光回線のおすすめ4選

フレッツ光は携帯・スマホ割引はない?ソフトバンクもauも安くならない!

テレビCMやWeb広告を見ていて必ず目にするのが「ネットとスマホをセットにしてお得!」という言葉。

CMや広告が言っている通り、今のインターネット回線はスマホ割引が受けられるサービスを契約することが基本になりました。

市場でスマホ割引が受けられる光回線サービスが溢れていると、光回線として定番のフレッツ光でも同様のサービスが受けられるのか気になりますよね?

そこで、ここではフレッツ光には携帯・スマホ割引があるのか解説します。

携帯・スマホ代が安くなる他社のインターネット回線も紹介するので、通信費を1円でも安くしたい人は節約術を知る参考に読んでみてくださいね。

フレッツ光には月額料金割引はあっても携帯・スマホ割引はない!

スマホを扱う手

他社の光回線サービスを見てみると、ほとんどの事業者がスマホ代を割引してくれることがわかります。

光回線の定番であるフレッツ光はスマホ代が安くなる割引がありませんが、その代わりに月額料金への割引を展開しています。

フレッツ光にスマホ・携帯の割引がない2つの理由

フレッツ光を利用してもスマホ代が割り引かれない主な理由は以下の2つです。

  • 携帯電話キャリアと提携していない
  • 他社へ光回線を卸売している

スマホ代が割引される光回線は、携帯電話キャリアが運営しているサービス、もしくは携帯電話キャリアと提携を結んでいるサービスであることがほとんどです。

フレッツ光はNTTが運営する光回線ですが、ドコモやソフトバンクといった携帯電話キャリアと提携を結んでいないのでスマホ代への割引が展開できない背景があります。

「将来的にフレッツ光が携帯電話キャリアと提携を結ぶのか?」と聞かれると、可能性は低いと言わざるを得ません。

フレッツ光は自社の回線の卸売を他社に向けて行なっているからです。卸売をしている対象事業者のほとんどは、携帯電話キャリアが運営している、携帯電話キャリアと提携を結んでいます。

つまり、「スマホ代の割引を受けるなら、他社の事業者を契約してフレッツ光の回線を使ってね」というスタンスを取っているわけです。

フレッツ光で受けられる割引

フレッツ光にはスマホ代が安くなる割引がありませんが、割引特典が何一つ無いわけではありません。フレッツ光は月額料金が安くなる割引特典を用意しています。ただ、割引特典の内容は東日本と西日本で異なります。

東日本で受けられる「にねん割」

東日本でフレッツ光を契約すると、「にねん割」が適用された月額料金が安くなります。

にねん割

割引される金額は住居によって違い、戸建てで700円、マンションで100円となっています。

さらに、契約してから30ヶ月間は「ギガ推し!割引」が適用されて戸建てで300円、マンションで200円の割引を受けることができます。

フレッツ光東日本 割引適用時の金額
住居タイプ戸建てマンション
基本料金5,700円3,350〜4,350円
にねん割-700円-100円
ギガ推し!割引
(30ヶ月間適用)
-300円-200円
合計4,700円3,050〜4,050円

上記の割引は一見お得なように感じますが、後でスマホ割引が受けられる他社と比べるとそれほどではないことがわかります。

にねん割については以下の記事でも詳しく解説しています。興味のある方はこちらもご参照ください。

フレッツ光の「にねん割」は本当に得か?実態を暴露します!

西日本で受けられる「光はじめ割」

フレッツ光西日本では時期よって受けられる割引が異なりますが、2018年6月の時点では「光はじめ割」が適用されます。

フレッツ光はじめ割

割引される金額は戸建てかマンションで大きく異なります。戸建てでは2年目まで1,100円、3年目以降は1,290円の割引が受けられます。

マンションでは2年目まで350円から550円、3年目以降は520円から780円の割引が受けられます。

フレッツ光西日本 光はじめ割適用時の月額料金
住居タイプ戸建てマンション
基本料金5,400円2,600〜4,500円
1〜2年目4,300円2,250〜3,950円
3年目以降4,110円2,080〜3,720円

西日本で受けられる割引も一見お得なように感じますよね?

月額料金で比較することは大間違い

フレッツ光の東日本と西日本どちらの割引特典を見ても、お得度が高く感じるのではないでしょうか?

注意

しかし、フレッツ光で月額割引を受けるには、契約期間を2年にすることが条件となっています。

契約期間を2年や3年にすることで受けられる月額割引はほとんどの他社が行なっているので、フレッツ光の割引は特別珍しいわけではありません。

下記の表で他社の月額割引適用時の料金と比較すれば、フレッツ光の割引はそれほどお得ではないことがわかるはずです。

フレッツ光と他社の月額料金比較表
事業者戸建てマンション
フレッツ光東日本30ヶ月間:4,700円
31ヶ月目以降:5,000円
30ヶ月間:3,050~4,050円
31ヶ月目以降:3,550~4,550円
フレッツ光西日本【光はじめ割適用料金】
1~2年目:4,300円
3年目以降:4,110円
【光はじめ割適用時の1~2年目】
2,250~3,950円
【基本料金・3年目以降】
2,600~4,500円
ソフトバンク光5,200円3,800円
NURO光4,743円4,743円
(NURO光 for
マンションが
利用できれば
1,900〜2,500円)
auひかり1年目:5,100円
2年目5,000円
3年目以降:4,900円
3,400〜5,000円
ドコモ光タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB4,200円

※フレッツ光は別途500〜1,000円のプロバイダ料金も必要です。

上記の表で数字だけ見ると、フレッツ光の月額がもっとも安く感じます。

しかし、フレッツ光では上記の料金とは別でプロバイダの利用料として500円から1,000円ほど必要になります。

他社の事業者は回線とプロバイダの利用料が込みになっているので、他に料金が発生することがありません。

ポイント

つまり、「他社で月額割引とスマホ割引の両方を受けたほうが断然お得」というわけです。

スマホ・携帯が割引されるインターネット回線のおすすめ事業者

ポイントを示す男性

先ほど行った月額料金の比較で

  • フレッツ光の割引特典はお得ではない
  • スマホ割引が受けられる光回線サービスがお得

ということがわかりました。

しかし、どの光回線でスマホ割引を受けるべきかわからない人は多いのではないでしょうか?

スマホ割引が受けられる光回線サービスは、自分が利用している携帯電話キャリアとあわせて事業者を探せばすぐに見つかります。

自分が利用しているキャリアが提供する光回線サービスを契約すれば、スマホ割引を受けて通信費を大幅に削減できます。

スマホ代が安くなる主要事業者は4社

スマホ割引が受けられる光回線サービスを契約するときは、以下の4社が主な候補になります。

  • ソフトバンク光
  • NURO光
  • auひかり
  • ドコモ光

それぞれのスマホ割引が持つ特徴を見れば、自分にとってもっともお得な光回線サービスがわかります。

ソフトバンク光

softbank 光

ソフトバンク光は名前の通りソフトバンクの光回線サービスで、ソフトバンクユーザーのスマホ代が安くなる「おうち割光セット」による割引を受けることができます。

携帯電話キャリアで契約しているプランで割引金額は変わりますが、毎月スマホ代が500円から1,000円安くなります。

おうち割光セットの割引金額
スマホの料金プラン割引金額
データ定額
50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット
for 4G LTE(7GB)
1,000円
データ定額ミニ
2GB/1GB
データ定額
(3Gケータイ)
500円

割引金額は500円だけだとそれほどお得には感じませんが、おうち割光セットには家族全員が割引を受けられる強みがあります。

家族全員がソフトバンクユーザーだと、割引される金額が高くなるわけですね。

ソフトバンク おうち割光セット

おうち割光セットがあることで、ソフトバンク光はソフトバンクユーザーによってもっとも光回線サービスと言えます。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

NURO光

NURO光

通信速度が最大2Gbpsであることで話題のNURO光はソフトバンクと提携しているサービスです。

よって、先ほど紹介したおうち割光セットが適用されたソフトバンクのスマホ代を割り引いてくれます。

料金の安さと通信速度のクオリティのどちらも求めたいソフトバンクユーザーなら、NURO光がベストな契約先と言えるでしょう。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auひかり

au home

auひかりも名前の通りauが運営する光回線サービスで、auユーザーが利用すれば「auスマートバリュー」によるスマホ割引が適用されます。

auスマートバリューの割引金額もauで契約しているプランで変わりますが、スマホ代が500円から2,000円安くなります。

auスマートバリューの割引金額一覧
プランデータ容量2年間3年目以降
auピタットプランスーパーカケホ/
カケホ:2GBまで
シンプル:1GB超~
2GBまで
500円500円
スーパーカケホ/
カケホ/
シンプル:2GB超~
20GBまで
1,000円1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB
ジュニア
スマートフォンプラン
シニアプラン
934円934円
データ定額5/20GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

おうち割光セットと同じように家族も全員が割引を受けることができます。

auユーザーにとってauひかりはフレッツ光よりはるかにお得な光回線になってくれるでしょう。

ビッグローブ光「auスマートバリュー」ひとりでも、家族でもおトク!

auひかりは提供エリアが限られているので、場合によっては契約したくでもできないことがあります。

しかし、後で解説しますが、auスマートバリューが受けられる光回線サービスは他にもあるので心配する必要はありません。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光もソフトバンク光やauひかりと同様で、「光セット割」が適用されてドコモのスマホ代が500円から3,500円割引されます。

ベーシックシェアパックの割引金額一覧
プラン割引金額
30GBまで利用1,800円
15GBまで利用1,800円
10GBまで利用1,200円
5GBまで利用800円
定額シェアパックを利用した場合の割引金額一覧
プラン割引金額
ウルトラシェアパック1003,500円
ウルトラシェアパック502,900円
ウルトラシェアパック302,500円
1人でベーシックパックを利用した場合の割引金額一覧
プラン割引金額
20GBまで利用800円
5GBまで利用800円
3GBまで利用200円
1GBまで利用100円
1人で定額パックを利用した場合の割引金額
プラン割引金額
ウルトラデータLLパック1,600円
ウルトラデータLパック1,400円
ケータイパック500円

さらに、継続利用期間とdポイントの獲得数によって決められたステージが2nd以上になると、dポイントが付与されるようになります。

ドコモのスマホ代が割引される光回線は他には無いので、ドコモユーザーの人は選択肢がドコモ光1択と考えてください。

ドコモユーザーの人もドコモ光を契約すればセット割引を受けて通信コストを安くできます。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

格安SIMでも割引が受けられるインターネット回線

今はドコモやソフトバンクといった大手キャリアではなく、格安SIMでスマホを利用している人も少なくないと思います。

格安SIMでも対象の光回線サービスを契約すればスマホ割引を受けられます。

ただでさえスマホ代が安いことが格安SIMの強みなので、それほど大きな割引を受けることができません。

しかし、少しでもスマホ代を安くしたい人は、参考資料として知っておくだけでも損はありません。

OCN光を契約すればOCNモバイルONEのスマホが割引

定番プロバイダの光コラボ「OCN光」では、OCNモバイルONEで利用しているスマホ代を毎月200円割り引いてくれます。

OCN光モバイル割

最大で5台までのスマホが割引を受けられるので、家族全員でOCNモバイルONEを使っていればお得度がより一層増します。

OCN光が気になる方はOCN光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

OCN光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

OCN光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

BIGLOBEモバイルとビッグローブ光のセットでネット代が安くなる

スマホ割引ではありませんが、BIGLOBEモバイルを利用している人がビッグローブ光を契約すると毎月のインターネット料金が最大300円安くなります。

光SIMセット割

通信費全体の値段を安くしたい人は、ビッグローブ光を検討してみるのも悪くありません。

ビッグローブ光が気になる方はビッグローブ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ビッグローブ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ビッグローブ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

スマホ・携帯が割引される光回線以外のサービス

スマホ・携帯の利用料金が安くなるインターネット回線は光回線だけではありません。

工事をする必要がないお手軽なインターネット回線でも、条件を満たしていればスマホ割引を受けることができます。

auのスマホ代が割り引かれるWiMAX

ポケットWi-Fiサービスとして有名なWiMAXでは、「auスマートバリューmine」を受けてauのスマホ代を安くすることができます。

auひかりなどで受けられるauスマートバリューと比べると、割引金額の振れ幅は500円から1,000円となっています。

auスマートバリューmineの割引金額一覧
プラン割引金額
auピタットプラン(シンプル)
:1GBまで
割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ)
:2GBまで
(シンプル)
:1GB以上〜2GB未満
500円
(スーパーカケホ/カケホ)
:2GBまで
(シンプル)
:2GB以上〜20GBまで
1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円
データ定額5/20/30GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
934円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
743円
データ定額1GB500円

さらに、割引が受けられるスマホは1台だけなのでお得度は高いと言えません。ポケットWi-Fi自体も1人暮らしをしている人に向いているサービスです。

なのでWiMAXは割引が受けられる人が1人だけの人に向いていると考えるべきでしょう。

WiMAXはGMOとくとくBBで契約するともっともお得なので、GMOとくとくBBの公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

WiMAXがおすすめできる理由は以下の記事でも解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

おうち割光セットが適用できるソフトバンクエアー

自宅専用のWi-Fiルーターとして人気が高いソフトバンクエアーは、ソフトバンク光やNURO光で受けられるおうち割光セットに対応しています。

WiMAXと違って割引金額や適用可能台数に変わりがないので、ソフトバンクエアーはソフトバンクユーザーにとって光回線の代わりとして利用できるサービスと言えます。

通信速度の速さで安定性を重視するなら、ソフトバンク光やNURO光を選んだほうが良いですが、一つの手段としておすすめはできる回線です。

ソフトバンクエアーが気になる方はソフトバンクエアーの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンクエアーについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーの口コミ分析!いい評判と悪い評判を暴露します!

フレッツ光はお得なのか?スマホ・携帯が割引される光回線と比較

比較する男女

フレッツ光には月額料金が割り引かれるメリットがあります。しかし、月額料金の割引は他の光回線サービスも普通に展開しているので、フレッツ光だけ特別安いわけではありません。

スマホ割引が受けられる他社の光回線を契約すれば通信費がより安くなるので、フレッツ光を利用する意味はほとんどありません。

しかし、他社サービスならどれを選んでもいいわけではなく、契約している携帯電話のキャリアに合ったインターネット回線を選ぶ必要があります。

キャリアにあわせてスマホ割引が受けられるサービスを選ぼう

スマホ割引を受けるには、「契約しているキャリアが運営・提携している光回線サービスを利用する」ことが大原則となっています。

ソフトバンクユーザーの人がauひかりを契約してもスマホ代が割引されないので、自分に合った光回線サービスを選ばないといけないわけです。

ポイント

ソフトバンクユーザーならソフトバンク光、auユーザーならauひかりといった感じの選び方をすればスマホ代は自ずと安くなります。

利用しているキャリアに合ったお得な光回線を表にまとめてので、契約先選びの参考にしてください。

スマホ割引が受けられる光回線の選び方の基準表
キャリア割引対象サービス
ソフトバンクソフトバンク光、
NURO光
auauひかり、
ビッグローブ光、
So-net光、
その他電力通信事業者の光回線
ドコモドコモ光

とくにおすすめなのはNURO光です。NURO光は速度が2Gbpsで、上記の通りソフトバンクユーザーであれば割引を受けられます。

さらにNURO光はもともとの月額料金もかなりリーズナブルなので、もっともおすすめできる回線です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

豆知識:スマホ割引が受けられるケーブルテレビのネット回線はおすすめできない

光回線やポケットWi-Fiの他に、ケーブルテレビが運営するインターネット回線でもスマホ割引を受けることができます。

たとえば、J:COMはauスマートバリューに対応していて、多くのauユーザーから興味を引いています。

ケーブルテレビのインターネット回線は月額料金も安いので、光回線よりも魅力的と感じる人は少なくありません。

注意

しかし、ケーブルテレビの回線は通信速度が遅い欠点があるので、光回線と違ってストレスを感じる可能性が高いです。

スマホ割引が受けられるといってケーブルテレビの回線を利用するのは基本的に禁物と考えてください。

J:COMの通信速度については以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

J:COMのネット回線の速度は遅い?測定結果をもとに理由とともに解説!

まとめ

フレッツ光にはスマホ割引がありませんが、月額料金の割引を受けることができます。

しかし、月額料金の割引は他社のサービスも行っているので、フレッツ光の利用料は特別に安くなるわけではありません。

上記のことを踏まえると、フレッツ光よりもスマホ割引が受けられる他社を契約したほうが通信費を安くできます。

ただ、スマホ割引を受けるには、自分が契約しているキャリアにあわせてインターネット回線を選ぶ必要があります。

自分に合ったインターネット回線を選び、通信費を安くできるようにしてくださいね。

速度が速く安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!