光回線のおすすめ4選

ADSLの回線料金は安い?他と比較して最安は格安なのか解説!

インターネット回線を契約するときは、できるだけ料金が安いサービスを申し込みたいと思いますよね?

利用料金が安いインターネット回線を探しているときは、「ADSLがもっとも格安」と聞くことがあります。

以前までなら、ADSLはもっとも格安なインターネット回線でしたが、今は光回線のサービス内容が変わってきたので話が違います。

そこで、ここではADSLの利用料金を紹介し、他のインターネット回線よりも安いのか解説します。

料金の安さを重視するためにADSLが選択肢に入っている人は、他のインターネット回線との料金比較の参考として読んでみてくださいね。

※そもそもADSLとは何か、というところから知りたい方は、まず以下の記事からご参照ください。

ADSLとは?病気?仕組みを簡単にわかりやすく解説!

ADSLの料金はどれぐらいの値段なのか知ろう!

お金と電卓

ADSLのサービスを提供している事業者は少なくなってきたので、プロバイダごとの料金に大きな違いはありません。

現在のADSLの利用料金は、相場がほとんど決まっています。

ADSLでは回線とプロバイダの利用料金が必要

フレッツでADSLを利用する場合、回線とプロバイダを別々に契約します。

なので、フレッツでADSLを契約すると、回線とプロバイダの利用料金を別々に支払うことになります。

ただ、フレッツはすでにADSLサービスの新規契約受付を終了しているので、他のプロバイダで申し込まなければいけません。(サービス終了の詳細は以下の記事をご参照ください。)

ADSLサービス新規契約は終了?なくなる時期はいつまでか解説!

他のプロバイダでADSLを契約すると、回線とプロバイダがセットになります。

そのため、他のプロバイダの公式サイトに記載されている月額には、回線とプロバイダの利用料金が合算されています。

ADSLを新規契約受付しているプロバイダの月額料金

現在、新規契約を受け付けているADSLのプロバイダの月額料金を表でまとめました。

ADSLの月額料金は、電話加入権を持っているかで変わります。

ADSL プロバイダ別月額料金
プロバイダ東日本西日本
電話加入権有りネット回線のみ電話加入権有りネット回線のみ
BIGLOBE12Mタイプ:
2,000円
39Mタイプ:
2,500円
50Mタイプ:
2,980円
12Mタイプ:
3,338円
39Mタイプ:
3,838円
50Mタイプ:
4,318円
12Mタイプ:
2,001円
39Mタイプ:
2,501円
50Mタイプ:
2,981円
12Mタイプ:
3,353円
39Mタイプ:
3,853円
50Mbps:
4,333円
@nifty12Mコース:
2,000円
39Mコース:
2,500円
50Mコース:
3,000円
2年割
50Mコース:
2,639円
12Mコース:
3,246円
39Mコース:
3,746円
50Mコース:
4,246円
2年割
50Mコース:
3,885円
12Mコース:
1,993円
39Mコース:
2,493円
50Mコース:
2,993円
2年割
50Mコース:
2,632円
12Mコース:
3,248円
39Mコース:
3,748円
50Mコース:
4,248円
2年割
50Mコース:
3,887円
Yahoo!BB【バリュー
プラン】
12M:1,801円
50M:2,564円
【通常プラン】
8M:3,128円
12M:3,528円
26M:3,828円
50M:3,928円
50M Revo:
4,228円
【バリュー
プラン】
12M:3,393円
50M:4,156円
【通常プラン】
8M:4,720円
12M:5,120円
26M:5,420円
50M:5,520円
50M Revo:
5,820円
【バリュー
プラン】
12M:1,808円
50M:2,571円
【通常プラン】
8M:3,135円
12M:3,535円
26M:3,835円
50M:3,935円
50M Revo:
4,235円
【バリュー
プラン】
12M:3,393円
50M:4,156円
【通常プラン】
8M:4,720円
12M:5,120円
26M:5,420円
50M:5,520円
50M Revo:
5,820円

プロバイダによって月額料金に違いはありますが、

  • 対応速度が1番遅いプラン:2,000円~4,000円程
  • 対応速度がもっとも優れた50Mプラン:3,000円~5,000円程

が相場です。

ADSLの最安値プロバイダはセット割引が受けられるYahoo!BB

先ほどの表を見る限り、ADSLの月額料金はどのプロバイダを選んでもほとんど変わらないように感じますよね?

しかし、条件を満たすことができれば、Yahoo!BBが1番お得なプロバイダになります。

Yahoo!BBがもっとも安いプロバイダになる条件は、ソフトバンクでスマホを使っていることです。

Yahoo!BBはソフトバンクが運営するプロバイダです。

ソフトバンクユーザーが契約すると「おうち割光セット」が適用されてスマホ代を割り引いてくれます。

Yahoo!BB ADSL おうち割 光セット

割引される金額はソフトバンクで利用している料金プランによって違いますが、スマホ代が最大で2,000円安くなります。

家族も全員が割引の対象なので、ソフトバンクユーザーならYahoo!BBがもっとも安いADSLサービスになるわけです。

ただ、おうち割光セットの割引は永年で適用されることが基本ですが、Yahoo!BBでバリュープランを利用すると2年間しか割引を受けられません。

おうち割光セット 割引金額
スマホの料金プラン割引金額
データ定額
50GB/20GB/5GBパケットし放題フラット
for 4G LTE(7GB)
1,000円
データ定額ミニ
2GB/1GBデータ定額
(3Gケータイ)
500円

ソフトバンクでスマホを使っていない場合、どのプロバイダで契約しても月額料金はほとんど変わりません。

ADSLと他のインターネット回線の料金を比較

比較

今多くの人から利用されているインターネット回線はADSLよりも優れた速度でインターネットが利用できますが、月額料金が高いデメリットがあります。

しかし、割引を受ける方法を知っていれば、ADSLほど高い値段にはなりません。

ADSLよりも料金が高い光回線はセット割引を受ければ安い

通信速度が最大1Gbpsのもっとも速い光回線を使うには、

  • 戸建て:5,000円~6,000円
  • マンション:3,500円~4,500円

の料金を毎月支払わなければいけません。

光回線 人気サービスの月額料金
サービス戸建てマンション
フレッツ光
(東日本)
4,700~
5,700円
3,050~
4,350円
フレッツ光
(西日本)
5,400円2,600~
4,500円
ソフト
バンク光
5,200円3,800円
ドコモ光タイプA:
5,200円タイプB:
5,400円
タイプA:
4,000円タイプB:
4,200円
auひかり4,900~
5,100円
3,400~
5,000円
NURO光4,743円4,743円

(NURO光for
マンションが
利用できれば
1,900~
2,500円)

※フレッツ光のみ別途500~1,000円ほどのプロバイダ料金が必要です。

毎月の通信コストを低くしたい人なら、ADSLを使ったほうがいいように感じますよね?

しかし、光回線にはセット割引が適用されてスマホ代が安くなるサービスが増えたので、ADSLよりコストが高くなることはほとんどありません。

ソフトバンク光とNURO光では、先ほど紹介したおうち割光セットを永年受けることができます。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auひかりでは「auスマートバリュー」によってauのスマホ代が最大2,000円安くなり、家族全員も割引を受けることができます。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモ光でも「光セット割」を受けることで、スマホ代が最大3,500円割り引かれます。

ドコモユーザーの人もドコモ光を契約すればセット割引を受けて通信コストを安くできます。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

スマホを利用しているキャリアにあわせて光回線のサービスを選べば、ADSLよりコストが高くなることはありません。

ADSLには、Yahoo!BBを除いてセット割引が受けられるサービスがありません。

料金の安さを求めてADSLを選ぶという考え方は、ほぼ間違いだと言えるでしょう。

WiMAXやSoftBank Airもお得で使い始めやすい

工事をせずに利用できるWiMAXやSoftBank Airは、基本料金はADSLより高めになっています。

WiMAXとSoftBank Airの月額料金
回線月額料金
WiMAX4,380円
SoftBank Air4,880円

ただ、auユーザーがWiMAXを契約すると「auスマートバリューmine」が適用されて、スマホ代が最大1,000円割り引かれます。割引が対象になるスマホは1台だけですが、ADSLとほぼ同等の月額料金で利用できます。

WiMAXについては機能的な観点からいっても、誰にでもおすすめです。おすすめの理由は以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

SoftBank Airではおうち割光セットが受けられるので、ソフトバンクユーザーならADSLより魅力がある選択肢になります。SoftBank Airの詳細は以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

ソフトバンクエアーソフトバンクエアーとは?使い方から仕組みまで全て解説!

セット割引が受けられることを見れば、「ADSLがもっとも安い」という考え方は誤りだということがわかるでしょう。

ADSLと光回線ならどっちを契約するべき?やっぱり光が良い?

ADSL 光

これからインターネット回線を契約しようと思っている人の中には、ADSLと光回線のどちらを選んだほうがいいのか迷っている人が多いのではないでしょうか?

月額料金だけで比較するとADSLを選んだほうが良いように見えますが、今は光回線を選んだほうが良い場合がほとんどです。

セット割引が登場したことでADSLが1番安い時代は終わった?

以前までの光回線は月額料金がADSLより高額だったので、契約を見送る人は少なくありませんでした。

しかし、今は先ほど紹介したセット割引が受けられる光回線のサービスが増えました。

ですので、料金の安さを求めたい人でもADSLを選ばない人が多くなりました。

スマホのキャリアに合わせたサービスの選び方を知っておけば、少なくともADSLと同等の金額で光回線を使うことができます。

速度が速く安い質の高い回線は以下の記事で厳選して紹介しています。これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

初期費用も光回線のほうが安い

OKサインするビジネスマン

ADSLを利用するには16,000円から18,000円ほどの工事費が必要です。

ただ、自分でADSLモデムなどの取り付けができれば初期費用を10,000円以下に抑えることができます。

光回線では資格を持った業者による工事が必須なので、最低でも18,000円以上の初期費用が発生します。

初期費用の金額を比較すると、ADSLのほうが契約しやすいと感じる人は多いのではないでしょうか?

しかし、今の光回線には、工事費を無料にしてくれるサービスが多く存在しています。

auひかりでは

  • 戸建て:37,500円
  • マンション:30,000円

の工事費が発生しますが、分割で支払えるうえに割引特典が適用されて実質の負担額が0円になります。

auひかりホーム 初期費用相当額 月額利用料から割引

auひかりのように、工事費の負担が無くなる光回線サービスはいくつもあります。

工事費無料キャンペーンが受けられなかったとしても、代理店のサイトで契約してキャッシュバックをもらえば初期費用の負担が無くなります。

ソフトバンク光代理店キャンペーンサイト

ソフトバンク光は他社からの乗りかえでないと工事費が実質無料になりません。

ですが、代理店からのキャッシュバック特典で初期費用の負担を無くすことができます。

ADSLには工事費が無料になる事業者がないので、初期費用を安くできるチャンスは光回線のほうが多いと言えます。

通信速度で考えても光回線を選んだほうがいい

ADSLは契約するプラン次第では、最大50Mbpsに対応したサービスを利用することができます。

しかし、実際に出る通信速度は自宅からNTTの基地局までの距離で左右されるので、下り速度が10Mbps以下になることは珍しくありません。

現在のホームページや動画も通信速度が優れた光回線などに向けて作られているので、長く使い続けることを考えるとADSLはおすすめできません。(ADSLの速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

ADSLの回線速度平均は遅い?速度測定した実測をチェック!

光回線は自宅から基地局までの距離が遠くても通信速度が左右されず、ノイズを拾うこともないので、どのような用途でも快適にインターネットを使うことができます。

末永く使い続けるなら、光回線がベストな選択肢と考えるべきでしょう。

ADSLから光回線に乗り換えるのはどうなのか?金額を軸にして分析!

ADSL→光 乗り換えても大丈夫?

ADSL利用者の中にも、光回線に乗り換えようか迷っている人は多いと思います。

ADSLを使っていて光回線に乗り換えられない人の多くは、月額料金が高くなるのではないかと不安に思っているのではないでしょうか?

しかし、ADSLから光回線に乗り換える場合でも先ほど紹介した割引やキャンペーンが受けられるので、不安要素はほとんどありません。

セット割引が受けられるサービスを選べば光回線でもコストは安くなる

ADSLを利用している人のほとんどは、光回線の月額料金を見て今よりコストが高くなると思っているのではないでしょうか?

確かに、月額料金だけで考えると光回線を使うとADSLよりも高いコストがかかります。

ですが、セット割引を適用できるサービスを知れば話は変わってきます。

何度も触れていますが、今の光回線はセット割引が受けられるサービスが充実しています。

自分が利用しているキャリアとあわせてサービスを選べば、光回線を利用しても実質的なコストは高くてもADSLと同等の金額になります。

場合によってはADSLよりコストが安くなることもあるので、光回線への乗り換えはとても価値があるものと言えるでしょう。

ADSLから光回線への乗り換えについては、以下の記事でも詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

ADSLから光回線へ乗り換えるメリット3つ・デメリット2つ!工事や料金についても!

業界トップの高速回線もセット割引に対応している

グッドサインをするビジネスマン

業界の中でもトップクラスの通信速度に対応しているNURO光やauひかりでも、セット割引を受けてスマホ代を安くすることができます。

NURO光ではソフトバンクのスマホ代が安くなる「おうち割光セット」が受けられてお得です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auひかりではauのスマホ代が安くなる「auスマートバリュー」が受けられます。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

「通信速度が速いインターネット回線は利用料金が高い」という時代は終わりつつあるので、ADSLからでも光回線へ乗り換える価値は高いと言えるでしょう。