光回線のおすすめ4選

SANNETの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

インターネットを契約するときは、どのプロバイダや光回線サービスを選べばいいか悩みますよね?

プロバイダと光回線サービスは有名なものを契約すればいいと思う人が多いですが、知名度が低いものも気になるものです。SANNETは知名度が低い事業者の1つですが、とても有名な会社が運営しています。

ただ、SANNETの評判はとても悪く、過去に不名誉な実績も作っているので良いサービスとは言えません。

ここでは、口コミによる評判をもとに、SANNETは良い回線なのか解説します。プロバイダや光回線サービス選びで悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

SANNETとはどんなサービス?特徴を知ろう!

SANNET

SANNETを知っている人はそこまで多くありませんが、運営は皆さんがご存知の事業者が行っています。また、利用できるサービスにも種類があります。SANNETが提供するサービスの特徴を見てみましょう。

SANNETは楽天が運営するプロバイダサービス

SANNETはもともと三洋電機系列のプロバイダサービスでした。ですが、2014年1月から楽天コミュニケーションズ(当時の社名はフュージョン・コミュニケーションズ)が運営しています。

楽天コミュニケーションズは名前の通り、「楽天市場」などで有名な楽天のグループ会社です。フレッツ光のプロバイダ「楽天ブロードバンド」。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

楽天ブロードバンドの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

さらに光コラボレーションの「楽天コミュニケーションズ光」をメインのサービスとして展開しています。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

楽天コミュニケーションズ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

SANNETはフレッツ光で利用するときに契約できる

契約

SANNETはフレッツ光のプロバイダサービスなので、フレッツ光の回線を利用するときに契約することができます。フレッツ光のサービスプロバイダには多くの種類があります。それぞれで利用料が違いますが、SANNETの月額料金は以下の金額になっています。

SANNET 月額料金
住居タイプ月額料金
戸建て1,200円
マンション800円

フレッツ光の利用料と合わせると、合計の月額料金はこのような金額になります。

SANNET フレッツ光の月額を含めた利用料金
エリア住居タイプSANNET
利用料金
フレッツ光
利用料金
合計
東日本戸建て1,200円4,700~
5,700円
5,900~
6,900円
マンション800円3,050~
4,350円
3,850~
5,150円
西日本戸建て1,200円3,610~
5,400円
4,810~
6,600円
マンション800円1,830~
3,900円
2,630~
4,700円

ちなみに、月額1,800円のフルタイムコースというものもあります。このサービスはダイヤルアップ接続とAIR-EDGEでのプロバイダ料金が定額になるものです。ただ通信速度がはるかに遅いので選ぶことはないでしょう。

最大3ヶ月間の月額料金が無料になる

手,3

SANNETでは、契約してから3ヶ月間のプロバイダ料金が無料になっています。3ヶ月間のプロバイダ料金が無料。こう聞くと「3ヶ月以内に解約すれば一切費用が発生しない」と感じてお試し契約ができるように見えます。

しかし、SANNETには6カ月の最低利用期間があるので、無料の期間内に解約すると違約金が発生します。お試しで利用できるわけではないので、注意しましょう。違約金の金額は月額料金の3ヶ月分になります。

SANNET 違約金
住居タイプ違約金内訳
戸建て3,600円月額1,200円×3ヶ月分
マンション2,400円月額800円×3ヶ月分

IP電話の基本料金と初期費用が無料

ビジネスマン,電話

SANNETは「SANNETフォン by NTTCom」という名前でIP電話サービスを提供していて、基本料金無料で使うことができます。フレッツ光でIP電話を使うには500円の月額料金が必要なので、何気に嬉しいポイントですね。ただ、通話料は別途発生するので注意が必要です。

楽天コミュニケーションズ光でも利用できる

SANNETはフレッツ光だけでなく、「楽天コミュニケーションズ光」でも利用することができます。楽天コミュニケーションズ光とは、フレッツ光の回線とプロバイダがセットになった光コラボサービスです。(光コラボの詳細は以下の記事をご参照ください。)

光コラボとは何か?メリット5つとデメリット6つをわかりやすく解説!

光回線とプロバイダの料金が1つになっているので、それぞれの料金をまとめて支払うことができます。さらに住居タイプにもよりますが、NTTでフレッツ光を契約するよりも月額料金が安くなります。

ですので、通信費を安くしたい人は楽天コミュニケーションズ光のほうがお得と言えるでしょう。フレッツ光とSANNETを契約した場合の料金と比べると、楽天コミュニケーションズ光のほうが安くなることがわかります。

楽天コミュニケーションズ光 月額料金
サービス住居タイプ月額料金
楽天コミュニ
ケーションズ光
戸建て4,800円
マンション3,800円
フレッツ光
(東日本)
戸建て5,900~
6,900円
マンション3,850~
5,150円
フレッツ光
(西日本)
戸建て4,810~
6,600円
マンション2,630~
4,700円

SANNETの良い口コミ評判を分析して解説!

パソコンを見ながら微笑む男性

ネット上でSANNETの利用者の反応を見ると、賛否が大きく分かれています。といっても、良い評判の口コミはそこまで多くなく、評価されているポイントも限られています。

フレッツ光は最大1Gbpsの通信速度に対応しています。ただ、実効速度はプロバイダのサーバーや基地局の装置がもつクオリティに左右されます。プロバイダをSANNETにした人からは、通信速度が速いという口コミがいくつか寄せられています。

ですが、通信速度が速いと感じている人はとても少なく、評価されているポイントも回線スピードぐらいです。SANNETの通信速度には不満を感じている人のほうが多く、他のサービス面も評判が良くありません。

SANNETの悪い口コミ評判を分析して解説!

パソコンを見て考える男性

ネット上で口コミを見ると、SANNETは悪い評判のほうが多い印象を受けます。SANNETをプロバイダにすると快適にネットができない可能性が高く、サポート面も期待できません。また、以前に信頼を大きく失った前科があるので、SANNETを契約するのはリスキーと言わざるを得ません。

SANNETを契約すると通信速度が遅くなる?

SANNETを契約した人からは、通信速度が頻繁に低下するという口コミがとても多く寄せられています。夜になると光回線とは思えない通信速度になり、Yahoo!ニュースのようなホームページすら見ることができなくなります。

SANNETの通信速度に不満を感じる人はとても多いです。この口コミを見ただけでも他のプロバイダを選んだほうがいいと感じますよね。

SANNETは通信障害が起きやすい?

パソコンの前で頭を抱えるビジネスマン

SANNETは通信速度の低下だけでなく、通信障害が起きてネットにつながらないトラブルも頻繁に起きてています。

障害を解消するまでの時間も長いので、いつネットがつながらなくなるかわからない爆弾を抱えているようなものです。

通信障害が頻繁に起こるうえに対応も遅いとなると、とてもSANNETを契約する気にはなれないでしょう。

サポートセンターの対応が良くない?

電話をかける

通信障害への対応が遅い時点が勘付いている人もいると思いますが、SANNETはサポートセンターの評判も良くありません。障害が起きたときの対応が遅いのは当たり前で、今後の対策について説明を求めても返答をしてくれない有様です。

サポートセンターは普段から対応が悪く、電話がつながりにくいのも日常茶飯事です。

  • 通信速度が遅い
  • 障害が起きやすい
  • サポートセンターの対応が悪い

この三拍子が揃うと、SANNETは契約すべきではないプロバイダと言わざるを得なくなります。

SANNETには前科がある?

SANNETは以前に何度も通信障害を起こしているうえに、杜撰な対応を行なっている前科があります。まず、2009年2月にSANNETの基幹ネットワークとなる光ファイバーを切断した事故を起こし、大規模な通信障害を起こしています。

参考 SANNETで接続障害、光ファイバ切断でエリア全域のサービスに影響INTERNET Watch

2014年11月には東京都内で機器のメンテナンスを失敗して、下り速度が急激に低下する通信障害を起こしました。この当時は契約者に向けてメールでの連絡や公式サイトでの告知もなし。問い合わせをしたユーザーにしか障害についての説明をしませんでした。

さらに、普及には2~3週間、長くて1ヶ月ほどかかると言われる有様です。過去に複数回の障害を起こし杜撰な対応をしておきながら、現在も通信障害が発生しやすくサポートセンターの対応が悪いと言われています。

SANNETってどうなの?他社と比較して契約すべきか考えよう!

考える男性

口コミによる評判を見ただけでも、SANNETは避けたほうがいいことがわかります。他のプロバイダや光回線サービスと比べまでもありませんが、SANNETより良い事業者はいくらでもあります。他社と比較しながら、SANNETよりも良いプロバイダがどれほどあるのか見てみましょう。

月額料金は他のプロバイダとそこまで変わらない

フレッツ光を利用する場合のプロバイダ利用料ですが、他のプロバイダはSANNETの月額料金とほとんど変わりません。中には、SANNETよりも安い料金で利用できるプロバイダもあります。

SANNET・他社 月額料金比較表
プロバイダ戸建てマンション
SANNET1,200円800円
楽天ブロード
バンド
950円900円
OCN1,100円650~900円
BIGLOBE24ヶ月間:
600円25ヶ月目以降:
1,000円
24ヶ月間:
250~500円25ヶ月目以降:
650~900円
So-net1,000円900円
@nifty1,000円950円

料金の安さを求めるなら、SANNET以外のプロバイダが無難ということになります。

楽天コミュニケーションズ光の料金も他社と変わらない

考えるビジネスマン

月額料金に違いがないという結果は、楽天コミュニケーションズ光と他社の光コラボを比較しても変わりません。他社の光コラボのほとんども、安い料金でフレッツ光の回線を使うことができます。

楽天コミュニケーションズ光・他社光コラボ 月額料金比較表
事業者戸建てタイプマンション
楽天コミュニ
ケーションズ光
4,800円3,800円
ドコモ光5,200~
5,400円
4,000~
4,200円
ソフトバンク光5,200円3,800円
auひかり(※1)4,900~
5,100円
3,400~
5,000円
OCN光5,100円3,600円
ビッグローブ光4,980円3,980円

※1:auひかりのみ光コラボではないサービスです。

光コラボではないauひかりの月額料金も、楽天コミュニケーションズ光とほとんど変わりません。

安さを求めるならセット割引が受けられる光回線サービス

ポイントを示す男性

他社の光コラボではセット割引を活用すると、より一層SANNETより通信費を安くすることができます。

ドコモのスマホユーザーはドコモ光、ソフトバンクのスマホユーザーであればソフトバンク光を利用すればセット割引を受けることができます。

通信費が安くなる金額はスマホの料金プランによりますが、ドコモ光だと最大3,500円、ソフトバンク光だと最大1,000円の割引を受けることができます。

ドコモ光とソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査! auひかりもauのスマホとセットで最大2,000円の割引が受けられるので、SANNETよりもはるかにお得と言えるでしょう。

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

また、ソフトバンク光とauひかりのセット割は、家族の人も対象です。家族全員で同じキャリアのスマホを使っている人なら、より携帯会社の光回線サービスがおすすめです。

SANNETにはセット割引などの特典がないので、他社と比べてお得ではありません。

通信障害を頻繁に起こすプロバイダはほとんどない

パンチをくりだすビジネスマン

肝心の通信速度ですが、SANNETのように通信障害が頻繁に起こるプロバイダや光回線サービスはなかなかありません。ここでSANNETと比較対象にしているプロバイダや光回線サービスは、通信障害が起きる可能性が極めて低いです。

通信障害が起きたとしても、対応が遅いこともありません。中には、通信速度が遅いという口コミがあるサービスもありますが、接続方式を「iPv6」切り替えるなどの方法を取れば問題が起きません。

料金と通信速度、サポートのクオリティのどれを取っても、SANNETより他社を選んだほうがいいでしょう。

他社の中でもプロバイダ単体で選ぶよりも、回線と一体となっているものが一番おすすめです。プロバイダを選ぶ手間もないので非常に簡単に質の良いネット環境が手に入ります。

速度が速く安い質の高い回線は以下の記事でも厳選して紹介しています。これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!