光回線のおすすめ4選

NURO光とソフトバンク光の決定的な違い8つ!どっちがいいか比較!

今のインターネット回線は、スマホとセットにするとお得なサービスが人気を集めています。

ソフトバンク光もスマホとセットで使うとお得なサービスの1つで、絶大な人気を集めています。

ソフトバンク光はソフトバンクユーザーにとって魅力的なサービスですよね。

ですが、通信速度の評価が高いNURO光と比べてどうなのか気になっている人は多いのではないでしょうか?

NURO光には意外なところソフトバンク光との共通点がありますが、基本的な内容は全く異なります。

ただ、NURO光のほうが優れているポイントもあれば、ソフトバンク光のほうが優れているポイントもあります。

よって、人のタイプによってベストなサービスが変わってきます。

そこで、ここではNURO光とソフトバンク光の違い8つを紹介して、どちらのサービスを選んだほうがいいのか解説します。

NURO光とソフトバンク光のどちらを契約するか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

NURO光とソフトバンク光の共通点3つを知ろう!

3

NURO光とソフトバンク光は運営会社が違うので全く別のサービスですが、3つの共通点があります。

料金の安さを重視したい人にとっては意外な共通点も存在します。

共通点その1.ソフトバンクのスマホ代が安くなる

ソフトバンク光を検討する大きな理由は、ソフトバンクのスマホ代が安くなる「おうち割光セット」ではないでしょうか?

実は、「おうち割光セット」はNURO光でも受けることができます。

おうち割光セット

「おうち割光セット」とはソフトバンクのスマホ代が安くなる特典で、最大で1,000円の割引を受けることができます。

おうち割光セット 割引金額

スマホの料金プラン割引金額
データ定額
50GB/20GB/5GB

パケットし放題フラット
for 4G LTE(7GB)

1,000円
データ定額ミニ
2GB/1GB

データ定額
(3Gケータイ)

500円

「おうち割光セット」はソフトバンクのスマホを使っていれば家族の人も受けることができます。

NURO光とソフトバンク光はソフトバンクユーザーにとって最もお得な光回線サービスだと言えます。

おうち割光セットは離れて住む家族も対象

ただ、「おうち割光セット」を受けるにはNURO光ではひかり電話、ソフトバンク光では対象のオプションに加入する必要があります。

共通点その2.新規で契約する場合は導入工事が必要

NURO光とソフトバンク光は、どちらも新規で契約する場合は導入工事を行う必要があるので、ある程度の初期費用が発生します。

ただ、初期費用の金額はNURO光とソフトバンク光で異なるので、後で詳しく解説します。

共通点その3.キャンペーンが豊富

NURO光とソフトバンク光はどちらも新規で契約するときに初期費用が発生します。

しかし、キャンペーンが充実しているので、特典で負担を減らすことができます。

ただ、キャンペーンの内容には違いがあるので、後で初期費用の金額と一緒に紹介します。

NURO光とソフトバンク光の違い8つを知ろう!

8

NURO光とソフトバンク光は、回線のクオリティや料金面、契約する流れに大きな違いがあります。

サービス面のあらゆる違いはNURO光かソフトバンク光のどちらを契約するかを決めるポイントになるので、しっかり把握しておきましょう。

違いその1.通信速度が違う

ソフトバンク光は最大で1Gbpsの通信速度に対応していますが、NURO光はその倍の最大で2Gbpsの通信速度に対応しています。

対応速度はあくまで理論上の最大値でしかありませんが、2倍も違いあると実効速度にも大きな差が出てきます。

ソフトバンク光を利用すると、実効速度は70~100Mbps程になることが多いです。

NURO光は最大2Gbpsの速度に対応しているだけあり、最低でも300Mbps以上の実効速度が出ます。

速いときだと700Mbps以上の数値を叩きだすので、通信速度にこだわりたいならNURO光がベストなサービスだと言えるでしょう。

違いその2.月額料金が違う

NURO光とソフトバンク光は運営会社が異なるので、月額料金に違いが出てきます。

NURO光は戸建てとマンションのどちらで利用する場合も、基本料金が7,124円になります。

ですが2年契約の「NURO光G2V」に加入すれば4,743円になります。

NURO光 月額料金

プラン月額料金
NURO光G2V
(2年契約)
4,743円
NURO光G2
(契約期間無し)
7,124円

マンションで「NURO光forマンション」を使うことができれば月額料金が1,900円から2,500円になります。

ただ、「おうち割光セット」を受けることはできません。

NURO光forマンション 月額料金

加入者数基本料金Hands-
up会費
合計
月額料金
4人1,600円900円2,500円
5人1,600円900円2,500円
6人1,600円900円2,500円
7人1,600円800円2,400円
8人1,600円700円2,300円
9人1,600円600円2,200円
10人以上1,600円300円1,900円

「NURO光forマンション」は契約できるまでのハードルが高いので、「NURO光にはこんなサービスもあるよ~」程度に考えることをおすすめします。

(当サイトの「NURO光forマンションは人が集まらないと工事てできない?詳細を全解説!」で解説しているので、併せて参考にしてください)

ソフトバンク光の月額料金は戸建てで5,200円、マンションで3,800円となっています。

ソフトバンク光 月額料金

住居タイプ月額料金
戸建て5,200円
マンション3,800円

月額料金は戸建てならNURO光、マンションなら「NURO光forマンション」が使えない限りはソフトバンク光が安いといったところです。

と言っても、そこまで大きな差はないので、通信速度を重視してNURO光を選ぶのも悪くありません。

違いその3.サービス提供エリアの広さが大きく違う

日本地図 エリア マップ

NURO光とソフトバンク光には、サービスを提供しているエリアに大きな違いがあります。

NURO光は以下の地域でしか利用することができず、その他のエリアへの提供エリア拡大は未定の状態です。

NURO光サービス提供エリア(2018年3月現在)

地方都道府県
関東東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、
栃木、群馬
東海愛知、静岡、岐阜、三重
関西大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

また、上記のエリアに住んでいても、立地条件や家の構造が原因でNURO光が利用できないことも珍しくありません。

ソフトバンク光はフレッツ光の回線でインターネットを提供しているので、全国的に幅広いエリアでサービスを提供しています。

NURO光とソフトバンク光の提供エリアは下記のページで確認することができるので、自宅でどちらのサービスが利用できるのか調べてみましょう。

NURO光・ソフトバンク光 エリア確認ページ

サービスURL
NURO光https://www.nuro.jp/apply.html
ソフトバンク光

(フレッツ光の
提供エリアと
同じ)

東日本:
https://flets.com/app2/cao/prefselect/index/

西日本:
https://flets-w.com/service/next/area/

違いその4.初期費用の金額が違う

初期費用

ソフトバンク光を利用するには工事をする必要があるので、戸建てとマンションともに24,000円の初期費用が発生します。

ただ、フレッツ光からソフトバンク光に乗り換える場合は工事をする必要がないので、初期費用はほとんどかかりません。

NURO光はどのような形で契約しても工事をする必要があり、初期費用は戸建てとマンションのどちらも40,000円と高額です。

どちらのサービスも工事費用を分割で支払うことはできますが、負担する金額を考えるとソフトバンク光を選んだほうがいいと感じますよね。

違いその5.キャンペーンの内容が違う

しかし、ソフトバンク光とNURO光はどちらもキャンペーンが充実しているので、工事費による実質負担を0にすることができます。

他社のサービスからソフトバンク光へ乗り換えると「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」を適用してもらえます。

それを利用すると、割引やキャッシュバックを受けることで、工事費が実質無料になります。

SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン

新規で契約する場合でも、代理店のキャンペーンサイトで申し込めばキャッシュバックで初期費用の負担を無くすことができます。

ソフトバンク光 代理店のキャンペーンサイト

NURO光の工事費用も、月額料金の割引によって実質無料になります。

NURO光は月額料金がお得

さらに、代理店のキャンペーンサイトで申し込めば、キャッシュバックを貰ってよりお得に契約することができます。

NURO光代理店のキャンペーンサイト

ソフトバンク光とNURO光のどちらもキャンペーンの特典が充実しているので、初期費用を心配する必要はないわけです。

ただ、新規で契約する場合は、キャッシュバックを初期費用に充てる必要がないNURO光のほうがお得ということになります。

違いその6.工事の流れが違う

ソフトバンク光とNURO光の工事は、作業の内容がほとんど同じになっていますが、流れに若干の違いがあります。

まず、ソフトバンク光とNURO光で、それぞれの工事の内容を見てみましょう。

ソフトバンク光を戸建てで利用する場合、電柱から自宅へ光ファイバーを引き込んで、宅内に光コンセントとホームゲームウェイを設置します。

フレッツ光 開通工事レポート 戸建て編

ソフトバンク光をマンションで利用する場合は、予め住居に光ファイバーが引き込まれていることが多いです。

ですので、壁の中から宅内に通信ケーブルを引き込んで光コンセントが設置されます。

フレッツ光 開通工事レポート マンション編

NURO光を戸建てで利用する場合、行われる工事はソフトバンク光とほとんど同じ内容になります。

NURO光戸建て開通の流れ

NURO光をマンションで利用する場合は少し異なり、通信ケーブルの引き込みと光コンセントの設置を行った後に、住居へ光ファイバーを引き込みます。

NURO光マンション開通の流れ

ただ、ソフトバンク光は1日で工事が完了しますが、NURO光では宅内と屋外の作業を別日に行うので2度に渡る工事が必要になります。

工事が完了するまでの手間を考えると、ほとんどの人はソフトバンク光のほうが利用しやすいと感じるのではないでしょうか?

しかし、NURO光は工事の手間がかかる分、どの光回線サービスよりも優れた通信速度を発揮してくれます。

通信速度にこだわるなら、工事の手間を乗り越えてでもNURO光を利用する価値があります。

違いその7.レンタルできる無線LANルーターの種類が違う

ソフトバンク光とNURO光は、どちらもWi-Fiを使うために必要な無線LANルーターをレンタルで利用することができます。

ただ、レンタルできる無線LANルーターの種類が異なります。

ソフトバンク光では、光BBユニットというルーターをレンタルすればWi-Fiが使えるようになります。

光BBユニット

ソフトバンク光の公式サイトでは、光BBユニットの詳細なスペックを公表していません。

ですが、Wi-Fi規格が最新のIEEE802.11acに対応しているので、最大800Mbps程の通信速度に対応していると考えられます。

最大800Mbpsの速度に対応していれば1Gbpsの回線が持つ性能を十分に発揮できるので、通信速度が遅くなることはありません。

NURO光ではホームゲームウェイに無線LANルーターの機能が内蔵されています。

しかし、IEEE802.11acに対応していないうえに、通信速度も450Mbpsまでしか対応していないので実効速度が遅くなってしまいます。

NURO光の通信スペック

NURO光でWi-Fiを利用するなら、なるべく自分でスペックが高い無線LANルーターを用意したほうがいいでしょう。

違いその8.無線LANルーターのレンタル料金が違う

ソフトバンク光で光BBユニットをレンタルするには月額467円が必要になります。

しかしその料金は「おうち割光セット」を受けるために加入が必須のオプションパックに含まれています。

つまり、「おうち割光セット」を受けるなら、光BBユニットのレンタル料金は気にする必要がないわけです。

おうち割光セットのオプション

NURO光のホームゲートウェイで無線LANルーター機能を使う場合、月額料金はかかりませんが、先ほど説明した通りスペックに不安があります。

と言っても、NURO光の回線を活かす無線LANルーターを用意するには、5,000円から10,000円程の費用が必要になります。

Wi-Fi環境の導入しやすさでは、ソフトバンク光に分があると言えるでしょう。

NURO光とソフトバンク光ならどっちがいい?様々な状況を仮定して解説!

NURO光にはWi-Fi環境を作るために費用がかかるデメリットがありますが、通信速度はソフトバンク光よりも優れています。

しかし、本当にNURO光の通信速度が必要なのかは人によって異なります。

状況だけでなく自分のタイプも考えて契約するサービスを選ばなければいけません。

あらゆる状況を仮定しながら、NURO光とソフトバンク光のどちらを契約したほうがいいのか考えてみましょう。

状況その1.新規で回線を契約するなら、ソフトバンク光かNURO光のどっちがいい?

新規

新規で契約する場合、ソフトバンク光は1日で工事が完了しますが、NURO光は2回に渡って工事をしなければいけません。

通信速度にこだわるなら、2度の工事を乗り越えてでもNURO光を選んだほうがいいですが、料金の安さにこだわるなら話は変わってきます。

特に、インターネットを使う用途がウェブサイトの閲覧や動画視聴に限られると、NURO光ほどの通信速度は必要ないので注意しなければいけません。

戸建てで利用するならNURO光のほうが月額料金は安いですが、マンションだとソフトバンク光のほうがお得です。

NURO光・ソフトバンク光 月額料金比較表

サービス戸建てマンション
NURO光4,743円4,743円
ソフトバンク光5,200円3,800円

マンションタイプでも「NURO光forマンション」が利用できればソフトバンク光より月額料金が安くなります。

ただ従来のNURO光と比べると契約するまでのハードルが高いので現実的とは言えません。

  • 通信速度の速さを重視→利用料金や工事の手間を度外視してNURO光を選択
  • 料金の安さを重視→住居タイプに合わせて料金が安いサービスを契約

というチョイスがおすすめです。

状況その2.NURO光からソフトバンク光へ乗り換えるのはアリなのか?

nuro光→ソフトバンク光

通信速度のクオリティで考えると、最大2GbpsのNURO光から最大1Gbpsのソフトバンク光へ乗り換えることはおすすめできません。

ただ、マンションに住んでいる場合、先ほど説明したようにソフトバンク光のほうが月額料金が安いです。

コストを削減することが目的なら検討する価値があります。

ソフトバンク光へ乗り換えるときも回線の導入工事が必要になりますが、先ほど紹介したキャンペーンが適用されるので負担はほとんどありません。

さらに、ソフトバンク光は他社の違約金を10万円まで負担してくれるので、NURO光を解約する際の負担も無くなります。

状況その3.ソフトバンク光からNURO光へ乗り換えるのはアリなのか?

ソフトバンク光→nuro光

ソフトバンク光の通信速度に不満があるなら、NURO光で問題が解決できるので1日でも早く乗り換えたほうがいいでしょう。

通信速度に不満がないのなら、月額料金の値段を比較してからNURO光へ乗り換えるべきか判断してください。

戸建てに住んでいればNURO光へ乗り換えると月額料金が安くなります。

しかしマンションに住んでいる場合は「NURO光forマンション」が利用できない限り毎月のコストが高くなってしまいます。

もし、ソフトバンク光からNURO光に乗り換える場合は工事が必要になりますが、先ほど紹介したキャンペーンが適用されるので費用はかかりません。

代理店のキャンペーンサイトで申し込めば、キャッシュバックも貰ってソフトバンク光を解約したときの違約金に充てることができます。

まとめ

NURO光とソフトバンク光のどちらかを契約するべきかは、人それぞれ重視するポイントによって変わるので、一言で結論付けることができません。

そこで、あらゆる要素で簡単に比較できるように、わかりやすい表を作成しました。

NURO光・ソフトバンク光 簡易比較表

重視する
ポイント
NURO光ソフトバンク光
通信速度×
月額料金戸建てなら○

マンションは×

(NURO光
forマンションが
利用できる
場合は○)

戸建てなら×

マンションは○

(NURO光
forマンションが
利用できる
場合は×)

工事費用
の安さ
どちらも○
(キャンペーンで実質無料)
キャンペーン
特典の充実度
どちらも○
(キャンペーンサイトで申し込めば◎)

通信速度で選ぶなら断然NURO光ですが、料金の安さを求めるなら住居タイプによってベストなサービスが異なります。

  • 戸建てならNURO光
  • マンションならソフトバンク光

という選択が基本ですが、「NURO光forマンション」が利用できるならマンションでもNURO光を選んだほうがいいです。

工事費用の金額は大きく異なりますが、どちらもキャンペーンを適用できれば実質負担が0になるので、気にする必要はありません。

代理店によるキャンペーン窓口も充実しているので、お得度も互角です。

つまり、

  • 通信速度を重視するならNURO光
  • 月額料金の安さを重視するなら、住居タイプで変わる

ということになります。

  • 自分がインターネット回線に何を求めているのか
  • 戸建てとマンションのどちらに住んでいるのか

をポイントにして、NURO光とソフトバンク光のどちらを契約するか検討してくださいね。