光回線のおすすめ4選

J:COMのインターネットが繋がらない・不安定・切れる原因!回線速度改善の方法を伝授!

J:COMのインターネット回線を使い続けていると、急に速度が遅くなったり、頻繁に通信が切れることがあります。J:COMの回線が不安定になる原因はいくつかあり、対処法にも複数の選択肢があります。

あらゆる対処法を試しても症状が改善できないことがあるので、万が一の事態も想定してさまざまな立ち回り方法を用意しておきましょう。

ここでは、J:COMのインターネット回線がつながらないときや、通信速度が遅いときの原因と対処法を解説します。今利用しているJ:COMの回線が不安定だと感じている人は、ここで紹介している対処法を試してみてくださいね。

J:COMのインターネットがつながらない原因4つと対処法

頭を抱える男性

J:COMの回線を利用してインターネットがつながらない原因は4つあり、活用できる対処法も4つあります。

原因その1.回線がノイズを拾っている

J:COMでは、もともとケーブルテレビで使われいた同軸ケーブルでインターネットを利用します。

同軸ケーブルは近くに電化製品があると、電磁波によるノイズを拾って通信速度が不安定になったり、ひどいときだと回線が切れてしまいます。

MEMO

なので、J:COMの通信速度が遅くなったり接続が頻繁に切れるときは、通信ケーブルから電化製品を遠ざけると問題が解消できることがあります。

J:COMの速度については以下の記事でも解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

J:COMのネット回線の速度は遅い?測定結果をもとに理由とともに解説!

原因その2.接続機器が不具合を起こしている

J:COMの回線に接続しているモデムや無線LANルーターなどの機器は電源を付けっぱなしにして利用します。ですので、長く使い続けると不具合が起きて通信が不安定になることがあります。

モデムが不具合を起こすとJ:COMの固定電話もつながらなくなることがありますし、無線LANルーターの調子が悪いとWi-Fiの通信速度が遅くなります。

モデムのランプが点滅を続けていると、何かしらの通信エラーを起こしていることがほとんどです。接続機器が不具合を起こしてインターネットにつながらない事例は珍しくありません。

MEMO

回線が不安定だと感じたときは、モデムや無線LANルーターの電源を切って再起動させると通話が安定することが多いです。

原因その3.デバイスが不具合を起こしている

インターネットを利用するパソコンやスマホも、電源を切らずに使い続けると不具合を起こします。デバイス側の不具合が原因でインターネットにつながらなくなることも珍しくありません。

MEMO

その場合、パソコンやスマホを再起動すれば問題が解消できることが多いです。

原因その4.通信障害が起きている

上記3つの対処法を行っても回線が不安定な場合は、J:COMで通信障害が起きている可能性が考えられます。また、回線のメンテナンスが行われているときも、インターネットに接続できないことがあります。

ポイント

どのような対処法を行っても問題が解消できないときは、公式サイトの障害・メンテナンス情報ページを見てみるといいでしょう。

J:COM 障害・メンテナンス情報ページ
https://information.myjcom.jp/maintenance_outage/index.html

なおつながらないわけではありませんが、J:COMには一部のプランで速度制限があります。この速度制限にかかっていて、つながらない可能性もあります。詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

J:COMのネット回線に通信制限(速度制限)はある?!実態を暴露!

J:COMではあまり活用できない対処法も知っておこう

光回線で通信速度が遅くなったときに活用できる対処法の中には、J:COMで試す意味がないものがあります。

しかし、後で紹介するJ:COMの「光1Gコース on auひかり」を利用しているなら意味があります。光回線に乗り換えた場合でも試せる方法なので、覚えておいて損はないでしょう。

無線LANルーターのスペックが低い

Wi-Fiを利用するための無線LANルーターは、種類によってスペックの良し悪しに違いがあります。無線LANルーターのスペックが低いと、どれだけクオリティが高い回線を契約していても通信速度が遅くなります。

ポイント

なので、通信速度が遅いと感じたときは、無線LANルーターを買い換えるのも1つの方法です。

無線LANルーターを購入するときは、なるべく規格がIEEE802.11acになっていて、866Mbps以上の速度に対応しているものを選びましょう。

J:COMの最大速度は基本的に320Mbps以下なので、人によっては無線LANルーターを買い換える必要はありません。ですが最大1Gbpsに対応した光1Gコース on auひかりを契約しているなら試す価値があります。

おすすめの無線LANルーターは以下の記事で紹介しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

Wi-FiルーターJ:COMに最適なWi-Fi無線LANルーターおすすめ3選!レンタルすべきかも解説!

LANケーブルの規格が低い

無線LANルーターやパソコンを有線で接続する際に利用するLANケーブルも、種類によって通信速度に影響が出ます。

LANケーブルには、

  • CAT5
  • CAT5e
  • CAT6
  • CAT6A
  • CAT7

上記の5種類があり、それぞれ対応速度が大きく違います。

LANケーブル 規格別通信速度一覧
規格通信速度伝送帯域
CAT5100Mbps100MHz
CAT5e1Gbps100MHz
CAT61Gbps250MHz
CAT6A10Gbps500MHz
CAT710Gbps600MHz

J:COMで光1Gコース on auひかりを利用していると、LANケーブルを変えるだけで通信速度が大きく変わる可能性があります。

LANケーブルの形状によってもノイズによる影響の受けやすさが異なり、スタンダードタイプに変えると速度の安定性が高まるかもしれません。 

lanケーブル

MEMO

J:COMの320Mコースを利用している状態でCAT5を使っている場合でも、CAT5e以上に変えると通信速度が改善できることがあります。

LANケーブルについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。細かい点まで知りたい方は、以下の記事もあわせてご参照ください。

光回線のLANケーブルで速度改善?選び方を業界人が教えます!

J:COMの通信速度を改善する最終手段!

speed スピード

どのような方法試しても速度が改善せず、通信障害も起きていないのであれば、回線の品質に問題があるとしか考えられません。回線の品質が原因になると、他の事業者に乗り換える方法が頭をよぎりますよね。

しかし、他の事業者に乗り換える前に試せる方法が3つあります。手間はかかってしまいますが、余裕があるなら以下の方法を試してみるのも悪くありません。

最終手段その1.契約プランのランクを上げてみる

J:COMには、

  • 1Mコース
  • 12Mコース
  • 120Mコース
  • 320Mコース
  • 光1Gコース on auひかり

上記5つのプランがあり、それぞれ最大速度が大きく異なります。下記の表を見ると、同じJ:COMのサービスでもプランごとで速度が大きく違うことがわかります。

J:COM サービスプラン別の最大速度一覧
サービスプラン最大速度
1Mコース下り:最大1Mbps
上り:最大512Kbps
12Mコース下り:最大12Mbps
上り:最大2Mbps
120Mコース下り:最大120Mbps
上り:最大10Mbps
320Mコース下り:最大320Mbps
上り:最大10Mbps
光1Gコース
on auひかり
下り上りともに
最大1Gbps

※プランごとの違いの詳細を知りたい方は、以下の記事もあわせてご参照ください。

J:COMのプラン320M,120M,12M,1M,1Gの違い!速度や評判を徹底分析!

120Mコースを契約している状態で回線が不安定だと感じた場合、

  • 320Mコース
  • 光1Gコース on auひかり

このどちらかにプランを変更すれば問題を解消できる可能性があります。プランを変更する場合、もっともおすすめなのは「光1Gコース on auひかり」です。

光1Gコース on auひかりは名前の通りauひかりの光ファイバーを使うので、J:COMが提供するサービスの中でも回線の安定性に定評があります。

320Mコース以下のプランではノイズを拾いやすい同軸ケーブルを利用するので、光回線と比べるとクオリティは高くありません。

注意

ただ、J:COMでauひかりを利用すると、月額料金が他のプロバイダより高くなってしまいます。

J:COM1Gコース・auひかり 月額料金比較表
サービス月額料金
J:COM 光1Gコース
on auひかり
6,500円
他のプロバイダで
auひかりを契約した
場合
1年目:5,100円
2年目:5,000円
3年目以降:4,900円

契約事業者の乗り換えも視野に入れたほうがいいでしょう。光1Gコースへの変更を検討する際は、他の光回線サービスへの乗り換えも視野に入れておきましょう。

最終手段その2.J:COMに連絡して環境を確認してもらう

長年に渡ってJ:COMを使い続けている場合、回線の環境が劣化して通信が不安定になることがあります。

MEMO

特に、ブースターが劣化したことで通信が不安定になった事例が多いです。

その場合、J:COMに連絡して環境を調べてもらうと症状を改善できることがあります。

自分で対処法を試しても上手くいかないときは、J:COMに直接連絡して環境を見てもらうのも1つの方法です。

最終手段その3.自分で接続方法を変えてみる

かなりの力技ですが、J:COMの接続環境を自分で変えて通信の安定性を高めるという方法もあります。ただ以下の口コミを見るとわかりますが、知識が無いと難しいうえに自己責任になるデメリットがあります。

上記の方法は、「あくまでこんな方法もあるよ」程度に覚えたほうがいいでしょう。

何をやっても通信速度が改善しないときの立ち回り方法

乗り換え

前半で紹介した対処法を行っても症状が改善せず、J:COMに通信環境を確認してもらってもどうしようもない場合。

そのようなときは、まさに「詰んでいる」状態なので、他のインターネット回線に乗り換えるしかありません。ただ、どのインターネット回線に乗り換えてもいいわけではなく、良い回線と悪い回線を見分ける必要があります。

もっともベストな方法は光回線に乗り換えること

何をしてもJ:COMの通信速度が安定しない場合、もっともベストな対処法は光回線に乗り換えることです。ただ光回線ならどの事業者で契約してもいいわけではなく、評価が高いサービスを選ばないといけません。

NURO光

NURO光

ポイント

光回線の中でもっともおすすめな乗り換え先はNURO光です。

NURO光は最大2Gbpsの速度に対応しているので、どのような時間でも優れた回線スピードでインターネットが利用できます。

ソフトバンクのスマホ代が安くなるセット割引もあるので、お得度も申し分ありません。提供エリアが関東・東海・関西に限られていることが、唯一の悔やまれるポイントです。

NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光の口コミ・評判は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auひかり

au home

auひかりはauのスマホ代が割引される光回線というイメージがありますが、回線の安定性にも定評があります。また、関東の戸建てでなら最大速度が1Gbps以上の「auひかりホームV5ギガ」と「auひかりホームX10ギガ」が利用できる点も魅力です。

auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりの口コミ・評判は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンク光

softbank 光

ソフトバンクのスマホ代が割引されるソフトバンク光は、意外と通信速度の安定性が高いと評判です。

SNSでは通信速度が遅いという口コミを目にしますが、光BBユニットをレンタルして接続方式をiPv6にすれば光回線のクオリティをフルに発揮できます。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の口コミ・評判は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモ光

ドコモ光

ドコモ光も通信速度の安定性に定評があるサービスの1つですが、プロバイダを慎重に選ばないと本来の力を発揮できません。

前もって速度が安定するプロバイダを調べる手間が必要ですが、ポイントさえ押さえておけばドコモ光は常に安定したインターネット回線になってくれます。ちなみに、ドコモ光のプロバイダの中では、GMOとくとくBBが高く評価されています。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光の口コミ・評判は以下の記事で解説しているので、興味のある方はこちらもご参照ください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

Wi-Fiルーターも乗り換え先の選択肢

WiMAXやSoftBank AirなどのWi-Fiルーターに乗り換えるのも1つの選択肢です。光回線と比べると通信速度は劣りますが、ホームページや動画を見るぐらいなら問題なく利用できます。

softBank air スピード

※SoftBank Airの実効速度の1例。

注意

ただ、WiMAXには3日間でデータ量を10GB以上消費すると、翌日の夕方から速度が制限されるデメリットがあります。

1人でインターネット回線を使うならWiMAXでも問題ありません。むしろWiMAXの方が料金もかなり安いうえに、高速で通信ができるので積極的におすすめしたいです。詳細は以下の記事をご参照ください。

ネット環境構築方法を知り驚く男家にインターネット環境がない人におすすめしたい接続方法はこれ!

まとめ

J:COMの回線が不安定だと感じたときは、接続機器やデバイスを再起動すると症状が改善できることがあります。契約しているプランを変えてみたり、J:COMの業者に回線環境を確認してもらうのも1つの方法です。

何をやっても症状が改善できないと、他のインターネット回線に乗り換えるしかありません。他社に乗り換えるときは、ここで紹介したような評判が良いサービスを選びましょう。

速度が速く安い質の高い回線は以下の記事でも厳選して紹介しています。これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!