光回線のおすすめ4選

光コラボの勧誘は悪質?停止させる方法と断わり方を解説!

利用者が急増していることで注目されている光コラボですが、その反面勧誘が悪質なことで物議も醸しています。

電話や訪問で行われている光コラボの勧誘はサービス内容に誤認を与えてしまうほど悪質で、消費者センターか介入するトラブルに発展することもあります。

特にフレッツ光を利用していると光コラボの勧誘に遭う可能性が高いので、正しい断わり方を知っておいたほうがいいでしょう。

ここでは、光コラボの勧誘は悪質なのかの実態を解説します。

勧誘を断わる方法と停止させる方法も初回するので、光コラボの電話や訪問営業がしつこいと感じている人は是非ご覧ください。

※そもそも光コラボとは何か、ということから知りたい方は、まずはこちらの記事からご参照ください。

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

目次

光コラボの勧誘に悪質性はあるのか?実際にあった事例から分析!

勧誘

業者が光コラボの勧誘行為をすることは何も悪いことではありません。

しかし、業者が行っている勧誘の方法は悪質性に満ちています。

実際にあった勧誘事例を見ると、どれほど悪質なのかがわかるでしょう。

光コラボの勧誘はフレッツ光ユーザーをターゲットにしている

最初に、光コラボの勧誘業者はフレッツ光の利用者を標的にしていることを知っておかなければいけません。

光コラボはフレッツ光の回線を使うサービスなので、フレッツ光からなら工事をせずに乗り換えることができます。

工事をせずにフレッツ光から乗り換えられる点は光コラボの大きなメリットですが、勧誘業者はこれをいいことに光コラボの営業を行っているわけです。

フレッツ光を利用している人は、いつ電話や訪問で光コラボの勧誘をされてもおかしくないので注意してください。

光コラボの勧誘は電話か訪問営業のどちらか

光コラボの勧誘は電話で行われていることが多いですが、訪問営業で勧誘してくることも少なくありません。

また、光コラボを運営する事業者の数も多くなってきたので、勧誘される可能性は日に日に高くなっています。

電話や訪問で光コラボの勧誘をすることには違法がありません。

しかし、電話や訪問での勧誘で行っている営業手法に大きな問題があります。

光コラボの勧誘は営業トークが詐欺まがいで悪質

電話や訪問で行われている光コラボの勧誘は、詐欺とも言える言い回しで光コラボの契約を獲得しようとしています。

ほとんどの消費者が誤解を招く営業トークばかりなので、口コミで事例を見ただけでも光コラボの勧誘は危険と感じるはずです。

NTTだと名乗る・NTT系列の会社だと思わせる言い回しをする

光コラボはフレッツ光の回線を利用するサービスですが、運営はNTTではない他の事業者が行っています。

光コラボの勧誘はサービスの提供元ではなく、代理店が行っていることがほとんどです。

にも関わらず、光コラボの勧誘を行っている業者は、消費者からの信用を得るためにNTTやNTTの系列会社だと名乗って勧誘をしてきます。

MEMO

NTTが消費者に対してサービスの勧誘をすることは一切なく、何かあれば案内の書面を送付してきます。

NTTやNTTの系列会社と名乗ってくる電話や訪問勧誘のほとんどは他の事業者が行っていると考えたほうがいいでしょう。

新しいプランの連絡と言ってくる

業者はNTTやNTTの系列会社と名乗っているうえに、「フレッツ光の新しい料金プランのご案内です」と前置きをして勧誘をしてきます。

「フレッツ光の新しいプラン」と言われると、ほとんど人は今契約している回線のサービスにまつわる案内だと思いますよね?

しかし、フレッツ光に新しいプランができたのなら、電話や訪問ではなくNTTから案内の種類が送られてくるはずです。

勧誘業者が案内しているサービスは「フレッツ光の新しいプラン」ではなく、NTT以外の事業者が運営する光コラボです。

勧誘業者が言ってくる「フレッツ光の新しいプランのご案内」という言葉は完全に嘘と思っていいでしょう。

手続きをしないとネットが使えなくなると言ってくる

勧誘業者は「この手続きをしないとインターネットが使えなくなる」と言って手続きを強く求めてきます。

誰だって「インターネットが使えなくなる」と言われれば、手続きをしないといけないと思いますよね。

今利用しているフレッツ光のサービスが終了することは基本的に一切なく、全く事実ではありません。

例外として、古い品目の「フレッツ光 プレミアム」は、2019年1月31日にサービスが終了する予定となっています。

しかし、勧誘業者はサービスの終了予定がないフレッツ光のサービスを利用している人に対しても「手続きをしないとネットが使えなくなる」と言って契約を迫ってきます。

「手続きをしないネットが使えなくなる」という言葉は完全に嘘と思うべきです。

フレッツ光のサービスの終了については、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

疑問を抱えている人フレッツ光がなくなるのは本当?終了の事実の真相に迫る!

料金が安くなりますよと言ってくる

このページを読んでいる人の多くは、インターネット回線の料金を今より安くできるならしたいと思いますよね?

光コラボの勧誘業者はこの心理を利用して、「今よりもインターネットの利用料金が安くなります」と言って消費者の関心を得ようとします。

NTTよりも安い料金でフレッツ光の回線が利用できることは、光コラボが持つ大きなメリットです。

しかし、光コラボに乗り換えて利用料金が安くなるかは、消費者の状況によって異なります。

注意

光コラボの勧誘を行っている業者は、消費者の利用料金を把握していない状態で「今よりも安くなる」と誘って来ます。

業者の口車に乗せられて光コラボを契約すると、逆に利用料金が高くなるかもしれません。

光コラボの料金については以下の記事で考察しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

ネットの料金光コラボの料金は本当に安い?最安はどこか比較して紹介!

勧誘に乗ってしまうと光コラボへの転用手続きをさせられる

消費者が言葉巧みな勧誘に乗ってしまうと、業者はパソコンやスマホなどで「転用承諾番号」の発行をするように促してきます。

転用承諾番号とは、フレッツ光から光コラボに乗り換える際にNTTからの発行が必要なものです。

転用承諾番号はインターネット上で簡単に発行できるので、勧誘業者は簡単に遠隔操作で発行まで導くことができます。

発行が完了すると勧誘業者は消費者から転用承諾番号を聞き出し、光コラボへの移行手続きを進めます。

電話やオンラインで簡単にインターネット回線の契約ができるシステムを悪用しているわけです。

なおほかの回線でもここまで説明してきた勧誘の事例があります。以下の記事で紹介しているので、興味のある方はこちらも目を通してみてください。

auひかりの勧誘が激しい?実態はどうなのか裏側を暴きます! So-net光の勧誘が激しい?実態はどうなのか裏側を暴きます!

光コラボの勧誘を断わる方法

断る

業者が行う悪質な勧誘は、光コラボと判別しにくいので非常に厄介です。

光コラボの勧誘を断わる方法はいくつかありますが、方法を知る前に勧誘に対する意識を変えておく必要があります。

光コラボの勧誘を断わるために必要な意識

パターンを熟知していない限り、表向きの言い回しの聞いただけで相手が光コラボの営業と見抜くのは至難の業です。

なので、断わり方を知る前に、勧誘に対する意識・イメージを身に付けておく必要があります。

インターネット回線の勧誘活動に対しては、以下2つの意識を持って接するようにしましょう。

  •  電話と訪問の勧誘は信用しない
  • NTTは電話や訪問でサービスの案内をしない

先ほど紹介した事例を見ればわかることですが、電話や訪問でのインターネット回線の勧誘は悪質性が高いので、後々トラブルに発展する可能性が高いです。

上記の2つを意識しておけば、どのような言い回しでインターネット回線の勧誘をされても警戒して対処しようと思えるはずです。

「何も変える気がない」の一点張りを通す

細かい断わり方を挙げると業者に対して会社名を尋ねたり、詳細なサービスの問い詰めたりといろいろありますが、会話のやり取りが長くなるので非常に面倒です。

なので、基本的には「今のインターネット環境を変えるつもりがない」の一点張りで強く断わったほうがいいでしょう。

携帯ショップでインターネット回線の契約取次業務をしていた筆者の経験上、余程レベルが高い営業マンでない限り「今の環境を変えるつもりがない」と言われると太刀打ちできなくなります。

MEMO

基本は「今の環境を変えるつもりがない」・「今の環境を変えたくない」の2つを断わり文句として活用しましょう。

「知人」を活用する

運悪くレベルの高い営業マンが勧誘をしてきた場合、「今の環境を変えたくない」といっても「その理由は何ですか?」と問い返してきます。

「その理由は何ですか?」聞かれたときの定番の返し文句は「通信速度・料金に不満がない」です。

ただ、この言葉を使うとさらに「今回ご案内させて頂いているサービスに変えると…」と返され堂々巡りになる恐れがあります。

「変えない理由は何ですか?」と聞かれたときは、架空の「知人」を作り上げて断わりましょう。

MEMO

「今使っている回線は知人が働いている業者のものだから」や「知人が働いている業者で光回線を契約する予定がある」と返すと、どれだけ腕の良い営業マンでも為す術が無くなります。

営業マンは横のつながりに弱いからです。

架空の知人を引き合いに出しても食い下がってくるときは、「あんたには義理人情が無いのか!」と強く言えば相手はKOします

訪問での勧誘は「お帰りください」と言ってKOする

電話での勧誘は断れるけど、訪問されると上手く立ち回れない人は意外と多いのではないでしょうか?

訪問で光コラボの勧誘をされたときは、「お帰りください」と言うだけで相手を退散させることができます。

光コラボの訪問勧誘には違法性がありません。

ポイント

しかし、消費者が「お帰りください」と言っているのにしつこく勧誘を行うと、刑法130条の住居侵入罪が適用されて違法性が発生します。

「お帰りください」といってもしつこく勧誘してくる場合は、その場で警察を呼べば勧誘業者を去っていきます。

光コラボの勧誘を停止させる3つの方法を知ろう!

電話をかける男性

光コラボを勧誘する業者はいくつも存在しているので、1度断われば2度と勧誘されないわけではありません。

光コラボの勧誘が来ないようにできる方法は無いものかと思いますよね?

残念ながら、光コラボ全ての勧誘を止める方法は無いのが実情ですが、勧誘される可能性を低くする方法はあります。

光コラボの勧誘を止める基本的な方法は事業者に直接連絡すること

光コラボの勧誘を止める基本的な方法は、業者がすすめてくるサービスの事業者に直接連絡することです。

光コラボの勧誘は代理店が行っているので、サービスの運営会社に申告すれば激しい営業を止めてもらうことができます。

ただ、この方法は勧誘業者の名前、契約をすすめてくる光コラボのサービス名がわからないと活用できません。

相手がNTTやNTT系列の会社と名乗って「新しいプランのご案内」と言ってきた場合、強く問い詰めないと業者とサービスの名前を知ることは困難です。

また、事業者の連絡したところで勧誘されない光コラボは1種類なので、後々に他のサービスを営業される可能性も残ります。

勧誘される確率を低くする方法はある

フレッツ光では、代理店による勧誘の停止希望を電話で申告できる「勧誘停止登録窓口」を設けています。

フレッツ光 勧誘停止受付窓口
東日本0120-849994
西日本0120-019390

勧誘停止登録窓口は代理店によるフレッツ光の勧誘を止めることが趣旨の窓口です。

しかし、フレッツ光の勧誘を行っている代理店のほとんどは光コラボも取り扱っています。

勧誘停止登録窓口に申告することで悪質な営業をされる頻度が低くなるかもしれません。

勧誘業者の名前がわかれば消費者センターに相談する

勧誘をされたときに業者を突き止めることができれば、消費者センターに相談しましょう。

消費者センターに相談すれば業者に指導をしてくれるので、同じ業者から何度も勧誘されることが無くなります。

少しでも光コラボの勧誘がされないようにするために、業者の名前がわかればすぐに消費者センターに相談しましょう。

MEMO

消費者センターに相談するときは、勧誘業者の電話番号も控えておくと尚良しです。

光コラボの勧誘に乗ってしまった場合の対処法

困る

よくわからないまま悪質な勧誘に乗ってしまい、後になって光コラボを契約したことがわかると、ほとんどの人が「解約をしたい」・「フレッツ光に戻りたい」と思うはずです。

契約した光コラボはいつでも解約することができますが、状況によって費用が変わります。

切り替え工事が終わるまでなら申し込みをキャンセルできる

フレッツ光から光コラボへの乗り換えを申し込んでも、契約するサービスが切り替わるまで1週間から2週間の猶予があります。

申し込みをしてからまだ1週間から2週間の猶予期間であれば、業者がすすめてきた光コラボのサポート窓口に電話してキャンセルすることができます。

すすめられた光コラボのサポート窓口に電話してもつながらないときは、NTTから転用承諾番号を再発行してもらうことで申し込みをキャンセルすることができます。

転用承諾番号は電話窓口とオンラインのどちらかで発行することができますが、インターネット上の操作に不慣れな人は電話窓口で手続きをしたほうがいいでしょう。

フレッツ光 転用承諾番号の発行窓口
方法東日本西日本
電話0120-1402020120-553104
オンラインhttps://flets.com/app4/input/index/https://flets-w.com/collabo/

手続きをしたけどキャンセルできているか不安な場合は、NTTの電話窓口(0120-116116)に連絡して契約状態を確認してください。

転用のキャンセルについては以下の記事でも解説しています。詳しいところまで知りたい方はこちらもご参照ください。

光コラボの転用はキャンセルできる?フレッツ光に戻す方法を解説!

契約して8日以内なら初期契約解除ができるが後処理が面倒

契約サービスが光コラボに切り替わった後でも、契約時に書類を受け取った日、もしくは契約成立日のどれか遅い日から8日間以内なら初期契約解除制度を使ったキャンセルが可能です。

しかし、1度光コラボに切り替わった状態からフレッツ光に戻るには回線を引き直さなければいけないので、15,000円から18,000円の費用がかかってしまいます。

固定電話の番号も電話加入権を持っていないと変わってしまいます。

電話加入権を持っていたとしても、NTTに連絡して番号の「アナログ戻し」をする必要があり、2,000円から10,000円ほどの費用を支払わなければいけません。

アナログ戻しの詳細は以下の記事で解説しているので、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

契約してから8日以上経っていると違約金を払って解約するしかない

光コラボの契約が成立してから8日以上経っていると、先ほど説明したデメリット被るうえに、解約する際の違約金も支払わなければいけません。

違約金の値段は契約させられた光コラボの種類によって違いますが、安くても8,000円、高いときだと20,000円以上請求されることがあります。

主要光コラボの違約金
サービス違約金
ドコモ光戸建て:15,000円
マンション:8,000円
ソフトバンク光9,500円
ビッグローブ光2年契約プラン:9,500円
3年契約プラン:20,000円

あまりにも詐欺まがいで悪質な勧誘で光コラボを契約させられた場合、消費センターを通すと違約金無しで解約できる可能性が出てきますが、手続きがとても面倒になります。

光コラボの違約金については以下の記事で詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

光コラボの解約を全解説!解約金や電話番号を変えない方法もあわせて解説!

光コラボって詐欺なの?口コミから実態を分析!

スマホを扱う男性

前半で紹介した口コミ事例を見ると、光コラボそのものが詐欺のようなサービスではないのかと思ってしまいます。

光コラボそのものは詐欺というわけではなく、中には良質なサービスも存在しています。

しかし、電話や訪問ですすめられる光コラボは、利用者からの評価が悪いサービスが多く見受けられます。

光コラボそのものは詐欺ではないが…

光コラボの勧誘はサービスの運営会社ではなく、代理店が行っていることがほとんどです。

光コラボは高性能なフレッツ光の回線を利用するサービスなので、決して悪いわけではありません。

サービス内容が良い光コラボなのに、業者による悪質な勧誘活動で評価を下げているものもあります。

ただ、電話や訪問で勧誘を行っている光コラボは評判が悪いサービスである可能性が高いです。

MEMO

勧誘が激しいうえにサービス内容の評判が悪い光コラボの中でもっとも代表的なサービスは、Hi-Bitが提供する「光ギガ」です。

光ギガは勧誘が激しいうえに、契約すると通信速度が急激に遅くなるので、光コラボの中でもっとも劣悪なサービスと言わざるを得ません。

悪質な勧誘活動が原因で総務省から2回も行政処分をされているので、まさに地雷と言える光回線サービスです。

注意

電話や訪問の勧誘に乗ると、光ギガのようにクオリティが低いサービスに契約させられる可能性がとても高いです。

勧誘活動でどれだけすすめられても、業者が案内する光コラボは契約しないほうがいいでしょう。

光コラボの評判は以下の記事でもまとめています。興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。

光コラボの評判は悪い?良い口コミと悪い口コミを徹底分析!

光コラボの中でも優良なサービスを見つける2つのポイント

光コラボを勧誘されるときは、以下2つの言葉を言ってくることが多いです。

  • 「料金が安くなります」
  • 「通信速度が安定します」

この2つの言葉は半分本当で、半分嘘というのが正直なところです。

料金が安くなる光コラボはスマホ代を割り引いてくれるサービスに限る

光コラボの多くは、NTTよりも安い料金でフレッツ光の回線が利用できることを売りにしています。

しかし、月額料金だけで比較すると、光コラボを契約すれば必ずお得になるわけではないことがわかります。

フレッツ光・主要光コラボの月額料金比較表
サービス戸建てマンション
フレッツ光 東日本30ヶ月間:4,700円
31ヶ月目以降:5,000円
30ヶ月間:3,050~4,050円
31ヶ月目以降:3,550~4,550円
フレッツ光 西日本
(光はじめ割適用時)
1~2年目:4,300円
3年目以降:4,110円
1~2年目:2,250~3,950円
3年目以降:2,600~4,500円
ドコモ光タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ビッグローブ光4,980円3,980円

※フレッツ光は別途500円から1,000円のプロバイダ料金が必要です。

ポイント

フレッツ光から光コラボに乗り換えて今よりもお得になるのは、スマホ代が割り引かれるサービスを契約した場合に限ります。

上記の比較表でピックアップしたソフトバンク光ドコモ光ビッグローブ光は、対象となるキャリアのスマホ代が安くなる割引を受けることができます。

受けられる割引の金額はスマホで利用しているプランによりますが、場合によっては通信費を3,000円以上節約することができます。

ソフトバンク おうち割光セット

ただ、受けられる割引が500円程度だとたいしてお得にならないので、フレッツ光を使い続けたほうがいいでしょう。

ソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! ビッグローブ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

光コラボの通信速度はサービスによって評価がマチマチ

どの光コラボを契約しても利用する回線はフレッツ光なので、理論上では通信速度が安定することになります。

しかし、フレッツ光の通信速度は利用するプロバイダによって変わります。

利用するプロバイダが事業者に固定されている光コラボも同じで、通信速度の評判は事業者によってさまざまです。

電話や訪問での勧誘が頻繁に行われている光コラボは、先ほど紹介した口コミの通り通信速度の評判が悪く、ホームページすら読み込めないことも珍しくありません。

しかし、通信速度の評判が良い光コラボもいくつか存在しています。

先ほどの表で挙げた光コラボ3社は通信速度の評価が高いので、勧誘が激しいサービスとよりはるかに使い心地が抜群です。

ポイント

利用料金と通信速度のどちらで考えても、事前に評価が高い事業者を知っていれば光コラボはとても良いサービスになるわけです。

当サイトの以下の記事では、光コラボにはどのような事業者があるのかを紹介しています。光コラボについてより深く知りたい人は、あわせてご覧ください。

光コラボの一覧を比較!おすすめの業者を3つ厳選しました!

まとめ

フレッツ光を利用していると、何かと光コラボの勧誘を電話や訪問で受けることがあります。

光コラボの勧誘活動は悪質なものが多く、消費者に誤解を与えることも珍しくありません。

勧誘が激しい光コラボは評判そのものが悪いので、契約すると後々トラブルに発展してしまう恐れがあります。

電話や訪問で光コラボの勧誘を受けたときは、基本的に断わったほうが無難です。

光コラボの中にも良いサービスは存在しますが、契約するべきなのかは人によって違います。

光コラボの契約を検討するときは電話や訪問での勧誘に乗らず、自分で良いサービスを探すようにしましょう。

速度の速い安い質の高い回線は以下の記事でも厳選して紹介しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!