光回線のおすすめ4選

ソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!

インターネット回線にはいろいろな種類がありますが、ほとんどは回線を導入する工事が必要になります。そんな中、携帯電話キャリアで有名なソフトバンクは、工事をせずに自宅をWi-Fi環境にできる「ソフトバンクエアー」を展開しています。

ソフトバンクエアーは、最短で契約をしたその日からインターネットが利用でき、場合によっては光回線よりも料金を安くすることができます。

そのうえ、通信速度も優れているので、多くの人は快適にインターネットを利用できるでしょう。しかし、インターネットを使う目的によっては十分な力が出ないため、全ての人に向いているわけではありません。

そこで、ここではソフトバンクエアーの使い方から仕組みまで詳しく解説します。ソフトバンクエアーを契約しようと考えている人は、参考にしてくださいね。

ソフトバンクエアーの公式サイトもあわせてご参照いただくと、より理解しやすいですよ。以下のリンクよりご覧ください。

ソフトバンクエアーとは?

ソフトバンクエアーの電波確認
ソフトバンクエアーは、モバイルWi-Fiルーターと同じように工事をせずにインターネットが利用できる端末です。工事が不要なインターネット回線と聞くと、通信速度が遅いイメージを持つ人が多いのではないでしょうか?

しかし、ソフトバンクエアーは通信速度が優れているので、快適にネットが利用できるサービスと言えます。

ソフトバンクは自宅専用の据え置き型Wi-Fiルーター

ソフトバンクエアーとは、自宅だけで利用できる、いわゆる「据え置き型Wi-Fiルーター」です。

インターネット回線もとにWi-Fiを利用する場合、自宅に光ファイバーなどを引く工事が必要となるので、18,000円から24,000円の工事費が必要でした。

しかし、ソフトバンクエアーは端末を購入(もしくはレンタル)して、自宅のコンセントに差し込むだけでWi-Fiが利用できる優れものです。

ソフトバンクエアーの月額料金を知ろう

ソフトバンクエアーは、端末を買い取るかレンタルするかのどちらかが選択でき、それぞれ月額料金が違います。

ソフトバンクエアー 月額料金
買取レンタル
通信料金4,880円通信料金4,880円
端末割賦金
(36ヶ月)
1,620円レンタル料490円
月月割
(36ヶ月)
-1,620円
合計4,880円合計5,370円

買取を選ぶと端末代金は36ヶ月間の分割になりますが、月月割で実質0円になります。(一括での支払いも可能です)買取とレンタルのどちらを選んでも、月額料金は光回線を使う場合とそこまで変わりません。

ソフトバンクエアー・光回線 月額料金比較
住居タイプ光回線ソフトバンクエアー
戸建て5,000~6,000円どちらも
買取:4,880円
レンタル:5,370円
マンション3,500~4,500円

さらに、ソフトバンクエアーは、ソフトバンクのスマホを持っていると通信料金がさらに安くなります。これについては、後ほど詳しく解説します。

4G回線を利用するので、通信速度が速い

モバイルWi-Fiルーターをはじめとした工事が必要ないインターネット回線は、光回線などに比べると通信速度が落ちやすいことがネックでした。

しかし、ソフトバンクエアーは4G回線を利用するので、最大下り速度が261Mbpsの高速回線となっています。

この数値はADSLの5倍にあたり、光回線の次に快適なインターネット回線であることがわかります。

ソフトバンクエアー速度

ちなみに、ソフトバンクエアーには「2」と「3」があり、「3」を持っていると地域によっては最大下り速度が350Mbpsになります。

ただ、350Mbpsの下り速度に対応している地域はまだ限られているので、「3」を持っていても現状は最大下り速度が261Mbpsと思うべきでしょう。

ソフトバンクエアーの速度については、以下の記事でも詳しく解説しています。より詳しく知りたい方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーの速度は遅い?他社の回線と比較してみた!

ソフトバンクエアーの使い方

怪しい箇所をチェックするエンジニア

インターネット回線を使うには、さまざまな手続きが必要で面倒なイメージがあります。しかし、ソフトバンクエアーは、数あるインターネット回線の中でもっとも簡単に使うことができます。

ソフトバンクエアーを使う方法はとても簡単で、

  1. ソフトバンクエアーを契約する
  2. 端末を自宅のコンセントに差し込む
  3. ソフトバンクエアーが発信するWi-Fiに接続する

この3つの手順を行うだけで、自宅でWi-Fiが使えるようになります。

①ソフトバンクエアーを契約する

他のインターネット回線と同様に、ソフトバンクエアーを使うには契約手続きをしなければ始まりません。

ソフトバンクエアーが申し込める窓口は、

  • ソフトバンクショップ
  • ソフトバンクエアーの電話窓口
  • ソフトバンクエアーの申し込みサイト

この3つがあります。

ソフトバンクショップで契約すれば、その場でソフトバンクエアーの端末が手に入るので、その日から自宅でWi-Fiが使えるようになります。

電話窓口と申し込みサイトは契約手続きをしてから端末が発送されるので、Wi-Fiが使えるようになるのは、契約してから最短で翌日から翌々日になります。

ソフトバンクエアーは申し込みサイトだとキャッシュバックがあり、お得に契約できるのでおすすめです。以下のリンクからご参照ください。

②端末を自宅のコンセントに差し込む

ソフトバンクエアーの端末が手に入れば、電源を自宅のコンセントに差し込みましょう。

コンセントへ差し込む

ソフトバンクエアーには電源ボタンがないので、コンセントに差し込めば自動的に電源が入ります。ソフトバンクエアーには5つのランプがあります。

5つのランプ

ソフトバンクエアーは、電源を入れてからこの5つのランプが点灯しないと、Wi-Fiが利用できません。5つのランプが全て点灯するまで、2分から5分ほど時間がかかります。

ランプが点灯しなくても、焦らずに点灯するのを待ちましょう。5つのランプが全て点灯すれば、ソフトバンクエアーでインターネットが使えるようになります。

③ソフトバンクエアーが発信するWi-Fiに接続する

ソフトバンクエアーからWi-Fiが発信されれば、次はデバイスから接続設定を行います。ソフトバンクエアーの側面には、SSIDと暗号キーが記載されているシールが貼られています。

ソフトバンクエアーのSSID

デバイス側のWi-Fi設定画面を見ると、このシールに記載されているSSIDが表示されます。

タップ

表示されているSSIDをタップしてみましょう。そうすると、パスワードの入力が求められます。

パスワード

ここでは、シールに記載されている暗号キーを入力してください。これで、デバイスからソフトバンクエアーのWi-Fiへの接続設定は完了です。

有線接続も利用できる

ソフトバンクエアーの背面には、LANケーブルが差し込めるLANポートも装備されています。

ソフトバンクエアーの差込口

 

なので、ソフトバンクエアーはWi-Fiだけでなく、LANケーブルの接続が必要なパソコンでもインターネットが利用できます。Wi-Fi接続に対応していないパソコンを持っている場合は、有線接続ができることを覚えておきましょう。

有線接続については以下の記事でも詳しく解説しています。興味のある方はこちらもあわせて目を通してみてください。

ソフトバンクエアーはLANケーブルで有線接続できる?安定感は増すのか解説!

ソフトバンクエアーの4つのメリット・2つのデメリット

メリットvsデメリット

ソフトバンクエアーは、工事を行う必要がなく、手軽にインターネットが利用できることが魅力です。しかし、そんなソフトバンクエアーにも、メリットだけでなくデメリットが存在します。

そのため、人によってソフトバンクエアーを利用することが向いている人と、向いていない人がいます。自分がソフトバンクエアーを使うことに向いているのか知るために、メリットとデメリットを知っておきましょう。

ソフトバンクエアーのメリット

まずはメリットから解説していきます。

導入工事をせずにWi-Fiが利用できる

ソフトバンクエアーの最大のメリットは、回線の導入工事が必要ないことです。従来のインターネット回線は、導入工事が必要になり、どうしても初期費用が高くなっていまします。

しかし、ソフトバンクエアーは工事が必要ないので、初期費用がほとんどかかりません。

インターネットが本当の意味で使い放題

工事が必要のないモバイルWi-Fiルーターは、ネットが使い放題とうたっていても、3日間で10GBのデータ容量を利用すると速度制限がかかってしまいます。

しかし、ソフトバンクエアーはネットが使い放題とうたっているうえに、一定期間で一定のデータ量を使うと速度が遅くなるという制限がありません。なので、思う存分ネットを使うことができます。

ソフトバンクのスマホ代が安くなる

ソフトバンクエアーは、ソフトバンクのスマホを持っていると「おうち割光セット」という割引特典を受けることができます。

おうち割光セット

この割引はソフトバンクのスマホ代が安くなるもので、契約している料金プランによってはスマホ1台あたり最大で1,852円の割引を受けることができます。

おうち割 割引金額一覧(契約後2年間)
プラン割引金額
データ定額50GB1,000円
データ定額30GB1,852円
データ定額20GB1,410円
データ定額5GB1,410円
データ定額
1GB/2GB
463円
LTEフラット
(7GB)
934円

※データ定額30GBは、2017年9月21日をもって新規受付を終了しています。

また、家族が使っているソフトバンクスマホであれば、最大で10台まで同じ割引を受けることができます。そのため、状況によっては、光回線よりも安いコストでインターネット回線が利用できます。

Y!mobileのスマホ代も安くなる

ソフトバンクエアーを利用して料金が安くなるのは、ソフトバンクのスマホだけではありません。ソフトバンクのグループ会社であるY!mobileのスマホを使っていても、通信費が安くなります。

Y!mobileおうち割

ソフトバンクのスマホと比べると、割引される金額は落ちてしまいます。

Y!mobile おうち割割引金額
プラン割引金額
スマホプランS500円
スマホプランM700円
スマホプランL1,000円

しかし、Y!mobileでも家族のものであれば、最大で10台までのスマホ代が安くなります。割引が関係なくともソフトバンクエアーは他の回線と比較しても料金が安いのでおすすめです。

ほかにも申し込み時には30,000円のキャッシュバックあったりと非常にリーズナブル。

ソフトバンクエアーのメリットのさらなる詳細は、ソフトバンクエアーの公式サイトもあわせてご参照ください。以下のリンクよりご覧ください。

ソフトバンクエアーのデメリット

ソフトバンクエアーは、普通にインターネットを使う分には申し分ないインターネット回線です。しかし、細かい部分では光回線より劣ってしまうデメリットがあります。

最大の上り速度が光回線より遅い

ソフトバンクエアーは下り速度こそ高速ですが、最大の上り速度は7Mbpsと遅めになっています。上り速度が遅いということは、写真や動画などを送信するときに時間がかかることを意味します。

写真の送信であればそこまで不自由を感じませんが、動画の送信には長い時間がかかってしまいます。そのため、YouTubeなどに動画を投稿する人は、ソフトバンクエアーを使うことがおすすめできません。

持ち運びができない

ソフトバンクエアーは工事が不要のインターネット回線ですが、自宅専用の据え置き型Wi-Fiルーターです。そのため、利用できる場所が自宅に限られてしまい、外での持ち運びができません。

外へネット回線を持ち出したい人にとっては、ソフトバンクエアーは不自由に感じてしまいます。

外でも回線を使いたい方は、モバイルWi-Fiルーターがおすすめです。今はかなり速度も速くなっていて、料金もかなりリーズナブルで誰にでもおすすめできます。

以下の記事でさらに詳しく解説しているので、モバイルWi-Fiルーターに興味のある方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

ソフトバンクエアーは契約すべきなのか?

社運をかけたプレゼンにペンを持つ手が震えるビジネスパーソン

先ほど紹介したメリットとデメリットをもとに、ソフトバンクエアーの利用が向いている人と、そうでない人をタイプ別に見てみましょう。

これを見れば、自分の使い方とソフトバンクエアーとの相性が自ずと見えてきます。

ソフトバンクエアーが向いているタイプ3つ

ソフトバンクエアーは光回線に比べて通信速度が遅く、安定性も欠けるものの、普通にインターネットを使う分には十分な力を発揮してくれる回線です。

そのため、ライトな使い方をする人にとっては、とても魅力的なものだと言えます。

ネットのほとんどがウェブサイトや動画サイトの閲覧の人

ソフトバンクエアーは通信速度の安定性が低く、夜になると速度が低下するリスクがあります。しかし、インターネットを使う目的がウェブサイトの閲覧やインターネット動画の視聴ぐらいであれば、問題なく利用できる速さです。

なので、オンラインゲームをすることがなく、ウェブサイトの閲覧やインターネット動画の視聴がメインの人は、ソフトバンクエアーを使うことが向いています。

自宅でのインターネット利用が多い人

ソフトバンクエアーは、自宅のインターネットを使い放題にするためのものです。なので、自宅でのデット利用が多い人は、ソフトバンクエアーを使うと恩恵が受けられるでしょう。

ソフトバンクやY!mobileでスマホを使っている人

ソフトバンクエアーは、工事をせずにインターネットが利用できるだけがメリットではありません。ソフトバンクやY!mobileのスマホを使っていると、スマホ代が安くなる割引を受けることができます。

そのため、ソフトバンクやY!mobileを使っている人にとって、ソフトバンクエアーは他よりもお得に利用できるインターネット回線になると言えるでしょう。

ソフトバンクエアーの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のリンクより閲覧できます。)

ソフトバンクエアーが向いていないタイプ3つ

3本でお願いします

ソフトバンクエアーは光回線と比べてしまうと上り速度は劣っています。そのため、利用用途によってはソフトバンクエアーを使わないほうがいい場合もあります。

また、工事が不要なインターネット回線であっても、機動性に大きな問題があります。

オンラインゲームで遊びたい人

ソフトバンクエアーは、工事をせずにインターネットが利用できる便利なものです。しかし、光回線などと比べると通信速度の安定性が低いので、オンラインゲームは遅延が起きて遊びづらく感じてしまいます。

そのため、オンラインゲームで遊びたい場合は、工事費を払ってでも光回線を使ったほうがいいでしょう。

質が高くて安い回線については以下の記事で紹介しています。光回線を検討している方は、以下の記事もあわせてご参照ください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

YouTubeなどで動画投稿をしたい人

ソフトバンクエアーは下り速度が高速になっていますが、写真や動画を送信するために必要な上り速度が最大で7Mbpsまでしかありません。

メールやLINE、写真の送信ぐらいであれば問題ありませんが、動画を送信する場合はあまりにも時間がかかってしまいます。そのため、YouTubeなどのサイトへ動画を投稿する場合は、あまりにも長い時間がかかってしまいます。

YouTubeの動画アップロード画面※YouTubeの動画アップロード画面

そのため、動画投稿を行いたい人は、ソフトバンクエアーを選ぶべきではないでしょう。動画投稿を行う場合も光回線がベストです。

インターネット回線を持ち運びたい人

工事が不要のインターネット回線と言えば、モバイルWi-Fiルーターのように持ち運びができるものを思い浮かべるのではないでしょうか?

ソフトバンクエアーは工事不要で利用できるインターネット回線ですが、端末をコンセントに差し込む必要があるので、自宅でしか使うことができません。

そのため、外出先でもWi-Fiを使いたい人にとっては、ソフトバンクエアーはデメリットしかありません。

外でも回線を使いたい方は、モバイルWi-Fiルーターがおすすめ。以下の記事でさらに詳しく解説しているので、モバイルWi-Fiルーターに興味のある方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

まとめ

ソフトバンクエアーは、工事をせずにインターネットが利用できる優れものです。光回線と比べると通信速度は劣って見えますが、ウェブサイトや動画サイトを見るぐらいであれば十分な力を持っています。

さらに、ソフトバンクやY!mobileのスマホを持って入れば、光回線よりも安い料金で利用することができます。オンラインゲームや動画サイトへの投稿には向いていませんが、それ以外は快適にこなす優れ物です。

ソフトバンクエアー の公式サイトもご参照いただき、検討してみてください。(以下のリンクから閲覧できます。)