光回線のおすすめ4選

WAKWAK光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

自宅に光回線を導入するときは、回線の提供事業者だけでなくプロバイダも選べなければいけないことがあります。特に定番のフレッツ光はプロバイダ選択型サービスなので、プロバイダ選びが大きな悩みどころになるでしょう。

「WAKWAK光」は、あらゆる光回線サービスのプロバイダを行っています。対応サービスが多いとこを見ると、通信速度が安定していそうな気がしますよね。

しかしプロバイダをWAKWAK光にする場合、1つだけ注意点を押さえておかなければいけません。

ここでは、プロバイダWAKWAK光の回線速度について解説します。WAKWAK光を契約するか迷っている人は、参考にしてくださいね。

WAKWAK光の公式速度と実効速度

タブレットを見るビジネスマン

WAKWAK光と聞いて、OCN光やソフトバンク光と同じ光コラボレーション(以下、光コラボ)だと認識する人は少なくないでしょう。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

実際はそうではなく、WAKWAK光は光コラボではなく、フレッツ光をはじめとした光回線のプロバイダサービスです。そのため公式速度は利用する光回線サービスに準ずることになります。

利用する光回線サービスの公式速度を見ると、WAKWAK光で快適にネットができるように感じます。しかし、実効速度の数値はそれほど高いわけではありません。

WAKWAK光の公式速度は最大1Gbps

WAKWAK光は、

  • WAKWAK光 with フレッツⅡ
  • WAKWAK光プラス
  • WAKWAKドコモ光
  • WAKWAK光コラボ

この4つのサービスを展開しています。サービスによって光回線を提供する事業者は変わってきますが、どれを選んでも利用する回線はフレッツ光のものになります。

つまり、WAKWAK光を利用するときは、フレッツ光の回線速度が基準になるわけです。フレッツ光の公式速度は最大1Gbpsとなっているので、WAKWAK光の公式速度は最大1Gbpsと思っていいでしょう。(フレッツ光の速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

WAKWAK光の実効速度

slow

ただこの1Gbpsという速度は、あくまで理論上の最大値です。実際に出る通信速度は、利用するプロバイダによって大きく違ってきます。

プロバイダをWAKWAK光にすると、実効速度が遅くなる可能性もあります。WAKWAK光の利用者から「通信速度が遅い」という口コミがいくつか寄せられているからです。

下り速度が1Mbpsということは珍しくなく、口コミを見るとWAKWAK光は避けたほうがいいように感じるでしょう。

しかしWAKWAK光では2017年からiPv6という接続方式を使うことで、通信速度を安定させられるようになりました。ですのでWAKWAK光は200Mbpsくらいの実効速度があると考えていいでしょう。

WAKWAK光の通信速度は無線LANルーターの種類でも左右される

WAKWAK光でWi-Fiを利用するときは、接続する無線LANルーターのスペックで実効速度が変わってきます。性能が低いWi-Fiルーターを利用すると、通信速度が遅くなる恐れがあるので注意が必要です。

WAKWAK光では無線LANルーターのレンタルを行っていませんが、NTTから有料で借りることができます。

ホームゲートウェイ 無線LANカード

NTTが貸し出している無線LANルーターは最大866Mbpsの速度に対応しているので、快適にWi-Fiを使うことができるでしょう。

家電量販店などで無線LANルーターを購入する方法もありますが、速度や対応規格に注意しなければいけません。無線LANルーターを購入するときは、

  • 対応速度が800Mbps以上
  • 対応規格がIEEE802.11ac

この2つの条件をクリアしているものを選びましょう。また後ほど紹介するiPv6という接続方式に対応しているかも、WAKWAK光で快適にネットを使うポイントになります。

WAKWAK光の夜の速度は遅くなるのか?

月

光回線のサービスごとに違うが1番出るのは、夜の通信速度です。夜はネットを使う人がもっとも多い時間なので、回線が混雑する可能性が高くなります。

光回線のサービスやプロバイダは、それぞれサーバーのクオリティに違いがあります。サーバーのクオリティが低いプロバイダを契約すると、夜に通信速度が極端に遅くなり使いものになりません。

TwitterでWAKWAK光の口コミ評判を見ると、夜に下り速度が1Mbpsになるという声が多く見受けられます。下り速度が1Mbpsになると、動画の視聴からホームページの閲覧までスムーズに行うことができません。

WAKWAK光は以前からこのような声が多いので、契約しないほうがいいと言われるプロバイダの1つでした。しかしこれもまた2017年からiPv6が使えるようになったので、状況は変わりはじめています。

WAKWAK光のマンションタイプの速度

配線

WAKWAK光ではフレッツ光の回線を利用するので、公式速度は最大1Gbpsになります。しかし、マンションで利用する場合は、配線の方式によってこの数値が変わることがあります。

マンションに住んでいる人は、申し込む前に配線方式別の公式速度を知っておいたほうがいいでしょう。

WAKWAK光で利用するフレッツ光の回線を導入するときは、電柱から自宅へ光ファイバーを引き込むことが基本です。

フレッツ光 開通工事レポート 戸建てにお住まいのお客さま

この方式だと1つの住居で1本の光ファイバーを利用するので、公式速度が最大1Gbpsになります。マンションタイプでは、引き込んだ1本の光ファイバーの通信を全戸に分配する形になります。

集合住宅の導入工事と配線方式について

フレッツ光をマンションで利用する場合、光ファイバーの通信を分配する配線方式で公式速度が変わります。

通信の分配方式には、

  • 光回線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式

この3種類があります。光回線方式は光ファイバーと同レベルのケーブルで通信を分配するので、公式速度は変わりません。LAN方式はLANケーブル、VDSL方式は電話線で通信を分配するので、公式速度が最大100Mbpsになります。

公式速度が最大100Mbpsまで落ちると、ネットが使いづらくなるような気がするでしょう。しかし、公式速度が最大100Mbpsになっても、ネットが使いにくいと感じるほど実効速度が落ちることはありません。

(あくまで、プロバイダが提供するサーバーのクオリティが高ければの話ですが…)

WAKWAK光の通信速度の口コミ・評判

口コミ

Twitterの口コミを見てみると、WAKWAK光の通信速度は評判が良いとは言えません。利用者から寄せられた声を見ると、他のプロバイダを選んだほうがいいように感じるでしょう。

しかしiPv6が利用できるようになったことで、WAKWAK光への風向きは変わりつつあります。

WAKWAK光の通信速度は一部では酷評されている

WAKWAK光を利用した人の多くは、通信速度にとても不満を感じています。特に、夜の時間帯は下り速度が1Mbps以下になるという事例が多く存在しています。

1Mbpsを下回ることも少なくないので、他社のプロバイダを選んだほうが無難と思った人は少なくないでしょう。

WAKWAK光の評判については以下の記事でもまとめているので、より詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

WAKWAK光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

iPv6を使えばWAKWAK光は快適なプロバイダになる?

先ほどから触れている「iPv6」とは、最新の接続方式のことです。この「iPv6」を利用したことで、WAKWAK光でも快適にネットができるようになりました。

「iPv6」を利用した人の口コミは少ない状況ですが、今後増えてくることが予想されます。「iPv6」とは、混雑する回線経路を通らずにネットへ接続する方式です。

IPv6通信の仕組み

通信速度が遅いと感じていた人は、旧型の接続方式「iPv4」を使っていたわけです。WAKWAK光は2017年の6月から、「iPv6」を無料で利用できるようになりました。

しかしこの接続方式を利用するには、対応のルーターが必要になります。NTTがレンタル提供しているルーターを使うのなら問題ありません。家電量販店などで無線LANルーターを購入するときは注意が必要です。

WAKWAK光の通信速度を他社と比較

AとBの比較

WAKWAK光の通信速度は評判が良くない口コミが多くなっていますが、「iPv6」を利用することで問題を解消することができます。「iPv6」を利用することは面倒なように感じるかもしれません。

しかしこれは他の光回線サービスやプロバイダでも同じ条件になっていることが多いです。他の光回線サービスと比較しながら、条件が同じになっている事例を見てみましょう。

公式速度はどの光回線を選んでも変わらない

公式速度で比較すると、WAKWAK光と他社の光回線サービスの数値には違いがないことがわかります。

WAKWAK光 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
WAKWAK光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
電力系回線上り下りともに最大1Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

この数値はあくまでも理論上で最大の数値に過ぎません。光回線サービスの選ぶときは、対応速度よりも実際に出る速度が重要になります。

Twitterなどの口コミで実際の速度を知ることで、快適にネットができる光回線サービスを知ることができます。

フレッツ光を利用するときはプロバイダ選びが鍵

WAKWAK光はフレッツ光の回線を利用しますが、接続方式を「iPv6」切り替えることが必須でした。他のプロバイダを選ぶとどうなるのか気になる人は多いと思いますが、他社も条件はほとんど変わりません。

プロバイダとして老舗クラスの歴を誇るBIGLOBEでさえも、接続方式を「iPv6」に切り替えなければ通信速度が安定しません。

知名度が高い人気プロバイダでさえこのような事例が多く存在しています。ですので、フレッツ光を利用するときは「iPv6に対応している事業者」を選ばなければいけません。

フレッツ光で利用できるプロバイダはいくつもの種類がありますが、「iPv6」に対応していない事業者は少なくありません。フレッツ光を利用するときは、WAKWAK光を含めて「iPv6」が利用できるプロバイダを選んだ方がいいでしょう。

とはいえフレッツ光は割引やキャンペーンがほとんどありません。フレッツ光を選ぶなら光コラボやNURO光の方がお得に快適に使えますよ。

光コラボも指定プロバイダがポイント

指定プロバイダ

光コラボでも、この条件は変わりません。光コラボはフレッツ光の回線でネット通信が提供されるサービスですが、利用できるプロバイダは事業者から指定されています。

事業者から指定されたプロバイダが「iPv6」に対応しているかで、通信速度が安定するかが決まります。「iPv6」が利用できる光コラボであれば、WAKWAK光とあわせて検討する価値があるでしょう。

光コラボの中でもソフトバンク光は、比較的速い口コミが多くおすすめできます。割引もキャンペーンも充実していておすすめです。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

電力系光回線は速度の安定性が高い

各地方にある電力会社系列の光回線サービスは、通信速度の安定性に定評があるものばかりです。フレッツ光のようにプロバイダを選ぶ必要がないので、申し込み手続きの手間を省きたいなら電力系光回線はベストなサービスと言えるでしょう。

ただ電力系光回線も割引やキャンペーンが地味なものが多いので、光コラボやNURO光の方がお得に快適に使えますよ。

NURO光は評判も良く料金も安い

NURO光もプロバイダを自分で選ぶ必要がありません。唯一下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値は素晴らしいものになっています。NURO光は月額料金も安くて、WAKWAK光より劣っている点は一つもありません。ですのでNURO光はかなりおすすめの回線です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

WAKWAK光は契約して大丈夫?

question

ネット上の口コミを見ると、WAKWAK光は通信速度の評判が良いサービスとは言えません。しかし「iPv6」に対応したことで、評判の良し悪しが変わりつつあります。

WAKWAKはiPv6が使えて速度が速い

WAKWAK光を検討してみる価値は以前より高くなっていると思っていいでしょう。WAKWAK光は通信速度が遅いプロバイダの1つに挙げられることが多い事業者でしたが、「iPv6」に対応したことで評判が良くなりつつあります。

しかし「iPv6」を利用した人からの口コミが少ないので、必ず通信速度が安定するとは限りません。地域によってはWAKWAK光で「iPv6」が利用できないこともあるので、全ての人におすすめとは言えません。

WAKWAK光を申し込むときは、「iPv6」が利用できるのかを確認しておいたほうがいいでしょう。もしWAKWAK光で「iPv6」が利用できない場合は、BIGLOBEなどの老舗プロバイダで「iPv6」を使うことをおすすめします。

ただWAKWAK光を使うよりも、プロバイダと一体型になっている回線の方がおすすめです。料金がお得なものが多く、それでいて速度も速いのが多いからです。

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、実効速度としても数百Mbpsが出ると評判です。月額料金も安くキャンペーンも充実していて、ベストな選択と言えるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!