光回線のおすすめ4選

NURO光は不安定な回線なのか?体験者の意見をもとに実態を解説!

NURO光は、他の光回線サービスでは実現できなかった最大2Gbpsの通信速度に対応しています。

これだけの速度に対応しているだけあって、実効速度の安定性にも定評があります。

しかし、中には通信速度が安定しないという口コミも寄せられています。

良い評判の口コミが多いNURO光ですが、ネガティブな口コミを1つでも見ると契約して大丈夫なのか不安になるでしょう。

NURO光を利用して通信速度が安定しないという口コミには、ある1つの共通点があります。

この共通点から原因を探れば、NURO光の通信速度を安定させる方法が見えてきます。

ここでは、NURO光の回線の安定性について詳しく解説します。

NURO光を契約して大丈夫なのか疑問に思っている人は、参考にしてくださいね。

NURO光は不安定な回線なのか?実態を解説!

不安定

NURO光は他社が扱っていない伝送技術を採用しているので、とても安定度が高い光回線サービスだと言えます。

担当プロバイダも信頼できるところなので、不安定になることはないと思っていいでしょう。

NURO光は最新技術の導入で最大2Gbpsを実現している

NURO光が最大2Gbpsの通信速度に対応している理由は、GPONという伝送規格にあります。

NURO 光 下り最大2Gbpsのテクノロジー

GPONとは、従来の光回線サービスよりもデータを伝送する効率を向上させたものです。

他社の光回線サービスの通信速度が最大1Gbpsである理由は、このGPONに対応していないからです。

通信速度が最大2Gbpsになればどのような用途でも快適

他社の光回線は最大1Gbpsの速度に対応していると言っても、事業者によって通信速度に違いがありました。

光回線はどれだけ対応速度が優れていても、プロバイダのサーバーの性能で回線スピードが左右されるからです。

たとえば、最大1Gbpsのフレッツ光を導入していても、プロバイダが提供するサーバーのクオリティが低いと速度が著しく落ちてしまいます。

NURO光では最大2Gbpsの光回線とプロバイダがセットになっていて、プロバイダはSo-netが担当します。

So-netは古くからNTTのネット回線のプロバイダサービスを行っているので、信頼度は高いと思っていいでしょう。

回線そのものも2Gbpsに対応しているので、ウェブサイトの閲覧や動画視聴はもちろん、オンラインゲームまで難なくこなすことができます。

NURO光は不安定なのか体験者の意見は?口コミから分析!

SNSアプリ

NURO光が提供する光回線は、多くの利用者から通信速度が安定していると評価されています。

中には思ったほどの通信速度が出ないという声もありますが、回線スピードが安定しないときの状況は限られています。

NURO光は利用者からの評価が高い

NURO光は実効速度も400Mbps以上と高速なので、多くの人から好評価を集めています。

これだけの実効速度がでれば、どのような用途でもネットを快適に使えることには間違いありません。



良いときだと1Gbpsに近い実効速度が出るので、ネットが使いづらいと感じることはないと思っていいでしょう。

中には期待通りの速度が出ないという声も

しかし、中には期待していたほどの通信速度が出ないという事例もあります。



最大2GbpsのNURO光を契約したのに実効速度が100Mbps程になると、期待外れだと思ってしまいますよね。

しかし、実効速度が100Mbps程という口コミをよく見てみると、1つの共通点があることがわかります。

その共通点とは「Wi-Fi接続での計測速度」ということです。

いくら対応速度が優れているNURO光でも、Wi-Fiで利用するときは通信速度が安定しないことがあります。

この原因を知れば、NURO光は不安定な回線にはなりません。

NURO光が不安定になっている原因を知ろう!原因は無線LANルーターにあり?

ルーター

NURO光の回線を利用して通信速度が不安定だと感じるときは、Wi-Fiで接続しているときに限られます。

Wi-Fiを接続して通信速度が安定しない原因を知っておけば、NURO光はクオリティが高い光回線ということがわかるでしょう。

ONUのWi-Fi接続機能が原因の可能性が高い

NURO光の通信速度が不安定と感じる人のほとんどは、Wi-Fiを接続していることがほとんどです。

NURO光を契約すると、Wi-Fi接続が利用できるONUを無料で貸し出してくれます。

このONUのWi-Fi接続機能を使えば無線LANルーターを用意する必要がないので、一見お得なように見えます。

しかし、ONUのWi-Fi接続機能は、NURO光の高速回線をフルに活かせるものではありません。

ONUが対応している通信速度は最大で450Mbpsだからです。

この仕様はNURO光の公式ホームページで公表されています。

NURO 光 の料金プラン詳細

最大2GbpsのNURO光回線で最大450MbpsのWi-Fi接続機器を使うのは、どう考えても不釣り合いです。

NURO光でWi-Fiを使うときは無線LANルーターを用意したほうがいい

NURO光で快適にWi-Fiを使うには、最大2Gbpsの回線に見合った無線LANルーターを自分で購入しなければいけません。

と言っても、市販の無線LANルーターには様々な種類があるので、どれを選べばいいかわからない人は多いでしょう。

無線LANルーターを選ぶときは、

  • 対応速度
  • Wi-Fiの規格

この2つの基準があります。

結論から先に言うと、通信速度が最大866Mbps以上で、Wi-Fiの規格が「IEEE802.11ac」に対応しているものがベストです。

これだけのスペックがあれば、十分快適にWi-Fiを使うことができます。

Buffaloの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」

※Buffaloの無線LANルーター「WSR-1166DHP3」。

これなら4,000~5,000円程で購入することができます。

「NURO光通信速度が最大866Mbpsのもので大丈夫なの?」

そう思う人は少なくないでしょう。

確かに、他の無線LANルーターには最大1,733Mbpsの速度に対応した機種があります。

対応速度が最も優れた機種を選んだほうが、NURO光の高速回線に見合っていると感じますよね。

しかし、ただ単に対応速度が優れた無線LANルーターを購入しても、現状では費用の無駄にしかなりません。

Wi-Fiに接続するスマホやタブレットなどのデバイスは、高性能な機種でも対応速度が800Mbps程度だからです。

どれだけ性能が良い無線LANルーターを用意しても、デバイス側の対応速度も追いついていなければ意味がありません。

無線LANルーターを購入するときは、通信速度が最大866Mbpsのものであれば十分と思ってください。

対応しているWi-Fiの規格(無線LAN規格)も重要です。

Wi-Fiの規格には様々な種類がありますが、その中でも「IEEE802.11ac」が最も優れた通信速度を発揮してくれます。

「11ac」とは

NURO光が無料で貸し出しているONUは、「IEEE802.11ac」に対応していません。

これが対応しているかどうかで、通信速度は大きく左右されます。

無線LANルーターを購入するときは、必ず「IEEE802.11ac」に対応した機種を選ぶようにしましょう。

Wi-Fiに接続するデバイス側に原因があることも

どれだけ性能が良い無線LANルーターを用意しても、Wi-Fi接続を利用するデバイス側が古い機種だと通信速度が安定しないことがあります。

スマホやタブレットなどのデバイスは、あまりにも古い機種になると対応速度が遅いからです。

デバイス側にも対応している速度やWi-Fiの規格に違いがあるので、自分が使っているスマホなどのスペックを確認してみるといいでしょう。

また、スマホやタブレットも「IEEE802.11ac」に対応しているかが、通信速度を安定させるポイントになります。

通信障害で速度が不安定になることもある

あまり多くはない事例ですが、NURO光は通信障害によって速度が不安定になることがあります。



どれほど性能が良い無線LANルーターやデバイスを利用していても、通信障害が原因になるとどうしようもありません。

通信障害が発生したときは、問題を解消してくれるのを待ちましょう。

なお、通信障害の発生情報はSo-netのホームページで確認することができます。

NURO 光 の障害情報

NURO光は契約しても大丈夫なのか?注意点をまとめて解説!

NURO光は業界の中でも特に優れた光回線サービスなので、通信速度が不安定になる可能性は極めて低くなっています。

しかし、Wi-Fiを利用するときは、通信速度が安定しない原因を招くことがあります。

NURO光を申し込む前に、最大2Gbpsの回線を活かすポイントを知っておきましょう。

Wi-Fiで使うときは無線LANルーターの購入が必須

NURO光は最大2Gbpsの高速回線ですが、無料で提供されるONUのWi-Fi機能は最大で450Mbpsまでの速度にしか対応していません。

そのため、NURO光でWi-Fiを使うには、市販の無線LANルーターを購入する必要があります。

ONUのWi-Fi機能でも十分ネットは利用できますが、通信速度のこだわりが強い人だとストレスに感じる可能性があります。

NURO光を契約するときは、なるべく市販の無線LANルーターを購入したほうがいいでしょう。

有線接続でもLANケーブルの種類に注意すべし

LANケーブル

有線接続はWi-Fiよりも通信速度が安定するので、ネットを使うときにストレスを感じることはほとんどありません。

しかし、有線接続で利用するLANケーブルにもいくつかの種類があります。

LANケーブルの種類によっては、通信速度が安定しない恐れがあります。

よほどスペックが低いLANケーブルではない限り通信速度が不安定になることはありませんが、念のために種類で影響されることは知っておいたほうがいいでしょう。

LANケーブルの種類については当サイトの「光回線のLANケーブルで速度改善?選び方を業界人が教えます!」で解説しているので、併せて参考にしてくださいね。

まとめ

NURO光は最大で2Gbpsの通信速度に対応した高速回線なので、安定性はとても高くなっています。

しかし、Wi-Fi接続を利用するときは、話が変わってきます。

NURO光が無料でレンタル提供してくれるONUのWi-Fi機能は、最大で450Mbpsの速度までしか対応していません。

ONUでWi-Fi接続を利用すると、通信速度が不安定だと感じる恐れがあります。

そのため、NURO光の回線でWi-Fi接続をするときは、市販の高性能な無線LANルーターを利用したほうがいいでしょう。

有線接続もLANケーブルの種類で速度の安定性が左右されることがあるので、意識しておきましょう。