光回線のおすすめ4選

固定電話なしでインターネット/Wi-Fiをする方法!最安の方法も解説!

インターネット回線はもともと電話線を使ってサービスの提供が開始されて歴史があるので、契約すると固定電話も使わなければいけないのかと疑問に思われがちです。

しかし、現在のインターネット回線はひかり回線と切り離してサービスを提供しているので、必ずしも固定電話が必要になるわけではありません。

固定電話のサービスがもとからないインターネット回線サービスもあるので、ネット回線だけ契約したい人への風通しは良くなっています。

 

ここでは、固定電話に加入せずにインターネット/Wi-Fiを使う方法を紹介しています。

今から紹介するインターネット回線の仕組みを見れば、固定電話が必要ない人でも気軽に契約できることがわかるので、是非とも参考にしてください。

固定電話なしでインターネット/Wi-Fiは使えるのかを知ろう!

インターネット回線を契約する際は、基本的にどの事業者で申し込んでも固定電話を利用する必要がありません。

インターネット回線の仕組みをもとに、固定電話を利用する必要がない理由を見てみましょう。

 

インターネット/Wi-Fiは固定電話なしでも利用できる

固定電話はインターネット回線を契約すると必ず使わされるわけではありません。

固定電話はインターネット回線の事業者が提供するオプションサービスにしか過ぎないからです。

 

ほとんどのインターネット回線事業者は、固定電話を月額500円ほどのオプションサービスとして提供しています。

 

インターネット回線を契約する際に自分で加入の申告をしない限り、固定電話のサービスは提供されません。

つまり、インターネット回線を契約する際は、オプションに加入しなければ固定電話を使う必要がなくなるわけです。

 

固定電話の電話オプションサービスがないインターネット回線もある

例えば、モバイル回線を利用するモバイルWi-Fiルーターは、インターネット回線しか提供していないので固定電話に加入する必要がありません。

(固定電話に加入したい場合でも、サービス自体がないので利用できません)

 

WiMAXはY!mobileのモバイルWi-Fiルーターを契約する人は、固定電話を利用させられないか不安に思う必要がありません。

ソフトバンクが提供する自宅専用Wi-Fiルーターのソフトバンクエアーにも固定電話のオプションサービスがないので、何も気にせずにインターネット回線だけを契約できます。

 

固定電話なしでインターネット/Wi-Fiを契約するデメリットを知ろう!

固定電話に加入せずにインターネット回線を契約すると通信費が安くなります。

しかし、固定電話に加入せずにインターネット回線を契約して、思わぬデメリットを被る可能性もあります。

インターネット回線を契約する前に、固定電話に加入しないと受けるデメリットを知っておきましょう。

 

セット割引が受けられない可能性がある

携帯電話キャリアが提供する光回線サービスは、自社の携帯電話ユーザーに向けて月々のスマホ台が安くなるセット割引を用意しています。

例えば、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を、auユーザーがauひかりを契約すると、毎月支払うスマホ代が割引されます。

 

今やセット割引でスマホ代が安くなる光回線サービスを選ぶ風潮が強くなりましたが、セット割引を用意している事業者のほとんどは、固定電話に加入した人にしか特典を適用していません。

セット割引を受けてスマホ代を安くするには、基本的に固定電話の加入しなければいけないわけです。

(ソフトバンク光ではひかり電話を含んだ月額500円のオプションパックに加入しなければいけません)

 

といっても、セット割引を受けるために固定電話に加入する行動が必ずしも正しいとは限りません。

セット割引で受けられる還元額によって、固定電話に加入する必要性が変わるからです。

固定電話の月額料金が500円になり、毎月受けられるセット割引の還元額が500円になるとプラマイゼロなので、わざわざ固定電話に加入する意味がありません。

還元額が500円を上回れば、固定電話に加入してでもセット割引を適用させる価値があります。

セット割引を目当てにして光回線を契約する場合、申し込む前にセット割引の還元額から固定電話の月額料金を差し引いて得になるかを確認しておきましょう。

 

ただ、ドコモ光は例外で、固定電話に加入しなくてもセット割引が受けられます。

ドコモユーザーがドコモ光を契約する場合を除いて、セット割引を受けられる光回線サービスを契約する際は固定電話オプションへの加入が必須になるので注意しましょう。

 

契約時にもらえるキャッシュバック特典が減額される

キャンペーンを実施している窓口で光回線サービスを申し込めば、高額なキャッシュバック特典を受け取れます。

しかし、固定電話に加入しないと、キャッシュバックのボリュームが減ってしまう恐れがあるの注意しなければいけません。

 

代理店のオンライン窓口で光回線サービスを契約する場合、固定電話に加入しないとキャッシュバックが5,000円以上減ることがあります。

他の窓口では、固定電話に加入しないとキャッシュバック自体がもらえないこともあります。

 

※最もお得度が高い代理店で契約しても、固定電話に加入しないとキャッシュバックが5,000円から7,000円減額されます。

 

ただ、ひかり電話に加入しなくてもキャッシュバックの金額が変わらない申し込み窓口も存在しています。

固定電話に加入せずに光回線サービスを申し込む際は、ネット回線だけ契約して高額キャッシュバックがもらえる窓口を選びましょう。

 

無線LANルーターのレンタルが有料になる恐れがある

多くの光回線サービスは固定電話オプションの利用者に向けて無線LANルーターを無料で貸し出していますが、固定電話に加入しないと毎月数百円を支払わなければ無線LANルーターを貸してくれません。

といっても、無線LANルーターを無料で借りるために使いもしない固定電話オプションに加入すると、普通にレンタルするよりもコストが高くなる可能性があります。

 

家電量販店やAmazonで購入した無線LANルーターを使うなら問題ありませんが、契約する事業者から無線LANルーターを借りようと考えている人は念の為に覚えておきましょう。

 

ちなみに、NURO光だけは例外で、固定電話オプションに加入しなくても無線LAN機能が内蔵されているONUを無料で貸してくれます。

固定電話なしでインターネット/Wi-Fi環境を作る方法を知ろう!

インターネットやWi-Fi環境の導入は、固定電話に加入しなくても簡単に行えます。

方法を知れば、インターネット回線のみの契約手続きが簡単だと感じるはずです。

 

光回線を申し込む際はひかり電話に加入しなければOK

光回線サービスを申し込む場合、手続きの際にひかり電話やIP電話などの加入を申告しなければネット回線だけを契約できます。

 

オンライン窓口で申し込む際も、ひかり電話やIP電話の項目にチェックを入れなければ大丈夫です。

 

オンラインで申し込む際は、誤操作で固定電話のオプションサービスの項目にチェックを入れてしまい恐れがあるので気をつけてください。

 

光回線サービスを契約してWi-Fiを使う際は無線LANルーターが必要

光回線サービスを契約してWi-Fiを使うには、自宅に無線LANルーターを設置しなければいけません。

 

無線LANルーターは契約した回線の事業者からレンタルするか、家電量販店やAmazonで購入して設置できます。

先ほども説明しましたが、固定電話に加入しない場合、回線の事業者から無線LANルーターをレンタルすると月額で料金がかかり続けててしまいます。

なので、固定電話に加入しない人は、導入するときだけコストを負担する家電量販店やAmazonで購入する方法を選びましょう。

家電量販店やAmazonでは4,000円代から無線LANルーターを買えるので、回線の事業者から借りて利用料金を払い続けるよりお得です。

 

ポケットWi-Fiとソフトバンクエアーも普通に契約するだけ

先ほども説明しましたが、モバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーには固定電話のオプションが無いので、普通に契約すればインターネット回線だけを利用できます。

また、モバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーは本体がWi-Fiを飛ばしてくれるので、光回線と違って別で無線LANルーターを用意する必要がありません。

 

最安でインターネット/Wi-Fi環境を作る方法を紹介します!

固定電話に加入するつまりがなく、ネットサーフィンをするために回線を導入するのなら、低いコストでインターネット環境を構築できます。

固定電話に加入しなければ通信費が安くならない光回線も、初期費用を安くするは方法あります。

 

セット割引が受けられるサービスを選べば月額コストが安くなる

固定電話に加入したくない人には、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーがおすすめです。

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーは、固定電話に加入しなくてもセット割引が受けられるサービスだからです。

WiMAXではauスマートバリューmineでauのスマホ代が、ソフトバンクエアーはおうち割光セットでソフトバンクのスマホ代が安くなります。

固定電話を加入せずにお得にインターネットを使いのであれば、WiMAXかソフトバンクエアーが最有力候補と言えるでしょう。

 

さらに、代理店のキャンペーンサイトで申し込めば高額なキャッシュバックまでもらえるので、固定電話なしでお得にインターネットを使うたい人は必見です。

 

ただ、モバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーは、オンラインゲームで利用すると遅延が発生しやすいデメリットを抱えています。

ウェブサイトや動画ばかり見るなら問題ありませんが、オンラインゲームで遊びたい人は光回線を契約したほうがいいでしょう。

 

光回線を契約する場合はキャンペーンが受けられるサービスを選ぼう!

固定回線なしで光回線を契約する場合、ドコモ光を申し込まない限りセット割引が受けられないので、モバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーを利用するよりも月額料金が高くなる可能性が高いです。

ただ、初期費用を安くする方法はあります。

 

光回線を契約する際は工事をしてもらう必要があるので、安くても15,000円、高い場合だと30,000円以上の初期費用がかかります。

しかし、キャンペーンを実施している光回線サービスを選び、キャッシュバックがもらえる代理店で申し込めば工事費を負担する必要がありません。

 

オンラインゲームをしたいなどの理由で光回線を導入せざるを得ない人は、キャンペーンを駆使して初期費用だけでも安くしましょう。

 

まとめ

光回線でサービスを提供している事業者のほとんどは固定電話をオプションサービスの扱いにしているので、ネット回線だけを契約できます。

モバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーには、もともと固定電話のオプションサービスがないので、普通に契約しただけでネット回線だけを利用する環境にできます。

 

ただ、光回線は固定電話に加入しなければセット割引が受けられない可能性が高いので、ネット回線だけ契約すると通信費が高くつくかもしれません。

光回線を契約する場合、セット割引を適用して大幅に通信費が安くできるなら固定電話に加入しましょう。