光回線のおすすめ4選

NURO光の無線LANルーターはレンタルした方がいい?おすすめは市販購入だ!

自宅に光回線サービスを導入する人のほとんどは、Wi-Fiを使いたいと思っているでしょう。Wi-Fiを使うには、必ず光回線にWi-Fiルーターを接続しなければいけません。

Wi-Fiルーターを用意する方法には、

  • 契約した光回線サービスからレンタルする
  • 自分で市販のWi-Fiルーターを購入する

この2つがあります。

NURO光を契約すると、無料でWi-Fiルーター機能があるONUをレンタルで提供してくれます。他の光回線サービスでWi-Fiルーターをレンタルすると毎月いくらかの料金が必要になります。

無料での提供は何気にテンションが上がるのではないでしょうか?

しかし、NURO光が無料で提供してくれるWi-Fiルーターは性能に不安があるので、市販購入も視野に入れておく必要があります。

ここでは、NURO光を契約するときはWi-Fiルーターをレンタルすべきか、それとも市販購入すべきかについて解説します。NURO光の回線でWi-Fiを使いたいと思っている人は、参考にしてくださいね。

NURO光のWi-Fiルーターレンタルサービスの内容

契約している光回線サービスからWi-Fiルーターをレンタルするときは、数百円の月額料金がかかることがほとんどです。

しかし、NURO光ではコストをかけずにWi-Fiを使うことができます。

NURO光はWi-Fiルーターを無料でレンタルしてくれる

自宅にNURO光を導入するときは、工事業者が光コンセントへONUという機械を接続します。(光コンセント、ONUの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コンセントとは?あるかどうか確認方法も解説! 光回線のONUとは?Wi-Fiルーターやモデムとの違いは?自分で購入できる?

ONU

NURO光が提供するONUにはWi-Fiルーターの機能がありますが、月額料金は発生しません。

つまり、NURO光を契約すれば無料でWi-Fiが使えるようになるわけです。

レンタルできるWi-Fiルーターはスペックが低い

無料でWi-Fiルーターが使えることは嬉しいポイントですが、無料であるがゆえのデメリットもあります。

そのデメリットとは、「Wi-Fiルーターとしてのスペック」です。

NURO光が無料で提供するONUは、Wi-Fiルーターとしての性能がそこまで高くありません。

対応速度が最大450Mbps

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応する高速回線ですが、無料で提供されるWi-Fiルーターは最大450Mbpsまでの速度にしか対応していません。

NURO 光 の料金プラン詳細

せっかく高速回線のNURO光を契約したのに、Wi-Fiルーターの対応速度が遅くては意味がありません。

通信速度にこだわりたい人が無料で提供されるWi-Fiルーターを利用すると、速度に不満を感じるかもしれません。

NURO光のもともとの速度については、以下の記事で解説しています。詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

IEEE802.11acに対応していない

バツ

Wi-Fiルーターはそれぞれ対応しているWi-Fiの規格に違いがあります。

対応している規格が古いと、NURO光の回線が持つクオリティを発揮することができません。

NURO光のクオリティを最大限活かすには、最新のWi-Fi規格「IEEE802.11ac」に対応している必要があります。

NURO光が無料で提供するONUにはいくつかの種類がありますが、どの機種もWi-Fi規格がIEEE802.11acに対応していません。

そのため、NURO光が提供するWi-Fiルーターでは、最大2Gbpsの回線を活かし切ることができません。

詳細はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

Wi-Fiルーターをレンタルする以外の方法を解説!

解説

自宅のネット回線をNURO光にする場合、Wi-Fiルーターをレンタル以外で用意する方法は1つだけに限られます。

光回線をもとにWi-Fiを使う方法でもっとも一般的な方法は、家電量販店やAmazonなどでWi-Fiルーターを購入することです。

Wi-Fiルーターの購入はある程度の出費が必要になるので、なかなかこの方法を選ぼうと思えない人が多いでしょう。

しかし、自分でWi-Fiルーターを購入すれNURO光の回線を活かす機種が選べるので、通信速度にこだわりたい人なら選ぶべき方法と言えます。

市販されているWi-Fiルーターなら最大で、1733Mbpsの速度に対応している機種があります。

Wi-Fiの規格もIEEE802.11acに対応しているものが多いので、無料で提供されるWi-Fiルーターよりも高性能な機種を用意することができます。

バッファローWSR-2533DHPルーター

ただ、高性能なものほど値段が高くなるので、10,000円から20,000円ほどの出費は覚悟しなければいけません。

Wi-Fiルーターはレンタルか市販購入のどちらが良い?

NURO光は最大2Gbpsの通信速度に対応しているので、本来のクオリティを発揮したいなら市販のWi-Fiルーターを購入するべきです。

しかし、快適にネットができれば満足という人なら、無料で提供されるWi-Fiルーターでも不便にはなりません。

NURO光の高速回線を活かすなら市販で購入すべき

「せっかくNURO光を契約したんだから、最大2Gbpsのクオリティをフルに体感したい!」

そのように考える人は、迷わずに市販でWi-Fiルーターを購入することをおすすめします。

通信速度にこだわりがある人の多くは、無料で提供されるWi-Fiルーターに不満を感じているからです。

市販のWi-Fiルーターを使って通信速度に満足できたという声も少なくありません。

現状では対応速度が1Gbps以上のWi-Fiルーターを使う必要はない

ポイントを示す男性

といっても、市販のWi-Fiルーターを購入するときは、ただ単に値段とスペックが高いものを選べばいいわけではありません。

もっとも高性能なWi-Fiルーターは、最大で1733Mbpsの速度に対応しています。

これほどの速度に対応しているWi-Fiルーターなら、NURO光のクオリティをフルに発揮してくれるでしょう。

しかし、現在のデバイス事情を考えると、最大速度が1733MbpsのWi-Fiルーターの必要性はそこまで高くありません。

Wi-Fiを利用するスマホやタブレットは、対応速度が最大800Mbps程度だからです。

デバイス側の対応速度が800Mbps程だと、Wi-Fiルーターが1733Mbpsに対応している意味がありません。

この事情を考えると、購入するWi-Fiルーターは最大速度が866Mbpsか1300Mbpsの機種で問題ないと言えます。

もし市販で買いたいなら以下の記事でWi-Fiルーターの選び方を解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

Wi-FiルーターWi-Fi/無線LANルーターの選び方のポイント7つ!おすすめを安さや人気度ごとに紹介!

まずは無料のWi-Fiルーターで満足できるか試してみよう

まずは使ってみる

NURO光の回線が持つクオリティを活かすなら、市販のWi-Fiルーターを使うことがベストな方法です。

といっても、全ての人がこの方法を使うべきかと言えば、そうではありません。

「ホームページや動画サイトが快適に見れるならOK!」

こういう人であれば、NURO光が提供するWi-Fiルーターでも問題なくネットができると感じる可能性があります。

そのため、市販のWi-Fiルーターを購入する前に、無料で提供されるWi-Fiルーターで速度に満足できるか使ってみましょう。

不満を感じなければ、わざわざ自分でWi-Fiルーターを購入する必要がなくなります。

無線LANルーターの購入費用が気になる人は公式サイトでの申し込みがおすすめ

パソコンを手にもつ男性

市販のWi-Fiルーターが必要と感じたときに、購入費用の負担を減らせる対策があります。

それは、NURO光を公式のキャンペーンサイトで申し込むことです。

公式のキャンペーンサイトでNURO光を契約すれば、30,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

キャッシュバックがもらえるようにしておけば、万が一市販のWi-Fiルーターが必要になったときでも費用の負担を抑えることができます。

Wi-Fiルーターを購入する必要がなければ、キャッシュバックをそのまま自分のお小遣いにできるので、いずれにせよ損にはなりません。

詳細はNURO光の公式サイトをご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

自分で用意したWi-Fiルーターを使うときはレンタル端末のWi-FiをOFFにする

on/off

市販のWi-Fiルーターを利用する場合、前もって知っておくべき注意点があります。

それは、ONUのWi-Fi機能をOFFにすることです。

ONUのWi-Fi機能がONになったままだと、市販のWi-FiルーターとONUが発するそれぞれの電波が緩衝してしまい通信速度が遅くなってしまいます。

このようなことが起きないように、ONUのWi-Fi機能をOFFにしておかなければいけません。

ONUのWi-Fi機能は、Wi-Fiボタンを押してOFFにすることができます。

HG8045j

これは意外と見落としがちなポイントなので、覚えておいて損はないでしょう。

まとめ

光回線の事業者からWi-Fiルーターをレンタルする場合はいくらかの月額料金が必要になりますが、NURO光では無料で借りることができます。

しかし、無料で提供されるWi-Fiルーターの性能は、決して良いとは言えません。

NURO光がレンタルで提供するWi-Fiルーターは通信速度が最大450Mbpsなので、最大2Gbpsの高速回線が持つクオリティを活かすことができません。

とはいえ450Mbps以上の速度はほとんどの場合、体感的には変わらないので無料の性能で問題ないでしょう。(詳細はNURO光の公式サイトをご参照ください。)

対応しているWi-Fiの規格も古いものになるので、NURO光の回線を活かしたいなら市販でWi-Fiルーターを購入したほうがいいでしょう。

自宅のネット回線をNURO光にすると、とにかく高スペックなWi-Fiルーターを選びたくなります。

しかし、あまりにもスペックが高いWi-Fiルーターを購入しても、1Gbps以上の速度に対応しているデバイスが存在しないので意味がありません。

NURO光で利用する市販のWi-Fiルーターは、対応速度が866Mbpsか1300Mbpsのモデルにすれば十分です。

NURO光についてはほかにも以下の記事がございますので、興味のある方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!