光回線のおすすめ4選

定番の回線フレッツ光が詐欺と言われてしまう理由5つ!詐欺なわけない!

フレッツ光はNTTが提供しているだけあり、光回線の中でも信頼度が高いサービスです。

しかし、インターネット上には「フレッツ光は詐欺」と言った口コミ評判が寄せられています。

「フレッツ光は詐欺」という口コミを見ると、「NTTのサービスなのになぜ?」と疑問に感じるでしょう。

実は、フレッツ光が詐欺だと思われるトラブルは、NTT以外に原因があることがほとんどなのです。

詐欺だと思われるトラブル事例と原因を知っておけば、フレッツ光に対する疑問が解けてきます。

ここでは、フレッツ光が詐欺だと言われてしまう5つの理由を紹介し、その原因を解説します。

これからフレッツ光を契約しようか迷っている人は、参考にしてくださいね。

フレッツ光が詐欺と言われる理由5つ

指を差す女性

フレッツ光が詐欺と言われる理由は5つありますが、ほとんどの理由はフレッツ光ではなく他に原因があることがほとんどです。

そのため、フレッツ光が詐欺とは言い切れません。

理由その1.通信速度が遅いから詐欺?

インターネットを快適に使うためには、通信速度のスピードが必要です。

NTTのホームページでは、フレッツ光は最大1Gbpsの通信速度を誇る高速回線と記載されています。

フレッツ光ネクスト隼

この表記を見て、フレッツ光を契約した人は少なくありません。

しかし、Twitterなどの口コミを見てみると、通信速度が遅いため詐欺と感じたという声が多く見受けられます。


1Gbpsの高速回線と聞いて契約したのに、実際に利用し通信速度が遅いと詐欺と思いたくなりますよね。

ただ、フレッツ光の通信速度が遅く原因は、NTTではなくプロバイダにあることがほとんどです。

プロバイダによる影響については、後半で詳しく解説します。

フレッツ光の速度については以下の記事でも解説しているので、より詳細まで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

理由その2.サポートの対応が悪いから詐欺?

インターネット回線の業者を選ぶときは、アフターサポートの良し悪しも大切なポイントです。

光回線を契約するときは、ほとんどの窓口が「アフターサポートも心配ありませんよ」と言ってきます。

しかし、フレッツ光の口コミ評判を調べてみると、サポート窓口の対応が悪いという声を目にします。


解約を検討するほど対応が悪いと聞くと、フレッツ光は大丈夫なのかと感じますよね。

ただ、フレッツ光のサポート窓口は対応の水準が非常に高く、このような事例に出くわす可能性はとても低いです。

これは、あくまでもレアケースと思うべきです。

理由その3.フレッツ光の訪問や電話営業が強引で詐欺?

と言っも、フレッツ光のサービスも、代理店が訪問や電話で勧誘を行っています。

訪問や電話での勧誘を行う代理店は、強引な営業をしてくることが多いため、評判が良くありません。


訪問や電話営業で強引にフレッツ光をすすめてこられるうえに、いざ契約するとなっても、解約金やオプションなどの重要な事柄を伝えないことが多いです。

また、説明も無しで勝手にオプションに加入させられたトラブルも増加していました。

重要な事柄を伝えないことでトラブルになり、フレッツ光は詐欺だと思われることがあります。

しかし、訪問や電話での勧誘は、NTTではなく代理店がフレッツ光の代理店が行っています。

理由その4.聞いていた料金と違う金額が請求されるから詐欺?

フレッツ光の利用を開始してから、窓口で聞いていたよりも明らかに高い料金が請求されたという事例があります。


特に、リモートサポートやセキュリティソフトのオプションは、「知らない間に加入させられて料金が請求されていた」という事例でもっともよく見るサービスです。

知らない間にオプションに加入していたという事例は、申し込む窓口での流れに原因があります。

このようなトラブルは、訪問や電話での勧誘で契約した場合に起きやすい傾向があります。

家電量販店で契約するときも、キャッシュバックなどの特典を受ける条件としてオプションに加入させられることがあるので、このようなトラブルが起こりやすいので注意が必要です。

家電量販店での契約については以下の記事でも解説しているので、詳しく知りたい方はこちらもご参照ください。

フレッツ光を家電量販店で店舗契約をしない方がいい理由3つ

理由その5.サービス変更の電話勧誘が詐欺?

フレッツ光を利用している人からは、契約してからあらゆる勧誘の電話が来るようになったという声が多く寄せられています。

フレッツ光を利用していて、光コラボレーションへの移行を進める悪質な勧誘にあったという事例が多発しています。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光コラボレーションへの移行ではなく、「フレッツ光の新しいプランが登場しました」という言葉で勧誘してくるので、詐欺以外に何者でもありません。

光コラボレーションへの勧誘は、フレッツ光ではなく光コラボレーションの事業者や代理店が行っています。とくにフレッツ光を利用している人へ勧誘を行っています。


光コラボレーションとは、フレッツ光の回線をNTT以外の事業者が提供するサービスです。

NTTが勧誘を行っているわけではありませんが、代理店は紛らわしい表現を仕様してくるので注意が必要です。

ただ、光コラボレーションの事業者や代理店は、フレッツ光を利用している人に勧誘を行っているので、NTTが顧客情報を他の事業者に提供しているのではないかという疑念が持たれています。

フレッツ光の勧誘停止登録ダイヤルに申請をすると、営業が来なくなるようですが、必ずそうなるとは言い切れません。

NTT-westお問い合わせ

光コラボの勧誘については以下の記事でも解説しています。興味のある方はこちらも目を通してみてください。

光コラボの勧誘は悪質?停止させる方法と断わり方を解説!

フレッツ光が詐欺でないと断言できる理由

フレッツ光が詐欺と思われるトラブル事例は、NTT以外に原因があることがほとんどです。そのため、フレッツ光は詐欺とは言えません。

詐欺と思われる原因を知ることで、フレッツ光が詐欺ではないことがよくわかるでしょう。トラブルの原因を知っておけば、フレッツ光が詐欺と感じる可能性は低くなります。

通信速度は契約しているプロバイダによって左右される

フレッツ光の通信速度は、間違いなく最大1Gbpsです。しかし、契約するプロバイダによって通信速度が左右されます。

プロバイダとは、フレッツ光の回線でインターネットに接続してくれる事業者です。

フレッツ光回線の事業者

フレッツ光の回線を契約しても、プロバイダを契約しなければネットを使うことができません。

利用者の通信なども、フレッツ光ではなくプロバイダが行います。

プロバイダはNTTの基地局からサーバーでネット通信を管理しています。

プロバイダによってサーバーのクオリティに差があり、これが通信速度に大きな影響を与えているわけです。

サーバーのクオリティが良くないプロバイダを契約すると、フレッツ光を利用しても通信速度が遅くなりやすく、快適にネットを使うことができません。

サーバーのクオリティが良いプロバイダを契約すれば、フレッツ光の高速回線が持つ性能をフルに体感することができます。

フレッツ光の通信速度が遅いという口コミのほとんどは、プロバイダが原因によるものがほとんどです。

NTTのサービス情報サイトで通信速度を計測してみると、フレッツ光の回線が原因でないことがわかります。

フレッツ光を契約するときは、サーバーが優れているプロバイダを選べば通信速度が遅くならず、詐欺だと感じません。

プロバイダは料金が安い事業者を選びがちですが、Twitterなどの口コミなどで通信速度が遅くならないものを選ぶことをおすすめします。

プロバイダの選び方の詳細は以下の記事で解説しています。興味のある方はこちらも参考にしてみてください。

プロバイダの選び方のポイント5つ!初心者にもわかりやすく解説!

フレッツ光のサポート窓口は水準が高い

前半で、フレッツ光のサポート窓口は、対応の水準が高いと説明しました。

悪い口コミを見ると、フレッツ光はアフターサポートが良くないのではないかと不安に感じます。

しかし、フレッツ光のサポート窓口については、良い評判のほうが割合を占めています。

フレッツ光のアフターサポートは、他の光回線サービスと比べても対応の水準が高いので、安心して使うことができます。

もし対応が悪いスタッフに当たった場合は、運が悪かったと思うべきでしょう。

オプションの強制加入や悪質な勧誘は代理店しか行っていない

フレッツ光のオプションは、訪問や電話勧誘、家電量販店で申し込むと強制加入させられることがほとんどです。

訪問や電話での加入、家電量販店の申し込み窓口は、代理店が運営を行っています。

つまり、フレッツ光を代理店で契約しない限り、オプションに強制加入させられることはありません。

代理店でフレッツ光を申し込む場合、詐欺まがいのトラブルに遭うリスクがあると思っておきましょう。

また、フレッツ光を契約したあとに来る訪問や電話勧誘も、代理店によるものだということを知っておきましょう。

詐欺まがいのトラブルに遭わないためには、公式窓口で申し込むべし

フレッツ光を契約してから詐欺だと感じない方法は、NTTの公式窓口で申し込むことです。

NTTの公式ホームページや電話窓口でフレッツ光を申し込むと、不要なオプションに加入させられるリスクがありません。

また、電話窓口で申し込めば、違約金などの注意事項もしっかり説明してくれます。

フレッツ光を代理店で申し込んでもお得になるわけではないので、できるだけ公式窓口で申し込むようにしましょう。

まとめ

Twitterなどの口コミを見ると、フレッツ光は詐欺まがいだと思われる声が多く見受けられます。

しかし、フレッツ光にまつわるトラブルは、プロバイダや代理店に原因があることがほとんどです。

通信速度が遅くなる原因はプロバイダにあり、オプションの強制加入などの契約トラブルは契約を受け付けた代理店に原因があることが定石です。

通信速度が遅くならないプロバイダを選び、NTTの公式窓口で申し込みをすれば、フレッツ光が詐欺だと感じることはありません。

フレッツ光を契約してから訪問や電話などで光コラボレーションへ勧誘されることがありますが、代理店による営業なので取り合わないことをおすすめします。

もし、訪問や電話勧誘が来たときは、フレッツ光の勧誘停止登録ダイヤルに申請を行いましょう。

そもそもフレッツ光よりもおすすめの回線はたくさんあります。速度が速く安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。
光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!