光回線のおすすめ4選

IIJmioひかりの速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

すっかり光回線サービスの主流となった光コラボは、知名度が高いサービスに人気が集中しています。しかし、知名度が高くない光コラボに目を向けている人も少なくないでしょう。

IIJmioひかりはサービスとしての知名度が高くなく、通信速度の評判も良し悪しがはっきりしません。良い評判と悪い評判のどちらの口コミも多いので、契約して大丈夫なのか疑問に感じるでしょう。

ただ、IIJmioひかりはある方法を活用すると、通信速度が安定する可能性があります。

ここでは、IIJmioひかりの回線速度について詳しく解説します。IIJmioひかりを契約するか迷っている人は、参考にしてくださいね。

IIJmioひかりの公式速度と実効速度を知ろう!

ストップウォッチ

IIJmioひかりは定番事業者の光回線を利用するサービスなので、公式速度の数値はとても高いものになっています。しかし、肝心の実効速度はとても優れているとは言えません。

IIJmioひかりの公式速度は最大1Gbps

IIJmioひかりは、光回線サービスとして新しく主流になっている「光コラボレーション」(以下、光コラボ)の1つです。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光コラボとは、NTT以外の事業者がフレッツ光の回線を提供するサービスで、光回線とプロバイダが一体型になっていることが特徴です。

フレッツ光の公式速度は最大で1Gbpsとなっていて、IIJmioひかりでも同じ速度で利用することができます。しかし、これはあくまでも理論上での最大値です。

フレッツ光の回線を使っていても、実際に出る通信速度はプロバイダのサーバーによって大きく異なります。(フレッツ光の速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

実効速度は優れているとは言えない

悩む男性

IIJmioひかりの実効速度は利用者によって大きなばらつきがありますが、半分の人が遅いと感じています。特に遅いときになると下り速度が1Mbps程になって、ほとんど使いものになりません。

ただ、IIJmioひかりでは「ある方法」を使うことで、通信速度を安定させることができます。通信速度が速いと感じている人の口コミを見ると、ほとんどの人が「ある方法」を使っていることがわかります。「ある方法」については、後ほど口コミ紹介と一緒に解説します。

無線LANルーターをレンタルするとWi-Fiの速度は最大

IIJmioひかりの通信速度は、有線接続で利用する場合とWi-Fi接続で利用する場合で少し変わってきます。Wi-Fi接続の通信速度は、無線LANルーターのスペックに左右されるからです。

最大1GbpsのIIJmioひかりを導入しても、無線LANルーターのスペックが低いと通信速度が遅く感じる恐れがあります。IIJmioひかりでは有料で無線LANルーターをレンタルすることができますが、どのような機種を提供しているのかを記載していません。

光回線の事業者からレンタルする無線LANルーターは、それほど性能が高くないと思っている人は多いのではないでしょうか? しかし、IIJmioを含めた光コラボはフレッツ光と同じ機器をレンタルしているので、そこまで心配する必要はありません。

ホームゲートウェイ 無線LANカード

フレッツ光がレンタルで提供する無線LANルーターは、最大で866Mbpsの通信速度に対応しています。これほどの速度に対応していれば、スマホやタブレットで快適にネットを使うことができます。

といっても、この数値も理論上の最大値にすぎません。Wi-Fiを使う場合でも、利用者によって実効速度の数値にばらつきがあります。

IIJmioひかりの夜の速度を解説!夜はかなり落ちる?

三日月,夜

光回線を使っていても、利用者が多くなる夜の時間は回線が混雑して通信速度が遅くなることがあります。これは、IIJmioひかりも例外ではありません。IIJmioひかりの利用者からは、夜の通信速度が遅いという声が寄せられています。

IIJmioひかりは午前中や昼間の通信速度が安定していても、夜になると下り速度が著しく低下するという事例が多く存在しています。

下り速度が1Mbpsになることは珍しくなく、ネットがほとんど使えないような状態になります。ただ、この問題も先ほど触れた「ある方法」で解消することができます。

JJImioひかりのマンションタイプの速度を解説!住居によって速度が変わる?

IIJmioひかりの公式速度は最大で1Gbpsですが、マンションタイプでは住居に導入されている方式によってこの数値が変わることがあります。数値が変わる原因となる方式と、方式ごとの公式速度を知っておきましょう。

戸建てでIIJmioひかりを利用する場合、電柱から自宅へ1本の光ファイバーを引き込んで回線を導入します。

フレッツ光 開通工事レポート 戸建てにお住まいのお客さま

マンションタイプでは、全戸に1本ずつ光ファイバーを引き込むことができません(一部で例外あり)。そのため、引き込んだ1本の光ファイバーの通信を全戸に分配して共有します。

集合住宅の導入工事と配線方式について

光ファイバーの通信を分配する方式には、

  • 光回線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式

この3つの種類があり、それぞれで最大速度が大きく異なります。

光回線方式は光ファイバーと同じ品質のケーブルで通信を分配するので、公式速度は最大1Gbpsのまま変わりません。LAN方式はLANケーブルで、VDSL方式は電話線で通信を分配するので、公式速度は最大100Mbpsになります。

この違いは、実効速度にも大きな影響を及ぼします。

公式速度が最大1Gbpsになれば、実効速度が100Mbpsになる可能性が出てきます。公式速度が最大100Mbpsだと、実効速度が100Mbps以上になることはありません。

また、同じマンションの中でフレッツ光の回線を使う人が多くなると、通信が混雑して速度が落ちることがあります。

IIJmioひかりの速度の評判について解説!

ソーシャルメディア

Twitterで口コミを見てみると、IIJmioひかりの通信速度の評判は良いと言い切れるものではありません。IIJmioひかりを利用した人からは、通信速度が遅いという口コミが多く寄せられています。

しかし、通信速度が速いと感じている人もいます。IIJmioひかりを契約して通信速度を安定させるには、1つのコツを使わなければいけません。

IIJmioひかりの通信速度は評判が良くない?

実際にIIJmioひかりを契約した人からは、下り速度が1Mbpsほどになったという口コミが多く寄せられています。これらの口コミをいくつも見ると、「IIJmioひかりは契約しないほうがいい」と感じるでしょう。

フレッツ光の回線を使う光コラボと言われても実効速度がここまで遅いと、魅力的には思えないですよね。

IIJmioひかりの口コミについては以下の記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はこちらもあわせて参考にしてみてください。

IIJmioひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

iPv6を活用すれば速度が改善する可能性がある

しかし、IIJmioひかりの通信速度が速いと感じている人も少なくありません。評判が良い口コミには、1つの共通点があります。

IIJmioひかりの通信速度が安定するという口コミのほとんどには、「iPv6」という言葉が入っています。「iPv6」とは、最新の接続方式のことです。

「iPv6」は混雑しやすいプロバイダを経由せずにネットを利用するので、通信速度が安定しやすくなっています。「iPv6」を使わないと混雑がしやすいプロバイダを経由するので、通信速度が1Mbpsになることが珍しくありません。

評判が賛否両論のIIJmioひかりでも、この「iPv6」を活用すれば通信速度が安定しやすくなるわけですね。なお、「iPv6」は無料で使うことができますが、対応の接続機器が必要です。IIJmioひかりを契約するときに申告をすれば、「iPv6」対応機器をレンタルしてくれます。

IIJmioひかりの速度を他社の光回線と比較してみよう!

比較

IIJmioひかりの通信速度は、「iPv6」を使うと安定させることができます。これを手間に感じる人もいると思いますが、同じ条件の光回線サービスは意外と多く存在しています。他社の光回線サービスと比較しながら、その実態を見てみましょう。

公式上の速度はどのサービスも同じ

他社の光回線サービスの公式速度は、IIJmioひかりとほとんど変わりません。

IIJmioひかり 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
IIJmioひかり上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
電力系回線上り下りともに最大1Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

ただ、これはあくまでも理論上の数値なので、比較の対象にはなりません。IIJmioひかりと他社を比較するときは、口コミをもとに実効速度を見る必要があります。

フレッツ光は契約するプロバイダによって速度が変わる

IIJmioはフレッツ光の回線を利用しますが、「iPv6」を使わなければ通信速度が安定しません。NTTでフレッツ光を契約すれば通信速度が安定するように思えますが、実際はそうではありません。

IIJmioひかりは光回線とプロバイダがセットになっていますが、フレッツ光は別でプロバイダを契約しなければいけません。NTTでフレッツ光を契約する場合でも、契約するプロバイダによって通信速度は大きく変わります。

評判が良いプロバイダを契約すれば通信速度は安定しますが、評判が悪いプロバイダを選んでしまうと快適にネットを使うことができません。通信速度が遅いと感じても「iPv6」を利用すれば快適にネットができるようになりますが、「iPv6」が使えるかはプロバイダによって違います。

フレッツ光を契約するときは、

  •  評判が良いプロバイダを選ぶ
  • 「iPv6」に対応しているところを選ぶ

この2つが重要なポイントになると考えたほうがいいでしょう。

他社の光コラボを使うときもiPv6が必須

IIJmioひかり以外の光コラボも、条件は同じです。他の光コラボも通信速度の評判が良くないものが多くありますが、「iPv6」を活用すると安定したネット回線にすることができます。

しかし、光コラボも種類によって「iPv6」の利用可否が異なります。「iPv6」が利用できたとしても通信速度が安定しないサービスもあるので、一概に他社を選んだほうがいいわけではありません。

光コラボの中でも特にソフトバンク光はiPv6も使えるうえに、キャンペーンも充実していて速度も速くおすすめです。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

電力系光回線の通信速度はおおむね安定している

コミュファ光やeo光と言った電力会社系列の光回線は、昔からフレッツ光と比較されることが多いサービスです。フレッツ光への対抗心が強いからか、通信速度は50~100Mbps程の数値が出て安定しています。

速いときだと100Mbps以上の速度が出るので、安心して契約できる光回線サービスだと言えるでしょう。

NURO光は評判も良く料金も安い

NURO光は唯一下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値は素晴らしいものになっています。NURO光は月額料金も安くて、IIJmioひかりより劣っている点は一つもありません。ですのでNURO光はかなりおすすめの回線です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

IIJmioひかりは契約しても大丈夫?注意点を知っておけば安全?

安全

IIJmioひかりの通信速度は賛否が分かれていますが、1つの注意点を知っておけば安定させることができます。しかし、この注意点を知っていても、一部の地域では通信速度が不安定になることがあります。

IIJmioひかりは注意点を知っておけば安定性がある

先ほども説明しましたが、IIJmioひかりは接続方式を「iPv6」に切り替えると通信速度が安定する傾向があります。IIJmioひかりを契約するときは、「iPv6」が利用できるようにすることをおすすめします。

しかし、IIJmioひかりでは全てのエリアで「iPv6」が利用できるわけではありません。西日本エリアでは、下記のエリアにしか「iPv6」が提供されていません。

IIJmioひかり iPv6利用可能地域(2018年2月時点)
NTT東日本エリアNTT西日本エリア
全てのエリアで
利用可能。
石川県、愛知県、大阪府、
兵庫県、京都府、愛媛県、
福岡県

提供エリアは順次拡大されていく予定ですが、利用できないエリアに住んでいる人は他の光回線サービスを契約したほうがいいでしょう。

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、実効速度としても数百Mbpsが出ると評判です。月額料金も安くキャンペーンも充実していて、ベストな選択と言えるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!