光回線のおすすめ4選

Toppa!光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

自宅に光回線を導入するときは、回線の事業者だけでなくプロバイダ選びも重要です。プロバイダ選びを間違えてしまうと通信速度が遅くなり、ネットが使いづらくなってしまうからです。

「Toppa!光」は通信速度が遅いプロバイダの代表的な存在で、とても評判が悪くなっています。Toppa!光が選択肢に入っている人は、他のプロバイダを選んだほうが安全と言わざるを得ません。

ここでは、Toppa!光の回線速度について詳しく解説します。口コミをもとに説明するので、Toppa!光を契約するか悩んでいる人は参考にしてくださいね。

Toppa!光の公式と実際の通信速度を知ろう!

パソコンをしている男性

Toppa!光は定番の光回線を導入するときに契約できるプロバイダなので、公式速度の数値はとても高いものになっています。しかし、実効速度は市場で1・2を争うほど遅くなっています。

Toppa!光の公式速度は最大1Gbps

Toppa!光は公式速度が最大1Gbpsを誇るフレッツ光のサービスプロバイダです。つまり、Toppa!光ではフレッツ光の回線を利用するので、公式速度が最大1Gbpsになるわけですね。(フレッツ光の速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

最大1Gbpsという速度は、数ある光回線サービスの中でもっともクオリティが高いことを表すものです。しかし、Toppa!光を契約すれば快適にネットができるわけではありません。

Toppa!光の実効速度は数値が極端に低い?

速度を落とせの表示

公式速度が最大1Gbpsのフレッツ光を契約しても、実効速度は利用するプロバイダによって大きな違いがあります。ネットに接続するサーバーは、プロバイダによってクオリティに差があるからです。

Toppa!光の実効速度は、ネット上であまりにも遅いと言われています。下り速度が10Mbps以下になることは日常茶飯事で、酷いときは1Mbpsを下回ることも珍しくありません。

Toppa!光を契約した人のほとんどは、快適にネットができないと感じています。口コミの内容は、後ほど詳しく紹介します。

Wi-Fiを使うときは無線LANルーターの機種で速度が変わる

Wi-Fiを使うときは、無線LANルーターのスペックで通信速度が左右されます。Toppa!光を契約する場合、NTTから無線LANルーターをレンタルすることができます。

ホームゲートウェイ 無線LANカード

この無線LANルーターは最大866Mbpsの通信速度に対応しているので、最大1Gbpsのフレッツ光回線をフルに活かすことができます。

家電量販店で無線LANルーターを購入するときも、対応速度が800Mbps以上で、IEEE802.11acという規格に対応したものを選べば問題ありません。

しかし、プロバイダをToppa!光にする場合は、このような条件をクリアをしても通信速度は安定しません。

無線LANルーターのスペック以前に、Toppa!光以外のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

Toppa!光の夜の速度を解説!夜は極端に遅くなる?

夜中12時を過ぎた部屋

光回線サービスのプロバイダでもっとも大きな差が出るのは、夜の通信速度です。

夜はネットを使う人が1番多い時間なので、評価が低いプロバイダだと回線が混雑して通信速度が急激に落ちてしまいます。

Toppa!光はただでさえ通信速度が遅いプロバイダですが、夜になると輪をかけたように酷くなります。

Toppa!光の通信速度はどの時間でも遅いことが基本のようになっていますが、夜になると下り速度が1Mbpsを下回ってしまいます。1Mbps以下になると、動画の視聴どころかYahoo!ニュースのようなサイトすら見ることができなくなります。

Toppa!光のマンションタイプの速度を解説!配線方式で速度が変わる?

Toppa!光はフレッツ光の回線を利用するので、公式速度は基本的に最大1Gbpsになります。しかし、マンションタイプでは、住居の配線方式によって公式速度が変わることがあります。

戸建てでフレッツ光を導入するときは、電柱から自宅へ1本の光ファイバーを引き込みます。

フレッツ光 開通工事レポート 戸建てにお住まいのお客さま

この方式では1戸で1本の光ファイバーを利用するので、住居の構造などで公式速度が変わることはありません。

マンションタイプは、電柱から物件の共用スペースに1本の光ファイバーを引き込み、全戸に通信を分配します。

集合住宅の導入工事と配線方式について

光ファイバーの通信を分配する方式には、

  • 光回線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式

この3種類があります。

光回線方式は光ファイバーと同等のケーブルで分配を行うので、公式速度は1Gbpsから変わりません。LAN方式はLANケーブル、VDSL方式は電話線で分配を行うので、公式速度が最大100Mbpsになります。

公式速度が100Mbpsになると実効速度が遅くなりそうな気がしますが、良質なプロバイダを契約すれば特に問題は起こりません。

Toppa!光の通信速度の評判を口コミから分析!

Twitterのロゴ

Toppa!光の通信速度は、Twitterや価格.comなどの口コミで大きくバッシングされています。良い評判の口コミはほとんどなく悪い評判ばかりなので、Toppa!光は選ばないほうが無難です。

先ほどから説明していますが、Toppa!光の通信速度は多くの人が不満を感じています。口コミを見れば、どれほど実効速度が遅いのかがわかります。下り速度が1Mbpsになることは当たり前、ネットが使えなくなることは当たり前という状況です。

Twitterで「Toppa!被害者No.1」というアカウントがあるほどなので、通信速度は期待できないと考えるべきでしょう。消費者の人からこのようなアカウントが作成されるプロバイダは、極めて異例です。

Toppa!被害者No.1twitterアカウントトップ画像

価格.comの口コミも、速度に不満を感じるものしか寄せられていません。

Toppa!光価格.comの口コミ

口コミを見ただけでも、他のプロバイダを選んだほうがいいことがわかりますね。

Toppa!の口コミは以下の記事でもまとめているので、興味のある方はこちらもあわせてご参照ください。

Toppa!の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

Toppa!の通信速度を他社と比較してみよう!

他の光回線サービスやプロバイダには、Toppa!光よりも通信速度が速い事業者がいくらでもあります。Toppa!光と他社の通信速度を比べてみましょう。

公式速度は他社の光回線サービスも変わらない

Toppa!光と他社の公式速度は、ほとんど違いがありません。

Toppa!光 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
ASAHIネット光上り下りともに最大1Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
電力系回線上り下りともに最大1Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

しかし、公式速度が同じだからと言って、他社もToppa!光のように実効速度が遅いわけではありません。他社のサービスの実効速度は、Toppa!光の何倍も速くなっています。

他のプロバイダには速度が安定する事業者がいくらでもある

Toppa!光以外のフレッツ光のプロバイダには、通信速度の評判が良いものがいくらでもあります。たとえば、So-netやOCNなどの知名度が高いプロバイダは、控えめに表現してもToppa!光より実効速度が速いと言えます。

夜に通信速度が遅くなるプロバイダもありますが、Toppa!光のように昼間も回線スピードが遅いところは見つける方が難しいでしょう。とにかく、フレッツ光のプロバイダを選ぶときは、Toppa!光以外のものにしたほうが無難ということです。

光コラボは指定されるプロバイダ次第

プロバイダ

光コラボもフレッツ光の回線を利用するサービスです。しかし、光回線とプロバイダが一体型となっていて、サービスごとに利用できるプロバイダが決められています。

OCN光ならOCNが、ビッグローブ光ならBIGLOBEがプロバイダと言った感じで、決められたプロバイダによって通信速度が左右されます。

といっても、知名度が高いところを選べば、Toppa!光ほど速度が遅くなることはありません。ちなみに、Toppa!光の運営会社Hi-Bitは、「光GiGA」というサービス名で光コラボも展開しています。通信速度の評判は、お察しください。

光コラボの中でもソフトバンク光は、比較的速い口コミが多くおすすめできます。割引もキャンペーンも充実していておすすめです。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

電力系光回線は安定感に定評がある

中部地方のコミュファ光や関西地方のeo光といった電力系光回線は、通信速度の安定性が評価されているものばかりです。利用者からだけでなく、「RBB TODAY」や「価格.com」などから表彰されている回線事業者が多いので、Toppa!光と比べると月とすっぽんです。

NURO光は評判も良く料金も安い

NURO光は唯一下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値は素晴らしいものになっています。NURO光は月額料金も安くて、Toppa!光より劣っている点は一つもありません。ですのでNURO光はかなりおすすめの回線です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

Toppa!光は契約して大丈夫?他社を選んだほうが安全?

No!

口コミを見ての通りToppa!光の評判は散々たるもので、お世辞にも快適にネットができるプロバイダとは言えません。

Toppa!光の通信速度は評判が悪すぎる

評判が悪い光回線サービスやプロバイダは他にもいくつかありますが、その中でもToppa!光はトップクラスに口コミ評価が悪い部類に入ります。

ここまで評判が悪いプロバイダを見つけることは逆に難しく、昼間も通信速度が遅いという事業者は珍しすぎます。Toppa!光はリスクしかないので、契約を検討している人は他のプロバイダを選んだほうが安全です。

ただそもそもプロバイダを選んで使うよりも、プロバイダと一体型になっている回線の方がおすすめです。料金がお得なものが多く、それでいて速度も速いのが多いからです。

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、実効速度としても数百Mbpsが出ると評判です。月額料金も安くキャンペーンも充実していて、ベストな選択と言えるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!