光回線のおすすめ4選

光回線の料金が高い2つの理由!なぜ高額になるか業界人が解説!

現在インターネットを使う回線は光回線が主流になりました。

しかし光回線の利用料金を見て高く感じる人は少なくありません。

確かに光回線の料金は、今まで普及していたネット回線より高く設定されており、初期費用も安くありません。

これは光回線が他のネット回線とは仕組みが根本的に違うことが原因です。

そこで、ここでは光回線の料金を他の回線と比較して、料金が高い理由を詳しく解説します。

光回線よりも安い料金でネットを使う方法も紹介するので、コストを抑えてネットを使いたい人は参考にしてくださいね。

光回線の料金は高いか月額や初期費用を他の回線と比較

比較

光回線の料金を見て高いと感じても、実際のところはどうなのかわからないものです。

そこで、光回線と他のさまざまばネット回線の料金を比較した表を作ったので、見てみましょう。

契約するときに必要な初期費用も比較しているので、これからインターネットを使いたいと思っている人にとって参考になるでしょう。

固定回線の種類別に料金と初期費用を比較

光回線は電柱から自宅へ光ファイバーを引き込んでインターネットに接続するので、「固定回線」というカテゴリーに分類されます。

固定回線は他にもいくつか種類がありますが、その中でもケーブルテレビのネット回線とADSLが現在も利用されています。

まず固定回線の中での比較として光回線とケーブルテレビ回線、ADSLの料金と初期費用を比較してみましょう。

回線種類月額料金初期費用対応回線速度
光回線戸建て:5,000〜 6,000円
マンション:3,500〜4,500円
契約事務手数料:3,000円
回線工事費:18,000〜24,000円
最大100Mbps〜1Gbps
ケーブルテレビ回線2,000〜6,000円回線工事費:30,000〜45,000円最大5Mbps〜1Gbps
ADSL1,800〜4,000円契約事務手数料:3,000円
回線工事費:5,000円前後
最大8〜50Mbps

光回線の月額料金は戸建てで5,000〜6,000円、マンションなどの集合住宅で3,500〜4,500円が相場になっています。

工事費も最低で18,000円以上はかかります。

ケーブルテレビ(J:COM)のネット回線は対応している通信速度によって月額料金が違い、対応速度が遅いプランは料金が安めになっています。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

ネットの料金J:COMの料金は高いのか他の回線と比較!Wi-Fiの料金についても!

ADSL回線は3つの中でもっとも月額料金が安く、工事も気になるほど高くありません。

ホワイトBB※ソフトバンクは現在も低価格のADSL「ホワイトBB」を展開しています。

その代わり対応している通信速度は、光回線に比べると大きく劣ります。

ADSLの料金の詳細は以下の記事でも解説しているので、気になる方はこちらもあわせて目を通してみてください。

キャッシュバックADSLの回線料金は安い?他と比較して最安は格安なのか解説!

モバイル用のネット回線の料金と初期費用を比較

次はモバイルWi-Fiルーターなどモバイル用の電波でネットに接続する回線と比較してみましょう。

Pocket WiFi 801HW

月額料金はもちろんですが、光回線の初期費用もどれだけ高いのかがよくわかるでしょう。

回線種類月額料金初期費用
光回線戸建て:5,000〜 6,000円
マンション:3,500〜4,500円
契約事務手数料:3,000円
回線工事費:18,000〜24,000円
モバイル
Wi-Fiルーター
3,696〜4,380円契約事務手数料:3,000円
端末代金:0〜2,800円
据え置き型
Wi-Fiルーター
4,880円〜契約事務手数料:3,000円
端末代金:実質0円

現在、モバイル用のネット回線は光回線より安い月額料金でネットが好きなだけ使い放題になっています。

さらに初期費用もほとんどかかりません。また割引やキャンペーンも充実していて実質月額では3,000円以内で使えます。かなりおすすめの回線です。

※おすすめの理由は以下の記事でも解説しているのであわせて参考にしてみてください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

こうして見ると光回線はモバイル回線と固定回線どちらのカテゴリーで比較しても、もっともコストが高く感じますね。

光回線の料金が高い理由を業界人が分析

パソコンで資料作成2

あらゆるネット回線の料金を比べてみると、光回線が一番料金が高いことがわかりました。

他のネット回線の料金が安いことを見ると、なぜ光回線だけ料金が高めなのか疑問に思いますよね。

光回線の料金が高い原因は、他のネット回線とは仕組みが根本的に違うことが原因です。

他のネット回線が安い理由も知れば、料金が高い原因がわかります。

光回線が普及する前のネット回線が安い理由

光回線の料金が高い理由を知るには、光回線が普及する前の固定回線の料金が安い理由を知らなければいけません。

ADSLやモバイル用のネット回線の料金が安い理由を見てみましょう。

ADSLから以前のネット回線は、住居に引いてある電話回線を使うから安い

光回線が普及する前に主流だったADSLは、固定電話で利用するアナログ回線をもとにネットへ接続します。

ADSL回線

アナログ回線はインターネットが普及する前からほとんど住居に普及しているので、回線業者は通信料金の収益だけ得られれば問題がありません。

これがADSLの料金や工事費が光回線より大幅に安い理由なのです。

モバイル回線は整備が進んだことで、低料金で使い放題が提供できるようになった

モバイルWi-Fiルーターなどで使われるモバイル用の回線は、以前であれば毎月ネットが利用できるデータ量が7GBまでと上限がありました。

回線業者側は上限を撤廃したいのは山々でした。上限を撤廃できれば、他社よりも契約者数が多く獲得できますからね。

ただ当時の回線設備の状況では、使い放題にすると回線が混雑してしまい通信速度が著しく落ちてしまうので、7GBまでの上限を設けていたわけです。

そのような状況でもモバイル回線は需要があり少しずつ普及していきました。

ポイント

モバイル回線が普及していくにつれ回線設備の整備にも投資できるようになり、整備がどんどん進んだのです。

現在はこのように設備も整っていてモバイル回線の需要はもともと高いので、以前とほとんど同じ低価格で制限なくネットが使えるようになったのです。

これがモバイル回線も安い価格で提供されている理由です。

光回線は新たに展開されたネット回線だから料金が高い

光回線は固定回線の中で唯一「光ファイバー」という全く新しい線を用いたことが、料金が高い最大の理由です。

光回線のサービスを提供するには全国の電柱に光ファイバーを張らなければいけません。

電線の光ファイバー※赤い枠で囲んでいるところが光ファイバーです。
写真の場所ではNTTと関西電力(eo光)の光ファイバーが張られています。

この光ファイバーを全国に展開するには、あまりにも莫大なコストが必要になります。

光回線の業者はネットサービスの月額料金で得た収益をもとに、光ファイバーの展開に費やしたコストの分を補填しているのです。

つまり光回線の料金が高い原因は、光ファイバーのエリア展開のコストにあるのです。

さらに光ファイバーはまだ日本の全ての地域に普及されているわけではなく、今後もサービスの提供エリアを拡大しなければいけません。

光ファイバーを展開するエリアがある程度広がり切って、費やしたコストのもとを取る収益が取れない限りは光回線の料金が安くなることはないと見ていいでしょう。

快適なインターネット回線を安く契約する方法

光回線より安い料金でインターネットが利用できる回線はいくつかありますが、料金の安さだけで選んでしまうと快適にネットが使えません。

あらゆるネット回線の中でも、料金が安いかつ快適にネットができるものを厳選することが必要です。

光回線よりコストが安いネット回線の代表格はモバイルWi-Fiルーターですが、他にも魅力的な選択肢が存在するので、ネット回線選びの参考として覚えて損はないでしょう。

初期費用と月額料金を節約するなら、モバイルWi-Fiルーターが第一候補

WiMAX W06

ネット回線を契約するときに光回線と比較されることが多いのは、モバイルWi-Fiルーターです。

モバイルWi-Fiルーターは光ファイバーなどの線を使わないので、あらゆる面で光回線よりも料金が安くなります。

現在のモバイルWi-Fiルーターはネットが使い放題

以前のモバイルWi-Fiルーターは光回線より料金が安くても、毎月ネットの利用量が7GBまでという制限がありました。

しかし現在は光回線よりも安い月額料金でネットの利用料が無制限になりました。

モバイルWi-Fiルーター 月額料金
プラン内容月額料金
使い放題4,380円
7GBまでの制限あり3,696円

また光ファイバーなどの線を自宅に引く必要がないので、契約するときに工事費などで初期費用が高くなることもありません。

さらにGMOとくとくBBの代理店で契約すれば37,000円のキャッシュバックも受けれるので、約8ヶ月分が無料みたいなのものです。

モバイルWi-Fiルーターは光回線よりも圧倒的な料金の安さを実現しています。

WiMAXはauのスマホがあれば割引が受けられる

先ほど紹介した割引に加えて、条件を満たせばモバイルWi-Fiルーターをさらに安い料金で使うことができます。

モバイルWi-Fiルーターのサービス会社で有名なWiMAXは「auスマートバリューmine」という割引特典を用意しています。

auの スマホを持っている人がWiMAXを契約すると毎月のスマホ代が割引されてネットの実質料金が安くなるわけです。

auスマートバリューの割引を受けることができれば、光回線よりさらに安い料金でモバイルWi-Fiルーターを使うことができます。

割引される金額はauスマホの料金プランによって異なるので、下記の表を参考にしてください。

auスマートバリューmine 割引金額一覧
プラン割引金額
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ)
:2GBまで
(シンプル)
:1GB以上〜2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)
:2GB以上〜20GBまで
1,000円
auフラットプラン20/30GB1,000円
データ定額5/20/30GB
LTEフラット(7GB)
ISフラット
934円
データ定額2/3GB
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
カケホ(ガラケーデータ付)
743円
データ定額1GB500円

なお、この割引が適用できるスマホの台数は1台までです。

ネットは使い放題だが、一定の条件を満たすと速度が制限される

モバイルWi-Fiルーターは光回線よりも安い料金でネットが好きなだけ使えますが、一つだけ弱点を持っています。

ポイント

モバイルWi-Fiルーターは3日間に10GBのデータを消費すると、翌日の夕方から深夜まで通信速度が制限されて遅くなってしまうのです。

制限がかかると通信速度は1Mbpsとなり、スムーズにネットを使うことができません。

一人でネット回線を使うのであれば3日間で10GBを使い切ることは少ないですが、家族全員で同時にネットを使うとあっという間に10GBのデータを消費してしまいます。

なのでモバイルWi-Fiルーターは一人だけでネット回線を使う人にはおすすめできても、家族全員でネット回線を使いたい人にはおすすめできません。

一人だけで使う予定であればモバイルWi-Fiルーターは誰にでもおすすめできます。

モバイルWi-Fiルーターの速度は光回線より速い

ここまででモバイルWi-Fiルーターの料金は安いとわかったかと思いますが、速度はどうなのか疑問に思う方もいるでしょう。

モバイルWi-Fiルーターと他の回線の速度を比較すると、以下の表のようになります。

回線種類通信速度備考
光回線上り速度:最大1Gbps
下り速度:最大1Gbps
基本は速度制限なし。
モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)上り速度:最大75Mbps
下り速度:最大1.2Gbps
速度制限がかると
速度は1Mbpsになる。
ソフトバンクエアー上り速度:最大7Mbps
下り速度:最大261Mbps
夜間は場所によって
下り速度が7Mbpsになる。

※1,000Mbps=1Gbps

モバイルWi-Fiルーターはもはや光回線よりも速く、それでいて安い回線なので問答無用でおすすめできます。

ただ動きの激しいオンラインゲームをやるには少し安定感に欠けるので注意が必要ですが、それ以外の用途なら誰にでもおすすめです。

モバイルWi-Fiルーターの中でもWiMAXというルーターは安く契約できて、速度もダントツで一番速いのでとくにおすすめです。

興味のある方は販売代理店であるGMOとくとくBBの公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

モバイルWi-Fiルーターのおすすめの理由は以下の記事でもまとめているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

家のコンセントに差し込むだけでネットができる!据え置き型Wi-Fiルーター!

以前は光ファイバーなどの線を使わずネットに接続できるWi-Fiルーターは、モバイル型しかありませんでした。

しかし現在は自宅のコンセントに差し込んで利用する、自宅用の据え置き型Wi-Fiルーターという選択肢ができました。

SoftBank Air

据え置き型Wi-Fiルーターにはいくつか種類がありますが、その中でもソフトバンクエアーはモバイルWi-Fiルーターが持っている弱点を克服しているのでおすすめです。

据え置き型Wi-Fiルーターはソフトバンクエアーがおすすめ

据え置き型Wi-FiルーターはWiMAXも展開していますが、選択肢はソフトバンクエアーだけと思っていいでしょう。

WiMAXの据え置き型Wi-Fiルーターは自宅だけで使える仕様になっているだけで、料金や速度制限などは全く同じなのです。

ソフトバンクエアーは料金が光回線より安いだけでなく、WiMAXにあるような速度制限の条件もありません。

softbankエアー

モバイルWi-Fiルーターは家族全員で同時にネットを使う人には向いていませんでしたが、ソフトバンクエアーならネットを使う人数がどれだけ多くても問題ありません。

ソフトバンクエアーの契約は端末を分割で購入するかレンタルするかの2通りありますが、レンタルにすると光回線の相場と似た料金になってしまいます。

SoftBank Air 端末購入とレンタル料金の比較
分割購入レンタル
基本料金4,880円基本料金4,880円
端末分割支払い金1,620円端末レンタル料金490円
月月割-1,620円
合計4,880円合計5,370円

※端末の分割支払いと月月割は36ヶ月間となる。

ソフトバンクエアーを契約するときは、よほどの事情がない限り端末を分割で購入したほうがいいでしょう。

(※豆知識:2019年3月現在ソフトバンクエアーの端末を分割で購入する際の審査は、携帯電話を分割で購入するよりも基準が甘くなっています。分割の審査に不安がある人も、一度申し込んでみる価値はあります)

※ソフトバンクエアーについてもっと基本的なことから知りたい方は、以下の記事で解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!

ソフトバンクのスマホを持っていれば、さらに料金がお得に

ソフトバンクエアーも光回線でマンションを使う場合と料金が変わりません。

しかし ソフトバンクのスマホを持っている人がソフトバンクエアーを契約すれば「おうち割光セット」が適用され、月々のスマホ代が安くなります。

割引金額はソフトバンクスマホの契約プランによって異なります。(下記の表を参考にしてください)

おうち割光セット 割引金額一覧
プラン2年間3年目以降
データ定額50GB1,000円1,000円
データ定額20GB1,410円934円
データ定額5GB1,410円934円
データ定額2GB463円463円
データ定額1GB463円463円

さらに「おうち割光セット」は「auスマートバリューmine」とは違い、家族が使っているスマホであれば10台まで同じ割引を受けることができるのです。

ソフトバンクのスマホを持っている人数が多い家族であれば、ソフトバンクエアーがもっともネット回線を安く利用できる方法と言えます。

表を観ると一番容量が大きい「データ定額50GB」が「データ定額20GB」より割引される金額が低めになっています。

しかし家族で2台以上のスマホが「データ定額50GB」を利用していれば、「みんなの家族割」を追加で受けることができます。

みんな家族割 割引金額一覧
人数割引額おうち割光セット合計割引金額
1名0円1,000円1,000円
2名1,500円/1回線2,500円
3名1,800円/1回線2,800 円
4名以上2,000円/1回線3,000円

ソフトバンクエアーはこの割引があることで、多くのソフトバンクユーザーが光回線の代わりとして利用しています。

またドコモやauのスマホを使っている人が、ソフトバンクのスマホに乗り換えて ネット回線もソフトバンクエアーにするという事例も少なくありません。

ソフトバンクエアーの速度はそこそこ速い

ソフトバンクエアーの料金は安いとわかったかと思いますが、速度はどうなのか疑問に思う方もいるでしょう。

ソフトバンクエアーと他の回線の速度を比較すると、以下の表のようになります。

回線種類通信速度備考
光回線上り速度:最大1Gbps
下り速度:最大1Gbps
基本は速度制限なし。
モバイルWi-Fiルーター(WiMAX)上り速度:最大75Mbps
下り速度:最大1.2Gbps
速度制限がかると
速度は1Mbpsになる。
ソフトバンクエアー上り速度:最大7Mbps
下り速度:最大261Mbps
夜間は場所によって
下り速度が7Mbpsになる。

※1,000Mbps=1Gbps

光回線に比べるとソフトバンクエアーの速度は大きく劣るように思えますね。

しかしウェブサイトの閲覧やYouTubeなどの動画視聴は難なくこなすことができます。

ソフトバンクエアーができないのは大きい容量の動画のアップロードや動作の激しいオンラインゲームくらい。

普通にネットサーフィンをする目的なら使い心地のいい回線です。

それでいて安い回線なので誰にでもおすすめできる回線です。

ソフトバンクエアーに興味のある方は公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンクエアーについてもっと詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせて参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーの口コミ分析!いい評判と悪い評判を暴露します!

モバイルと据え置き型Wi-Fiルーターがおすすめできないタイプの人

ここまで料金の安い回線について解説してきましたが、全員におすすめできるわけではありません。

モバイルや据え置き型のWi-Fiルーターは、以下の用途でネットを使う人にはおすすめできません。

  • アクションゲームでオンライン対戦がしたい人
  • YouTubeへの動画投稿など、大きい容量のファイルを頻繁に送信する人

アクションゲームでオンライン対戦がしたい人

アクションゲームのオンライン対戦はWi-Fiルーターでも遊ぶことができます。

しかしWi-Fiルーターモバイル型と据え置き型のどちらも、光回線と比べると通信速度が安定しないので動作に遅延が起きてしまいます。

アクションゲーム

※動作が激しいゲームであればあるほど、ネット回線には速度の安定性が重要になってきます。

RPGやテーブルゲームなどのオンラインプレイであれば、光回線でなくても問題ありません。

ネット回線を使う目的がゲームの場合は、遊ぶゲームのジャンルをもとにしたネット回線を選びが大切になります。

YouTubeへの動画投稿など、大きい容量のファイルを頻繁に送信する人

インターネットを使う人のほとんどはウェブサイトや動画の読み込みがメインになるので、下り速度がある程度出ていれば十分です。

しかしインターネット回線を使って動画や写真などを送信するには、上り速度が必要になります。

YouTubeのような動画サイトへの動画投稿は、上り速度が優れていないとファイルの送信に長い時間がかかってしまいます。

YouTube

Wi-Fiルーターは光回線に比べて上り速度が大きく劣るので、動画ファイルの投稿やメールで送信することが多い人は光回線を選ぶべきです。

光回線ではNURO光がもっとも安く、もっとも速い

光回線はどの回線を選ぶかがかなり重要です。

とはいえ速度が安定して速くて料金が安い回線は限られていて、ズバリ以下の4つの回線が定番の回線となっています。

  • NURO光
  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

このなかで月額料金で比較してみると、もっともお得なのはNURO光。月額料金はもともと安く、ソフトバンクのスマホを契約していれば割引でさらに安くなります。

しかも月額料金が安いだけでなく、一番優れているのは2Gbpsの速さです。NURO光は普通の光回線の二倍の速さで、それでいて価格が安いのです。(NURO光の詳細は以下の記事をご参照ください。)

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! NURO光の公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

NURO光のエリア

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良
九州2県福岡、佐賀

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているなら割引がきくソフトバンク光、同様にドコモで契約している方は割引があるドコモ光がおすすめです。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!