光回線のおすすめ4選

DTI光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

光回線とプロバイダが1つになっている光コラボレーションは、ネット回線サービスの主流になりつつあります。光コラボレーションは、フレッツ光の回線をより安い料金で利用できることが特徴。

しかし光コラボの通信速度は、サービスを提供する事業者によってさまざまです。光コラボレーションの1つ「DTI光」は、キャッシュバック特典があって最低利用期間がないメリットがありますが、通信速度の評判は最高とまでは言えません。

ここではDTI光の回線速度の実態について解説します。口コミをもとに解説するので、DTI光の契約するか考えている人は参考にしてくださいね。

DTI光の対応速度と実効速度

DTI光のトップページ

DTI光は定番サービスの回線を利用するので、対応している通信速度はとても高速です。しかしだからと言って実際の通信速度が優れているわけではありません。DTI光が実際に出せる通信速度は、利用者によって大きく違います。

DTI光は最大1Gbpsの速度に対応している

DTI光は「光コラボレーション」サービス(以下、光コラボ)の1つです。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光コラボとは、NTTの代わりに別の事業者がフレッツ光の回線を提供するサービスです。フレッツ光の回線は、最大で1Gbpsの通信速度に対応しています。(フレッツ光の速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

つまり、DTI光の回線は最大で1Gbpsの速度に対応しているわけです。

ただ実際には1Gbpsのスピードが出るわけではありません。1Gbpsという数値は理論上での最大値なので、実際に出る通信速度は1Gbpsよりも下回ることになります。

実際に出る速度は、光回線サービスによって大きく違います。DTI光を契約するときは、実際の通信速度が速いのかが大きなポイントと思うべきです。

DTI光の実効速度は利用者によって違う

DTI光が実際に出せる通信速度は、Twitterや価格.comなどの口コミで知ることができます。Twitterや価格.comでは、実際にDTI光を利用した人からの声が寄せられているので、重要な参考資料になります。

しかしDTI光の利用者から寄せられた口コミを見ると、実効速度の数値には大きな違いがあります。

良い評判の口コミには50Mbpsから200Mbpsの下り速度が出ると書かれていますが、悪い評判の口コミには下り速度が1Mbpsほどになると書かれているので、一概に良いネット回線とは言えません。

とはいえ基本的な点に大きな問題はないので、普通に安心できる回線ではあります。DTI光が気になる方は、公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

DTI光は夜に速度が落ちやすいのか?

東京駅丸の内北口信号前(夜景)

光回線サービスは評判が悪い事業者を契約すると、夜の通信速度が遅くなる傾向があります。

DTI光を利用している人からは、夜の通信速度が極端に遅いという声もいくつかあります。夜の時間はネットを使う人が多くなるので、契約しているサービスによっては回線が混雑して通信速度が遅いです。

通信速度が遅くなるレベルはサービスによってさまざまですが、DTI光では下り速度が1Mbpsまで落ちるという事例も見つかっています。下り速度が1Mbpsまで下がると、オンライン動画どころかホームページを見ることもままなりません。

ただまったく使えないというほどの例はあまりないので、過剰に気にする必要はないでしょう。

DTI光のマンションタイプの通信速度

光回線は最大で1Gbpsの速度に対応していますが、マンションで使う場合は通信方式によって対応速度が変わります。これは、DTI光でも例外ではありません。

DTI光で利用するフレッツ光は、基本的に電柱から自宅へ1本の光ファイバーを引き込んでネット通信を行います。

フレッツ光工事

この方式では1つの光ファイバーを1つの住居で使うので、回線が混雑するリスクが高くありません。マンションタイプで利用する場合、あらかじめ住居に引き込まれている1本の光ファイバーの通信を全戸に分配します。

フレッツ光工事2

通信を分配する方式には、

  • 光回線方式
  • LAN方式
  • VDSL方式

この3つの種類があって、それぞれ対応速度が違います。光回線方式は光ファイバーと同じ品質のケーブルで通信を分配するので、対応速度は1Gbpsのままで変わりません。

LAN方式はLANケーブル、VDSLは電話線で通信を分配するので、対応速度は100Mbpsになります。

またマンションタイプは1つの光ファイバーを複数の世帯で共有するので、利用者が多くなると回線が混雑して通信速度が遅くなる可能性があります。

DTI光の通信速度の評判

あまり名前が知られていない光回線サービスは、通信速度が優れていないことが少なくありません。

DTI光は有名なサービスとは言えませんが、通信速度には良い評判が寄せられています。しかし、悪い評判も少なくないので、最高のサービスとまでは言い切れません。

DTI光の通信速度は賛否が分かれる

DTI光を利用している人からは、通信速度にまつわる良い評判と悪い評判のどちらも寄せられています。良い評判の口コミでは下り速度が100Mbps以上出ると言われているので、快適なネット回線のように思えます。

しかしなかには下り速度が1Mbpsになるという声も多く、特に夜の速度が遅いという事例が多く存在しています。

DTI光の口コミは以下の記事でもまとめているので、詳しく知りたい方はこちらもあわせてご参照ください。

DTI光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

v6オプションを活用すれば通信速度が安定する

通信速度が遅い光回線サービスでも、最新の接続方式「iPv6」を利用すると速度が安定することがあります。DTI光も「v6オプション」に加入すると、「iPv6」を使うことができます。

DTI光

しかしDTI光の利用者からは、そもそも口コミ自体が少なく「iPv6を使って速度が向上した」という声も寄せられていません。

「iPv6を使っても速度が向上しなかった」という声もないので、「iPv6」を使っても速度が速くならないわけではありませんが、実際に利用した事例がないので大きな不安要素です。

DTI光が気になる方は、公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

DTI光を他社と比較すると

Twitterに寄せられている口コミを見る限りでは、DTI光の通信速度は最高に良いとまでは言えません。他の光回線サービスの口コミ評判と比較すると、DTI光以外のサービスを選んだほうがいいように思えます。

公式速度はどの光回線サービスも同じ

DTI光の対応速度は最大1Gbpsが基本で、一部のマンションタイプでは100Mbpsになっています。ただこの対応速度は他の光回線でも同じ数値になっています。

DTI光 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
DTI光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
電力系回線上り下りともに最大1Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

この数値はあくまでも理論上で最大の数値に過ぎません。光回線サービスの選ぶときは、対応速度よりも実際に出る速度が重要になります。

Twitterなどの口コミで実際の速度を知ることで、快適にネットができる光回線サービスを知ることができます。

フレッツ光はプロバイダによって通信速度の良し悪しが分かれる

ドコモのプロバイダ

DTI光で利用するフレッツ光は、もともとNTTで契約することが基本でした。NTTでフレッツ光を契約すれば、通信速度が安定すると思っている人は多いのではないでしょうか?

しかし、NTTで契約したからと言って、フレッツ光の通信速度が安定するわけではありません。フレッツ光では、回線とは別でプロバイダを契約しなければネットを使うことができません。

フレッツ光の通信速度は、契約するプロバイダの種類によって左右されるのです。ネット通信を管理するサーバーはプロバイダによってクオリティが違い、これが原因で通信速度に差が出てきます。

DTI光がフレッツ光の回線を利用するのに通信速度が遅くなる理由は、サーバーのクオリティにあるわけです。フレッツ光ではサーバーのクオリティが高いプロバイダを契約すれば、通信速度が安定します。

サーバーのクオリティが低いプロバイダを契約すると、フレッツ光の高速回線を使っていても通信速度が遅くなってしまいます。

プロバイダを慎重に選べば、フレッツ光は快適な速度でネットができるサービスになります。とはいえフレッツ光は割引やキャンペーンがほとんどありません。フレッツ光を選ぶなら光コラボやNURO光の方がお得に快適に使えますよ。

光コラボの中にはDTI光よりも速度が安定するサービスがある

DTI光をはじめとした光コラボはフレッツ光の回線を使いますが、利用できるプロバイダは事業者に指定されています。そのため、光コラボの通信速度は指定されているプロバイダによって左右されます。

評判が良い光コラボを契約すれば下り速度が100Mbps以上になって、DTI光よりも安定します。

ただなかには通信速度の評判が良くない光コラボもあります。Twitterには評判が良くない光回線サービスでも、最新の接続方式「iPv6」を活用すれば速度が安定するようになったという口コミが寄せられています。

DTI光も「iPv6」を使うことができますが、利用した人からの口コミがないので、通信速度が安定するのかが不透明です。DTI光がダメというわけではありませんが、ほかの回線はすでに信頼性があるので安心して契約できるでしょう。

光コラボの中でも特にソフトバンク光はiPv6も使えるうえに、キャンペーンも充実していて速度も速くおすすめです。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

電力系光回線は速度が安定しているから評判が良い

各地方には、電力会社が提供している光回線サービス(以下、電力系光回線)があります。電力系光回線は以前からフレッツ光のライバルとして存在感があり、通信速度が安定性に定評があります。

利用する地域によって下り速度は違いますが、最低でも50~100Mbps程度は出るので信頼度が高い光回線サービスと言えます。契約できる地域に住んでいるのなら、DTI光よりも電力系光回線を選んだほうが快適にネットが使えるでしょう。

ただ電力系光回線は割引やキャンペーンが地味なものが多いので、光コラボやNURO光の方がお得に快適に使えますよ。

NURO光は評判も良く料金も安い

NURO光は唯一下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値は素晴らしいものになっています。NURO光は月額料金も安くて、DTI光より劣っている点は一つもありません。ですのでNURO光はかなりおすすめの回線です。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

DTI光は契約しても大丈夫なのか?

DTI光の通信速度は、良し悪しがはっきりとしないので最高なサービスとまでは断言できません。他の光回線サービスは通信速度の評判がはっきりとわかるので、あえてDTI光を選ぶ理由はないでしょう。

DTI光はiPv6は使えるがまだ口コミが少ない

DTI光の通信速度には、良い評判もあれば悪い評判も多く存在しています。良い評判と悪い評判のどちらも寄せられている光回線サービスは、「iPv6」を使うことで通信速度が改善することがあります。

しかし、DTI光の利用者からは、「iPv6」を使って速度が安定したという声が寄せられていません。このことを考えると、DTI光の通信速度は安定するのかが非常に不透明です。

他の光回線サービスは評判がはっきりとしているので、安心できる回線がいいならほかの回線を検討するといいでしょう。

DTI光が気になる方は、公式サイトもあわせて参考にしてみてください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、実効速度としても数百Mbpsが出ると評判です。月額料金も安くキャンペーンも充実していて、ベストな選択と言えるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!