光回線のおすすめ4選

NURO光とSo-net光の決定的な違い9つ!どっちがいいか比較!

現在の光回線は光コラボレーションが主流になってきていて、その中でも知名度が高いプロバイダによるサービスが人気を集めています。

So-net光も有名なプロバイダが運営する光コラボなので、信頼度が高いサービスと言えます。

しかし、通信速度が話題を呼んでいるNURO光と比べてどうなのか気になる人は多いですよね?

NURO光とSo-net光にはあらゆる違いがあり、どのような要素を重視するかで選ぶべきサービスが変わってきます。

ただSo-net光には1つの不安要素があるので注意しなければいけません。

ということで、ここではNURO光とSo-net光の違い9つを紹介して、どちらを選ぶべきなのかを解説します。

NURO光かSo-net光のどちらを契約しようか迷っている人は、参考にしてくださいね。

NURO光とSo-net光の共通点2つを知ろう!

2

NURO光とSo-net光は基本的なサービス内容が大きく違うので、共通点はほとんどありません。

2つだけ共通点はありますが、大きな要素ではないので参考程度に覚えておきましょう。

共通点その1.サービスの運営会社が同じ

NURO光とSo-net光は、どちらもSo-netが運営する光回線サービスです。

So-netは古くからフレッツ光のサービスプロバイダを行っていて、業界の中でも知名度が高い事業者です。

しかし、運営会社が同じだからと言ってサービス内容も同じというわけではないので、後で違いをしっかり把握しましょう。

共通点その2.新規で契約する場合は導入工事が必須

NURO光とSo-net光はどちらも自宅に光ファイバーを引かなければいけないので、導入工事が必要になります。

ただ、工事の流れや費用には違いがあるので、これも後ほど詳しく解説します。

NURO光とSo-net光の違い9つを知ろう!

9

NURO光とSo-net光にはいくつもの違いがあり、この違いがどちらのサービスを選ぶかのポイントになります。

あらゆる違いをもとに、NURO光とSo-net光のどちらが優れたサービスに感じるか考えてみるといいでしょう。

違いその1.対応している通信速度が違う

So-net光はフレッツ光の回線でインターネットを提供するので最大1Gbpsの速度に対応しています。

しかし、NURO光はさらに倍の最大2Gbpsに対応しています。

対応速度はあくまで理論上の数値でしかありませんが、倍の違いがあると実効速度にも大きな違いが出てきます。

So-net光の実効速度は100Mbps程になることが多く、100Mbps以上の数値が出ることは多くありません。

また、地域によっては通信速度が不安定になることがあります。

NURO光は最大2Gbpsの速度に対応しているだけあり、実効速度もとても高い数値を出してくれます。

通信速度が遅くなったという事例もないので、NURO光は多くの人が快適に利用できる光回線サービスだと言えます。

違いその2.月額料金が違う

NURO光とSo-net光は運営会社が同じでも、月額料金は異なっています。

NURO光は戸建てとマンションのどちらで利用しても基本料金は同じ7,124円ですが、「NURO光G2V」に加入すると4,743円になります。

NURO光 月額料金

プラン月額料金
NURO光G2V
(2年契約)
4,743円
NURO光G2
(契約期間無し)
7,124円

また、マンションでは「NURO光forマンション」が利用できれば、月額料金が1,900円から2,500円になります。

しかし契約するまでのハードルが高いので現実的とは言えません。

(詳しくは、当サイトの「NURO光forマンションは人が集まらないと工事てできない?詳細を全解説!」で解説しているので、併せて参考にしてください)

NURO光forマンション 月額料金

加入者数基本料金Hands-
up会費
合計
月額料金
4人1,600円900円2,500円
5人1,600円900円2,500円
6人1,600円900円2,500円
7人1,600円800円2,400円
8人1,600円700円2,300円
9人1,600円600円2,200円
10人以上1,600円300円1,900円

So-net光の月額料金は新規で契約するか、フレッツ光からの転用で契約するかで月額料金が変わります。

新規契約での月額料金は工事費の実質負担を0円にするために、フレッツ光から転用する場合より値段が安くなっています。

そのため、フレッツ光から転用した場合の月額料金が本来の値段と考えてください。

So-net光 月額料金

契約形式住居タイプ1~30ヶ月31~60
ヶ月
61ヶ月目
以降
新規戸建て4,500円5,200円5,200円
マンション3,400円4,100円4,100円
フレッツ光
からの転用
戸建て4,800円5,200円5,200円
マンション4,000円3,900円4,100円

So-net光の本来の月額料金をNURO光と比べてみましょう。

NURO光・So-net光 月額料金比較表

サービス住居タイプ月額料金
NURO光戸建て4,743円
マンション4,743円

(NURO光for
マンションが
利用できれば
1,900~2,500円)

So-net光戸建て1~30ヶ月:
4,800円31ヶ月目以降:
5,200円
マンション1~30ヶ月:
4,000円31~60ヶ月:
3,900円

61ヶ月目以降:
4,100円

戸建てだとNURO光、マンションだと「NURO光forマンション」が利用できない限りはSo-net光を選らんだほうが月額料金は安くなります。

通信速度の速さを重視するなら大きな差にはなりません。

しかし、料金の安さを求めるなら戸建てかマンションのどちらに住んでいるかで選ぶべきサービスが変わります。

違いその3.セット割引の内容が違う

NURO光とSo-net光にはどちらもスマホ代が安くなるセット割引が用意されていますが、内容には大きな違いがあります。

NURO光ではソフトバンクのスマホ代が安くなる「おうち割光セット」を受けることができます。

おうち割光セット

割引される金額はスマホ側の料金プランによって変わりますが、スマホ代が最大で1,0000円安くなります。

おうち割光セット 割引金額

スマホの料金プラン割引金額
データ定額
50GB/20GB/5GB
パケットし放題フラット
for 4G LTE(7GB)
1,000円
データ定額ミニ
2GB/1GB
データ定額
(3Gケータイ)
500円

さらに、「おうち割光セット」は家族の人でも受けることができます。

ですので、NURO光はソフトバンクユーザーにとって最もお得な光回線サービスと言えるでしょう。

So-net光ではauのスマホ代が安くなる「auスマートバリュー」を受けることができます。

auスマートバリューで最大月額2000円割引

「auスマートバリュー」の割引金額もスマホ側の料金プランによって変わりますが、スマホ代を最大で2,000円安くすることができます。

auスマートバリュー 割引金額一覧

プランデータ容量2年間3年目以降
auピタット
プラン
スーパーカケホ/
カケホ:2GBまで
シンプル:1GB超~
2GBまで
500円500円
スーパーカケホ/
カケホ/シンプル:
2GB超~20GB
まで
1,000円1,000円
auフラット
プラン
20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

934円934円
データ定額5/20GB

LTEフラット(7GB)

ISフラット

1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

「auスマートバリュー」も家族全員が受けられる割引なので、auユーザーにとってSo-net光はとても魅力的なサービスと言えます。

違いその4.サービス提供エリアの広さに大きな違いがある

通信速度の速さを求めたい人のほとんどは、NURO光を利用したいと思っているのではないでしょうか?

しかし、NURO光は提供エリアが下記に限られているので、利用したくても契約できない人が少なくありません。

NURO光サービス提供エリア(2018年3月現在)

地方都道府県
関東東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、
栃木、群馬
東海愛知、静岡、岐阜、三重
関西大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

自宅がNURO光のサービス提供エリアであったとしても、立地条件や家の構造が原因となって利用できないことも少なくありません。

So-net光はフレッツ光の回線を利用するサービスなので、全国的に幅広いエリアでサービスが提供されています。

NURO光とSo-net光の提供エリアは下記のページから確認できます。

自宅でどちらのサービスが利用できるのか気になる人は調べてみるといいでしょう。

NURO光・So-net光 エリア確認ページ

サービスURL
NURO光https://www.nuro.jp/apply.html
So-net光

(フレッツ光の
提供エリア
と同じ)

東日本:
https://flets.com/app2/cao/prefselect/index/西日本:
https://flets-w.com/service/next/area/

違いその5.初期費用の金額が違う

紙幣

So-net光を新規で契約する場合、工事が必要になるので戸建てとマンションともに24,000円の費用が必要になります。

しかし、先ほど説明した通り、新規で契約すると工事費用の負担を無くすために月額料金が安くなります。

フレッツ光からの転用でSo-net光を契約する場合、工事をする必要がないので初期費用はほとんどかかりません。

NURO光はどのような形で契約しても40,000円の工事費用が発生しますが、月額料金を割り引くことで実質的な負担を0にしてくれます。

So-net光とNURO光はどちらも工事費を負担する必要がないので、初期費用を比較する必要はありません。

違いその6.キャンペーンの内容が違う

So-net光とNURO光は、どちらも代理店のサイトで申し込めばキャッシュバックを貰うことができます。

しかし、キャッシュバックの金額は大きく異なるので、比較する必要があります。

オプションなどに加入する必要がない優良代理店で申し込む場合、貰えるキャッシュバックの金額は

  • So-net光は25,000円
  • NURO光は30,000~35,000円

となっています。

So-net光の優良代理店「ラプター」のHP

※So-net光の優良代理店「ラプター」

NURO光の優良代理店「アシタエクリエイト」のHP

※NURO光の優良代理店「アシタエクリエイト」

キャッシュバック特典も狙うなら、NURO光を選んだほうがお得です。

違いその7.工事を行う流れに違いがある

So-net光とNURO光の導入工事はどちらも作業内容はほとんど同じですが、流れに若干異なるところがあります。

まず、So-net光を契約した場合、どのような工事が行われるのか見てみましょう。

戸建てでSo-net光を利用する場合、電柱から自宅へ光ファイバーを引いてから、宅内に光コンセントとホームゲームウェイが設置されます。

フレッツ光 開通工事レポート 戸建て

マンションでSo-net光を利用する場合、予め住居に光ファイバーが引き込まれることがほとんどです。

よって、壁の中から宅内へ通信ケーブルを引き込んでから、光コンセントとホームゲームウェイが設置されます。

フレッツ光 開通工事レポート マンション

NURO光を戸建てで利用する際の工事はSo-net光とほとんど同じです。

宅内に光コンセントとホームゲームウェイを設置した後に、電柱から自宅へ光ファイバーを引き込みます。

NURO光戸建ての開通工事

マンションでNURO光を引く場合は予め光ファイバーが引き込まれていないことがほとんどです。

壁の中から宅内に通信ケーブルを引き込んでから、電柱から住居に光ファイバーを引き込みます。

NURO光マンションの開通工事

見ての通り工事の内容は基本的に同じですが、作業にかかる日数に違いがあります。

So-net光の工事は1日で終わりますが、NURO光では宅内と屋内の作業を別日に行うので、2回に渡って工事が行われます。

工事を行う回数を考えると、So-net光のほうが手間が少なく契約しやすいと感じるのではないでしょうか?

しかし、NURO光は通信速度がずば抜けて速いので、工事の手間を受け入れてでも契約する価値があります。

通信速度にどれだけこだわりを持っているかで、NURO光かSo-net光のどちらを選ぶのかが変わると言えるでしょう。

違いその8.レンタルできる無線LANルーターの種類が違う

So-net光とNURO光では、どちらもWi-Fiを使うために無線LANルーターをレンタルすることができます。

ただ利用できる機種のスペックには大きな違いがあります。

So-net光ではフレッツ光の回線を利用するので、フレッツ光が提供している無線LANルーターをレンタルすることができます。

フレッツ光がレンタルで提供している無線LANルーターは最大で866Mbpsの速度に対応しています。

ですので最大1Gbpsの回線が持つ性能をフルに発揮することができます。

ホームゲートウェイ 無線LANカード

NURO光ではホームゲームウェイの無線LANルーター機能でWi-Fiを使うことができます。

ですが、450Mbpsまでの速度にしか対応していないので、最大2Gbpsの回線が持つクオリティを体感できるとは言えません。

NURO光最大実行速度450Mbps

そのため、NURO光でWi-Fiを使うなら、なるべく自分でスペックが高い無線LANルーターを用意したほうがいいです。

違いその9.無線LANルーターのレンタル料金が違う

So-net光で無線LANルーターをレンタルするには月額で100~300円の費用が必要になります。

ですが先ほど説明した通りスペックが優れた機器を提供してくれます。

NURO光ではホームゲームウェイの無線LANルーター機能を無料で使うことができますが、スペックが低いデメリットがあります。

Wi-Fi環境の作りやすさでは、So-net光に軍配が上がります。

NURO光とSo-net光ならどっちがいい?様々な状況を仮定して解説!

NURO光とSo-net光にはあらゆる点で違いがあります。

表面上では通信速度か料金の安さのどちらを重視するかで契約するべきサービスが変わってきます。

しかし、So-net光には1つの不安要素があるので、どのような状況でもNURO光を選んだほうが無難です。

あらゆる状況を仮定しながら、NURO光とSo-net光のどちらを契約すべきなのか考えてみましょう。

状況その1.新規で回線を契約するなら、So-net光かNURO光のどっちがいい?

新規

NURO光とSo-net光はどちらも新規契約すると工事が必要になります。

費用は実質無料になるので、通信速度と料金の安さのどちらを求めるかが基準になります。

通信速度を重視するならNURO光、料金の安さを重視するなら戸建てではNURO光、マンションならSo-net光といった感じが基本になります。

しかし、So-net光には通信速度の評判が賛否両論なので、開通するまで性能がわからない不安要素があります。

せっかく料金が安い光回線サービスを契約しても、通信速度が遅いと意味がありません。

NURO光は通信速度の評価が高いので、料金の安さを求めてSo-net光を契約するよりも、NURO光を選んだほうが無難です。

マンションに住んでいる人がNURO光を契約すると月額料金がSo-net光よりも高くなります。

ですが、ソフトバンクのスマホを使っていれば「おうち割光セット」を受けて差を無くすことができます。

状況その2.NURO光からSo-net光へ乗り換えるのはアリなのか?

NURO光からSo-net光へ乗り換える場合

NURO光からSo-net光への乗り換えは、通信速度が急激に遅くなる恐れがあるのでおすすめできません。

また、工事もしなければいけないので、手間がかかってしまいます。

料金が安くなるとしても、インターネットが使いづらくなる危険性があるSo-net光は選ばないほうがいいでしょう。

状況その3.So-net光からNURO光へ乗り換えるのはアリなのか?

So-net光からNURO光へ乗り換える場合

So-net光からNURO光への乗り換えには、通信速度が大幅に向上するメリットがあるので強くおすすめすることができます。

2回に渡る工事をしなければいけない手間はありますが、費用は実質無料ですし、通信速度にこだわるなら乗り換える価値が高いと言えるでしょう。

月額料金が高くなる恐れはありますが、通信速度の速さを求めるなら検討しても悪くありません。

auスマートバリューにこだわるなら他の選択肢もある

他の選択肢

通信費を安くしたいと思っているauユーザーの人は、「auスマートバリュー」が受けられるSo-net光を諦めないきれないのではないでしょうか?

ただ、「auスマートバリュー」が受けられる光回線サービスはSo-net光だけでなく、他にいくらでもあります。

So-net光と同じフレッツ光の回線を利用するビッグローブ光。

こちらは「auスマートバリュー」が受けられるうえに、接続方式を「iPv6」にすれば通信速度の安定性が高くなります。

auひかりも「auスマートバリュー」が受けられる光回線サービスの1つで、通信速度が高く評価されています。

So-net光は通信速度の評価が良いとは言えないので、「auスマートバリュー」を目当てにするなら他の光回線サービスを選ぶようにしましょう。

まとめ

NURO光とSo-net光には通信速度の差が大きくあるので、月額料金が高くなったとしても快適にインターネットが利用できるNURO光に分があります。

So-net光には「auスマートバリュー」があるので、auユーザーにとっては魅力的なサービスに見えます。

しかし、auのスマホとセットで割引が受けられるうえに通信速度の評判が良いサービスは他にいくらでもあります。

無理してSo-net光を選ぶ必要はありません。

通信速度にこだわるならNURO光、「auスマートバリュー」にこだわるならSo-net光ではなく他のサービスを選ぶことをおすすめします。