光回線のおすすめ4選

光コラボの解約を全解説!解約金や電話番号を変えない方法もあわせて解説!

せっかく光コラボを契約してもサービス内容に不満を抱いたり、他の光回線に魅力を感じたりすると解約したいと考えるものです。

光コラボの解約は簡単にすることができますが、まず違約金がネックになります。

違約金だけでなく固定電話の番号も引き継ぎも大きな障害になります。

ここでは、光コラボの解約方法を紹介し、違約金がかからない方法と電話番号を引き継ぐ方法も解説します。

光コラボを解約したいと思っている人にとって必要な情報が詰まっているので、是非ご覧ください。

※そもそも光コラボとは何か、ということから知りたい方は、まずはこちらの記事からご参照ください。

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

目次

光コラボを解約するとかかる費用を知ろう!

紙幣 お金

インターネット回線を解約するときは、どのサービスを契約していてもある程度の費用が請求されるものです。

光コラボも例外ではなく、解約するには高額な費用が必要になります

しかし、回線の撤去費用だけは大きな不安要素になりません。

光コラボを解約するとかかる費用は違約金

やはりと言うべきか、光コラボを解約するときは違約金が大きなハードルとなって立ちはだかります。

違約金の金額は利用している光コラボの種類や契約しているプランによって違いますが、振れ幅は7,500円から20,000円と言ったところです。

以下の表で主要と言える光コラボの違約金をまとめていますが、これを見たほとんど人は「高い」と感じるのではないでしょうか?

主要光コラボの違約金
サービス戸建てマンション
ドコモ光15,000円8,000円
ソフトバンク光9,500円9,500円
ビッグローブ光2年契約プラン:9,500円
3年契約プラン:20,000円
2年契約プラン:9,500円
3年契約プラン:20,000円
OCN光11,000円11,000円
So-net光7,500円7,500円
@nifty光2年契約プラン:9,500円
3年契約プラン:20,000円
2年契約プラン:9,500円
3年契約プラン:20,000円

標準プランに加入していれば違約金はかからないが…

ほとんどの光コラボにはいつ解約しても違約金がかからない「標準プラン」があります。

しかし、月額が高いので契約者に選ばれることはほとんどなく、契約期間が2年か3年になる代わりに利用料金が安くなるプランに加入することがほとんどです。

OCN光のプラン別の月額料金を比べてみると、標準プランに加入する人がほとんどいない理由がよくわかります。

OCN光の標準プランと2年契約プランの月額料金
住居タイプ標準プラン2年契約プラン
戸建て6,200円5,100円
マンション4,700円3,600円

おそらく、今これを読んでいるほとんどの人も2年契約プランか3年契約プランに加入しているかと思います。

光コラボの回線撤去費用は基本的に無料

インターネット回線を解約するときは、手続きをした後に回線の撤去工事をしてもらう必要があります。

回線の撤去費用は契約している光回線サービスによって異なりますが、光コラボでは無料となっています。

なので、光コラボを解約するときに発生する費用は基本的に違約金だけになります。

分割で支払っている工事費の残債は一括で支払う

光コラボを新規で申し込む場合、工事費は24ヶ月以上の分割で支払うことができます。

しかし、解約する時点で工事費の支払いが残っていると、残債を一括で支払わなければいけません。

契約して間も無いタイミングであるほど、一括で支払う工事費の残債金額は高くなります。

MEMO

工事費を分割で支払っている心当たりがある人は、解約する前に残債がいくらあるのか確認しておきましょう。

工事費の残債は契約している光コラボのサポート窓口に電話すれば教えてくれます。

解約した月の料金は満額で請求される

光コラボを契約する際、サービスが提供される月の利用料金は日割りになります。

しかし、解約する月の利用料金は日割りにならず、満額で請求されることがほとんどです。

解約月の利用料金が日割りなるということは、請求の締め日から遠い日に解約すると損をしてしまうことを意味します。

ポイント

なので、光コラボを解約するときは、なるべくサービスが終了する日を締め日の当日に指定しなければいけません。

ほとんどの光コラボは締め日を月末にしているので、基本的に解約日は月末に指定するようにしましょう。

光コラボを解約するベストなタイミングを知ろう!

ポイント ポインティング 男性

光コラボを解約するベストタイミングは、違約金がかからない時期と考えることが基本です。

しかし、状況によっては違約金がかからないタイミングを待たずに解約したほうがいい場合もあります。

光コラボの解約は契約満了月・更新月にするのが基本

光コラボを解約するときは違約金が大きなネックになりますが、必ずこの費用を支払うことになるとは限りません。

利用している光コラボ事業者が定めた契約満了月と更新月に解約すれば、違約金を支払う必要が無くなります。

たとえば、契約期間が2年のソフトバンク光を2018年1月から利用し始めると2019年の12月が契約満了月、2020年の1月が更新月になります。

この期間が過ぎると契約が自動更新になり、2021年の12月から2022年の1月になるまで解約すると違約金が請求されます。

ソフトバンク光契約満了月について

ビッグローブ光を3年契約プランで2018年1月から利用を開始すると2020年の12月が契約満了月・2021年の1月が更新月になります。

この期間が過ぎると、次の3年後の満了月と更新月が来るまでは解約すると違約金が請求されます。

ポイント

2年契約プランでは2年ごとに1度、3年契約プランでは3年ごとに1度に満了月と更新月を狙って解約すれば違約金が発生しません。

光コラボを解約するときは、違約金を支払わないためにこの満了月と更新月を狙うのが基本になります。

更新月を待たないほうが良い場合もある

光コラボを解約してからインターネット回線を使うつまりが無いのであれば、状況によって満了月と更新月を待たずに解約したほうがいい場合があります。

戸建てでOCN光を2年契約プランで利用していると仮定して考えてみましょう。

OCN光を解約するときは11,000円の違約金が発生します。

違約金は決して安いとは言えないので、多くの人は満了月や更新月に解約したほうが良いと考えますよね?

確かに、この考え方は基本なので間違いではありませんが、さらに満了月と更新月が1年先であったと仮定してください。

OCN光の月額料金は5,100円なので、1年先の満了月と更新月を待つと合計で61,200円を負担しなければいけません。

すぐにOCN光を解約すれば11,000円の違約金を支払うだけで済みます。

すぐに解約した場合に負担する費用1年先の満了月・更新月をまった場合に負担する費用差額
11,000円月額5,100円×12ヶ月=61,200円50,200円

すぐにOCN光を解約した場合と、1年先の満了月と更新月を待つ場合とでは50,200円もの差額があります。

差額を見れば、1年先の満了月と更新月を待たずに解約するべきなのか明らかです。

また、光コラボから他の光回線サービスに乗り換える場合も、満了月と更新月を狙わずに解約したほうが良い可能性が高いです。

その理由はこれからゆっくりお話しましょう。

光コラボを解約するときに費用を払わずに済む方法

OKサインとチェックマーク

違約金を支払わずに光コラボを解約する方法は、満了月と更新月を狙うことが基本です。

しかし、他社の光回線サービスに乗り換える場合、方法を知っていればどんなタイミングでも費用を負担せずに解約することができます。

ポイント

他の光回線サービスに乗り換えるために光コラボを解約するなら、わざわざ満了月と更新月を待つ必要はありません。

他社の光回線に乗り換えるとキャンペーンが適用されて、違約金による負担が無くなるからです。

たとえば、後で紹介するNURO光を代理店で申し込めば、30,000円以上のキャッシュバックをもらって光コラボの違約金に充てることができます。

NURO光正規代理店

詳細はNURO光の公式サイトをご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも解説しているので、詳しいところまで気になる方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

他の光コラボへ乗り換える場合でも、キャッシュバックをもらって違約金の負担を無くすことができます。

ただ、他社の光回線サービス全てでこのような特典を受けられるわけではありません。

MEMO

他社に乗り換えるために光コラボを解約するときは、キャッシュバックなどの特典が受けられるサービスを選ぶようにしましょう。

キャッシュバックが充実していて、速度が速い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。こちらも参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

光コラボを解約する方法・手順を知ろう!

電話するビジネスマン

利用している光コラボを解約することは簡単にできますが、方法は限られています。

また、解約する際にスケジュールを空けておく必要もあります。

手順その1.契約サービスのサポート窓口に電話する

光コラボの解約するときは、最初に契約している事業者の電話窓口に連絡して申請を行います。

ほとんどの光コラボは電話窓口でしか解約を受け付けていないので、メールやオンラインでは申請できないと考えてください。

事業者に連絡してサービスを解約できる日は、申し込みをしてから6営業日後以降となっています。

つまり、最短で6日後にサービスを停止させることができ、即日解約はできないということになります。

手順その2.回線の撤去工事をしてもらう

光コラボを解約するときは、サービスの提供が停止してから自宅にある回線を業者に撤去してもらわなければいけません。

回線の撤去工事は解約をしてから2週間から1ヶ月程でしてもらうことになりますが、当日は契約者かその家族の立ち会いが必要です。

回線の撤去工事日は電話窓口で解約の申請をするとき(またはその)後日に決めるので、スケジュールが空けられる日を指定しておきましょう。

マンションやアパートに住んでいると回線の撤去工事をする必要がない場合があります。

しかし、基本的には必要と考えておいたほうがいいでしょう。

手順その3.レンタルしていた機器を返却する

解約を申請して光コラボのサービスが終了した後は、光コラボの事業者からレンタルしている通信機器を返却しなければいけません。

返却する機器はNTTからレンタルしているホームゲートウェイやONU、光コラボの事業者からレンタルしているルーターの2種類があります。

ソフトバンク光機器の返却

(ホームゲートウェイ、ONU、の詳細は以下の記事をご参照ください。)

ホームゲートウェイとは?ONUや無線LANルーターとの違いまで解説! 光回線のONUとは?Wi-Fiルーターやモデムとの違いは?自分で購入できる?

※ソフトバンク光ではNTTの機器に加えて光BBユニットをレンタルしている場合があります。

注意

どちらの機器も自宅に送られてくる送付キットを使った返却しますが、送り先が異なるので気をつけなければいけません。

ホームゲートウェイやONUはNTTに返却しますが、ルーターは光コラボの事業者が送り先となっています。

それぞれの送り先を間違えてしまうと後々面倒なことになるので、必ず間違えないようにしてください。

また、返却をしないと弁済金が請求されるので、忘れないように注意しましょう。

回線の撤去工事が入る場合は業者がホームゲートウェイやONUを回収してくれます。

光コラボを解約するときに注意したいことを紹介!

危険

光コラボを解約するときは、何かと落とし穴に出くわします。

落とし穴に遭遇して戸惑うことがないように、解約する前に注意しておくべきポイントを把握しておきましょう。

フレッツ光や他の光コラボへ乗り換えるには工事が必須

光コラボはフレッツ光の回線を利用するサービスなので、フレッツ光からの乗り換えなら工事をせずに契約することができました。

なので、光コラボからフレッツ光、他社の光コラボに乗り換えるときも工事をする必要が無いと思っている人は多いのではないでしょうか?

この考えには大きな誤りがあり、光コラボから乗り換えるときは契約先がフレッツ光や他社の光コラボであっても工事をしなければいけません。

利用する回線の種類が変わらないので工事が必要になるなんて納得できないですよね?

しかし、光コラボの顧客管理システムはフレッツ光ユーザーの受け入れができても、他社の光コラボユーザーの受け入れとフレッツ光へのユーザー転移ができない仕組みになっています。

総務省もフレッツ光から光コラボに転用できる回数は1度だけと定めているので、従うしかありません。

光コラボからフレッツ光に戻すことについては、以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

光コラボからフレッツ光に戻すのは無料?違約金や工事は必要か解説!

メールアドレスを残せるかは事業者によって違う

光コラボの事業者から発行してもらったメールアドレスは、契約しているサービスによって解約してからも使えるかが違います。

たとえば、OCN光やビッグローブ光ではメールアドレスだけ残すことができますが、ソフトバンク光はメールアドレスも消滅してしまいます。

電話番号を引き継げるかは電話加入権を持っているかで変わる

光コラボのひかり電話で利用していた電話番号は、必ず他社の光回線に引き継げるわけではありません。

光コラボで利用している電話番号はNTTから発行されたもの、つまり電話加入権を購入して作成したものでなければ引き継ぐことができません。

電話加入権を購入せずに、光コラボやフレッツ光のひかり電話に加入する際に発行した番号は解約すると消滅します。

電話加入権を持っていたとしても、番号を引き継ぐにはNTTに連絡して「アナログ戻し」の手続きをする必要があり、費用も2,000円から10,000円ほどかかってしまいます。

注意

さらに、光コラボを解約する前にアナログ戻しをしないと電話番号が消滅してしまうので気をつけなければいけません。

アナログ戻しの詳細は以下の記事で解説しているので、電話番号を引き継ぎたい方はこちらもご参照ください。

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

運良く更新月に解約して同じサービスを再契約することはできる?

理論上では、更新月に解約をした後に同じ光コラボを再度新規で契約することができます。

ただ、この方法を思いついた人のほとんどは「更新月に違約金を支払わずに解約して、再度新規で契約してキャッシュバックを貰いたい」と考えたのではないでしょうか?

1つの光コラボを解約して再度新規で契約する場合、キャッシュバック特典をもらえるかは利用している事業者や実施しているキャンペーンごとに異なります。

MEMO

解約してからすぐに新規で契約すると、キャンペーンが適用されないことが多いです。

ただ、これは契約者の名義を変えなかった場合の話で、契約者の名義を家族の人に帰ると完全に新規契約扱いになるので確実にキャッシュバックなどの特典を受けることができます。

光コラボではプロバイダだけ変えることができない(一部例外あり)

光コラボのほとんどは回線とプロバイダがセット契約になっているので、解約すると同時にどちらも使うことができなくなります。

また、ほとんどの光コラボはプロバイダだけを解約して他のプロバイダにすることができません。

契約するときに好きなプロバイダを選ぶことができ、契約した後でもプロバイダを変更できる光コラボもあります。

ですが、それは主要なサービスだとドコモ光ぐらいです。(ドコモ光の詳細は以下の記事をご参照ください。)

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

契約している事業者によっては別途プロバイダの解約も必要

プロバイダが選べる光コラボを契約している場合、回線とプロバイダを別々に解約しなければいけない可能性があります。

もしプロバイダの解約も必要であることを忘れてしまうと、光コラボのサービスを解約してしまった後もプロバイダ料金だけが請求され続けてしまいます。

光コラボを解約するときは、別でプロバイダも契約する必要もないか確認しておきましょう。

光コラボを解約した後に利用する回線を契約する方法を知ろう!

チェックリスト

今これを読んでいる人の中には、他の光回線サービスへ乗り換えるために光コラボを解約しようと考えている人が多いのではないでしょうか?

光コラボを解約して他の光回線サービスを利用することはそれほど難しくありません。

ですが、手順を間違ってしまうとインターネットが使えない間ができてしまいます。

光コラボを解約して他社の光回線を使おうと考えている人は、前もって正しい手順を知っておきましょう。

光コラボの解約後に利用する回線を契約する手順は4つ

光コラボを解約して他の光回線サービスに乗り換える際は、以下4つの手順を上から順番に行います。

  1. 解約した後に利用する回線を契約する
  2. 解約した後に利用する回線の導入工事をしてもらう
  3. 今まで使っていた光コラボを解約する
  4. 今まで使っていた光コラボの回線撤去工事をしてもらう

この手順を見ると、最初に乗り換え先の光回線サービスを契約すること理由が気になるのではないでしょうか?

先に乗り換え先の光回線サービスを契約する理由は、インターネットが使えない間を作らないためです。

ご存知の方もいると思いますが、インターネット回線を契約するときは申し込みをしてから開通するまで2週間から3ヶ月の時間がかかります。

なので、利用中の光コラボを解約してから他社の光回線サービスを申し込むと、新しい回線が開通するまでインターネットが使えなくなってしまいます。

他社の光回線サービスに乗り換えるときは、先に今使っている光コラボを解約するようにしてください。

また、電話加入権を持っている状態で電話番号を引き継ぐ際は、なるべく他社の光回線を契約する前にアナログ戻しの手続きをしておきましょう。

光コラボを解約した後におすすめの回線はNURO光とauひかり

光コラボから乗り換える場合、同じ回線を利用するフレッツ光や他の光コラボを契約しても導入工事をしてもらわなければいけません。

どうせ導入工事が必要なら、フレッツ光や光コラボ以外のサービスも解約した後に利用する回線の選択肢に入ります。

光コラボから乗り換える光回線サービスの選択肢はいくつもありますが、強くおすすめできるサービスは2つに限られます。

1つめは「NURO光」です。

NURO光

NURO光は最大2Gbpsの高速通信を可能にしたことで人気を集めています。

そしてソフトバンクスマホが安くなる「おうち割光セット」が受けられることで料金の安さを求めている人からも支持を得ています。

NURO光の詳細は公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光の詳細は以下の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

2つめは皆さんご存知のauが展開している「auひかり」です。

auひかり

auひかりはauスマホが安くなることで人気がありますが、通信速度の安定性も高いと評判です。

auひかりの詳細は公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

auひかりの詳細は以下の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!
ポイント

また、NURO光とauひかりはどちらもキャンペーンが充実しているので、特典を受けて光コラボの違約金を負担する必要を無くしてくれます。

工事費が実質無料になる割引キャンペーンも実施しているので、乗り換え費用はほとんどかかりません。

光コラボから他の光回線サービスに乗り換えるときは、NURO光とauひかりを軸にして契約先を選ぶといいでしょう。

まとめ

光コラボを解約するときは、違約金が大きなネックになりますが、契約満了月と更新月に解約すれば費用はかかりません。

しかし、満了月などがあまりにも先になる場合は、すぐに解約したほうが負担する費用が安くなります。

他の光回線に乗り換える場合は、キャンペーン特典が受けられる事業者を選べば違約金を負担する必要が無くなります。

ですので、いつ解約しても問題はないと考えていいでしょう。

キャンペーンが充実していて、速度が速い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。

こちらも参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

ただ、電話番号の引き継ぎは少し厄介で、電話加入権が無いと消滅していまいます。

電話加入権を持っていても、NTTを通して手続きをしなければいけません。

他にもプロバイダの解約やメールアドレスの継続利用などのさまざまな注意点があるので、気になる点は解約する前に契約事業者へ連絡して確認しておきましょう。