選んだほうがお得だと言えるでしょう。

なお、関東から北のエリアは、auひかりを利用することで「auスマートバリュー」の割引を受けることができます。

auスマートバリュー

auひかり 月額料金
住居タイプ
1年目2年目3年目以降
戸建てタイプ5,100円5,000円4,900円
マンションタイプ3,400~5,000円

※戸建てタイプの料金は、ずっとギガ得プランを契約した場合のものです。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

沖縄に住んでいる人も、「auひかり ちゅら」を契約すれば「auスマートバリュー」の割引が受けられます。

なお、「auスマートバリュー」の割引を受けるには、対象の光回線サービスで光電話に加入することが条件なので注意しましょう。

人気の光コラボサービスとも比較してみよう

今は、光コラボレーション(以下、光コラボ)というサービスでも、フレッツ光の回線を使うことができます。

光コラボとは、別の事業者が代行でフレッツ光の回線を提供してくれるサービスです。光コラボは、別途プロバイダを契約する必要がないうえに、「auスマートバリュー」のようなセット割引が受けられる事業者が存在します。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

ソフトバンクユーザーならフレッツ光よりもソフトバンク光がお得

光コラボの中でも人気が高く、料金が安くなる可能性が高いサービスは、ソフトバンク光です。

ソフトバンク光一生割引

ソフトバンク光の月額料金は、フレッツ光よりやや安く設定されています。

ソフトバンク光 月額料金
住居タイプ月額料金
戸建て5,200円
マンション3,800円

さらに、ソフトバンクのスマートフォンを持っていると、「おうち割光セット」の割引を受けることができます。

おうち割光セット

「おうち割光セット」は、ソフトバンクのスマホ代が、1台あたり最大で1,852円安くなる割引です。

おうち割光セット 割引金額
プラン2年間3年目以降
データ定額50GB1,000円1,000円
データ定額30GB1,852円934円
データ定額20GB1,410円934円
データ定額5GB1,410円934円
データ定額2GB463円463円
データ定額1GB463円463円

さらに、ソフトバンクのスマホを持っている家族がいれば、最大で10台まで割引を受けることができます。

スマホの料金プランと家族の人数によっては、割引される金額がソフトバンク光の月額料金より高くなることもあります。

モバイルおうち割光セット

ソフトバンクのスマホを使っている人なら、フレッツ光よりもソフトバンク光を選んだほうが料金が安くなる可能性が高いです。

なお、「おうち割光セット」の割引を受けるには、ソフトバンク光の光電話を利用することが条件なので注意してください。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモユーザーならドコモ光が吉

ドコモのスマートフォンを使っている人なら、フレッツ光よりもドコモ光がおすすめです。

ドコモ光

 

ドコモ光 月額料金
住居タイプタイプAタイプB
戸建てタイプ5,200円5,400円
マンションタイプ4,000円4,200円

 ドコモ光には、ドコモのスマホ代が安くなる「光セット割」を受けることができます。

「光セット割」は、「auスマートバリュー」や「おうち割光セット」と比べると、割引される金額が劣っているように見えます。

光セット割 割引金額一覧 スマホ1台版
プランマンションタイプ戸建てタイプ
ウルトラデータ
LLパック(30GB)
1,100円1,100円
ウルトラデータ
Lパック(20GB)
900円900円
データ
Mパック(5GB)
800円800円
データ
Sパック(2GB)
500円500円

しかし、ドコモの強みであるシェアパックを利用しても割引が受けられるメリットがあります。

光セット割 割引金額一覧 シェアパック版
プランマンションタイプ戸建てタイプ
ウルトラシェアパック
100(100GB)
3,000円3,200円
ウルトラシェアパック
50(50GB)
2,400円2,500円
ウルトラシェアパック
30(30GB)
2,000円2,000円
シェアパック
15(15GB)
1,800円1,800円
シェアパック
10(10GB)
1,200円1,200円
シェアパック
5(5GB)
800円800円

家族全員でドコモのスマホを利用している人は、ドコモ光を選ぶことが通信費を節約する近道になります。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

他の光コラボは、セット割引がなければお得とは言えない

光コラボは、他にもさまざまな種類があります。しかし、ソフトバンク光やドコモ光と比べると、セット割引がないところがほとんどです。

月額料金はフレッツ光よりも安くなりますが、セット割引が充実している光コラボを選んだほうがお得ということを覚えておきましょう。

ちなみに、対象の格安SIMとセットにすると割引が受けられる光コラボもありますが、割引金額はそこまで高くありません。

たとえば、OCN光はOCNモバイルONEを利用すると割引を受けることができますが、1回線あたり200円しか安くなりません。

OCN光

OCN光が気になる方はOCN光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

OCN光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

OCN光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

通信速度が倍のNURO光とも比較

NURO光は、通信速度がフレッツ光の倍にあたる最大2Gbpsということで、関東地方で人気を集めています。

NURO光社

今までは関東でしか利用できませんでしたが、2018年1月下旬から東海と関西でもサービスが提供されるので、期待が寄せられています。

通信速度がフレッツ光よりも2倍速いと聞くと、月額料金が高いのではないかと不安に思うのではないでしょうか?

しかし、契約期間が2年の「NURO光 G2V」を選択すれば、フレッツ光よりも安い4,743円の月額料金で利用することができます。

NURO光 月額料金
プラン月額料金契約期間
NURO光 G2V4,743円2年
NURO光 G27,124円無し

さらに、ソフトバンクのスマートフォンを使っている人がNURO光を契約して光電話にも加入すると、「おうち割光セット」の割引が受けられます。

サービスが提供されているエリアなら、ソフトバンク光よりもNURO光のほうがお得度が高いと言えるでしょう。

NURO光は、戸建てやマンションによる月額料金の変動はありませが、NURO光が導入済みのマンションでは安い金額で利用できることもあります。

NURO光が導入済みのマンションでは安い

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

他のインターネット回線とも料金を比較

インターネットを使う方法は、光回線だけではありません。光回線の他にもさまざまな選択肢があり、フレッツ光より料金でネットを使うことができます。

しかし、光回線と比べると、通信速度をはじめとしてあらゆる点で劣ってしまうデメリットがあります。

どこでもネットを使えるモバイルWi-Fiルーターと比較

モバイルWi-Fiルーターは、光回線の代わりとして使われることが多くなりました。

以前のモバイルWi-Fiルーターは、1ヶ月で7GBまでしか使うことができませんでしたが、今では光回線と同様に無制限でネットが使えるようになりました。

また、モバイルWi-Fiルーターは、回線を導入する工事が必要ないので、初期費用がほとんど発生しないメリットを持っています。モバイルWi-Fiルーターの中でも人気が高いサービスは、WiMAXです。

UQwimax

WiMAX 月額料金
プラン月額料金
ギガ放題プラン
(無制限)
4,380円
ライトプラン
(ライトプラン)
3,696円

WiMAXは、auのスマートフォンを持っていれば「auスマートバリューmine」の割引を受けることができます。

セット割引が受けられることは、auのスマホユーザーにとって嬉しいポイントでしょう。しかし、「auスマートバリュー」と比べると割引される金額が低く、1台しか料金が安くなりません。

auスマートバリューmine 割引金額
プラン割引金額
auピタットプラン(シンプル)
:1GBまで
割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ)
:2GBまで
(シンプル)
:1GB以上〜2GB未満
500円
(スーパーカケホ/カケホ)
:2GBまで
(シンプル)
:2GB以上〜20GBまで
1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円
データ定額5/20/30GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
934円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
743円
データ定額1GB500円

下り速度は最大708Mbpsとなっていて、フレッツ光などの光回線と比べるとやや劣ってしまいます。ホームページや動画サイトを見るなら問題ありませんが、オンラインゲームには向いていません。

とはいえハードな使い方をしない方にはおすすめの回線です。おすすめの理由は以下の記事でも解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

なおWiMAXはGMOとくとくBBだともっとも安く契約できます。詳細が気になる方はGMOとくとくBBの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

自宅に導入しやすいSoftBank Airと比較

ソフトバンクは、自宅専用のWi-Fiルーター「SoftBank Air」を展開しています。SoftBank Airも工事を行う必要がないので、初期費用の安さが魅力です。

softbankエアー

SoftBank Airは、自宅に端末を設置するだけでインターネットが使い放題になる優れものです。

月額料金は、フレッツ光の戸建てタイプより安く、マンションタイプとほぼ同じ金額になっていまが、「おうち割光セット」の割引を受けることができます。

ソフトバンクのスマートフォンを持っている人にとって、SoftBank Airはお得なネット回線と言えるでしょう。

ソフトバンクエアー 月額料金
端末を購入した場合端末をレンタルする場合
基本料金4,880円基本料金4,880円
端末代金
分割支払い
1,620円
×36ヶ月
レンタル料金490円
月月割-1,620円
×36ヶ月
合計4,880円合計5,370円

SoftBank Airの下り速度は最大261~350Mbpsとなっていて、最大1Gbpsを誇るフレッツ光などの光回線より劣ります。

ウェブサイトの閲覧や動画の視聴はスムーズにできますが、オンラインゲームをするとストレスを感じる可能性が高いです。また、夜になると通信速度が落ちることがあります。

詳細が気になる方はソフトバンクエアーの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

SoftBank Airについては以下の記事でも解説しているので、気になる方はこちらもご参照ください。

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!

ADSLと比較するとフレッツ光は高く感じるが通信速度に差がある

ADSLを使えばフレッツ光よりも料金が安くなるのではと思う人は、意外と少なくありません。

確かに、ADSLはフレッツ光よりも安い料金で利用できる強みがありますが、これは電話加入権を持っていればの話です。

電話加入権を持っていない人がADSLを利用すると、フレッツ光とそこまで料金が変わりません。Yahoo!BB ADSLの料金を見れば、そのことがよくわかります。

Yahoo!BB ADSL月額料金表
対応速度月額料金
通常タイプ電話加入権不要タイプ
プレミアムスタンダードプレミアムスタンダード
8Mbps3,378円3,128円4,970円4,720円
12Mbps3,778円3,528円5,370円5,120円
26Mbps4,078円3,828円5,670円5,420円
50Mbps4,178円3,928円5,770円5,520円
50MbpsRevo4,478円4,228円6,070円5,820円

この表を見ると、特にマンションはADSLを利用しても料金が安くならないことがわかるでしょう。

また、ADSLは対応速度が遅く、自宅と基地局の距離が長いと速度が落ちてしまいます。ADSLは、料金と通信速度のどちらから見ても、今から契約する価値がないと見ていいでしょう。

フレッツ光を契約することは意味があるのか?

他のインターネット回線と比較すると、フレッツ光は強くおすすめできるものではありません。フレッツ光を選ぶべき人は、ごく一部の人に限られてきます。

料金を重視するならフレッツ光を選ぶべきではない

まずフレッツ光を利用するときは工事が必要になるので、15,000円から18,000円程度の初期費用が必要です。これは、他の光回線サービスも変わりません。

初期費用の金額が理由で、フレッツ光以外の光回線サービスも契約しにくいと思う人は多いでしょう。しかし、フレッツ光以外の光回線サービスは、工事費が実質無料になるものが多くあります。

また他のインターネット回線と比較すると、フレッツ光の月額料金は光回線サービスの中でも特に高い部類に入ります。携帯電話とのセット割引もないので、お得感があるとは言えません。

他のネット回線は、対象のスマートフォンをセットにすると、通信費が大幅に安くなる割引が用意されています。月額料金の安さを重視したい人は、フレッツ光以外のネット回線を使うべきでしょう。

どうしてもNTTの光回線が使いたい人ならフレッツ光を選ぶべき

フレッツ光を契約するべき人は、「どうしてもNTTが提供するインターネット回線が使いたい」と思っている人に限られます。

NTTへの信頼感をよほど強く持っている人が、フレッツ光を契約する意味があると言えるでしょう。事業者へのこだわりがなければ、あえてフレッツ光を利用する意味はありません。

料金を安くするならスマホとセットで割引が受けられる光回線サービスを選ぼう

料金を安くして光回線を使いたい人は、スマートフォンとセットで割引が受けられるサービスを選びましょう。

auのスマホを使っている人は電力系光回線かauひかりがおすすめです。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを使っている人はソフトバンク光かNURO光がおすすめです。NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモのスマホを使っている人はドコモ光がおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

自分が契約している携帯電話キャリアと合せて光回線サービスを選ぶことが、通信費を安くする近道です。

格安SIMにもセット割引が受けられる光回線サービスがあるので、自分に合った光回線サービスを選びましょう。

手軽にインターネットを使いたい人はモバイルWi-Fiルーターなどがおすすめ

手軽にかつ安い料金でインターネットを使いたい人なら、モバイルWi-FiルーターやSoftBank Airが向いています。

モバイルWi-FiルーターとSoftBank Airは、工事を行う必要がないので、最短で契約したその日からネットを使うことができます。

通信速度は光回線と比べると劣りますが、オンラインゲームをしない限り問題ありません。

しかし、モバイルWi-Fiルーターは3日間で10GBを消費すると速度制限がかかるので、家族全員でネットを使う人には向いていません。

家族の人数に応じて、モバイルWi-FiルータかSoftBank Airのどちらを選ぶべきか考えておきましょう。

モバイルWi-Fiルーターがどちらかというとおすすめです。おすすめの理由は以下の記事でも解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

なおWiMAXはGMOとくとくBBだともっとも安く契約できます。詳細が気になる方はGMOとくとくBBの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

SoftBank Airが気になる方はソフトバンクエアーの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

SoftBank Airについては以下の記事でも解説しているので、気になる方はこちらもご参照ください。

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!