光回線のおすすめ4選

フレッツ光西日本を転用すべき理由4つ!転用承諾番号の取り方も解説!

フレッツ光西日本を利用していると、家電量販店や電話営業で「転用をしませんか?」と誘われることがあります。

「転用」と言われても、具体的にどのような手続きなのかわからなくて不安になる人は多いのではないでしょうか?

フレッツ光西日本から転用をすると、通信費が安くなるメリットを受けることができます。

しかし、転用先には多くの選択肢があり、中には評判が良くない事業者も存在しています。

ここでは、フレッツ光西日本から転用するべき4つの理由を紹介し、注意点も詳しく解説します。

おすすめの転用先も紹介するので、フレッツ光西日本を利用している人は参考に読んでみてくださいね。

目次

フレッツ光西日本の「転用」とはどういう意味なのか?仕組みを解説!

転用

「転用」を活用すると、簡単にフレッツ光西日本から他の事業者に乗り換えることができます。

ただ、転用で移行できる契約先はフレッツ光西日本の光回線ができる事業者に限られます。

「転用」とはフレッツ光西日本の回線を利用したまま他のサービスに移行すること

「転用」とは、フレッツ光西日本の光回線を利用したままで、契約先をNTT以外の事業者に変更することです。

MEMO

本来であれば、利用している光回線のサービスを他社に乗り換えるには回線を入れ替える工事が必要になり、最低でも15,000円の初期費用が必要になります。

フレッツ光西日本を契約している状態で転用による移行手続きをすれば、回線の入れ替え工事をせずに契約している回線の事業者を乗り換えることができるわけです。

後で説明しますが、フレッツ光西日本から転用をするとコスト面で大きなメリットを受けられるので、検討してみるだけでも価値は低くありません。

転用で契約できるサービスは光コラボのみ

転用はとても魅力的な他社への乗り換え方法です。

ただし、工事をせずに乗り換えできる契約先は「光コラボレーション」(以下、光コラボ)に限られています。

「光コラボ」とは、NTTからフレッツ光西日本の光回線を借りてインターネットを提供しているサービスのことです。

光コラボでは利用しているフレッツ光西日本の回線を継続して利用できるので、転用による移行手続きをして工事をする必要が無くなるわけです。

光コラボの詳細は以下の記事でも解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

フレッツ光西日本から転用できない事業者

独自の光回線でインターネットを提供しているサービスではフレッツ光の回線が利用できないので、転用で契約することができません。

転用で契約できないサービスは意外と多くありますが、関西のeo光や中部のコミュファ光といった電力通信事業者が代表的です。

通信速度に定評があるauひかりNURO光も独自の回線でサービスを提供しているので、フレッツ光西日本から転用で契約することができません。

ただauひかりやNURO光はとくに速度が速いのもあり、おすすめの回線ではあります。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

フレッツ光西日本から転用したほうが良い理由

疑問

フレッツ光西日本から光コラボに転用すると、思った以上に大きなメリットを受けることができます。

下記のメリットを見ると、フレッツ光西日本から光コラボへの転用がとても魅力的に見えることでしょう。

理由その1.回線とプロバイダの契約がセットになる

フレッツ光西日本を利用する場合、回線とは別途でプロバイダも契約しないとインターネットに接続することができませんでした。

回線とプロバイダの契約が別になると申し込みの手間が増え、それぞれの利用料金を別々に支払わなければいけないので何かと面倒です。

フレッツ光西日本から転用で契約できる光コラボは回線とプロバイダがセットになっているので、わざわざ別でプロバイダを契約する必要がありません。

回線とプロバイダの利用料金も合算して請求されるので、支払いの手間も省くことができます。

フレッツ光からOCN光 転用

解約するときも手間が少なく、1度の手続きで回線とプロバイダの両方の契約を解除できます。

フレッツ光西日本では、回線とプロバイダを別々に解約しなければいけません。

光コラボに転用すると、さまざまな手続きが楽になるわけです。

理由その2.利用料金が安くなる可能性がある

光コラボの月額料金には回線とプロバイダの利用料が合算されていますが、フレッツ光西日本と比べると値段が安くなることが多いです。

フレッツ光と光コラボの月額料金比較表
事業者戸建てマンション
フレッツ光西日本【基本料金】
5,400円
【光はじめ割適用料金】
1~2年目:4,300円
3年目以降:4,110円
【光はじめ割適用時の1~2年目】
2,250~3,950円
【基本料金・3年目以降】
2,600~4,500円
ドコモ光タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円
ソフトバンク光5,200円3,800円
OCN光5,100円3,600円
ビッグローブ光4,980円3,980円

※フレッツ光は別途500~1,000円のプロバイダ料金も必要。

契約しているプロバイダや住居によっては、光コラボに転用して月額料金が高くなることがあります。

しかし、光コラボには、対象の携帯電話キャリアを利用しているとスマホ代が安くなる事業者が多く存在しています。

スマホ代が安くなる事業者を知っておけば、光コラボに乗り換えることで今よりも通信費を安くできます。

光コラボの料金については以下の記事でさらに詳しく解説しています。詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

ネットの料金光コラボの料金は本当に安い?最安はどこか比較して紹介!

理由その3.工事をする必要が無い

先ほども説明していますが、回線の入れ替え工事をする必要がないことも光コラボに転用したほうが良い理由の1つです。

利用料金が安くなったとしても、工事が入って高額な初期費用を請求されては意味がありません。

光コラボに転用するときは回線の入れ替え工事をする必要がないので、高額な初期費用を払わずに利用料金を安くすることができます。

理由その4.フレッツ光西日本の解約費用が発生しない

インターネット回線の事業者を乗り換えるときは、フレッツ光西日本の解約費用も心配になりますよね?

しかし、転用で他の事業者に移行する場合はフレッツ光西日本を継続利用する扱いになるので、違約金は一切必要ありません。

ポイント

フレッツ光西日本から光コラボに転用するときは、初期費用がほとんど発生しないと思っていいでしょう。

フレッツ光西日本から転用する際の注意点8つを知ろう!

8

スマホ代が安くなる光コラボをしっかり選べば、フレッツ光西日本からの転用は大きなメリットが受けられる方法と言えます。

しかし、注意点を知らない状態で光コラボに転用すると、かえってデメリットだけ受けてしまう恐れがあります。

乗り換え先を間違うと利用料金が安くならない

先ほども説明しましたが、光コラボには多くの選択肢があるので、転用するサービスを間違えてしまうと利用料金がそれほど安くなりません。

光コラボに転用するときは、申し込む前になるべく複数の事業者を候補に入れて比較する必要があります。

電話番号は引き継げるが転用先を解約する場合は話が変わる

フレッツ光西日本から光コラボに転用する場合、利用している固定電話の番号は簡単に引き継ぐことができます。

注意

しかし、光コラボに転用してから他の事業者に乗り換える場合は、電話加入権を持っているかで番号を引き継げるかが変わります。

電話加入権を持っていれば、1度NTTに連絡して固定電話の番号をアナログ回線に戻さなければいけません。

電話加入権を持っていない場合、光コラボから他の事業者に乗り換えると固定電話の番号が変わってしまいます。

そのため、光コラボに移行するときは、契約先が末永く利用できる事業者を選んだほうがいいでしょう。

電話番号の引き継ぎについては以下の記事で詳しく解説しています。気になる方はこちらもご参照ください。

光電話の電話番号を変えたくない場合の対処法!引き継ぎできるか解説!

光コラボからフレッツ光西日本への乗り換えは工事が必須

フレッツ光西日本から光コラボに転用する場合は、工事をする必要がありません。

しかし、光コラボからフレッツ光西日本に乗り換えるパターンでは、回線の入れ替え工事をしなければいけません。

フレッツ光西日本と光コラボは同じ回線を利用するのに、工事が必要になるのは納得できないですよね?

注意

「契約中の回線提供事業者がNTTであること」が転用をするための条件となっています。

光コラボでもフレッツ光西日本の回線を利用しますが、回線の提供事業社がNTTではないので転用ではなく新規の契約になってしまいます。

また、光コラボから別の光コラボへ乗り換えるパターンでも、回線の入れ替え工事は必要なので注意しなければいけません。

光コラボから光コラボへの乗り換えは以下の記事で解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

光コラボから光コラボへの乗り換え(プロバイダ変更)方法を全解説!

転用した後の元の契約は回線とプロバイダで状態が違う

光コラボに転用するとフレッツ光西日本は継続利用扱いになり、NTTから利用料金が請求されることはありません。

また、転用した月の利用料金は日割りで請求されます。今まで利用していたプロバイダの契約は、転用する光コラボの種類によって異なります。

光コラボでは、「OCN光ではOCN」・「ビッグローブ光ではBIGLOBE」といった感じに利用できるプロバイダが指定されています。

フレッツ光西日本のように自分で事業者を選ぶことができません。

注意

そのため、光コラボに乗り換えてプロバイダの変更が伴うと、今まで利用していたプロバイダを解約しなければいけません。

プロバイダを解約するときは違約金が発生する可能性があり、解約する月の利用料金は満額で請求されることがほとんどです。

また、光コラボに転用してから今まで使っていたプロバイダの解約をし忘れると、利用料金が二重で請求されてしまうので注意が必要です。

転用先の光コラボが指定しているプロバイダが今と同じなら、何もする必要はありません。

フレッツ光西日本で不要なオプションを契約していないか注意

たまに見かける事例ですが、フレッツ光西日本で不要なオプションが付いていて、解除をしないままになっていることがあります。

特に、契約したときに「リモートサポート」が付いたままになっていて、月額料金が500円高くなっている場合があります。

必要のないオプションが付いたまま光コラボに転用すると、オプションも引き継がれてしまいます。

結果、請求された料金が公式サイトに記載されている値段より高くなってしまいます。

光コラボに転用するときは、フレッツ光西日本にオプションの契約をしていないか問いあわせてから申し込むようにしましょう。

必ず宅内工事が入らないわけではない

フレッツ光西日本から光コラボに転用するときは、宅内工事が入らないことが基本です。

MEMO

しかし、確実に工事が入らないのは「フレッツ光ネクスト」を利用していることが前提条件です。

古い品目の「フレッツ光プレミアム」を利用している場合、転用での契約でも工事が入る可能性があります。

光コラボの中には実効速度が遅い事業者がある

光コラボでは最大1Gbpsの通信速度を誇るフレッツ光西日本の光回線を利用しますが、実際に出る通信速度は契約する事業者によって大きく異なります。

フレッツ光西日本の通信速度は、プロバイダが提供するサーバーのクオリティで左右されるからです。

光コラボの中には、通信速度が1Mbps以下になってホームページすら読み込めない地雷的な事業者も存在しています。

フレッツ光西日本もプロバイダによって通信速度が変わるので、上記の事例は決して珍しいことではありません。

ポイント

光コラボに転用するときは、料金の安さだけでなく通信速度の評判もポイントにして契約先を選びましょう。

光コラボの速度については以下の記事でも解説しているので、こちらも目を通してみてください。

光回線光コラボの速度は遅い?速い業者をランキング形式で紹介!

転用は詐欺ではないが悪質な勧誘業者がいる

Twitterでは、転用が詐欺だと言われる口コミをいくつか目にします。

確かに、フレッツ光西日本の利用者に電話や訪問で悪質な勧誘を行っている代理店は多く存在しています。

勧誘を行っている業者は、

  • フレッツ光西日本の利用料金が今よりも安くなります
  • 新しいプランのご案内です

といった言葉を使い、転用での乗り換えであることを説明しません。

さらに、悪質な勧誘で転用すると通信速度が遅くなる恐れがあり、利用料金もそこまで安くならない可能性もあります。

MEMO

しかし、転用自体は詐欺ではなく、自分で評価が良い事業者を選べば今よりも良い条件でインターネットを利用できます。

悪質な勧誘にさえ注意しておけば、転用は決して詐欺と感じるものではありません。

光コラボの勧誘については以下の記事で詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

光コラボの勧誘は悪質?停止させる方法と断わり方を解説!

おすすめのフレッツ光西日本からの転用先サービス

今はあまりにも多く事業者が光コラボを展開しているので、どのサービスを選べばいいのか迷ってしまいます。

しかし、光コラボはセット割引が受けられるサービスがもっともお得なので、有力な候補になるサービスは簡単に絞ることができます。

ソフトバンクのスマホ代が安くなるソフトバンク光

softbank 光

ポイント

光コラボの中でももっとも有力なサービスは「ソフトバンク光」です。

ソフトバンク光ではソフトバンクのスマホ代が500円から1,000円割引される「おうち割光セット」を受けることができます。

こちらはソフトバンクユーザーにとってもっともお得な光コラボとなっています。

おうち割光セットは家族全員も受けられる割引なので、ソフトバンクのスマホを使っている人が多いほど通信費を節約できます。

Twitterでは通信速度が遅いという口コミを目にしますが、光BBユニットをレンタルして接続方式をiPv6に切り替えれば問題ありません。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモのスマホ代が割引されるドコモ光

ドコモ光

ドコモ光も「光セット割」でスマホ代を500円から3,500円割引してくれるので、ドコモユーザーにとってもっともお得な光コラボです。

ドコモ光は光コラボの中では珍しく、対象事業者の中から利用するプロバイダを選ぶことができます。

プロバイダを変えずに光コラボに転用した人にとっても、ドコモ光は有力な選択肢と言えます。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

しかし、評判が良い事業者を選ばなければ通信速度が遅くなるので注意が必要です。

ポイント

上記のように、光コラボに転用するときは、スマホ代が割引されるサービスを選ぶといいでしょう。

ソフトバンク光とドコモ光を軸にして、転用先を検討すればお得な光コラボは自然に見えてきます。

フレッツ光西日本から転用する方法を紹介!

ポイント

フレッツ光西日本から光コラボへ転用するには、NTTから「転用承諾番号」を発行してもらう必要があります。

「転用承諾番号」を発行しておかないと光コラボの契約が「転用」ではなく「新規」になってしまうので、転用する手順をしっかり知っておきましょう。

手順その1.転用承諾番号を発行してもらう

フレッツ光西日本から光コラボに移行するには、NTTから「転用承諾番号」を発行してもらわなければいけません。

転用承諾番号とは、光コラボの契約を「転用」扱いにするために必要な番号です。

転用承諾番号の発行はNTTの電話窓口に依頼することがもっとも手っ取り早いですが、フレッツ光西日本のオンラインサイトでも可能です。

フレッツ光西日本 転用手続き

転用承諾番号の発行できる窓口は以下の通りです。

フレッツ光西日本 転用承諾番号発行先
TEL:0120-553-104

Web:https://flets-w.com/collabo/

電話窓口で転用承諾番号の発行依頼をするときは、不要なオプションに加入していないかも確認することができます。

不要なオプションを契約していないか気になる人は、電話窓口で転用承諾番号を発行してもらいましょう。

転用承諾番号は光コラボを申し込む際に必要なので、メモなどに書いて控えておきましょう。

手順その2.乗り換え先の光コラボを申し込む

転用承諾番号を発行したあとは、契約したい光コラボの窓口で申し込み手続きを行います。

申し込み手続きをする際には、NTTから発行してもらった転用承諾番号が必要になります。

光コラボは家電量販店だけでなく、運営事業者の電話窓口と公式サイトでも申し込むことができますが、あまりおすすめできません。

代理店が運営するキャンペーンサイトで光コラボを申し込んだほうがお得だからです。

ポイント

代理店のキャンペーンサイトで光コラボを申し込めば、5,000円から10,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

人気が高い光コラボのほとんどは代理店で申し込めばキャッシュバックがもらえるので、なるべく家電量販店や公式の窓口は選ばないことをおすすめします。

※おすすめの光コラボは以下の記事でも紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

光コラボの一覧を比較!おすすめの業者を3つ厳選しました!

手順その3.光コラボが開通してからプロバイダを解約する

光コラボを申し込むと、1~2週間後にNTTの局舎で回線の提供事業社の切り替え工事が行われます。

自宅では工事をする必要が無いので、申し込みをした人が何かをする必要はありません。

NTTの局舎での工事が完了すれば、フレッツ光西日本から光コラボへの転用は完了です。

契約した光コラボが指定するプロバイダが今まで利用して事業者と異なると、転用が完了してすぐにプロバイダの解約手続きを行います。

解約方法はプロバイダによって異なるので、光コラボへの転用が完了する前に契約している事業者に確認しておきましょう。

注意

ちなみに、光コラボを申し込む前にプロバイダを解約すると、転用が完了するまでインターネットが使えなくなってしまいます。

間違って最初にプロバイダを解約してしまわないように注意してください。

プロバイダのメールアドレスは残すことができる

フレッツ光西日本から光コラボに転用を検討している人の中には、プロバイダから発行されたメールアドレスが無くならないか気になる人もいると思います。

プロバイダから発行してもらったメールアドレスは、光コラボに転用した後でも月額200~300円ほどで残すことができます。

メールアドレスを変えたくない人は、プロバイダを解約するときに「メールアドレスは残したい」と申告しましょう。

まとめ

「転用」とは、フレッツ光西日本から光コラボに乗り換えることを指します。

転用をすると、今使っている回線をそのままにして契約先となる事業者を変更することができます。

光コラボに転用する最大のメリットは利用料金が安くなることですが、乗り換え先を間違えるとそれほどお得にはなりません。

光コラボに転用するときは、基本的にスマホ代が安くなる事業者を選びましょう。ソフトバンク光とドコモ光がとくにおすすめです。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!