光回線のおすすめ4選

フレッツ光とドコモ光の決定的な違い7つ!どっちがいいか比較!

現在のインターネット回線は、携帯会社によるサービスが多くの人気を集めています。

ドコモ光も人気が高い携帯会社のインターネット回線の1つで、多くのドコモユーザーから支持されています。

ただ、定番サービスのフレッツ光と比べてどうなのか気になりますよね?

ドコモ光はフレッツ光と共通している点が多くあるので、クオリティは悪くありません。

コストもフレッツ光より安くなる可能性があるので、とても魅力があるサービスと言えます。

そこで、ここではフレッツ光とドコモ光の違い7つを紹介し、どちらを選ぶべきなのか解説します。

フレッツ光とドコモ光のどちらを契約したほうがいいのか悩んでいる人は、参考に読んでみてくださいね。

ドコモ光とフレッツ光の共通点5つ

5

ドコモ光とフレッツ光には、意外と多くの共通点があります。フレッツ光と共通した点を見ると、ドコモ光はクオリティが高いサービスであることがわかるでしょう。

共通点その1.提供している回線が同じ

ドコモ光とフレッツ光は、どちらも同じ種類の光ファイバーでインターネットを提供しています。

厳密に言うと、ドコモ光はNTTに代わってフレッツ光の回線を提供しています。

ドコモ光とフレッツ光のどちらを契約しても、利用する回線のクオリティは同じというわけです。

共通点その2.対応している通信速度が同じ

フレッツ光は最大で1Gbpsの通信速度に対応した高速回線です。ドコモ光もフレッツ光の回線を利用するので、対応速度は同じ最大1Gbpsとなっています。

ただ、実効速度には大きな差が出ています。実効速度にどれほどの差が出るのかは、後ほど原因と一緒に解説します。

共通点その3.サービスの提供エリアが同じ

日本地図 エリア

ドコモ光とフレッツ光は同じ種類の回線でインターネットを提供しているので、利用できるエリアも同じ広さになっています。自宅がフレッツ光の提供エリアであればドコモ光も契約することができます。

サービス提供エリアは下記のページで調べることができます。自宅でドコモ光とフレッツ光が利用できるのか気になっている人は確認してみましょう。

ドコモ光・フレッツ光 サービス提供エリア確認ページ
エリアURL
東日本https://flets.com/app2/cao/prefselect/index/
西日本https://flets-w.com/service/next/area/

共通点その4.好きなプロバイダを選べる

フレッツ光は回線とは別にプロバイダの契約も必要ですが、プロバイダは自分で好きな事業者を選ぶことができます。

ドコモ光は回線とプロバイダがセットになった「光コラボレーション(光コラボ)」と呼ばれるサービスの一つです。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光コラボは回線とプロバイダがセット契約になる代わりに、利用するプロバイダが指定されていることがほとんどです。

よって基本的に自分で事業者を選ぶことができません。ただドコモ光では対象プロバイダであれば、自分で好きな事業者を利用することができます。

共通点その5.新規で契約すると導入工事が入る

ドコモ光とフレッツ光は、どちらも新規で契約するときは導入工事をする必要があります。工事で行われる作業の内容も、ほとんど変わりません。

戸建てで利用する場合、電柱から自宅へ光ファイバーを引いてから、宅内に光コンセントとホームゲートウェイが設置されます。

フレッツ光開通工事レポート戸建て

マンションで利用する場合は予め住居に光ファイバーが引き込まれていることが多いです。

なので、壁の中から宅内に通信ケーブルを引っ張ってから光コンセントとホームゲートウェイを設置するパターンになることがほとんどです。

集合住宅の導入工事と配線方式について

どちらのサービスを契約しても、工事には契約者の立ち会いが必要になります。

ドコモ光とフレッツ光の違い7つを知ろう

7

ドコモ光とフレッツ光には意外と多くの共通点がありますが、サービスの内容が決定的に違うポイントが7つあります。

7つの相違点はどちらのサービスを選ぶのかを決める重要な要素になるので、しっかり把握しておきましょう。

違いその1.回線の提供元が違う

フレッツ光とドコモ光はどちらも同じ種類の回線を利用しますが、回線を提供する事業者は全く違います。

フレッツ光では回線の提供をNTTが行いますが、ドコモ光では回線の提供元がドコモになります。

違いその2.サービスの提供形式が違う

回線の提供元が異なると、サービスの形式も大きく変わってきます。フレッツ光を利用する場合、回線の利用料金はNTTに、プロバイダの利用料金は契約した事業者に支払います。

ドコモ光は回線とプロバイダをドコモがセットで提供するので、どちらの利用料金もまとめてドコモに支払うことになります。

料金の支払いやすさだけで考えると、回線とプロバイダがセットになっているドコモ光のほうが良いと感じる人は多いのではないでしょうか?

違いその3.月額料金が違う

お金

ドコモ光の月額料金は回線とプロバイダの利用料が合算されたものになっていますが、住居タイプと料金プランで値段が変わってきます。

ドコモ光 月額料金
住居タイプタイプAタイプB
戸建てタイプ5,200円5,400円
マンションタイプ4,000円4,200円

プランがタイプAかタイプBになるのかは、契約するプロバイダによって決まります。プランごとの対象プロバイダは、以下の表を参照してください。

ドコモ光 利用可能プロバイダ
タイプ利用可能プロバイダ
タイプAドコモnet、plala、So-net、
GMOとくとくBB、DTI、
Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、
andline、Ic-net、U-Pa!、@nifty、
エディオンネット、SYNAPSE、
TiKiTiKi、Rakutenブロードバンド、
hi-ho、COARA、@ネスク、SIS
タイプB@TCOM、OCN、TNC、AsahiNet、
WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光の料金は以下の記事でさらに詳しく解説しているので、詳細まで知りたい方はこちらもご参照ください。

ドコモ光の料金は高いのか?他社や他の回線と比較してみた!

フレッツ光の月額料金は東日本と西日本で異なります。

プロバイダは別契約になるので、公式サイトに記載されている値段は回線の利用料のみとなっています。

そのため、下記の金額とは別で500円から1,000円ほどのプロバイダ利用料も必要になります。

  • 東日本で戸建てタイプで4,700円
  • マンションで3,050円~4,050円

になります。

ただ、契約してから31ヶ月目以降は「ギガ推し!割引」が無くなるので、

  • 戸建てで5,000円
  • マンションで3,250円~4,250円

になります。

フレッツ光 月額料金(東日本)
項目戸建てマンション
月額料金5,700円プラン2
(16件以上の契約が
見込める場合)
プラン1
(8件以上の契約が
見込める場合)
ミニ
(4件以上の契約が
見込める場合)
3,350円3,750円4,350円
ギガ推し!割引
(30ヶ月間適用)
-300円-200円-200円-200円
にねん割-700円-100円-100円-100円
合計4,700円3,050円3,450円4,050円

西日本では

  • 戸建てで5,400円
  • マンションで3,700円

が基本料金となっていますが、「光もっと割」を受けられば値段が安くなります。ただ、「光もっと割」は2018年4月30日に受付が終了しました。

フレッツ光 戸建てタイプの月額料金(西日本)
利用期間割引
未適用
Web光
もっと²割
光もっと²割
1年目5,400円3,810円4,300円
2年目5,400円3,810円4,300円
3年目5,400円3,810円4,110円
4年目5,400円3,810円4,010円
5年目5,400円3,810円3,910円
6年目5,400円3,810円3,810円
7年目5,400円3,710円3,710円
8年目5,400円3,610円3,610円
9年目以降5,400円3,610円3,610円
フレッツ光 マンションタイプの月額料金(西日本)
利用期間割引適用Web光
もっと²割
光もっと²割
1年目3,700円2,930円3,250円
2年目3,700円2,930円3,550円
3年目3,700円2,930円3,080円
4年目3,700円2,930円3,030円
5年目3,700円2,930円2,980円
6年目3,700円2,930円2,930円
7年目3,700円2,880円2,880円
8年目3,700円2,830円2,830円
9年目以降3,700円2,830円2,830円

※戸数によって金額が変動することがあります。

フレッツ光の料金については以下の記事でさらに詳しく解説しています。こちらもあわせて参考にしてみてください。

ネットの料金フレッツ光の料金は高いのか?他社や他の回線と比較してみた!

フレッツ光の月額料金は仕組みが複雑ですが、プロバイダ料金を加味したうえで値段の振れ幅をドコモ光と比較してみましょう。

フレッツ光・ドコモ光 月額料金比較表
サービス戸建てマンション
フレッツ光【東日本】
5,200~6,000円
【西日本】
4,110~6,400円
【東日本】
3,550~5,250円
【西日本】
3,330~4,700円
ドコモ光タイプA:5,200円
タイプB:5,400円
タイプA:4,000円
タイプB:4,200円

※フレッツ光ではプロバイダ料金の振れ幅を500~1,000円にして算出しています。

東日本では戸建てならドコモ光、マンションではプロバイダ次第でどちらのサービスが安いのかが変わるといった感じです。

西日本では「光もっと割」を受けて料金が安いプロバイダを選べば、戸建てとマンションのどちらもフレッツ光を選んだほうが安いという結果になります。

ただ、料金が安いプロバイダはサービスのクオリティが微妙な傾向があるので、サービスのクオリティを求めるならドコモ光のほうが良いかもしれません。

違いその4.セット割引を受けられるかが違う

セット割引

ドコモ光には、ドコモのスマホ代が安くなる「光セット割」があります。

割引される金額はスマホ側の料金プランによって変わりますが、スマホ代が最大で3,500円も安くなります。

光セット割 割引金額一覧 シェアパックを利用している場合
プランマンション
タイプ
戸建て
タイプ
ウルトラ
シェアパック100
(100GB)
3,500円3,200円
ウルトラ
シェアパック50
(50GB)
2,900円2,500円
ウルトラ
シェアパック30
(30GB)
2,500円2,000円
シェアパック15
(15GB)
1,800円1,800円
シェアパック10
(10GB)
1,200円1,200円
シェアパック5
(5GB)
800円800円

※シェアパックを利用している場合、割引は親回線が受けることになります。

光セット割 割引金額一覧 利用しているスマホが1代の場合
プランマンション
タイプ
戸建て
タイプ
ウルトラデータ
LLパック(30GB)
1,600円1,100円
ウルトラデータ
Lパック(20GB)
1,400円900円
データMパック
(5GB)
800円800円
データSパック
(2GB)
500円500円

割引される金額がよほど低くならない限り、ドコモでスマホを使っているならドコモ光を選んだほうがいいでしょう。

フレッツ光にはセット割引がないので、ドコモ光と比べるとお得度が劣ることが多いです。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

違いその5.実効速度が安定するプロバイダが違う

ドコモ光とフレッツ光はどちらも最大1Gbpsの通信速度に対応していますが、実効速度に大きな違いがあります。

といっても、フレッツ光とドコモ光のどちらも、実効速度が遅くなる原因が契約したプロバイダにあることがほとんどです。

フレッツ光とドコモ光はどちらも最大1Gbpsに対応した回線を使います。

ただプロバイダがNTTの基地局に設置している管理装置やサーバーのクオリティが良くないと、実効速度が急激に遅くなってしまいます。

つまり、フレッツ光とドコモ光のどちらを契約するにしても、実効速度が遅くならないプロバイダを選ばなければいけないわけです。

通信速度が安定するプロバイダは、フレッツ光とドコモ光で異なります。ドコモ光では、GMOとくとくBBを選べば安心というイメージが強くなりつつあります。

フレッツ光では、BIGLOBEをはじめとした知名度が高いプロバイダを選べば実効速度が安定する可能性が高いです。

ただ、ドコモ光とフレッツ光のどちらも、評判が良いプロバイダを契約しても接続方式を「iPv6」に切り替えなければ通信速度が安定しないことが多いです。

ドコモ光とフレッツ光のどちらも通信速度を安定させるにはプロバイダ選びを慎重にしなければいけません。ですので、初心者の人にはハードルが高いかもしれません。

ドコモ光、フレッツ光の速度については、以下の記事でさらに詳しく解説しています。より詳細まで知りたい方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

ドコモ光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します! フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

違いその6.初期費用の金額が違う

初期費用の金額

ドコモ光とフレッツ光はどちらも新規で契約するときは工事が入るので、

  • 戸建てで18,000円
  • マンションで15,000円

の工事費が必要になります。

ただ、フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合、同じ回線を使い続けるので工事をする必要がなく、初期費用はほとんどかかりません。

ドコモ光からフレッツ光へ乗り換える場合は、管理システムが異なる関係で工事が入るので注意が必要です。

どちらのサービスを新規で契約しても工事費が大きなネックになりますが、ドコモ光では初期費用の負担を少なくする方法がいくつかあります。

違いその7.キャンペーンの内容が違う

ドコモ光では、タイミングが良ければキャンペーンによる特典で工事費を無料にすることができます。

ドコモ光新規工事料無料キャンペーン

公式キャンペーンが実施されていないときでも、代理店のキャンペーンサイトから申込めばキャッシュバックをもらって初期費用の負担を減らすことができます。

ただ、代理店によっては「ひかりTV」や「スカパー」に加入しなければキャッシュバックがもらえない場合があります。よってキャンペーンサイト選びは慎重に行わなければなりません。

またフレッツ光には、工事費の負担が減るキャンペーンがほとんどありません。キャンペーンの充実度と初期費用の実質的な負担で比較すると、ドコモ光のほうが契約しやすいと言えるでしょう。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光とフレッツ光ならどっちがいいのか?

ドコモ光とフレッツ光はあらゆる面に相違点がありますが、総合的に考えるとドコモ光のほうが契約しやすい印象を受けます。

ドコモ光は印象の通り、どのような状況であってもフレッツ光よりも優れた選択肢になります。

さまざまな状況をイメージして、ドコモ光とフレッツ光のどちらを契約したほうがいいのか考えてみましょう。

状況その1.新規で契約するならドコモ光とフレッツ光のどっちがいい?

新規

インターネット回線を新規で契約する場合は工事をしなければいけません。

ですので、月額料金だけでなく初期費用もどちらのサービスを選ぶかを決めるポイントになります。

月額料金と初期費用の値段で考えれば、先ほど説明したようにドコモ光を契約するのが無難です。

月額料金が安いサービスは利用するエリアや住居のタイプによって違いますが、ドコモのスマホを持っていれば「光セット割」が受けられるドコモ光がお得です。

ドコモ光には工事費の負担を減らせるチャンスもあるので、フレッツ光よりもお得になります。

状況その2.ドコモ光からフレッツ光に乗り換えるのはアリなのか?

ドコモ光からフレッツ光

ドコモ光からフレッツ光への乗り換えは、

  • 工事費が発生する
  • 月額料金が高くなる
  • セット割引が無くなる

この3つの危険があるので、おすすめできません。

ドコモ光とフレッツ光は同じ種類の光ファイバーを利用します。ですが、ドコモ光からフレッツ光へ乗り換える場合は管理システムが違う関係で工事をしなければいけません。

フレッツ光にはキャンペーン特典がほとんど無いので、乗り換えるには15,000円から18,000円の工事費を全て負担する必要があります。

場合によってはドコモ光よりも月額料金が高くなる恐れがあり、「光セット割」を受けている人はセット割引が無くなります。

結果、かなりの確率でコストが大幅に値上がりします。ドコモ光からフレッツ光への乗り換えは、基本的にメリットがないと思っていいでしょう。

状況その3.フレッツ光からドコモ光に乗り換えるのはアリなのか?

フレッツ光からドコモ光

フレッツ光からドコモ光への乗り換えには、

  • 初期費用がかからない
  • 月額料金が安くなる可能性がある
  • ドコモのスマホユーザーなら「光セット割」が受けられる

この3つのメリットがあるので、検討する価値があります。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換える場合は工事をする必要がないので、初期費用がほとんど発生しません。

ケースバイケースにはなりますが、月額料金が安くなる可能性もあります。

今フレッツ光の料金に不満を持っている人は見積もりを出してもらうだけでも意味があります。

「光セット割」が受けられるドコモユーザーなら、通信費がフレッツ光よりも安くなる可能性がより一層高くなります。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ以外でスマホを使っている人は他のサービスとも比較すべし

電話をかけるビジネスマン

ドコモ光はどんな状況でもフレッツ光より優れたサービスになる可能性を秘めています。

しかし、ドコモ以外のキャリアでスマホを使っている場合、話は変わってきます。

ソフトバンクユーザーはソフトバンク光を、auユーザーならauひかりやKDDIの提携サービスを利用すればセット割引を受けられるからです。

ソフトバンクやauでスマホを使っている人は、ドコモ光やフレッツ光以外のサービスとも比較を行ったほうがいいでしょう。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!