光回線のおすすめ4選

インターリンクの速度平均が遅い?回線速度の実態を暴露します!

光回線サービスを契約するときは、定番のフレッツ光を選べば間違いないと思っている人は多いでしょう。しかし、フレッツ光を選べば安心とは言い切れません。

フレッツ光を導入するときは、プロバイダ選びも重要なポイントになるからです。「インターリンク」はそこまで名前が知られていないプロバイダですが、機能性がとても優れています。

通信速度の評判は良し悪しが分かれますが、特有の機能性を活用すれば快適なプロバイダになることは間違いありません。

ここでは、フレッツ光のプロバイダの1つ「インターリンク」の回線速度について解説します。プロバイダをインターリンクにするべきか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

インターリンクの公式速度と実効速度を知ろう!

ストップウォッチ

インターリンクはフレッツ光を利用するときに契約できるプロバイダの1つです。フレッツ光は契約するプロバイダによって実効速度が変わる傾向があります。インターリンクを契約する場合、利用者からの評判が良いのかが重要なポイントになります。

インターリンクの公式速度はフレッツ光の仕様に依存する

インターリンクで利用するフレッツ光の公式速度は最大1Gbpsとなっていて、これはどのプロバイダを契約しても変わりません。(フレッツ光の速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

つまり、インターリンクを契約すると、公式速度は最大1Gbpsになります。

インターリンクの実効速度は賛否両論

賛否両論

フレッツ光はどのプロバイダを選んでも、公式速度は1Gbpsになります。しかし、実効速度はプロバイダによって良し悪しが大きく違います。

Twitterなどの口コミでは、インターリンクの実効速度にまつわる評価が真っ二つに分かれています。下り速度が100Mbps前後まで出て快適という声は多く存在していますが、下り速度が5Mbps以下になるという口コミ少なくありません。

悪い口コミが一つでもあると、他のプロバイダを選んだほうがいいのではと思う人は少なくないでしょう。しかし、インターリンクには、通信速度を安定させられ1つの方法があります。この方法については、後ほど口コミの紹介と一緒に解説します。

Wi-Fiの通信速度は無線LANルーターの機種によって変わる

Wi-Fiを利用するときの通信速度は、接続する無線LANルーターのスペックによって大きく左右されます。インターリンクでは最大1Gbpsのフレッツ光回線を使いますが、利用する無線LANルーターのスペックが低いと通信速度が遅くなる恐れがあります。

インターリンクは無線LANルーターのレンタルを行っていませんが、フレッツ光から無線LAN機能が付いたONUをレンタルすることができます。

ホームゲートウェイ 無線LANカード

※フレッツ光では無線LANカードを差し込むとWi-Fiが利用できるONUを貸し出しています。

光回線サービスが貸し出している無線LANルーターはスペックが低いと思われがちです。しかし、フレッツ光でレンタルできるONUは最大866Mbpsの通信速度に対応しています。

フレッツ光ネクスト隼×Wifi

そのため、Wi-Fiの通信速度が落ちることはありません。家電量販店で無線LANルーターを購入するときは、

  • 対応速度は最大800Mbps以上
  • 対応Wi-Fiの規格がIEEE802.acであること

この2つの条件をクリアしていないと、最大1Gbpsのフレッツ光回線を活かすことができません。

インターリンクを利用したときの夜の通信速度を解説!

夜,自宅

フレッツ光の回線は最大1Gbpsの速度に対応していますが、実効速度は利用するプロバイダによって大きく変わります。もっとも違いが出るのは、夜の時間帯です。

夜はネットを利用する人が多くなるので、プロバイダによっては回線が混雑して通信速度が急激に低下するからです。フレッツ光のプロバイダは多くの事業者が行っていますが、夜になると通信速度が遅くなるものが少なくありません。

インターリンクの通信速度は賛否が分かれていますが、良くない評判の口コミは夜に速度が遅くなるというものがほとんどです。インターリンクにまつわる良くない評判の口コミには、夜になると下り速度が5Mbps以下になるという声が多く存在しています。

下り速度が5Mbps以下になると、動画の視聴どころかホームページを読み込むスピードも遅くなってしまいます。しかし、インターリンクでは、夜の速度低下を先ほど触れた1つの方法で解消することができます。

インターリンクのマンションタイプは速度が変わる?住居別に解説!

インターリンクはフレッツ光のプロバイダなので、公式速度が最大1Gbpsになります。しかし、フレッツ光の回線をマンションで利用する場合、配線方式で公式速度が変わることがあります。

マンションに住んでいる人は配線の方式と、それぞれの方式が対応する通信速度を知っておいたほうがいいでしょう。

戸建てでフレッツ光を利用する場合、電柱から自宅に1本の光ファイバーを引き込みます。この方式は1本の光ファイバーをそのまま使うものなので、公式速度は1Gbpsから変わることはありません。

フレッツ光 開通工事レポート 戸建てにお住まいのお客さま

マンションタイプでは電柱から1本の光ファイバーを共用スペースに引き込み、そこから通信を全戸に分配します。マンションタイプの公式速度は、通信を分配する方式で変わってくるわけです。

分配方式には、

  • 光回線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式

この3種類があります。

光回線方式は光ファイバーと同じ品質のケーブルで分配を行うので、公式速度は1Gbpsのまま変わりません。LAN方式ではLANケーブルで、VDSL方式では電話線で通信を分配するので、公式速度が100Mbpsになります。

公式速度が100Mbpsまで落ちると、ネットが使いづらくなりそうな気がしますよね。

しかし、フレッツ光は公式速度が100Mbpsになったとしても、プロバイダ選びを間違えない限りは実効速度が極端に遅くなることはありません。フレッツ光は戸建てとマンションのどちらで使うにしても、プロバイダ選びが大きなポイントになります。

インターリンクを検討するときは、実効速度がどれだけなのかがもっとも重要なポイントになるわけです。

インターリンクの速度の評判を口コミ分析!

口コミ

インターリンクの通信速度の口コミは、良い評判と悪い評判のどちらも多く寄せられています。悪い評判の口コミもあると契約しないほうがいいように感じますが、1つの方法を活用すれば問題が起きることはありません。

インターリンクの通信速度は賛否両論

インターリンクを利用した人からは、通信速度が安定しているという口コミが多く寄せられています。100Mbps前後の下り速度が出ることが多いので、快適にネットをすることができます。

しかし、夜になると通信速度が遅いと感じている人も少なくありません。夜になると下り速度が急激に遅くなる事例も多いので、他のプロバイダへの乗り換えを検討している人もいます。

悪い評判の口コミを見ると、インターリンクを契約するべきなのか決めあぐねてしまいますよね。しかし、インターリンクでは通信速度を安定させる方法を用意しています。

インターリンクの口コミは以下の記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

インターリンクの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

iPv6を使えば通信速度が安定する

iPv6

インターリンクでは接続方式を「iPv6」に切り替えることで、通信速度を安定させることができます。「iPv6」とは最新の接続方式のことです。

ネットの接続方式は「iPv4」が一般的でしたが、ネットの利用者が増えたことで快適にネットができないプロバイダが増えてきました。

「iPv6」は回線の中で混雑する経路を通らずにネットに接続する方式なので、通信速度が安定性がとても高くなります。接続方式を「iPv6」に変えて通信速度が良くなったという事例はとても多いです。

ただ、この「iPv6」には、ある用途では利用できないデメリットがあります。知識に長けている人の中では、これが原因で「iPv6」を利用しないほうがいいと思っている人が少なくありません。しかし、インターリンクは、「iPv6」を使うデメリットも解消しています。

インターリンクならiPv6のデメリットを克服できる

「iPv6」を使うデメリットは、「固定のIPアドレス」(以下、固定IP)が利用できないことです。ネットを利用するときはIPアドレスを与えてもらいますが、このIPアドレスはネットに接続する度に変わります。

固定IP利用すれば、オンラインゲームでサーバーを立てたり、自宅の防犯対策でWebカメラを使うことができます。

固定IPのメリットは?

「iPv6」が利用できるプロバイダはインターリンクの他にもいくつかあります。しかし、ほとんどプロバイダは、接続方式を「iPv6」にすると固定IPを使うことができませんでした。

インターリンクは接続方式を「iPv6」にしても、固定IPが利用できる数少ないプロバイダです。固定IPを利用するために、我慢して接続方式を「iPv4」にしていた人は、少ないと思います。

インターリンクはこの悩みを解決してくれる数少ないプロバイダです。ライトユーザーだけでなく、エキスパートなユーザーの人でもインターリンクはとても良いプロバイダだと言えます。

インターリンクの回線速度を他社と比較してみよう!

ここまではインターリンクだけについて見てきましたが、他の回線やプロバイダと比較すると速度はどうなのでしょうか?

公式速度は他の光回線サービスと同じ

代表的な回線と比較してみてましょう。

インターリンク 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
インターリンク上り下りともに最大1Gbps
電力系回線(BBIQ光含む)上り下りともに最大1Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

フレッツ光の通信速度はプロバイダによって変わる

まず、フレッツ光で他のプロバイダを契約した場合と比較してみましょう。先ほども触れましたが、フレッツ光の通信速度は、契約するプロバイダによって大きく変わります。

ネットで利用するサーバーのクオリティがプロバイダによって違うからです。フレッツ光のプロバイダはインターリンクの他にも数多くありますが、通信速度の評判が悪い事業者が多く存在しています。

「iPv6」を利用すれば通信速度を安定させることができます。しかし固定IPが使えないデメリットがあるので、エキスパートなユーザーの人にはおすすめできません。

光コラボも指定されたプロバイダで違う

OCN光やソフトバンク光などの光コラボも、フレッツ光の回線を利用します。光コラボは事業者にプロバイダが指定されているので、NTTでフレッツ光を契約するようにプロバイダを選ぶことができません。

そのため、光コラボの通信速度は、指定されたプロバイダによって左右されます。光コラボでも指定されるプロバイダによって通信速度が変わるので、評判が良いサービスを選ばなければいけません。

光コラボの中でも特にソフトバンク光はiPv6も使えるうえに、キャンペーンも充実していて速度も速くおすすめです。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

「iPv6」に対応しているサービスを選べば快適にネットができますが、光コラボでも固定IPが使えないというデメリットが付いてきます。

ライトユーザーの人なら「iPv6」が利用できる光コラボも選択肢に入りますが、固定IPを使いたい人は光コラボは選択肢になりません。

電力系光回線は比較的安定しているがデメリットも

電力系光回線

電力会社系列の光回線サービスは、「iPv6」を使わなくても通信速度が安定しています。しかし、「iPv4」のIPアドレスの個数が不足していることが問題視されています。

電力系光回線にも「iPv6」が利用できるサービスはありますが、光電話の加入が必要であったり、固定IPが利用できないといったデメリットがあります。

今後の展開次第ではありますが、将来的に考えるとインターリンクを選んだほうが無難かもしれません。

NURO光は評判も良く料金も安い

NURO光は対応の下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値は高いですので、NURO光はかなりおすすめの回線です。NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

ただNURO光の欠点はエリアの狭さです。NURO光は九州では使えず、関東と関西、東海でしか使えません。エリア外の人は先ほどあげたソフトバンク光がおすすめです。

あとはNURO光も固定IPは使えません。その点は注意が必要です。

インターリンクは契約して大丈夫なの?エキスパートにおすすめ?

インターリンクの通信速度は、評判が真っ二つに割れています。しかし、「iPv6」を利用すれば、とても良いプロバイダになります。デメリットも克服しているので、幅広い人が活用できるプロバイダだと言えるでしょう。

インターリンクはiPv6対応のプロバイダの中でピカイチ!

you are the best

インターリンクで快適にネットを使うには、接続方式を「iPv6」にすることが条件です。「iPv6」を活用すれば、通信速度が遅くなることはほとんどないと言えます。

さらに、インターリンクでは、接続方式「iPv6」にしても固定IPが利用できる強みがあります。「iPv6」は通信速度が安定するので便利な方式と言えますが、ほとんどのプロバイダで固定IPが使えないデメリットがありました。

インターリンクはこのデメリットも解消しているので、より幅広い人におすすめできるプロバイダになっています。通信速度の速さだけにこだわりたい人や、自分でサーバーを作ったりしたいエキスパートな人まで安心して契約できるでしょう。

ただインターリンクを使うよりも、プロバイダと一体型になっている回線の方がおすすめです。料金がお得なものが多く、セット割引があったり、それでいて速度も速いのが多いからです。

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、実効速度としても数百Mbpsが出ると評判です。月額料金も安くキャンペーンも充実していて、ベストな選択と言えるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!