光回線のおすすめ4選

フレッツ光を家電量販店で店舗契約をしない方がいい理由3つ

フレッツ光を契約するときは、家電量販店などの店頭で申し込むことが一般的でした。

しかし、フレッツ光を家電量販店で契約することにはリスクがあり、損をしてしまう可能性があります。

家電量販店でフレッツ光を申し込めば何かしらの特典が受けられますが、条件が厳しいのでお得度が低くなってしまいます。

ここでは、フレッツ光を家電量販店などの店頭で契約してはいけない3つの理由を解説します。

安全な申し込み方法とおすすめの光回線サービスも紹介するので、これからインターネット回線を契約しようと考えている人は読んでみてくださいね。

フレッツ光を家電量販店での店舗契約をしてはいけない驚愕の理由3つ

家電量販店

家電量販店でフレッツ光を申し込んでもらえる特典はとても魅力的に見えます。

しかし、特典を受ける条件を見てみると、リスクのほうが高いと感じるはずです。

家電量販店でフレッツ光を契約すると受けられる特典

最初に、Twitterで目にする口コミをもとに、家電量販店でフレッツ光を契約して受けられるキャンペーンの内容を見てみましょう。

上記の口コミによる事例から分析すると、家電量販店でフレッツ光を契約すれば、

  • キャッシュバック
  • 同時購入する家電製品の代金割引

上記のどちらかの特典を受けられることになります。

キャッシュバック

家電量販店でフレッツ光を申し込めば、2万円から5万円ほどのキャッシュバックをもらうことができます。

キャッシュバックの金額は店舗や時期によって異なるので、もっとも条件が良い家電量販店とタイミングを見計らう必要があります。

同時購入する家電製品の代金割引

家電量販店では、フレッツ光の申し込みと同時にパソコンや冷蔵庫などの生活家電を購入すると、製品の代金を大幅に割り引いてくれます。

割引金額も申し込む店舗やタイミング、購入する製品によって変わりますが、最大で5万円ほどの安い金額で生活家電を買うことができます。

割引金額が低い場合でも、交渉次第ではお得度が高まる可能性があります。

家電量販店でフレッツ光を契約する3つの大きなデメリット

キャッシュバックや家電製品の割引が受けられると聞くと、家電量販店の特典はとてもお得なように感じますよね?

しかし、家電量販店でフレッツ光を申し込むと、3つのデメリットを被る恐れがあります。

有料オプションの加入が必須

家電量販店でフレッツ光を申し込んで特典をもらうためには、100%に近い確率で有料オプションに加入しなければいけません。

注意

加入させられるオプションの数が1つや2つなら百歩譲れるレベルですが、家電量販店では5つ以上のオプションを契約しなければいけません。

たとえば、以前にヤマダ電機が実施していたキャンペーンでは、以下の7つのオプションに加入しないといけませんでした。

  1. ひかり電話Aプラン
  2. ウイルスクリア
  3. リモートサポート
  4. 無線LANカード
  5. 安心セレクトパック
  6. マイポケットプラス
  7. テレビおすすめプラン

上記のオプション全てに加入すると、月額料金が7,087円も上乗せされてしまいます。

加入したオプションは後で解除することができますが、当時のキャンペーンでは種類によって解除できるタイミングが異なっていました。

①はキャッシュバックをもらった後に、⑦は開通してから3ヶ月目以降に解除ができるといった感じです。

このようにタイミングがバラバラなので、頭の中がこんがらがってしまいます。

キャッシュバックがもらえるタイミングが遅いことがある

キャッシュバックをもらう場合、特典を受け取れるタイミングは契約したお店によってバラつきがあります。

早ければフレッツ光が開通した翌月にキャッシュバックを受け取ることができます。

しかし、条件が悪い店舗で契約すると特典がもらえるまで3ヶ月以上待たされてしまいます。

キャッシュバックを現金でもらえない場合がある

契約特典のキャッシュバックは現金で付与される店舗もあれば、商品券やポイントでしかもらえない店舗もあります。

キャッシュバックが商品券で付与されると利用できる場所が限られるので、現金と比べて使い勝手が悪くなってしまいます。

MEMO

酷い場合だと、契約した家電量販店でしか利用できない商品券を与えられることがあります。

キャッシュバックがポイントで付与される場合は最悪で、フレッツ光を契約した系列の店舗でしか利用することができません。

有効期限が短いこともあるので、お世辞にもお得とは言えません。

家電量販店でフレッツ光を契約した有名ユーチューバーがいる

2013年の話になりますが、有名ユーチューバーの瀬戸弘司さんは以前にヤマダ電機でフレッツ光を契約した体験談を動画で公開しています。

瀬戸弘司さんも加入する有料オプションの数が多いことで、キャッシュバックをもらうまでの道のりが長いと感じたようです。

三部作に渡る動画なので視聴時間は長くなりますが、家電量販店で契約するデメリットがよくわかるので貴重な参考資料になるはずです。

フレッツ光を低リスクで契約できる窓口は無い?

口コミや動画から特典をもらう条件を分析すると、家電量販店でフレッツ光を申し込むことはリスクが高い行為と感じたのではないでしょうか?

フレッツ光に限らず、家電量販店ではどのような光回線サービスを契約しても有料オプションに加入するリスクが伴います。

家電量販店での申し込みはリスクが高いとなると、どの窓口でフレッツ光を申し込むべきなのか悩みますよね?

土橋亮太(著者)

正直な話、フレッツ光を申し込んで低リスクでキャッシュバックがもらえる窓口はほとんど無いのが現状です。

低いリスクでキャッシュバックがもらえる窓口はあるのですが、受け取れる金額が5,000円から10,000円程度と低いのでお得とは言えません。

現在はフレッツ光よりも他の光回線に力を入れている?

インターネット回線の申し込みを受け付けている窓口は、ほとんどがフレッツ光以外の光回線サービスに力を入れています。

他の光回線サービスを契約したほうが、フレッツ光よりも通信費が安くなるからです。

現在の光回線はスマホ代が割引されるサービスが増えたので、フレッツ光よりもはるかに通信費を節約できるようになりました。

後ほど詳しく説明しますが、フレッツ光以外の光回線サービスは通信費が安いうえに特典がもらうハードルも低くなっています。

キャンペーンが充実していて質の高い回線は、以下の記事でも厳選して紹介しています。これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

フレッツ光より他の光回線がおすすめ!その理由も解説

光回線

先ほど説明した通り、インターネットの契約を受け付けている窓口のほとんどはフレッツ光以外の光回線サービスに力を入れています。

しかし、フレッツ光以外光回線といっても、どれを選べばいいのかわからないですよね?

フレッツ光よりもおすすめできる光回線サービスはいくつかありますが、その中でもベストなサービスは1つに絞ることができます。

フレッツ光よりもおすすめの光回線はNURO光

フレッツ光以外の光回線サービスの中でもっともおすすめなのはNURO光です。

NURO光

NURO光はフレッツ光の倍以上の速度に対応している光回線なので、通信速度だけが注目されがちです。

もちろん、NURO光の大きな特徴は通信速度の速さですが、キャンペーンの受けやすさや料金の安さも兼ね備えています。

NURO光をおすすめしたい理由は条件が優しいこと

NURO光がフレッツ光よりもおすすめできる理由は、通信速度だけでなくキャンペーンの受けやすさにもあります。

NURO光は代理店のキャンペーンサイトで申し込めば、最低でも30,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

フレッツ光を家電量販店で申し込む場合と違って有料オプションに加入する必要がないので、ハードルも低くなっています。

キャッシュバックは現金で受け取れるので、使い勝手も悪くありません。

NURO光正規代理店

※NURO光の申し込みを受け付けている有料代理店「アウンカンパニー」のホームページ。

さらに、工事費が無料になるキャンペーンも受けることができるので、初期費用を気にする必要もありません。

フレッツ光はどの窓口で申し込んでも15,000円から18,000円の工事費がかかるので、NURO光を契約したほうが断然お得と言えます。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

そもそもフレッツ光よりも月額料金が安い

NURO光の魅力は、月額料金の安さにもあります。

フレッツ光を契約すると、月額はプロバイダ料金もあわせて戸建てで5,000円前後、マンションで3,500円から5,000円ほどになります。

ポイント

NURO光なら戸建てとマンションともに月額料金が4,743円になるので、フレッツ光よりも通信費が安くなる可能性があります。

フレッツ光とNURO光の月額料金比較表
事業者戸建てマンション
フレッツ光東日本30ヶ月間:4,600円
31ヶ月目以降:4,900円
30ヶ月間:2,950~3,950円
31ヶ月目以降:3,550~4,550円
フレッツ光西日本【基本料金】
5,400円
【光はじめ割適用料金】
1~2年目:4,300円
3年目以降:4,110円
【光はじめ割適用時の1~2年目】
2,250~3,950円
【基本料金・3年目以降】
2,600~4,500円
NURO光4,743円4,743円
(NURO光 for マンション
が利用できれば
1,900~2,500円)

※フレッツ光は別途500~1,000円のプロバイダ料金も必要。

さらに、ソフトバンクユーザーがNURO光を利用すればスマホ代が500円から1,000円割引されます。

フレッツ光よりもお得であることは明らかです。

中には条件が厳しい代理店があるので注意

NURO光を申し込む場合でも、中にはキャッシュバックをもらうハードルが高い代理店があります。

たとえば、キャンペーンサイトで80,000円などの高額なキャッシュバックを記載している代理店です。

こちらは、有料オプションとモバイルWi-Fiルーターの契約が条件になっていることがほとんどです。

家電量販店で申し込んでも特典をもらうことができますが、家電の同時購入が条件になっているのでおすすめできません。

MEMO

NURO光を契約するなら、キャッシュバックをもらうための条件が優しい代理店のサイトを選ぶことをおすすめします。

優良なNURO光の代理店サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光が契約できないときの選択肢はスマホ代が安くなる光回線

NURO光はサービス内容とキャンペーン内容がフレッツ光よりも魅力的なサービスですが、サービスの提供エリアが狭い欠点があります。

注意

2018年5月の時点で、NURO光は関東・東海・関西でしかサービスを提供していません。

自宅がNURO光の提供エリアでない場合は他の光回線サービスを契約するしかありませんが、悲観的になる必要はありません。

NURO光の他にもフレッツ光以上に優れた光回線サービスがあるからです。

サービス提供エリア外でNURO光が契約できない人は、以下の3つを候補に入れるといいでしょう。

  •  ソフトバンク光
  • auひかり
  • ドコモ光

上記3つのサービスは全てスマホ代を割り引いてくれるので、フレッツ光を契約するよりも通信費を安くしてくれます。

ソフトバンクのスマホユーザーなら割引がきくソフトバンク光。気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auのスマホを契約しているならauひかりでは割引がきくのでauひかりがおすすめです。気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでドコモ光がおすすめです。気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!