光回線のおすすめ4選

フレッツ光とauひかりの決定的な違い9つ!どっちがいいか比較!

現在のインターネット回線は、携帯電話キャリアが展開するサービスが絶大な人気を集めています。

auが運営するauひかりは、セット割引やキャンペーンによる特典が手厚いので、多くの人が満足できるサービスと言えるでしょう。

しかし、定番サービスのフレッツ光と比べてどうなのか気になる人も多いですよね?

そこで、ここからフレッツ光とauひかりの決定的な9つの違いを紹介して、どちらのサービスを選ぶべきか解説します。

フレッツ光とauひかりのどちらを契約するか迷っている人は、参考にしてくださいね。

auひかりとフレッツ光の共通点2つ

共通点

auひかりは名前の通りauが運営する光回線サービスですが、フレッツ光と共通しているポイントが2つあります。

フレッツ光との共通点があるということは、auひかりの回線はクオリティが高いということを意味しています。

共通点その1.どちらも最大1Gbpsの通信速度に対応

フレッツ光は最大1Gbpsの通信速度に対応しているので、多くの人から厚い信頼を得ています。

auひかりもフレッツ光と同じ最大1Gbpsの通信速度に対応しているので、回線のクオリティは引けを取りません。

共通点その2.回線を導入する工事が必要

auひかりとフレッツ光は、どちらも契約するときに自宅に回線を引き込む工事が必要になります。

そのため、契約するときは初期費用の金額が、auひかりかフレッツ光のどちらを選ぶポイントになります。

auひかりとフレッツ光の違い9つ

9

auひかりとフレッツ光には7つもの違いがあり、特に通信速度と料金が大きく異なります。ただ、全ての人にこの7つの違いが出るわけではありません。

とくにauひかりは通信速度と料金の恩恵を受けることが契約するべきか判断する基準になります。

違いその1.光回線の種類が違う

auひかりとフレッツ光はどちらも最大1Gbpsの通信速度に対応していますが、展開している光回線の種類が異なります。

フレッツ光はNTTが展開する光回線でサービスを展開しています。

auひかりは東京電力のTEPCO光で運用されていた光回線を引き継いでサービスを提供しています。

違いその2.サービスの形式が違う

形式

auひかりとフレッツ光では、サービスの提供形式が少し異っています。

フレッツ光は光回線だけでなく、別でプロバイダも契約しなければネットを使うことができません。

また、光回線とプロバイダの契約が別になると、それぞれの料金を別々に支払うことになります。

auひかりは光回線とプロバイダがセットになっているので、それぞれの料金をまとめて支払うことができます。

違いその3.サービスの提供エリアが違う

auひかりは通信速度の評価が高いので、多くの人が契約したいと思っています。

しかし、サービスが提供されているエリアに限りがあるので、利用したくても契約できないことは珍しくありません。

auひかりを提供しているKDDIは電力通信事業者の管理会社です。

なので電力会社の100%子会社が運営するeo光がある関西とコミュファ光がある中部では、戸建てタイプを利用することができません。

フレッツ光は全国的にサービスを展開しているので、関西や中部でも利用することができます。

違いその4.対応している速度の振れ幅が違う

auひかりは最大1Gbpsの通信速度に対応していることが基本ですが、さらに対応速度が速くなったサービスも展開しています。

2018年3月からサービスが開始された「auひかりホームV5ギガ」は最大5Gbps。「auひかりホームX10ギガ」は最大10Gbpsの速度に対応しています。

現在5~10Gbpsの速度に対応する光回線サービスはほとんどありません。ですので、通信速度の速さにこだわりたい人にとってauひかりはとても魅力的な選択肢と言えるでしょう。

auひかりホームX10ギガ

フレッツ光は1Gbps以上の通信速度に対応していないので、より優れた速度でネットを使いたい人だと物足りなさを感じるかもしれません。

違いその5.実効速度が違う

auひかりとフレッツ光の対応速度は理論上での最大値なので、実際に出る速度はそれぞれで違いが出てきます。

auひかりは実効速度の評価が高く、対応速度が1Gbpsでも快適にネットを使うことができます。

5Gbpsや10Gbpsに対応したサービスだと、より高い数値の速度がでます。

auひかりの速度については以下の記事でもまとめているので、詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

auひかりの速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

フレッツ光は契約するプロバイダによって実効速度が左右されるデメリットがあります。

また、評判が良くない事業者を選んでしまうと、ネットが使いづらくなってしまいます。

フレッツ光の速度については以下の記事でもまとめているので、詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

評価が高いプロバイダを選べばフレッツ光の実効速度は安定します。

ですが、あまりにもプロバイダの種類が多いので、選ぶだけでも手間がかかってしまいます。

手間を省いて快適にネットを使うなら、プロバイダを選ぶ必要がないauひかりを契約したほうが無難です。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

違いその6.月額料金が違う

お金

auひかりとフレッツ光はサービスの形が異なるので、月額料金にも違いがあります。月額料金で比較すると、auひかりのほうが安くなりやすい傾向があります。

auひかり・フレッツ光 月額料金比較表
サービス戸建てマンション
auひかり従来型:
5,100~4,900円
auひかり
ホームV5ギガ:
5,400~4,900円
auひかり
ホームX10ギガ:
6,180~5,680円
3,400~
5,000円
フレッツ光
(東日本)
4,700~
5,700円
3,050~
4,350円
フレッツ光
(西日本)
3,610~
5,400円
1,830~
3,900円

※フレッツ光は別途500~1,000円ほどのプロバイダ料金が発生します。

フレッツ光、auひかりの料金は以下の記事でも考察しているので、もっと詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

ネットの料金フレッツ光の料金は高いのか?他社や他の回線と比較してみた! auひかりの料金は高いのか?他社や他の回線と比較してみた!

違いその7.セット割引の有無が違う

auひかりではauでスマホを使っていると、「auスマートバリュー」というセット割引を受けることができます。

「auスマートバリュー」とは、auのスマホ代が安くなる割引です。

auスマートバリュー

割引される金額はスマホの料金プランによって異なりますが、スマホ代が最大で2,000円安くなります。

auスマートバリュー 割引金額一覧
プランデータ容量2年間3年目以降
auピタット
プラン
スーパーカケホ/
カケホ:2GBまで
シンプル:1GB超~

2GBまで
500円500円
スーパーカケホ/
カケホ/シンプル:
2GB超~20GB
まで
1,000円1,000円
auフラット
プラン
20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
934円934円
データ定額5/20GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

「auスマートバリュー」の割引は家族の人も受けることができます。

ですので、auユーザーにとってauひかりはとてもお得な光回線サービスと言えるでしょう。

フレッツ光にはセット割引がないので、どのキャリアでスマホを使っていても通信費を節約することができません。

料金の安さを求めるなら、フレッツ光は検討する価値が低いと考えたほうがいいでしょう。

違いその8.初期費用が違う

auひかりとフレッツ光はほとんど同じ方法で回線の導入工事を行いますが、工事にかかる費用はそれぞれ違います。

auひかりの工事費用は30,000円代と高額ですが、フレッツ光では15,000円から18,000円と低めになっています。

auひかり・フレッツ光 工事費用比較表
サービス戸建てマンション
auひかり37,500円30,000円
フレッツ光18,000円15,000円

工事費用は分割で支払うことができますが、それぞれの金額を比べるとフレッツ光のほうが契約しやすいように感じますよね。

しかし、auひかりには工事費用の実質負担を0にする方法がいくつもあります。

フレッツ光、auひかりの初期費用については以下の記事でも詳しく解説しています。より詳細まで知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

フレッツ光の初期費用はいくら?割引で無料にできる裏技あり? auひかりの初期費用はいくら?割引で無料にできる裏技あり?!

違いその9.キャンペーンの充実度が違う

auひかりにはあらゆるキャンペーンがあるので、工事費用を心配する必要がほとんどありません。

auひかりのネット回線とひかり電話を契約すれば、月額料金を割り引いて工事費を実質0円にしてくれます。

auひかりホーム

またひかり電話が必要ない人でも安心です。

代理店のキャンペーンサイトで申し込んでキャッシュバックをもらえば、工事費の負担が無くなるどころかお得に契約できます。

auひかり代理店キャンペーンサイト

フレッツ光には工事費用が0円になるキャンペーンがなく、キャッシュバックがもらえる代理店もほとんどありません。

キャンペーン特典で比較すると、初期費用がauひかりのほうが安いわけです。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりとフレッツ光のどっちを選ぶべき?

それぞれのサービスで異なる点を見ると、auひかりのほうがお得であることがわかります。

しかし、全ての人がauひかりを利用すればいいわけではなく、人によっては他社を選んだほうがいいこともあります。

あらゆる状況を仮定して、auひかりやフレッツ光を契約するべきか考えてみましょう。

状況その1.新規で回線を契約する場合はどちらを選べばいいのか?

新規

工事による初期費用の負担を考えると、auひかりを選んだほうがいいでしょう。

auひかりとフレッツ光はどちらも工事が必要なので、高額な初期費用が必要になります。

しかし、auひかりはキャンペーンがとても充実しているので、初期費用を負担する必要がありません。

auのスマホを持っていればセット割引も受けられるので、長く使い続けることを考えてもauひかりがおすすめです。

フレッツ光には初期費用の負担を無くす方法がないので、コストの安さを求める人にはおすすめできません。

状況その2.auひかりを契約している人がフレッツ光に乗り換えるのはアリなのか?

auひかり→フレッツ光

auスマートバリューを受けている場合、フレッツ光に乗り換えると割引がなくなるので、auひかりを使い続けたほうがいいでしょう。

また、auひかりから他社に乗り換えるときは工事も必要になるので、フレッツ光に移るのは得策ではありません。

ソフトバンクやドコモでスマホを使っている場合、auひかりを契約していても割引の恩恵が受けられません。

ですので、他社へ乗り換えるべきですがフレッツ光を選ぶべきではありません。

フレッツ光にはセット割引がないので、どこのキャリアでスマホを使っていてもお得にはなれません。

ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」が受けられるソフトバンク光を、ドコモユーザーなら「光セット割」が受けられるドコモ光を。

といった感じにセット割引があるサービスをおすすめします。

状況その3.フレッツ光を契約している人がauひかりに乗り換えるのはアリなのか?

フレッツ光→auひかり

auでスマホを使っているなら、1日でも早くauひかりに乗り換えましょう。フレッツ光を使っていてもセット割引を受けることができません。

ですので、auユーザーなら「auスマートバリュー」でスマホ代が安くなるauひかりへ早く乗り換えることをおすすめします。

auでスマホを使っていてフレッツ光を契約したままだと、割引がないので通信費の無駄遣いにつながりかねません。

フレッツ光からauひかりへ乗り換える際は工事を行わなければいけませんが、キャンペーンを活用すれば初期費用はほとんどかかりません。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンクやドコモでスマホを使っている人は、先ほど説明したようにセット割引が受けられる他社を選びましょう。

セット割引が受けられる光回線サービスは、auひかりと同じようにキャンペーンで工事費用が0になるところがほとんどです。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!