光回線のおすすめ4選

光コラボからフレッツ光に戻すのは無料?違約金や工事は必要か解説!

「お得になりますよ」と誘われてフレッツ光から転用した光コラボを契約したけど、サービス内容に不満を感じてフレッツ光に戻りたいと感じる場合があります。

フレッツ光から光コラボへの乗り換えは工事をせず簡単にできたので、逆のパターンでも簡単に移行ができると思いますよね?

しかし、光コラボはシステムが異なるせいで、簡単にフレッツ光に戻ることができません。

ここでは、光コラボからフレッツ光に戻す方法と費用について解説します。

フレッツ光以外の光回線に乗り換える方法と費用も紹介するので、利用している光コラボに不満を抱いている人は参考に読んでみてくださいね。

※そもそも光コラボとは何か、ということから知りたい方は、まずはこちらの記事からご参照ください。

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

目次

光コラボからフレッツ光に戻すことはできる?仕組みから解説!

光コラボ→フレッツ光

フレッツ光から光コラボに乗り換えるときは工事が入らず、フレッツ光を解約する必要もありません。

上記の理屈で考えると、光コラボからフレッツ光に戻す方法も簡単で費用がかからないと思いますよね?

しかし、光コラボからフレッツ光に戻す場合、多くの手間がかかります。

光コラボからフレッツ光に戻ることはできるが…

光コラボからフレッツ光に戻すことは、物理上可能となっています。

しかし、光コラボからフレッツ光に戻すには、光コラボの解約手続きとフレッツ光の回線導入工事をしなければいけません。

光コラボとフレッツ光はどちらも利用する回線が同じなので、ほとんど人が解約と工事が必要なことに納得できないのではないでしょうか?

光コラボからフレッツ光に戻る際に解約と工事が必要になる理由は、サービスの仕組みにあります。

フレッツ光はあらゆる事業者に回線を貸し出しているので、工事をせずに光コラボへ乗り換えられるシステムを構築しています。

光コラボは事業者によって契約者の情報をはじめとしたデータを管理するシステムが異なります。

フレッツ光に戻る際には光コラボの解約と回線の導入工事が必要になるわけです。

ポイント

少し難しい理屈ですが、「回線がNTTの提供物であれば工事をせずに光コラボへの移行ができる。

反対に回線がNTT以外の提供物になると工事をしないとフレッツ光に戻れない」と考えるといいでしょう。

電話番号の引き継ぎは電話加入権を持っているかで違う

フレッツ光から光コラボへ移行するときは、固定電話の番号も簡単に引き継ぐことができました。

しかし、電話番号も先ほどの理屈が影響することで、光コラボからフレッツ光に戻るときは引き継ぎができるわけではありません。

光コラボからフレッツ光に戻る際に電話番号が引き継げるかは、電話加入権を持っているかで変わります。

電話加入権を持っていると、光コラボからフレッツ光に戻る際に電話番号を引き継ぐことができます。

しかし、フレッツ光から光コラボに移行する場合と比べると、引き継ぐには多くの手間がかかります。

電話加入権を持っていないと、光コラボからフレッツ光に戻るときに番号を引き継ぐことができません。

光コラボからフレッツ光に戻すときに必要な費用と時間

お金と時間

光コラボからフレッツ光に戻すには、あまりにも高額な費用が必要です。

申し込みが殺到しないシーズンを把握しておけば時間はあまりかかりませんが、費用を抑える術がないことが大きなネックになります。

光コラボからフレッツ光に戻すまで時間はシーズンによって違う

後で詳しく説明しますが、光コラボからフレッツ光に戻す手順は、フレッツ光が開通した後に光コラボを解約して完了になります。

つまり、フレッツ光を申し込んで開通工事が行われる日までが、光コラボからフレッツ光に戻すまでの時間になるわけです。

フレッツ光の開通工事は、基本的に申し込みをしてから2週間後以降に入ることが基本です。

注意

しかし、申し込みが殺到するシーズンに当たってしまうと、フレッツ光が開通するまで最大で3ヶ月も待たされるかもしれません。

インターネット回線の申し込みは、引越しが多い春(3~5月)に殺到する傾向があります。

春以外のシーズンに申し込めば、2週間から1ヶ月程度でフレッツ光が開通します。

必要な費用は光コラボの違約金とフレッツ光の工事費

光コラボからフレッツ光に戻す際には、光コラボを解約するときに請求される違約金と、フレッツ光の回線を導入する工事費が大きな障害になります。

光コラボを解約するときの違約金は契約している事業者よって値段が違いますが、9,500円から15,000円が一般的な目安です。

タイミング良く更新月であれば、解約しても違約金は発生しません。

しかし、更新月は2年か3年に1度しか無いので、よほど運が良くない限り光コラボを解約すると違約金が請求されると考えるべきです。

さらに、フレッツ光の回線を導入する際にも戸建てで18,000円、マンションで15,000円の工事費が発生します。

フレッツ光では工事費を30ヶ月の分割で支払うことができますが、負担する金額は決して安いとは思えません。

フレッツ光の工事費
住居タイプ工事費
戸建て18,000円
マンション15,000円
注意

光コラボからフレッツ光に戻る際には、違約金と工事費を合計した24,500円から33,000円の費用を負担することになります。

フレッツ光の初期費用は以下の記事でもまとめているので、こちらも参考にしてみてください。

フレッツ光の初期費用はいくら?割引で無料にできる裏技あり?

固定電話番号を引き継ぐ場合の費用

手順は後で詳しく解説しますが、電話加入権を持っている人が光コラボからフレッツ光に電話番号を引き継ぐ場合は注意が必要です。

アナログ戻し」と呼ばれる手続きをしなければければならないからです。

アナログ戻しとは、光コラボで利用している光電話の番号をNTTのアナログ形式に変更する手続きです。

光電話の番号をアナログ形式に戻すには2,000円から13,000円の費用がかかり、金額は状況によって異なります。

新たに自宅へアナログの電話線を引く必要があると費用が高額になります。

さらに、フレッツ光を契約する際には、アナログ形式に戻した番号を「フレッツ光の光電話の番号」として移行するので5,000円の費用を負担しなければいけません。

(フレッツ光を契約して電話番号をアナログ形式のままにすることもできますが、基本料金と通話料金が高くなってしまいます)

アナログ戻しについては以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

光コラボからフレッツ光に戻す費用はとても高い

違約金と工事費、電話番号に引き継ぐときに発生する費用を合わせると、光コラボからフレッツ光に戻すには31,500円から51,000円もかかってしまいます。

光コラボからフレッツ光に戻す際の費用
手続き費用
光コラボの解約9,500~15,000円
フレッツ光の回線導入15,000~18,000円
電話番号のアナログ戻し2,000~13,000円
アナログ電話から
光電話への移行
5,000円
合計31,500~51,000円

上記の金額を見ると、光コラボからフレッツ光に戻すのはあまりにもハードルが高いと言わざるを得ません。

しかし、光コラボからでもキャンペーンが充実しているフレッツ光以外のサービスを契約すれば、移行費用による負担を大幅に減らすことができます。

キャンペーンが充実していて、月額料金が安くて、速度の速い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

光コラボからフレッツ光に戻す方法

戻す

光コラボからフレッツ光に戻す手順は意外とシンプルなので、それほど難しくありません。

ただ、手順を間違えるとインターネットが利用できない期間ができるので注意しましょう。

手順その1.フレッツ光の申し込み手続きを行う

光コラボからフレッツ光に移行するときは、フレッツ光の申し込み手続きから先に行います。

注意

先に光コラボを解約してしまうと、フレッツ光が開通するまでインターネットが使えなくなるからです。

間違って先に光コラボを解約しないように気をつけてください。

ちなみに、フレッツ光はプロバイダも契約しなければインターネットを使うことができません。

プロバイダの契約手続きも忘れずにしておきましょう。プロバイダの選び方は以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

プロバイダの選び方のポイント5つ!初心者にもわかりやすく解説!

手順その2.フレッツ光の回線導入工事が入る

フレッツ光の申し込みをすると、2週間後移行に回線の導入工事が入ります。

光コラボを利用している人のほとんどは工事の内容をご存知だと思いますが、おさらいだけしておきましょう。

戸建てでは、電柱から光ファイバーを引き込んでから宅内に光コンセントとホームゲートウェイが設置されます。

フレッツ光戸建て開通工事の流れ

マンションでは予め光ファイバーが導入されていることがほとんどです。

壁の中にある通信ケーブルを宅内に引き込み、光コンセントとホームゲートウェイが設置されます。

集合住宅の導入工事と配線方式

工事が入る際には契約者(家族も可)が立ち会わなければいけません。

ですが、所用時間は戸建てで45分から90分、マンションでは30分以内とそこまで長くありません。

工事が完了すれば、フレッツ光の回線は開通です。フレッツ光の工事については以下の記事でも解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもご参照ください。

工事中フレッツ光の工事内容を全解説!工事時間は遅いと悪評が多い?!

手順その3.光コラボの解約手続きを行う

フレッツ光の回線が開通すれば、1日でも早く光コラボを解約します。

光コラボのほとんどは、電話窓口でしか解約の申請ができないことがほとんどです。

解約申請をすると後日に回線の撤去工事が入りますが、費用は基本的にかかりません。

光コラボは回線とプロバイダがセット契約になっているので、1度の申請手続きをすればどちらも同時に解約になります。

光コラボの解約は以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光コラボの解約を全解説!解約金や電話番号を変えない方法もあわせて解説!

電話番号を引き継ぐ手順

電話番号を引き継ぐには、最初にNTTの電話窓口に連絡してアナログ形式に戻す手続きを行います。

NTT 電話サービスの問い合わせ先
エリア問い合わせ先
東日本0120-116-000
西日本0800-2000116

手続きが完了すると、NTTからアナログ形式に戻す工事の日程を決めための電話がかかってきます。

アナログ回線に戻すには1~2週間の時間がかかるので、なるべくフレッツ光を申し込む前に手続きをしておくことをおすすめします。

アナログ形式に戻す手続きが完了すれば、フレッツ光を申し込む際に引き継ぐ電話番号を申告します。

フレッツ光を申し込む際にアナログ形式に戻す手続きが完了していなくても、開通までに申告ができれば電話番号を光電話に移行することができます。

(フレッツ光が開通した後でもアナログ形式の電話番号を光電話に移行することはできます。ですが、費用が高くなる可能性があるのでおすすめできません)

光コラボから別の光回線に乗り換えるのはどうなの?契約先によってはアリ?

別の光回線に乗り換える

光コラボからフレッツ光へ戻すにはあまりにも高額な費用が必要なので、おすすめすることができません。

しかし、光コラボからフレッツ光以外の光回線に乗り換える場合、契約先によっては負担する費用を軽減できることができます。

光コラボから他の光回線に乗り換える場合、利用する回線の種類が同じでも入れ替え工事は必ず入ります。

光コラボを解約するときも違約金が発生するので、フレッツ光に戻す場合と同じように費用はとても高額になります。

ポイント

しかし、フレッツ光以外の光回線には工事費無料キャンペーンを実施している事業者が多いです。

お得度が高い申し込み窓口を知っていれば光コラボの違約金も負担する必要がありません。

フレッツ光以外の光回線への乗り換えは、契約する事業者によっては費用が無料になるわけです。

ただ、キャンペーンを実施していない光回線に乗り換えると、フレッツ光と変わらない費用が請求されてしまいます。

光コラボから別の光回線に乗り換えると発生する費用と時間を知ろう!

お金と時間

光コラボから別の光回線に乗り換える場合でも、違約金と工事費が大きなハードルとなって立ちはだかります。

しかし、フレッツ光以外の光回線はキャンペーンが充実しているサービスが多いので、費用の負担を大幅に削減することができます。

光コラボから別の光回線に変わるまでかかる時間はフレッツ光に戻す場合と同じ

光コラボから他の光回線に乗り換える場合でも、別の光回線を申し込んで開通工事が完了。

そして今まで契約していた光コラボを解約するまでの期間が移行できるまでの時間になります。

フレッツ光以外の光回線も契約手続きをしてから2週間後以降に工事が入ります。

しかし、申し込みが殺到する春のシーズンは、3ヶ月も待たされることが少なくありません。

春以外のシーズンで申し込めば、2週間から1ヶ月ほどで別の光回線への移行が完了します。

違約金と工事費のどちらも事業者によって違う

光コラボからフレッツ光以外の光回線に乗り換える場合も、光コラボを解約するときの違約金が発生し、9,500円から15,000円ほどの費用が発生します。

さらに、新たに契約する光回線の工事費も15,000円以上かかるので、最低でもフレッツ光と同等の費用を負担しなければいけません。

契約先によっては、フレッツ光よりも工事費が高くなることもあります。

フレッツ光以外の光回線サービスの工事費一覧
サービス戸建てマンション
ソフトバンク光24,000円24,000円
ドコモ光18,000円15,000円
auひかり37,500円30,000円
NURO光40,000円40,000円

上記の費用を見ると、ほとんどの人は値段が高いと感じて光コラボから乗り換え自体を諦めてしまうのではないでしょうか?

電話番号を引き継ぐ費用も高い

フレッツ光以外の光回線へ乗り換える場合でも、電話番号を引き継ぐには電話加入権を持っていなければいけません。

電話番号を引き継ぐ方法もフレッツ光へ戻す場合と同じで、1度アナログ形式に戻さなければいけません。

そのため、アナログ形式に戻す手続きと光電話への移行手続きの費用を合わせると、7,000円から18,000円を負担することになります。(アナログ戻しの費用の詳細は以下の記事をご参照ください。)

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

キャンペーンが強い光回線サービスを契約すれば費用が消滅

違約金と工事費、電話番号を引き継ぐ費用を考えると、フレッツ光以外の光回線への乗り換えもリスクが高いと感じるのではないでしょうか?

しかし、フレッツ光以外の光回線サービスに乗り換える場合、キャンペーンが強い事業者を選べば移行費用を大幅に削減することができます。

ポイント

キャンペーンが強い光回線サービスの中でも「ソフトバンク光」は特に評価が高く、キャッシュバックや割引で工事費を無料にしてくれます。

光コラボを解約して請求された違約金も郵便為替によるキャッシュバックで全額負担してくれます。

電話番号をアナログ形式に戻す料金も負担してくれるので、移行費用を気にする必要は全くありません。

ソフトバンク光のキャッシュバック

さらに、代理店のキャンペーンサイトで申し込めば30,000円ほどのキャッシュバックがもらえます。

移行費用がかからないどころかお小遣いが手に入ります。

ソフトバンク光の正規代理店

フレッツ光以外の光回線には上記のキャンペーンを実施している事業者が多いです。特典が充実しているサービスを契約すれば費用が気になりません。

キャンペーンの詳細はソフトバンク光の公式サイトをご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

光コラボから別の光回線に乗り換える方法

ポイント

光コラボから別の光回線に乗り換える方法は、フレッツ光に戻す場合とほとんど変わりません。

しかし、移行先によっては申請をしなければキャンペーン特典を受けられないので、注意が必要です。

手順その1.乗り換える光回線サービスを申し込む

別の光回線に乗り換える場合でも、最初に移行するサービスの申し込みをしなければいけません。

理由はフレッツ光に戻す場合と同じで、先に光コラボを解約すると新しい契約先の回線が開通するまでインターネットが使えなくなるからです。

光コラボから他の光回線に移行する際は、契約先に関係なく最初に移行するサービスを申し込むようにしてください。

おすすめの回線は以下の記事で紹介しているので、こちらを参考にして契約してみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

手順その2.乗り換え先の回線導入工事が入る

乗り換え先の光回線を申し込むと、2週間後以降に回線の導入工事が入ります。

工事の内容はフレッツ光に戻す場合とほとんど変わらず、契約者の立ち会いも必要になります。

工事が完了すれば、別の光回線は開通になります。

手順その3.光コラボの解約手続きを行う

別の光回線が開通すれば、今まで利用していた光コラボの解約手続きを行います。

先ほども説明しましたが、光コラボのほとんどは解約の申請手続きを電話窓口で行います。

電話窓口で解約の申請をすると、後日に回線の撤去工事が入ります。解約の詳細は以下の記事をご参照ください。

光コラボの解約を全解説!解約金や電話番号を変えない方法もあわせて解説!

固定電話を引き継ぐ手続きはフレッツ光に戻す場合と同じ

フレッツ光以外の光回線に乗り換える場合も、固定電話の番号を引き継ぐにはNTTに連絡してアナログ形式に戻さなければいけません。

アナログ形式に戻すまでには1~2週間程の時間がかかるので、なるべく別の光回線を申し込む前に手続きを完了させておきましょう。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

キャンペーンの申請手続きの必要有無には注意

キャンペーンを適用して別の光回線への移行費用を削減する場合、特典を受ける条件を注意しなければいけません。

たとえば、ソフトバンク光を契約して違約金を負担してもらう場合。

今まで利用していた光コラボの解約証明書(違約金の請求書など)を送付しなければ特典が適用されません。

キャンペーン特典の適用条件は移行先によって異なるので、申し込む際に確認しておきましょう。

ソフトバンク光の条件については、ソフトバンク光の公式サイトをご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

まとめ

すでに利用している光コラボを解約してフレッツ光に戻すと、あまりにも高額な費用が発生してしまいます。

合計で30,000円から50,000円ほどの費用が請求されることは必至なので、フレッツ光へ戻すことはおすすめできません。

ただ、光コラボから他の光回線への乗り換えなら、移行先によってはキャンペーンが適用されて費用を大幅に減らすことができます。

光コラボから別の光回線に移行するなら、フレッツ光以外のサービスを選んだほうがいいでしょう。

キャンペーンが充実していて、月額料金が安くて、速度の速い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!