光回線のおすすめ4選

光コラボの料金は本当に安い?最安はどこか比較して紹介!

市場で多くの事業者が展開している光コラボは、料金が安いことをアピールポイントにしています。

光コラボを契約すると安い料金でインターネットを使うことができますが、ネット代を最安値にするにはコツが必要です。

しかし、コツを掴んでも必ず他の光回線より料金が安くなるわけではありません。

状況によっては、他の光回線を契約したほうが光コラボよりお得になることがあるからです。

ここでは、光コラボを契約するとネット代は本当に安くなるのか、最安の光回線はどれなのかを解説します。

安い料金でインターネット回線を使いたい人は、契約先を選ぶ参考資料として活用してください。

※そもそも光コラボとは何か、ということから知りたい方は、まずはこちらの記事からご参照ください。

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光コラボの利用料金は安いの?安くできる仕組みを知ろう!

光コラボの料金

光コラボを運営している事業者の多くは「フレッツ光の回線を格安料金で利用できる」とアピールしています。

光コラボを利用すれば、NTTでフレッツ光を契約するよりも通信費を安くできることは確かです。

ただ、表面上の料金を見ても光コラボは格安サービスだと感じることはできません。

光コラボを契約して料金を安くするには、あるカラクリを駆使する必要があるからです。

光コラボの月額料金は安いわけではない

最初にNTTでフレッツ光を契約した場合の料金と、光コラボを契約した場合の料金を見比べてみましょう。

(光コラボはこの後に紹介するおすすめの事業者をピックアップしています)

フレッツ光と主要光コラボの月額料金一覧表
サービス戸建てマンション
フレッツ光 東日本30ヶ月間:4,700円
31ヶ月目以降:5,000円
30ヶ月間:3,050~4,050円
31ヶ月目以降:3,550~4,550円
フレッツ光 西日本
(光はじめ割適用時)
1~2年目:4,300円
3年目以降:4,110円
1~2年目:2,250~3,950円
3年目以降:2,600~4,500円
ソフトバンク光5,200円3,800円
ビッグローブ光4,980円3,980円
ドコモ光タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB4,200円
OCN光5,100円3,980円
DMM光4,820円3,780円

※フレッツ光のみ別で500円から1,000円のプロバイダ料金がかかります。

フレッツ光は別途プロバイダ料金がかかるので戸建てで5,000円から6,000円、マンションで3,500円から4,500円が大まかな相場になります。

光コラボの月額料金は事業者によって異なりますが、戸建てで5,000円前後、マンションで4,000円前後が相場です。

大まかな相場ではありますが、ぱっと見た感じでは光コラボの月額料金はとても安いと感じない人がほとんどではないでしょうか?

状況によっては光コラボを契約して料金が安くなることもありますが、差額は微々たるものです。

光コラボを契約して料金を安くできる秘訣はセット割引にあり

月額料金はそれほど安くないのに、なぜ数多くの光コラボは料金が安いとうたっているのか疑問に思いますよね?

光コラボが料金の安さをアピールする理由は「セット割引」にあります。

ポイント

お得度が高いと評価されている光コラボは、対象の携帯電話キャリアを契約している人に向けてスマホ代が安くなるセット割引を提供しています。

スマホ代が割り引かれることで、実質のネット代が安くなるわけです。

「スマホ代がこれだけ割り引かれるから、ネット代が実質無料になる」と案内してくる光コラボも少なくありません。

ただ、セット割引を用意せずに料金の安いとアピールしている光コラボも少なからず存在しています。

セット割引が無い光コラボは契約しても料金がそれほど安くならないので、選択肢から外しておきましょう。

新規で契約する場合はキャンペーンが受けられるかもポイント

フレッツ光から光コラボに乗り換えるときは工事をする必要がないので、初期費用はほとんどかかりません。

新規(フレッツ光以外からの乗り換えも含む)で光コラボを契約する場合、最低でも15,000円以上の工事費がかかります。

しかし、キャンペーンを実施している光コラボを契約すれば、キャッシュバックや割引特典で工事費を実質無料にしてくれます。

新規で契約する場合は、どのようなキャンペーンが受けられるかも光コラボを選ぶポイントになります。

料金が安い光コラボ5社をランキングで紹介!

ランキング

光コラボを契約して毎月支払う料金を安くするには、セット割引の適用が不可欠です。

といっても、どれほどの割引が受けられるかは契約する光コラボの種類や、スマホで利用しているプランによって異なります。

ここでは、セット割引の内容をもとに料金が安くなりやすい光コラボをランキング形式で紹介しています。

ランキングはあくまで割引される金額や適用条件をもとにしているので、人によって利用するべき光コラボは違ってきます。

この点を考慮して、下記のランキングをもとに光コラボを契約する際の参考資料として活用してください。

第1位 ソフトバンク光

softbank 光

セット割引の内容でもっとも高評価を得ている光コラボはソフトバンク光です。

ソフトバンク光を契約すると「おうち割光セット」でソフトバンクのスマホ代が最大1,000円安くなります。

ですので、ソフトバンクユーザーからの根強い人気があります。

おうち割光セット 割引金額一覧表
スマホの料金プラン割引金額
データ定額 50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット for 4G LTE(7GB)
1,000円
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円

おうち割光セットの割引は10台までのスマホが受けられるので、家族全員がソフトバンクユーザーならより一層お得度が増します。

ソフトバンク おうち割光セット

ソフトバンクのスマホを使っている家族人数が多ければ、ネット代が実質無料になるのも夢ではありません。

MEMO

おうち割光セットは契約している限りずっと受け続けられるので、1種類の光コラボを末永く使いたい人にもソフトバンク光はおすすめです。

さらに、他の回線から乗り換えると工事費と他社の違約金がキャンペーンで相殺されます。

そして、代理店のサイトで申し込めば30,000円以上のキャッシュバックがもらえる点も大きなポイントです。

ソフトバンク光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第2位 ビッグローブ光

ビッグローブ光

老舗プロバイダのBIGLOBEが運営するビッグローブ光は信頼度が高いだけでなく、KDDIと提携しています。

それにより、「auスマートバリュー」が受けられるというメリットもあります。

割引金額の振れ幅は500円から2,000円となっていますが、仕組みはソフトバンク光のおうち割光セットと似ています。

auスマートバリュー 割引金額一覧
プランデータ容量2年間3年目以降
auピタットプランスーパーカケホ/
カケホ:2GBまで

シンプル:
1GB超~2GBまで
500円500円
スーパーカケホ/
カケホ/シンプル:
2GB超~20GBまで
1,000円1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
934円934円
データ定額5/20GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

auスマートバリューとおうち割光セットの似ているところは、家族も割引が受けられる点です。

MEMO

auスマートバリューは10台までのスマホに適用できる割引なので、ビッグローブ光は家族全員でauを使っている人に打って付けの光コラボと言えます。

auで契約しているプランによっては3年目から割引金額が変わりますが、契約している限り適用され続けるので、ずっとauを使いたい人も安心です。

ただ、格安SIMへ対抗するプラン「auピタットプラン」を契約していると割引金額が500円になるので、2位という結果になりました。

新規で申し込む場合の工事費は割引特典で相殺されますが、他社の違約金は負担してくれません。

代理店で申し込めば別でキャッシュバックをもらうことができます。

ですが、受け取れる金額は25,000円となっていて、ソフトバンク光と比べて若干少なめです。

ビッグローブ光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ビッグローブ光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ビッグローブ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第3位 ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光もドコモユーザーに向けて「光セット割」を提供しています。

割引金額は最大で3,500円ですが、適用可能なスマホは1台までなのでネット代を実質無料にすることはできません。

といっても、ドコモはシェアパックを活用することでスマホ代を大幅に安くできるキャリアなので、光セット割の還元額は相応だと言えます。

シェアパックを利用した場合の割引金額一覧表
ベーシックパック定額
容量割引金額容量割引金額
30GBまで利用1,800円ウルトラシェアパック100GB3,500円
15GBまで利用1,800円ウルトラシェアパック50GB2,900円
10GBまで利用1,200円ウルトラシェアパック30GB2,500円
5GBまで利用800円
ドコモスマホの利用台数が1台の割引金額一覧表
ベーシックパック定額
容量割引金額容量割引金額
20GBまで利用800円ウルトラデータLLパック30GB1,600円
5GBまで利用800円ウルトラLパック20GB1,400円
3GBまで利用200円ケータイパック500円
1GBまで利用100円

ドコモ光の公式サイトには「ずっとドコモ割プラス」の割引金額も記載されていますが、これはドコモでスマホだけ契約していても受けられる特典なので割愛しています。

ドコモ光を新規で契約すると15,000円から18,000円の工事費がかかりますが、頻繁に工事費無料キャンペーンを実施しているので気にする必要はありません。

注意

ただ、キャッシュバックがもらえる代理店は皆無に等しく、あったとしても「ひかりTV」に加入しなければ特典が適用されないことがほとんどです。

ドコモ光を3位にした理由は、ソフトバンク光やビッグローブ光と比べて劣ることが理由です。

ドコモ光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第4位 OCN光

OCN光

OCN光はNTTグループのOCNが提供する光コラボなので、ビッグローブ光と並んで老舗クラスの信頼がある光コラボです。

ただ、OCN光には大手キャリアのスマホ代が安くセット割引がありません。

その代わりにOCNが展開している格安SIM「OCNモバイルONE」を利用すると、「OCNモバイル割」が適用されてスマホ代が安くなります。

OCN光モバイル割

割引金額は一律でスマホ1台あたり200円となっていて、最大5つの回線まで適用することができます。

ソフトバンク光などと比べると割引金額がかなり低い印象を受けます。

ですが、そもそもOCNモバイルONEの利用料金が大手キャリアよりも大幅に安いので妥当な値段と言えます。

  • これから格安SIMを利用したい
  • 格安SIMを利用しているけどセット割引が受けられる光コラボを契約したい

このような人であれば、OCN光を選択肢に入れてみる価値はあるでしょう。

注意

ただ、OCN光はキャンペーンの内容が乏しい欠点があり、新規で契約すると15,000円から18,000円の工事費を負担しなければいけません。

代理店で申し込んでもらえるキャッシュバックも18,000円と低めなので、新規で契約するには敷居が高めです。

OCN光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

OCN光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

OCN光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第5位 DMM光

DMM光

光コラボの台頭と共にサービスの提供が開始されたDMM光は知名度こそ発展途上の段階ですが、通信速度の速さが高く評価されている光コラボです。

DMM光も大手キャリアのスマホ代が安くなる割引がありませんが、格安SIMの「DMM mobile」をセットで利用するとネット代が毎月500円割引されます。

ただ、スマホの台数が多くても割引金額は増えないので、OCN光に続く5位という位置付けになりました。

新規契約の工事費が無料になるキャンペーンは実施していても、キャッシュバックがもらえる代理店ない点もマイナスポイントの対象になりました。

DMM光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

DMM光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

DMM光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

光コラボ以外の料金が安いネット回線ランキング!他にも選択肢はたくさん?

先ほどのランキングを見ただけでも、料金が安くなる光コラボはとても多いことがわかります。

しかし、料金の安さを求めるときは光コラボだけが候補というわけではありません。

通信速度の速さだけが目立ちがちな他社の光回線サービスにも通信費用を安くできるメリットがあります。

第1位 NURO光

NURO光

最大2Gbpsまでの超高速通信を実現したNURO光は料金が高そうなイメージがありますが、月額料金は光コラボとほとんど変わりません。

NURO光の月額料金
住居タイプ月額料金
戸建て4,743円
マンション4,743円or1,900~2,500円

それどころか、ソフトバンクのスマホを持っていれば「おうち割光セット」の割引を受けることができます。

通信速度が速いうえにスマホ代まで安くなれば、もう言うこと無しですね。

MEMO

基本工事費は光コラボよりも高い40,000円となっていますが、公式の割引特典で相殺されるので契約者が1円も負担することはありません。

さらに、代理店で申し込めば30,000円以上のキャッシュバックがもらえるので、他社から乗り換える際の違約金まで負担する必要がなくなります。

NURO光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第2位 auひかり

auひかり

auひかりは名前の通り、携帯電話キャリアのauが展開している光回線サービスです。

auひかりの月額料金も光コラボとほとんど変わりません。

auひかりの月額料金
住居タイプ月額料金
戸建て1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900
マンション3,400~5,000円

ただ、auひかりは最初にauスマートバリューに対応した光回線サービスで、auユーザーならビッグローブ光と同じ割引を受けることができます。

代理店のサイトで申し込んでもらえるキャッシュバックも43,000円以上と高額なので、初期費用は気にしなくてもいいでしょう。

他社の違約金も「スタートサポート」で30,000円まで負担してくれます。

注意

ただ、公式サイトに記載されている工事費無料キャンペーンは、auスマートバリューを適用させると受けることができません。

auひかりの工事費は分割で支払うことができますが、それでも30,000円から37,500円と高額です。

また、マンションでは物件によって月額料金が大幅に変わるので、場合によっては光コラボを契約したほうが良い場合もあります。

これらの点がNURO光に続いて2位にした理由です。

auひかりの公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりの詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第3位 電力系光回線

各地方にある電力会社系列の光回線サービスも、ネット代を安くする際の有力な選択肢に入ります。

電力系光回線は住んでいるエリアで利用できるサービスが異なります。

地域別の電力通信事業者の光回線サービス一覧
中部コミュファ光
関西eo光
中国MEGA EGG
四国Pikara
九州BBIQ

といっても、どのエリアに住んでいても月額料金も光コラボとあまり変わりません。

中には契約してから1年目の月額料金が安くなるサービスもありますが、長い目で使うことを考えると光コラボと大きな違いがないと言えます。

電力系光回線の月額料金
サービス戸建てマンション
コミュファ光3,930~5,550円4,110~5,550円
eo光1年目:2,953円
2年目以降:4,953円
1年目:2,524円
2年目:3,524円
MEGA EGG1年目:4,000円
2~3年目:5,000~5,410円
4~6年目:5,000~5,410円
7年目以降:4,700~5,110円
1年目:2,000~2,600円
2~3年目:3,200~4,281円
4~6年目:3,400~4,481円
7年目以降: 3,200~4,281円
Pikara4,200~5,200円3,280~4,000円
BBIQ4,700~5,800円4,100~5,800円

ただ、電力系光回線は全てKDDIと何らの関係がある会社が運営しているので、auスマートバリューを受けることができます。

auでスマホを使っている場合、ビッグローブ光とauひかりに加えて電力系光回線も選択肢に加わるわけです。

同じ割引が受けられる光回線が3つもあると料金だけで比較するのは難しいです。

よって、通信速度やキャンペーンもポイントにしてどれを契約するか考える必要があります。

注意

通信速度を軸にして考えると、電力系光回線はあまりおすすめできません。

電力系光回線の通信速度は定評がある部類に入りますが、住んでいる場所によっては回線スピードが遅くなることがあるからです。

ビッグローブ光とauひかりはどの場所で利用しても通信速度が安定するので、電力系光回線よりも快適にインターネットが利用できる可能性が高いです。

(ビッグローブ光は接続方式をiPv6に切り替えることが前提ではありますが…)

契約して受けられるキャンペーン特典にも大きな違い差があります。

電力系光回線を申し込んで受け取れる純粋なキャッシュバックの金額は10,000円ほどが相場です。

公式サイトではキャッシュバック額を30,000円や40,000円と高めに記載しています。

ですが、その半分以上は他社の違約金を負担することが趣旨の特典です。

eoネット キャンペーン

ビッグローブ光は他社の違約金を負担してくれませんが、25,000円以上のキャッシュバックをプレゼントしてくれます。

auひかりは43,000円以上のキャッシュバックをプレゼントしてくれるうえに、他社の違約金も30,000円まで負担してくれます。

これらの点を踏まえると、電力系光回線を選ぶ優先度は高くないと考えるべきでしょう。

第4位 SoftBank Air

SoftBank Air おうちのwifi

料金の安いインターネット回線を契約するのなら、工事が不要なWi-Fiルーターも検討してみる価値があります。

Wi-Fiルーターにもセット割引が受けられるサービスがあるからです。

Wi-Fiルーターの中で割引によるお得度が高いサービスはSoftBank Airです。

(SoftBank Airの機能の詳細は以下の記事をご参照ください。)

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!

SoftBank Airの月額料金は光コラボとたいして変わりません。

ですが、おうち割光セットが受けられるのでソフトバンクユーザーなら見逃すことはできません。

MEMO

さらに、契約してから2年間は月額料金も割引されるので、代理店で申し込めば30,000円以上のキャッシュバックをもらうことができます。

お得度だけで考えるとソフトバンク光やNURO光と同等レベルと言えるでしょう。

SoftBank Airの月額料金
基本料金2年間
4,880円おうち割光セット適用:4,300円
おうち割光セット未適用:3,800円

ただ、最大速度が350Mbpsなので、光回線と比べて機能性が劣る印象は否めません。

夜になると速度が制限されて実効速度が7Mbpsまで落ちるので、オンラインゲームには不向きです。

ホームページと動画を見ることがメインなら問題ありませんが、通信速度の速さも重視するなら候補に入れないほうがいいでしょう。

ソフトバンクエアーの公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンクエアーの詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ソフトバンクエアーの口コミ分析!いい評判と悪い評判を暴露します!

第5位 WiMAX

WIMAX

持ち歩きができるWi-FiルーターのWiMAXも、auユーザーなら1度検討してみる価値があります。

WiMAXを契約すると、「auスマートバリューmine」が受けられるからです。

といっても、auスマートバリューmineの割引金額は500円から1,000円までが振れ幅です。

場合によってはビッグローブ光やauひかりを契約したほうが良い場合があります。

注意

光回線と比べると通信速度が遅いデメリットもあるうえに、3日間で利用したデータ量が10GB以上になると速度制限がかかります。

使い勝手の良い回線を使いたい人にはおすすめできません。

WiMAXはauユーザーにとって気になる存在ですが、光回線と比べると優先順位はもっとも低いと考えるべきでしょう。

とはいえネットを過剰に使わない人にならおすすめできます。

おすすめできる理由は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

料金が安い光回線サービスを5つに絞ってランキングでまとめました!

星5つ 評価

ここまで料金が安い光コラボと、料金が安い他のインターネット回線を5つずつ紹介しましたが、基本的に光回線サービスを選んだほうが無難です。

SoftBank AirやWiMAXなどのWi-Fiルーターは料金だけ見ると良いサービスに見えますが、光回線と比べると使い勝手が大きく劣ります。

光コラボと他の光回線は機能性が優れているうえに、条件が合致すればセット割引で通信費が安くなります。

ここからランキング形式で紹介する光回線は、料金の安さ・使い勝手・契約特典の3拍子が揃っています。

ですので、利用しているスマホのキャリアにあわせてサービスを選べばほとんど後悔しません。

第1位 NURO光

全ての光回線の中でもっともおすすめしやすいサービスはNURO光です。

NURO光には、以下の4つの恩恵が受けられるので非の打ち所がありません。

  • おうち割光セットが受けられる
  • キャッシュバックがもらえる
  • 工事費が無料
  • 通信速度が爆速
ポイント

特におうち割光セットが受けられる点は、ソフトバンクユーザーにとって大きなメリットです。

同じおうち割光セットが受けられるソフトバンク光よりおすすめできる理由は、後で詳しく解説します。

NURO光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第2位 auひかり

NURO光の次にお得と言えるサービスはauひかりです。

ポイント

auひかりが2番目におすすめできる理由は、auスマートバリューが受けられることはもちろん、キャンペーンも充実していて通信速度の安定性も高いことにもあります。

auスマートバリューを受けるなら、ビッグローブ光を選んでも良いように感じる人も多いのではないでしょうか?

しかし、後で詳しく比較しますが、auひかりとビッグローブ光とでは通信速度とキャンペーンに差があります。

auひかりの公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりの詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第3位 ソフトバンク光

ソフトバンクユーザーが光コラボを契約するときは、ソフトバンク光がもっとも有力な候補になります。

しかし、全ての光回線を引っくるめて考えると、ソフトバンク光はもっとも優先順位が高いサービスになりません。

その理由はNURO光の存在にあります。

ポイント

NURO光はおうち割光セットが受けられるうえに、戸建てだとソフトバンク光より月額料金が安くなるからです。

ソフトバンク光・NURO光の月額料金比較表
サービス戸建てマンション
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光4,743円4,743円or1,900~2,500円

戸建てに住んでいると、ソフトバンク光よりもNURO光の優先度が高くなります。

MEMO

ソフトバンク光を契約する必要があるのはNURO光の提供エリア外に住んでいるか、マンションに住んでいる場合と考えるべきでしょう。

通信速度の速さも大事にしたいと思っている人は、戸建てとマンションのどちらに住んでいてもNURO光を契約するべきです。

ソフトバンク光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第4位 ビッグローブ光

ビッグローブ光はauスマートバリューが受けられるので、決して悪いサービスではありません。

しかし、同じ割引が受けられるauひかりと月額料金の値段が拮抗していて、マンションに至っては物件によってauひかりを選んだほうがお得な場合もあります。

ビッグローブ光・auひかりの月額料金比較表
サービス戸建てマンション
ビッグローブ光4,980円3,980円
auひかり1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円
3,400~5,000円

通信速度の評価もauひかりがやや上回っている傾向があります。

代理店で申し込んでもらえるキャッシュバックもビッグローブ光が25,000円以上、auひかりが43,000円以上なので、どちらを契約したほうがいいかは一目瞭然です。

光回線全体で見るとビッグローブ光を選ぶ優先度は低めで、auひかりが契約できない場合の代替候補と考えたほうがいいでしょう。

ビッグローブ光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ビッグローブ光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ビッグローブ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

第5位 ドコモ光

ドコモユーザーにとって光セット割が受けられるドコモ光は、非常に有力な選択肢のように思えます。

しかし、ドコモユーザーなら必ずドコモ光を選ぶべきというわけではありません。

光セット割で受けられる割引がたったの500円になると、実質のネット代が他の回線と変わらないからです。

以下の表で光セット割が500円になった場合の実質月額料金をNURO光やauひかりと比べると、大きな差がほとんど出ないからです。

ドコモ光の実質月額料金NURO光の月額料金auひかりの月額料金
タイプA:4,700円
タイプB:4,900円
4,743円1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目:4,900円

なぜNURO光やauひかりの月額料金と比較したのかと言うと、通信速度に大きな違いがあるからです。

ドコモ光は光コラボにしては珍しく、プロバイダを選ぶことができるサービスです。

プロバイダを選べることは使い勝手の良さにつながるように見えます。

ですが、プロバイダ選びを間違えると通信速度が遅くなってしまうデメリットがあります。

NURO光をauひかりは慎重なプロバイダを選ばなくても通信速度が安定するうえに、利用者からの評価はドコモ光よりも上回っています。

もし「同じ利用料金で通信速度が速くなる確信がある回線と、通信速度が遅くなるかもしれない回線のどちらを選ぶ?」と聞かれると、ほとんどの人は前者を選ぶのではないでしょうか?

注意

要約すると、光セット割による割引金額が1,000円以上にならない限りはドコモ光を契約する意味がないということになります。

光セット割が受けられるスマホが1台までのドコモ光では、このパターンが起きる可能性がとても高いです。

自宅がNURO光やauひかりの提供エリア外であればドコモ光を選ぶしかありませんが、そうでない限りは実質的な利用料金を計算して他社と比較するようにしてください。

ドコモ光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光の詳細は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

まとめ

ここまでランキング形式で料金が安いインターネット回線を紹介しました。

基本自分が利用している携帯電話キャリアにあわせてサービスを選ぶことが一番です。

利用しているキャリア別に分けてもっともお得なサービスを分類すると以下の通りになります。

利用しているキャリア別のおすすめ光回線
携帯電話キャリア候補となる光回線
ドコモドコモ光
ソフトバンク・NURO光
・ソフトバンク光
au・ビッグローブ光
・auひかり

上記の表で挙げている回線の他にSoftBank AirやWiMAXといったサービスも気になるものですが、使い勝手の良さを考えると光回線だけに候補を絞りましょう。

ここで挙げているおすすめの光コラボは、全てセット割引を受けることで実質的なネット代を安くできるサービスです。

料金を安くすることを軸にして考えると、利用しているスマホのキャリアにあわせてドコモ光ソフトバンク光ビッグローブ光のどれかを選べば間違いありません。

ただ、契約できるエリアに住んでいれば、NURO光auひかりとも比較しておく必要があります。

NURO光やauひかりも契約できるのか、実質のネット代はいくらになるのかを算出して光コラボを利用するべきなのか考えましょう。

速度の速い安い質の高い回線は以下の記事でも厳選して紹介しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!