光回線のおすすめ4選

eo光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します

光回線サービスの選択肢は、NTTのフレッツ光だけではありません。電力会社による光回線サービスも、魅力的な選択肢と言えます。

関西電力が提供するeo光は、長い間に渡ってフレッツ光の対抗馬として人気を集めています。eo光の魅力はフレッツ光よりも安い月額料金にありますが、通信速度の速さにも定評があります。

Twitterで口コミを見ると、eo光の通信速度がどれだけ優れているのかがわかるでしょう。ただ、関西の光回線市場は変化しつつあるので、他の光回線サービスと比較することも忘れてはいけません。

ここでは、eo光の回線速度の実態について詳しく解説します。eo光を利用するか考えている人は、参考にしてください。

eo光は公式速度と実効速度のどちらも高速

ネットのスピード

eo光は関西電力が提供する光回線サービスです。利用する光ファイバーはフレッツ光と別の種類になるので、初めて契約する人は通信速度が安定するのか疑問に思いがちです。

しかし、eo光の対応速度はとても高速で、実効速度も高く評価されています。

eo光の対応速度は最大1Gbpsと最大100Mbpsのどちらかを選択できる

現在の光回線サービスの対応速度は、ほとんどが最大1Gbpsとなっています。

eo光のサービスには「1Gコース」と「100M」コースがあって、名前の通り対応速度は「1Gコース」で最大1Gbps、「100Mコース」で最大100Mbpsになります。

それぞれで対応速度が大きく違うので月額料金も違うように見えますが、実際の金額にはそこまで違いはありません。

eo光 コース別月額料金
コース利用開始月~
12ヶ月目
13ヶ月目以降
1Gコース2,953円4,953円
100Mコース4,667円

むしろ、契約してから1年間は「1Gコース」のほうがお得になります。eo光は「1Gコース」を契約することが基本で、対応速度が最大1Gbpsと考えるべきでしょう。

しかし、この数字はあくまで規格上の最大値を表しているにすぎません。実際に出る通信速度は、1Gbpsを下回ることがほとんどなので、光回線サービスを比較するときは実効速度がポイントになります。

eo光は実効速度も優れている

インターネット回線の実効速度は、利用するサービスによってさまざまです。

評判が良いサービスでは安定した速度ができますが、評判が悪いサービスを契約するとネットが使えなくなるほど実効速度が遅くなります。

eo光は多くの利用者から実効速度が安定していると評価されています。実効速度の数値は利用者によってさまざまですが最低でも50Mbps、良いときで100Mbps以上は出ます。

利用者から寄せられた口コミは、後ほど詳しく紹介します。

eo光の夜の通信速度

夜の住宅

eo光の口コミ評判を見ると、夜の通信速度が遅いという声を見ることがあります。このような声を見ると不安になりますが、事例の数は少ないので速度が低下する可能性は低いと言えます。

eo光にまつわる口コミ評判の中には、夜になると下り速度が1Mbpsほどになったという声があります。

下り速度が1MbpsになるとYouTubeなどの動画視聴どころか、ホームページを見るときも大きなストレスを感じてしまいます。

しかし、このような事例はそこまで多くありません。通信速度が遅い状況に出くわしても、サポート窓口に連絡すれば早急に対応してくれます。

eo光はサポートの対応にも定評があるので、万が一速度が遅くなっても早めに問題を解決してくれるでしょう。

eo光のマンションタイプの速度

eo光の対応速度は最大1Gbpsであることが基本です。しかし、マンションタイプは通信方式によって対応速度が違います。契約する前に、方式別の違いを知っておきましょう。

戸建てでeo光を使う場合は、電柱から自宅へ1本の光ファイバーを引き込でネット接続を行います。

eo光を戸建てで引く場合の外壁から引き込む工事

マンションでは予めeo光の光ファイバーが1本引き込まれていて、これを全戸で共有できるように分配しています。

eo光をマンションにひく場合

マンションタイプでは、光ファイバーの通信を分配する方式によって対応速度が変わります。

光ファイバーの通信を分配する方式には、

  • 光回線方式
  • イーサネット方式
  • VDSL方式

この3種類があります。光回線方式は光ファイバーと同じ品質のケーブルで通信を分配するので、対応速度は変わりません。

イーサネット方式はLANケーブルで、VDSL方式は電話線で通信を分配するので、対応速度が100Mbpsになります。マンションタイプは対応速度が違うことで実効速度が大きく変わる可能性があります。

しかし、eo光は対応速度が100Mbpsになっても快適と評判なので、そこまで大きな問題にはなりません。

eo光の通信速度にまつわる評判

電力会社が提供する光回線サービス(以下、電力系光回線)は、どの地域も通信速度に定評があります。これはeo光も例外ではありません。eo光を契約した多くの人からは、「実効速度が速くて快適」という口コミが寄せられています。

eo光の実効速度はおおむね安定しているので評価が高い

Twitterでeo光にまつわる口コミ評判を見ると、通信速度が優れていることがわかります。通信速度は利用者によってさまざまですが最低でも50Mbps、地域によっては100Mbps以上の下り速度が出ることがほとんどです。

万が一通信速度が遅いときでも、eo光の多機能ルーターを活用して問題を解消することができます。

eo光の多機能ルーターは無料でレンタルすることができるので、通信速度にこだわりたい人は活用することをおすすめします。

eo光の多機能ルーターの魅力

ちなみに、追加で96円の月額料金を支払えばWi-Fiも利用できるので、無線LANルーターを用意する必要もなくなります。

eo光を他社の人気光回線と比較

他の光回線サービスの通信速度は、公式上ではeo光とほとんど変わりません。しかし、実効速度は光回線サービスによって違います。なかにはeo光よりも有力な選択肢になるかもしれないサービスもあるので、しっかり比較しておきましょう。

eo光の公式速度は他の光回線サービスと変わらない

eo光の対応速度は最大1Gbpsが基本で、一部のマンションでは最大100Mbpsとなっています。フレッツ光をはじめとした他の光回線サービスでも、ほとんどはeo光と同じ仕様になっています。

唯一、NURO光が下りの対応速度で飛び抜けています。

eo光 他社光回線との公式速度比較
回線通信速度
電力系回線(eo光含む)上り下りともに最大1Gbps
フレッツ光上り下りともに最大1Gbps
NURO光上りは最大1Gbps、下りは最大2Gbps
光コラボ上り下りともに最大1Gbps

ただ、これは前半でも説明したように、理論上での最大値でしかありません。実際に出る通信速度は、光回線サービスによって大きく異なります。

光回線サービスの通信速度を比較するときは、Twitterの口コミをもとに実効速度を知る必要があります。

フレッツ光の通信速度はプロバイダによって落差がある

eo光は回線とプロバイダが一体型のサービスですが、フレッツ光は回線とは別途でプロバイダの契約が必要なサービスです。

フレッツ光の通信速度は、契約するプロバイダによって左右されます。利用者からの口コミを見ると、プロバイダによって実効速度が違うことがわかるでしょう。

フレッツ光は、プロバイダが提供するサーバーの性能によって通信速度が変わります。評判が良いプロバイダを契約すれば快適にネットを使うことができます。

しかし、評判が悪いプロバイダを契約してしまうとネットを気持ちよく使うことができません。そのため、フレッツ光を契約するときはプロバイダ選びを慎重にする必要があります。

eo光はプロバイダを契約する必要がなく通信速度が安定するので、申し込むときの手間がフレッツ光よりも少ないと言えます。

光コラボはサービスによって通信速度の違いが大きい

光コラボレーション(以下、光コラボ)は、NTT以外の事業者がフレッツ光の回線を提供するサービスです。NTTでフレッツ光を契約するときはプロバイダを別で契約する必要がありましたが、光コラボは回線とプロバイダがセットになっています。

光コラボは最大1Gbpsのフレッツ光回線を利用しますが、実効速度はどのサービスも同じわけではありません。光コラボの実効速度は、サービスによって大きく違いいます。

光コラボは回線とプロバイダがセット契約になっていて、利用するプロバイダが指定されています。

フレッツ光の通信速度がプロバイダによって違うのと同じように、光コラボの通信速度も指定されたプロバイダによって異なるわけですね。

光コラボを契約するときも、評判の良し悪しでサービスを選ばなければいけません。

光コラボの中でも特にソフトバンク光はiPv6も使えるうえに、キャンペーンも充実していて速度も速くおすすめです。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光の詳細は以下の記事で解説しているので、こちらもあわせてご参照ください。

ソフトバンク光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

NURO光は評判も良く料金も安い

eo光と同じく関西で使えるNURO光は対応の下り速度が最大2Gbpsということもあり、実効速度もとても速く人気が高いです。

上記の通り実効速度の数値はeo光の何倍も高いものになっています。NURO光は月額料金も安くて、eo光より劣っている点は一つもありません。

ですのでNURO光はかなりおすすめの回線です。NURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光について詳しく知りたい方は、以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

eo光は契約しても大丈夫なのか?

eo光は通信速度の安定性があることで評価が高く、関西を代表する人気の光回線サービスになりました。現在も評価が高いことは変わらないので、eo光安心して契約できるサービスだと言えます。

しかし関西に新しいサービスが参入したので、ベストな選択肢は最近になって変わりました。

eo光の通信速度は評価が高いから安心できる

OKサインをする女性

eo光は以前からフレッツ光のライバルとして存在感があるサービスで、多くの人から高く評価されていました。

今も下り速度が50Mbps以上出るので、快適にネットが使える光回線サービスであることには違いありません。

また、フレッツ光のようにプロバイダを選ぶ必要がないので、契約するときの手間がない点も魅力です。ただeo光の他にも通信速度の評判が高いサービスはあります。

NURO光が速度が速く料金も安くてもっともおすすめ

NURO光は最近関西で利用できるようになり、さらにエリアを広げている回線です。NURO光は最大2Gbpsの下り速度に対応していて、関東では数百Mbpsの実効速度が出ると評判です。

eo光は関西で通信速度が速いことで人気を集めていました。しかし、NURO光はその何倍も性能が優れているので、eo光がベストな選択とは言えなくなってくるでしょう。

あとはプロバイダを選ばなくても済むので面倒なことも必要ありません。NURO光が気になる方は、NURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからご覧になれます。)

NURO光についてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事で解説をしているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ただNURO光の唯一の欠点はエリアの広さ。以下の都道府県でしか使えません。

地域名都道府県名
関東16東京、神奈川、埼玉、千葉、
茨城、栃木、群馬
東海4愛知、静岡、岐阜、三重
関西23大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良

ですのでNURO光のエリア外の人は別の回線を契約せざるを得ません。

NURO光以外で速度の安定性の評価が高いのは以下の3つの回線です。

  • auひかり
  • ソフトバンク光
  • ドコモ光

この3つの回線なら安心して契約できます。この3つのうちどれを選ぶかは、自分の契約しているスマホのキャリアにあわせるとお得です。

auのスマホユーザーなら割引があるauひかりをおすすめできます。auひかりが気になる方はauひかりの公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

auひかりについては以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

auひかりの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ソフトバンクのスマホを契約しているならソフトバンク光では割引がきくのでお得です。ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

同様にドコモで契約している方はドコモ光で割引があるのでおすすめです。ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!