光回線のおすすめ4選

J:COMのネット回線の速度は遅い?測定結果をもとに理由とともに解説!

これからインターネットを導入する人のほとんどは、通信速度が速い回線を使いたいと思いますよね? J:COMはケーブルテレビの事業者として有名なので、インターネット回線もクオリティが高いように見えます。

しかし、J:COMのインターネット回線は通信速度の評判が良くないので、快適に利用できる可能性は低いと言わざるを得ません。加入するプラン次第ではJ:COMは回線のクオリティが高いものになりますが、他社よりコストが高いデメリットも付きまとってきます。

ここでは、J:COMのインターネット回線は通信速度が速いのか、口コミをもとに解説します。回線の仕組みについても説明するので、J:COMを契約するか迷っている人は参考にしてくださいね。

J:COMの公式上の速度と実効速度の平均値

ノートPC

J:COMの通信速度は、公式上では加入するプランによって変わることになっています。しかし、J:COMでは一部のプランを除いて、実効速度が遅くなることがほとんどです。

J:COMの公式速度は加入するプランで変わる

J:COMのサービスプランには、

  • 1Mコース
  • 12Mコース
  • 120Mコース
  • 320Mコース
  • 光1Gコース on auひかり

上記の5種類があり、どのコースに加入するかで公式速度が変わります。公式速度はコース名の通りとなっていて、120Mコースに加入すれば下り速度は最大120Mbpsといった感じになります。

1Mコースや12Mコースでは動画どころかホームページすら読み込みが遅くなるので、120Mコース以上のプランに加入することが一般的です。ただ、光1Gコース on auひかりを除いた全てのプランは、公式的な上り速度が優れていると言えません。

320Mコースでは下りが最大320Mbpsになりますが、上りは最大10Mbpsとなっています。下記の表を見れば、他のコースを選んでも上り速度が遅いことがわかります。

J:COM サービスプラン別公式速度一覧
サービス
プラン
公式速度
1Mコース下り:最大1Mbps
上り:最大512Kbps
12Mコース下り:最大12Mbps
上り:最大2Mbps
120Mコース下り:最大120Mbps
上り:最大10Mbps
320Mコース下り:最大320Mbps
上り:最大10Mbps
光1Gコース
on auひかり
下り上りともに
最大1Gbps

動画など容量が大きいデータを送信する人は、なるべく光1Gコース on auひかりを選んだほうがいいでしょう。

プランごとの違いについては以下の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

J:COMのプラン320M,120M,12M,1M,1Gの違い!速度や評判を徹底分析!

J:COMの実効速度は加入するサービスによって異なる

加入するプランによって公式速度が異なると、実効速度も大きく変わってきます。光1Gコース on auひかり以外のコースでは、どれほど公式速度の数値が高くても実効速度が1Mbps以下になる事例が多く存在しています。

無線と有線のどちらを利用しても下り速度が1Mbps以下になることが多く、ホームページすらまともに読み込めないことは珍しくありません。通信速度が安定したとしても10~20Mbps程度が良いところなので、J:COMは快適なインターネット回線とは言えませんね。

光1Gコース on auひかりでは、名前の通りauひかりの光ファイバーを利用するので、通信速度は安定しているようです。ただ、SNS上には実効速度の数値がわかる口コミが少なく、利用者も多くありません。

J:COM以外でauひかりを契約している人が圧倒的に多いことが理由で、利用者と口コミの数が少ないことが考えられます。

auひかりの口コミについては以下の記事でまとめているので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

J:COMの通信速度が遅い理由は回線の種類?

光1Gコース on auひかりを除いたJ:COMサービスの通信速度が遅い原因は、利用する回線の種類にあります。320Mコースなどではケーブルテレビ事業者ならではの回線を利用するので、通信速度の安定性に不安があります。

通信速度が遅い原因は同軸ケーブルにある

J:COMの光1Gコース on auひかり以外のプランでは、同軸ケーブルを利用してインターネットに接続します。同軸ケーブルとは、もともとケーブルテレビ用として使われている線です。

引込工事(屋外工事)の例

同軸ケーブルは電化製品などからのノイズを拾いやすいので、光回線と比べて通信速度が低下しやすい欠点があります。現在のJ:COMは光回線と同軸ケーブルを併用する「光ハイブリッド方式」を採用してるので、通信速度が安定すると思われがちです。

しかし、光回線と併用したからといっても、同軸ケーブルがノイズを拾ってしまうと回線のクオリティが下がってしまいます。

光1Gコース on auひかりは光ファイバーを使うから安定性が高い

J:COMの光1Gコース on auひかりでは、光ファイバーのみでインターネットに接続する「光方式」が採用されています。

光ケーブル引込図

光ファイバーは電化製品からノイズを拾わないケーブルなので、同軸ケーブルよりもはるかに通信速度の安定性が高くなっています。同じJ:COMのサービスでも、光1Gコース on auひかりとその他のプランでは利用する線が異なるので、通信速度に大きな違いが出るわけです。

J:COMを利用した場合の夜の速度

J:COMはどの時間帯でも通信速度が遅いと感じます。夜になると通信速度の低下に拍車がかかり、インターネットへの接続すらできなくなる可能性があります。

J:COMは夜になると頻繁に切断される

夜の部屋とランプ

J:COMの回線はただでさえ実効速度が遅くなりやすい欠点を持っていますが、夜になるとさらにクオリティが低くなる恐れがあります。インターネット上では、J:COMの回線は夜になるとインターネットの接続自体が切断されるという口コミが挙がっています。

つまり、夜になると実効速度が0Kbpsになってしまうわけです。インターネットはJ:COMに限らず、夜の時間は利用者が多いので、回線が混雑して通信速度がある程度遅くなります。

しかし、評判が良い事業者を契約していれば、インターネットができなくなるほどの速度にはなりません。

光1Gコース on auひかりなら夜でも安定する可能性が高い

光1Gコース on auひかり

通信速度が低下しやすいJ:COMでも、光1Gコース on auひかりに加入すれば問題が無い可能性があります。

光1Gコース on auひかりは、先ほど説明した通り光ファイバーでインターネットを接続するので、同軸ケーブルよりも通信速度の安定性が優れています。

光1Gコースで利用するauひかりの回線も評価が高いので、夜でも320Mコースなどより快適にインターネットが利用できるかもしれません。

J:COMでauひかりの回線を利用した場合の口コミが少ないので断言はできませんが、同軸ケーブルを導入するよりかは良い選択肢であることは間違いないでしょう。

マンション・アパートでJ:COMを使った場合の実効速度

マンション

集合住宅でインターネットを使う場合、同じ物件内で利用者が多くなると回線が混雑して通信速度が遅くなることがあります。といっても、高く評価されている事業者を選べば、集合住宅に住んでいても通信速度がそれほど遅くなりません。

J:COMは評価が低いインターネット回線なので、集合住宅と戸建てのどちらで利用しても通信速度は速くありません。J:COMはマンションタイプでも通信速度が遅く、下り速度が5Mbpsより下回る事例が多く見受けられます。

下り速度が1Mbps以下になることも珍しくないので、多くの人から悪いイメージを持たれています。

戸建てではJ:COMでも光1Gコース on auひかりに加入すれば、通信速度の低下が避けられる可能性がありました。しかし、集合住宅では光1Gコース on auひかりが提供されていないので、他の事業者を契約したほうが無難です。

通信速度から見るJ:COMの評判

sns

先ほどからの解説を見てほとんどの人はすでに察しているかもしれませんが、J:COMの通信速度の評判は決して良くありません。SNS上で評判を見れば、多くの人がJ:COMは避けるべきと考えるでしょう。

Twitterには、J:COMの通信速度が遅いという声が多く寄せられています。実効速度の低下は日常的と言えるほどの頻度で起こり、ホームページが全く見れないと言われることは少なくありません。

ホームページや動画が見れたとしても20Mbps程しか出ないので、他の回線と比べると読み込み速度が大きく劣ると言わざるを得ません。ただ、戸建てではJ:COMの光1Gコース on auひかりに加入すれば、通信速度が安定する可能性があります。

戸建てでJ:COMを利用するなら光1Gコース on auひかりの加入が必須、マンションでは他の回線を選ぶべきと考えるべきでしょう。

J:COMの評判については以下の記事でも詳しくまとめているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

J:COMの口コミ・評判が悪いと言われる理由3つ!実態を暴く!

J:COMの通信速度を他社と比較

比較

J:COMの通信速度は加入するプラン次第によっては安定しますが、遅いと感じることがほとんどです。そのため、他社の回線を契約することが手堅い選択肢になります。

他社には通信速度の評価がJ:COMよりも高いインターネット回線がいくつもあります。

auひかりコースに加入しない限りは光回線を選んだほうがいい

光回線はどの事業者で契約しても、公式速度が最大1Mbpsになることが基本です。中には、1Gbps以上の速度に対応した光回線もあります。

J:COMでは光1Gコース on auひかりに加入すれば公式速度が最大1Gbpsになります。ですが、提供エリアの関係で1~320Mbpsのサービスしか利用できない可能性があります。

J:COMと他社人気インターネット回線との公式速度比較表
サービス公式速度
J:COM最大1~320M
(戸建てで光1Gコース on
auひかりに加入すると
最大1Gbps)
フレッツ光最大1Gbps
NURO光最大2Gbps
ソフトバンク光最大1Gbps
auひかり最大1Gbps
(auひかりホームV5ギガが
契約できれば最大5Gbps、
auひかりホームX10ギガが
契約できれば最大10Gbps)
ドコモ光最大1Gbps

公式速度だけで考えても、J:COMより光回線を選んだほうがいいわけです。公式速度の違いは、実効速度にも大きな影響を与えています。

光回線も事業者によって実効速度に差がありますが、上記の表でJ:COMと比較しているサービスは回線スピードに評判があります。

その中でも高く評価されているサービスは、NURO光とauひかりです。NURO光は最大2Gbpsに対応しているので、実効速度が高く評価されています。

NURO光の速度については以下の記事でも解説しています。詳しく知りたい方はこちらもあわせてご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auひかりも通信速度に定評があるので、どの時間帯でもストレスフリーにインターネットを使うことができます。

auひかりの速度については以下の記事でも詳しく解説しているので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

auひかりの回線はJ:COMでも利用できますが、月額料金や初期費用が他の事業者よりも高くなるので、わざわざJ:COMで契約するメリットがありません。

J:COM1Gコース・auひかり 月額料金比較表
サービス月額料金
J:COM
1Gコース
on auひかり
6,500円
他の事業者で
auひかりを
契約した場合
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:
4,900円

通信速度のクオリティを求めたい人だけでなく、ホームページや動画を見るだけの人も光回線を選んだほうがいいでしょう。

Wi-FiルーターはJ:COMよりも通信速度が速い

wifiルーター

WiMAXやSoftBank AirのWi-Fiルーターは、工事をする必要が無いだけでなく、通信速度も速いメリットがあります。公式速度だけで比較しても、光1Gコース on auひかりを除いたJ:COMサービスより優れていることがわかります。

J:COM・Wi-Fiルーターサービス 公式速度比較表
サービス公式速度
J:COM最大1~320M
(戸建てで光1Gコースon auひかりに
加入すると最大1Gbps)
Wi-Fi
ルーター
WiMAX最大110~
708Mbps
SoftBank
Air
最大350Mbps

口コミによる評価もJ:COMより高いので、どのような時間帯でもホームページや動画をスムーズに視ることができます。

ただ、WiMAXは3日間で10GBを消費すると翌日の夕方から速度制限がかかるので、家族全員でインターネット回線を使う人にはおすすめできません。WiMAXの魅力の詳細は以下の記事をご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

SoftBank Airは速度制限が無いので、家族みんなで使いたい人にもおすすめできます。SoftBank Airは以下の記事で基本的なことから解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!

J:COMは契約して大丈夫なのか?

J:COMを契約すると通信速度が遅くなることがほとんどですが、加入するべきプランを知っていれば安定した回線スピードでインターネットが利用できます。

しかし、J:COMで加入するべきプランにはコスト面に大きなデメリットがあるので、どうしても他の光回線を選ぶべきという結論になります。

J:COMでは同軸ケーブルを利用する320Mコースなどのプランに加入すると、通信速度が著しく遅くなる可能性が高いです。auひかりの回線を利用する光1Gコースに加入すれば、安定した速度でインターネットを利用できることが考えられます。

J:COMを契約するなら光1Gコースの加入が必須と考えるべきですが、戸建てでしか利用できないので、マンションでは他の回線を契約するしかありません。

また、光1Gコースは月額料金が高いので、わざわざJ:COMでauひかりの回線を使う必要もありません。通信速度だけでなく月々のコストで考えても、J:COMを選ぶメリットはないと考えるべきです。

速度が速く安い質の高い回線については以下の記事で厳選して紹介しています。他の回線を検討している方はこちらも参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!