光回線のおすすめ4選

U-NEXT光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

現在の光回線サービスはフレッツ光のような定番サービスだけでなく、「光コラボレーション」と呼ばれる新しいものも人気を集めています。

光コラボレーションといっても種類がさまざまで、以前から知名度が高い事業者のサービスもあれば、新しい事業者のサービスも存在しています。

光コラボレーションの1つ「U-NEXT光」は、動画配信サービスで有名なU-NEXTによるサービスです。

U-NEXT光は比較的新しめのサービスなので、どのような光回線なのか気になっている人は多いのではないでしょうか? しかし、U-NEXT光は回線速度で評価を下げています。

ここでは、U-NEXT光の回線速度の実態について詳しく解説します。U-NEXT光を契約するか考えている人は、参考にしてくださいね。

U-NEXT光の公式速度と実効速度について知ろう!

u-NEXT光のトップページ

U-NEXT光とは、光回線サービスの主流になりつつある「光コラボレーション」(以下、光コラボ)の1つです。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光コラボでは定番サービスの光ファイバーを利用するのは、とても速い通信速度に対応しています。しかし、実際の通信速度は光コラボのサービスによって違います。

U-NEXT光は対応速度がとても高速ですが、実際に出る通信速度は快適にネットができるものとは言えません。

U-NEXT光の通信速度は公式上で最大1Gbps

光コラボとは、フレッツ光の回線をNTT以外の事業者が代わりに提供するサービスです。フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsなので、U-NEXT光の通信速度は最大1Gbpsということになります。(フレッツ光の速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

U-NEXT光

1Gbpsという数値は、あらゆるネット回線の中でもっとも優れた通信速度であることを意味します。しかし、これはあくまで理論上での最大値でしかなく、実際に1Gbpsの速度が出るわけではありません。

実際に出る通信速度は1Gbpsを下回り、契約するサービスによって大きく違います。光回線サービスを選ぶときは、実際の通信速度が大きなポイントになるわけです。

U-NEXT光の実効速度はとても遅い?

光回線サービスの実効速度は、Twitterなどに寄せられた口コミを見ると知ることができます。Twitterに寄せられた口コミを見る限り、U-NEXT光の実効速度はお世辞にも速いとは言えません。

U-NEXT光を利用した人からは、下り速度が1Mbpsまで落ちるという声が多く寄せられているからです。

下り速度が1Mbpsまで落ちると、YouTubeなどのオンライン動画を視聴することができなくなって、ホームページも見ることもままならなくなります。

通信速度を向上させる方法もないので、U-NEXT光を契約することにはリスクがあると言わざるを得ません。U-NEXT光を利用した人からの口コミは、後半で詳しく紹介します。

U-NEXT光は夜になると通信速度が遅くなる?噂の真相

大都会、東京の夜景

光回線サービスの通信速度の違いがもっとも出るのは、夜の時間帯です。夜はネットを使う人が多くなるので、回線が混雑して通信速度が変動する可能性があります。

評判が良い光回線サービスを契約すれば夜でも快適にネットを使うことができますが、評判が悪い光回線サービスは夜になるとネットが使えないほど通信速度が遅くなります。

U-NEXT光は夜になると通信速度が遅くなることで、評判が良いとは言えなくなっています。U-NEXT光を契約した人から、夜になると通信速度が急激に遅くなるという口コミが寄せられています。

U-NEXT光は夜に下り速度が5Mbps以下になることが多く、最悪の場合は1Mbpsという数値を叩きだすことがあります。

下り速度が5Mbpsを下回ると動画の読み込みがとても遅くなって、Yahoo!ニュースのようなホームページも見ることが難しくなります。これがある時点で、U-NEXT光は快適な光回線サービスとは言えません。

U-NEXT光のマンションタイプは住居によって速度が変わる!

光回線サービスは、ほとんどが最大1Gbpsの通信速度に対応しています。

しかし、これは戸建てで利用する場合で、マンションで使うときは通信方式によって対応速度が変わることがあります。これはU-NEXT光も例外ではないので、通信方式ごとの対応速度を知っておきましょう。

戸建てでU-NEXT光を使う場合、電柱から自宅へ1本の光ファイバーを引き込みます。

フレッツ光工事

マンションタイプでは、予め引き込まれている1本の光ファイバーの通信を全戸に分配しています。

フレッツ光工事2

通信を分配する方式には、

  • 光回線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式
この3種類があります。

光回線方式は光ファイバーと同じ品質のケーブルで通信を分配するので、対応速度は変わりません。LAN方式はLANケーブルで、VDSL方式は電話線で通信を分配するので、対応速度が100Mbpsになります。

方式ごとの対応速度の違いはフレッツ光を利用する場合のもので、U-NEXT光のホームページではこのような表記がされていません。しかし、U-NEXT光はホームページで「マンションの場合は伝送方式によって速度が低下する場合がある」と記載しています。

U-NEXT光はホームページ

U-NEXT光の対応速度は、フレッツ光の方式によって対応速度が変わると思っていいでしょう。マンションタイプは1本の光ファイバーを全戸で共有するので、マンション内で利用者が多くなる通信速度が変動する可能性もあります。

評判が良い光回線サービスを使っていれば、マンション内の利用者が多くなってもそこまで速度は落ちません。

しかし、評判が悪い光回線サービスを利用していると、これが原因で速度が遅くなる可能性が高いです。U-NEXT光は評判が良いとは言えないサービスなので、マンションタイプの速度が遅くなる可能性が高いと考えるべきでしょう。

U-NEXT光の速度の評判を知ろう!利用者からの評価は悪い?

U-NEXT光を契約した人からは、通信速度が遅いという口コミがとても多く寄せられています。通信速度を向上できる方法もないので、おすすめすることができません。

U-NEXT光の通信速度は評判が良くない

U-NEXT光は、利用者から通信速度が遅いという口コミが他の光回線サービスよりも多く寄せられています。下り速度が5Mbps以下になることが非常に多いので、光回線を使っていると感じることができません。

通信速度が低下することをサポートセンターに相談しても、「どうすることもできない」と言われるので、どうしようもありません。

口コミを見ただけでもU-NEXT光の評判が悪いことがはっきりとわかるので、契約は避けたほうがいいと言わざるを得ません。

口コミについては以下の記事でもまとめているので、詳しいところまで知りたい方はこちらもあわせてご参照ください。

U-NEXT光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

 U-NEXT光は「iPv6」に対応していない

悪い評判の口コミが目立つ光回線サービスでも、最新の接続方式「iPv6」を活用すれば通信速度が向上できることがあります。

iPv6

他の光回線サービスの口コミでは、「iPv6」を使ったことで速度が速くなったという声が少なくありません。

他の光回線サービスで通信速度が遅いと感じたときは、旧型の接続方式「iPv4」を使っている可能性が高いです。ほとんどの光回線サービスでは、接続方式を「iPv6」に切り替えることで優れた通信速度が出るようになります。

しかし、U-NEXT光は「iPv6」に対応していないので、通信速度を改善できる方法がありません。「iPv6」に対応していないのは大きなデメリットなので、U-NEXT光は他の光回線サービスよりも大きく劣ってしまいます。

U-NEXT光を他社と比較すると

U-NEXT光の対応速度は、他の光回線サービスとほとんど変わりません。しかし、実効速度で比較してみると、U-NEXT光よりも優れている光回線サービスが存在していることがわかります。

U-NEXT光の対応速度は他社と変わらない

U-NEXT光の対応速度は最大1Gbpsであることが基本で、一部のマンションでは方式によって最大100Mbpsになります。これは他の光回線も同じで、対応速度はどのサービスも横一線になっています。

U-NEXT光 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
U-NEXT光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
電力系回線上り下りともに最大1Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

ただ、対応速度はあくまで理論上での最大速度なので、比較の対象にはなりません。光回線サービスを比較するときは、対応速度ではなく実効速度がポイントになります。

U-NEXT光の実効速度は、先ほど説明したようにクオリティが高いものとは言えませんでした。他の光回線の実効速度を見てみると、U-NEXT光よりも優秀なサービスがいくつもあることがわかります。

フレッツ光はプロバイダ次第で速度が安定する

ドコモのプロバイダ

フレッツ光をNTTで契約する場合、利用するプロバイダによって通信速度が左右されます。これは、プロバイダによってサーバーの性能に違いがあるからです。フレッツ光は評価が高いプロバイダを選べば、U-NEXT光よりも優れた実効速度を体感することができます。

Twitterの口コミを見ると、評判が良いプロバイダを契約すれば、100Mbps以上の下り速度が出ることがわかるでしょう。U-NEXT光は100Mbps以上の下り速度が出る可能性が低いので、フレッツ光はプロバイダ次第で快適なネット回線になりますね。

ただ、評価が低いプロバイダを契約すると、U-NEXT光と同じように下り速度が1Mbps程になるので注意が必要です。

光コラボにも通信速度の評判が良いサービスが多く存在している

フレッツ光は契約するプロバイダを自分で選ぶことができます。光コラボは利用するプロバイダを事業者から指定されています。たとえば、U-NEXT光はプロバイダがU-NEXTになるといった感じです

フレッツ光はプロバイダによって実効速度が左右されるので、光コラボを契約するときは指定されているプロバイダの評判を知る必要があります。

プロバイダの評判が良い光コラボを契約すれば100Mbps以上、良いときは200Mbpsから300Mbps程の下り速度が出ます。

また、「iPv6」に対応している光コラボも複数あるので、U-NEXT光よりも良い光回線サービスが見つかる可能性は高いと言えるでしょう。

光コラボの中でも特にソフトバンク光はiPv6も使えるうえに、キャンペーンも充実していて速度も速くおすすめです。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光のトップページソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

電力系光回線の通信速度は安定性が高い

中部から西のエリアでは、電力会社の光回線サービス(以下、電力系光回線)が展開されています。電力系光回線はフレッツ光とは違う種類の光ファイバーでネット通信を提供していますが、実効速度が速いことで定評があります。

利用するエリアによって実効速度の違いはありますが、最低でも100Mbps以上の下り速度が出ることがほとんどです。電力系光回線が契約できるのであれば、U-NEXT光を利用する必要性はないと言えますね。

NURO光は評判も良く料金も安い

NURO光は唯一下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値は素晴らしいものになっています。NURO光は月額料金も安くて、U-NEXT光より劣っている点は一つもありません。ですのでNURO光はかなりおすすめの回線です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

U-NEXT光は契約しても大丈夫なのか?

ビジネス-疑問

U-NEXT光は品質が高いフレッツ光の回線が利用できるサービスですが、その性能を活かせていません。そのため、通信速度の観点で考えると、U-NEXT光を契約する理由を見つけることができません。

通信速度で見るとU-NEXT光は微妙

Twitterの口コミを見ると、U-NEXT光は下り速度が5Mbps以下になる可能性が考えられます。特に夜の時間帯に速度が低下する事例が多いので、リスクが高い選択肢と言わざるを得ません。

「iPv6」が利用できれば検討する余地がありますが、U-NEXT光は対応していないので通信速度が遅くなる可能性が高いと考えたほうがいいでしょう。

他の光回線サービスだと100Mbpsの下り速度が出るので、あえてU-NEXT光を選ぶ理由はありません。U-NEXT光を契約するか悩んでいるのであれば、他の光回線サービスの口コミと比較して検討することをおすすめします。

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、実効速度としても数百Mbpsが出ると評判です。月額料金も安くキャンペーンも充実していて、ベストな選択と言えるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

NURO光のエリア

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州2県福岡、佐賀

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!