光回線のおすすめ4選

ソフトバンクFONルーターとは?速度は遅いか評判はどうか全て解説!

ソフトバンクは固定回線ユーザー向けにWi-Fi環境を作れるFONルーターを販売しています。

 

すでに固定回線を引いている人がFONルーターを使えば簡単にWi-Fi環境を作れます。しかし、性能面や安全性にデメリットがあるので注意しなければいけません。

 

ここでは、ソフトバンクFONルーターの仕組みから利用者からの評判まで詳しく解説していきます。FONルーターを購入するか迷っている人はぜひご覧ください。

ソフトバンクのFONルーターとは

ソフトバンクのFONルーターは無線LANルーターと同じ用途で使うアイテムです。

ただ、従来の無線LANルーターには付いていない機能を利用できる特徴があります。

 

基本的な仕組みは無線LANルーターと同じ

FONルーターは自宅にWi-Fiを飛ばしてくれるアイテムで、仕組みは無線LANルーターと同じです。

 

無線LANルーターは固定回線を導入したうえでONU(モデム)につなぐとWi-Fiを飛ばしてくれます。FONルーターも固定回線を導入した環境でONUにつなげばWi-Fiを発信し、スマホやWi-Fiをインターネットに接続できる環境を作ってくれます。

 

※FONルーターの仕組みのイメージ。

 

つまり、固定回線を契約している人がFONルーターを持てば、自宅をWi-Fi環境にできるわけです。

 

Wi-Fiスポットも利用可能になる

FONルーターの基本的な仕組みは無線LANルーターと同じですが、外でWi-Fiスポットを使えるかの違いがあります。

 

従来の無線LANルーターを家に設置した場合は外でWi-Fiスポットを利用できませんが、FONルーターを設置すればFONが設置しているWi-Fiスポットが利用可能になります。FONルーターは世界最大のグローバルWi-FiコミュニティのFONが手がけている機器だからです。

 

ただ、FONルーターを設置して外でWi-Fiスポットを使うには、自宅のWi-Fiを公衆無線LANにしなければいけません。後で詳しく解説しますが、自宅のWi-Fiを公衆無線LANにするとセキュリティ面に危険が伴います。

 

FONルーターの使い方

FONルーターの使い方はシンプルで、すでに固定回線を引いていれば簡単に設定できます。

 

ONUにつないでスマホで設定するだけ

すでに固定回線を導入して設定まで済んでいる場合、FONルーターを設置する手順はONUに接続してからスマホの設定アプリを起動して、Wi-Fiメニューで接続設定をするだけです。

 

※FONルーターの設定のイメージ。

 

今から固定回線を契約してFONルーターを設置する場合、スマホでダッシュボードを起動して設定を行わなければいけない可能性があります。また、すでに固定回線を導入している場合でも、FONルーターの一番左のランプがオレンジ色で点灯していると設定をしなければいけません。

 

設定が必要なときは最初にダッシュボードを起動します。ダッシュボードの起動は、FONルーターが発するSSIDがMyPlaceのWi-Fiに接続した状態でブラウザのURL欄に「192.168.10.1」と入力すれば起動できます。(後で紹介する他のSSIDのWi-Fiに接続するとダッシュボードが起動できません)

 

ダッシュボードが起動するとパスワードが求められますが、「admin」と入力すれば先に進めます。

次の画面で右上のプルダウンメニューのなかから「インターネット設定」を選び、下のプルダウンメニューで「PPPoE」を選択します。

 

次に表示される画面でプロバイダから発行されているユーザー名とパスワードを入力して、右下の「完了」を押せば設定は終わります。

 

設定するときに入力するユーザー名とパスワードは、プロバイダを発行したときに送付される書類に記載されています。

 

選択できるSSIDは3種類ある

FONルーターをONUにつないだあとは、スマホやパソコンの設定画面を開いてWi-Fiへの接続設定を行います。

 

ご存知の人もいるかと思いますが、Wi-Fiに接続するときは設定アプリを開いてWi-Fiメニューに進み、次の画面でルーターに貼ってあるシールに書かれたSSIDをネットワークの一覧から選びパスワードを入力します。

 

FONルーターを設置する場合、Wi-Fiの設定画面では以下のどれかのSSIDを選択します。

 

・MyPlace

・FON_FREE_INTERNET

・FON_FREE_EAP(旧式のFONルーターを設置する場合は表示されない)

 

MyPlaceに接続するときは、従来通りFONルーターの底面に貼ってあるシールに書かれたパスワードを入力します。

 

FON_FREE_INTERNETとFON_FREE_EAPを選べば、パスワードを入力せずにWi-Fiへ接続できます。

 

パスワードの入力が面倒と感じると、FON_FREE_INTERNETかFON_FREE_EAPのどちらかを選べばいいと思いますよね?しかし、FON_FREE_INTERNETとFON_FREE_EAPはパスワードの入力が必要ない代わりに暗号化がされていないので、セキュリティ面に不安があります。

 

セキュリティ面にどのような不安があるのかは、後で詳しく解説します。

 

外出先でWi-Fiスポットを使うための設定方法

ソフトバンクでスマホを利用している状態で家にFONルーターを設置すれば、自宅以外の場所に設置されているFONルーターが発止するフリーWi-Fiにも接続できるようになります。しかし、接続を可能にするにはデバイス側で設定を行う必要があります。

 

デバイスの種類別の設定方法を見てみましょう。

 

iPhoneの場合

iPhoneを利用している場合、Wi-Fi機能をオフにしてからブラウザを起動してブラウザに「sbwifi.jp」と入力してアクセスし、表示された画面で「同意して設定開始」をタップします。

 

次にソフトバンクからSMSが送られてきます。SMSに記載された「同意して設定」のURLをタップします。

すると、プロファイルのインストール画面が表示されるので、右上の「インストール」をタップしてください。

次に表示されり画面でも右上の「インストール」をタップして、さらに表示される「インストール」もタップしてください。

次にスマホで利用するソフトバンクのメールアドレスの名前を決める画面が表示されるので、自分の名前やニックネームを入力して右上の「次へ」をタップしてください。

次に表示されるインストール完了の画面で「完了」をタップします。

 

最後にWi-Fi接続機能をオンに戻せば設定は完了です。

なお、ソフトバンクの回線を利用しているiPadでも、同じ手順で設定すればFONのフィリーWi-Fiが利用できるようになります。

 

Androidの場合

Androidを利用している場合、最初にGoogle Play StoreにアクセスしてスマホにソフトバンクWi-Fiスポットのアプリをインストールします。

 

アプリをインストールできれば起動して、表示されるメッセージのすべてで「許可」を選択してください。

 

次に表示される画面ですべての項目にチェックを入れて、右下の「次へ」をタップします。

 

次に表示される画面で「暗証番号入力」をタップして、4ケタの暗証番号を入力します。入力する暗証番号はソフトバンクを契約したときに発行しています。

 

暗証番号がわからない場合は、ソフトバンクのサポート窓口に電話して確認してください。サポート窓口の電話番号は下記の通りです。

 

ソフトバンク サポート窓口
ソフトバンクの携帯電話から:157

その他の電話から:0800-919-0157

受付時間:午前9時~午後8時

 

ソフトバンクショップに行って新しい暗証番号を発行する方法もあります。

 

暗証番号を入力すれば、最後に表示される画面ですべての項目をオンにしてください。

 

以上で設定は完了です。

 

FONルーターが出せる速度

FONルーターは小型のルーターですが、性能は意外と優れています。といっても、従来の無線LANルーターと比べると実効速度は劣ります。

 

旧式モデルの性能は光回線と釣りあわない

FONルーターには現行の新モデルと旧式モデルの2種類があります。

 

※左が新モデル、右が旧式モデルです。

 

旧式モデルが出せる通信速度は最大100Mbpsとなっています。最大100Mbpsと聞くと性能が悪くないように思いますよね?しかし、光回線が出せる通信速度は最大1Gbpsなので、旧式モデルのFONルーターは性能が良いといえません。

 

実効速度もいまひとつで、良くても40Mbpsほどが限界です。

 

 

実効速度が40Mbpsでもホームページや動画の読み込みには問題ありませんが、最大1Gbpsの速度が出せる光回線を利用している場合、回線の性能を活かせているとはいえません。

 

現行モデルなら速度は安定する

現行モデルのFONルーターは最大866Mbpsまでの速度が出せるので、光回線で利用しても安定した通信状態を維持できます。実効速度も問題なく、50Mbps以上の数値が出ます。

 

 

スペックが高くない古いモデルのスマホを接続しても70Mbps以上の速度が出せます。

 

 

実効速度は従来の無線LANルーターが上

しかし、現行モデルのFONルーターでさえも、従来の無線LANルーターと比べると性能は劣ります。従来の無線LANルーターなら、100Mbps以上の通信速度が出せるからです。

 

 

契約している光回線の最大速度が1Gbpsを上回っていれば、実効速度を500Mbps以上にすることも可能です。

 

 

従来の無線LANルーターがFONルーターより優れている理由は下記の2つにあります。

 

・FONルーターより性能が優れたモデルが豊富

・IPv6接続対応モデルが選べる

 

無線LANルーターは種類ごとに性能が違いますが、FONルーターより優れたモデルが数多く販売されています。現行モデルのFONルーターが出せる速度は最大866Mbpsですが、無線LANルーターならFONルーターと同等かそれ以上の速度に対応しています。

 

※BuffaloのWSR-2533DHPLは最大1733Mbpsまでの速度が出せます。

 

IPv6に対応したモデルを選べる点も無線LANルーターならではのメリットです。IPv6とはインターネットの接続方式の1つで、混雑しない回線経路を利用する特徴があります。IPv6を使えば、利用者が増える夜でも通信速度が安定するわけです。

FONルーターはIPv6に対応していないので、夜になると通信速度が急激に低下する恐れがあります。IPv6はフレッツ光や光コラボで必要不可欠なツールなので、契約している回線の種類次第ではFONルーターを選ぶできではありません。

 

FONルーターを使うメリット3つとデメリット3つ

今まで説明した内容を踏まえて、FONルーターを使うメリットとデメリットは何か見てみましょう。

 

FONルーターを使うメリット3つ

FONルーターのメリットは低コストでWi-Fi環境が構築でき、外出先でWi-Fiを使う機会が増えるところです。

 

値段が安い

具体的な価格は後で説明しますが、FONルーターは安い値段で手に入るところが魅力です。無線LANルーターのスタンダードモデルの標準販売価格は8,000円から10,000円と高額ですが、FONルーターは大幅に安い値段で購入できます。

 

設定が簡単

設定が簡単にできるところもFONルーターの魅力です。FONルーターならONUにつなぐだけで自宅をWi-Fi環境にできます。設定が必要な場合もありますが、方法は難しくないのでWi-Fiを使いたい初心者の人におすすめです。

 

外出先でWi-Fiスポットが利用できる

設置するとFONのWi-Fiスポットが利用できる点も嬉しいおまけ要素です。FONのWi-Fiスポットが設置されている店舗や施設は意外と多いので、FONルーターを置けばWi-Fiを利用する機会が増えてスマホが通信制限を受ける可能性を低くできます。

 

ただ、ソフトバンクのスマホを契約していれば、外でソフトバンクWi-Fiスポットを無料で利用できるので大きなメリットとはいえません。

 

FONルーターを使うデメリット3つ

FONルーターには便利なメリットがある反面、機能性や安全面に不安を感じるデメリットを抱えています。

 

性能がイマイチ

FONルーターは簡単に導入できる代わりに性能が良くないので、無線LANルーターと比べると見劣りしてしまいます。通信速度の速さを求めたい人がFONルーターを使うと、高い確率で不満を感じてしまいます。

 

他人も使えるWi-Fiが発信される

無線LANルーターが発信するWi-Fiは暗号化されていて、パスワードを入力しなければ利用できません。FONルーターは暗号化されていないWi-Fiも発信されるので、隣近所に住んでいる人が近くを立ち寄った人も簡単に使えてしまいます。

 

自分のWi-Fiが他人に使われる時点で気持ちが悪いと感じると思いますよね?他人に自分のWi-Fiを使われると、セキュリティ面にも大きな影響が及びます。

 

たとえば、暗号化されていないWi-Fiに接続している状態にしてオンラインショップでクレジットカードの情報を入力すると、同じWi-Fiにつないでいる他人から自分のカード情報を盗まれる恐れがあります。

サポート面が不安

無線LANルーターの動作が不安定になったときや、故障したときはサポート窓口を頼るのが基本の対処法になります。FONルーターの動作が不安定になったときもサポート窓口に連絡するのが基本です。

 

しかし、後で紹介する口コミを見る限りではFONルーターのサポート窓口は対応が良くないので、動作トラブルが起きたときにストレスを感じる可能性が高いです。

 

FONルーターを使った人からの評判

FONルーターを使っている人からの評判は賛否が分かれています。通信速度の評判が悪い人は旧式モデルを使っている可能性が高いですが、新型モデルを使ったとしてもサポート面に不安を抱えてしまいます。

 

性能がイマイチと感じている人が多数

性能面の評判は賛否がわかれていて、通信状態が不安定と感じている人が多く見受けられます。

 

 

通信速度の評判も良いとは断言できず、速度制限を受けたかのように遅いと感じる事例を見かけます。

 

 

通信状態が不安定と感じている人は、スペックが低い旧式モデルを使っている可能性が高いです。現行モデルを利用すれば先ほど紹介した口コミの通り通信速度はある程度安定します。しかし、電波を飛ばせる範囲が狭く、2階に上がると使いものになりません。

 

 

ソフトバンクの公式サイトでは、FONルーターがWi-Fiを飛ばせる範囲は半径50mと書かれています。しかし、FONルーターの部屋の間に壁があるとWi-Fiの強度が一気に弱くなってしまいます。

 

購入後のサポートが良くない

先ほど軽く触れましたが、FONルーターはメーカーのサポートが良くないので、故障したときにストレスを感じる可能性が高いです。ストレスを感じる原因は、サポート窓口に連絡しても別の窓口に誘導され、さらにたらい回しにされることです。

 

 

FONルーターをソフトバンクショップに持って行っても別の窓口に誘導され、その窓口に連絡しても別の窓口に誘導される有様です。

 

 

サポート面も万全にしたい人は、BuffaloやNECの無線LANルーターを使ってWi-Fi環境を作ったほうが無難です。

 

フリーWi-Fiも飛ぶ機能に不安を感じている人も

FONルーターは暗号化されていないフリーWi-Fiまで発信するので、自分のインターネット環境のセキュリティ面が無防備になる点を懸念している人は少なくありません。

 

 

FONルーターを使っている人に無線LANルーターを使うべきという人もいます。

 

 

ブラウザでダッシュボードを使えばフリーWi-Fiを無効化できますが、パソコンが必要なうえに設定方法が難しいので、インターネットの知識に自信がない人だと混乱してしまいます。

 

FONルーターを入手する方法

FONルーターは今から紹介する2つの方法で入手できます。

 

ソフトバンクショップで購入する

FONルーターはソフトバンクショップで販売されています。販売価格は4,944円(税込)となっていて、ソフトバンクのスマホを契約していれば24ヵ月間の分割支払いも可能です。ただ、FONルーターの在庫があるソフトバンクショップは減ってきているので、前もって電話をして在庫があるか確認する必要があります。

 

無線LANルーターの標準販売価格は8,000円からなので、FONルーターの値段は安いと感じますよね?しかし、Amazonや家電量販店ならFONルーターと同等スペックの無線LANルーターが4,000円代から購入できます。

 

Amazonで購入する

FONルーターはAmazonでも購入が可能です。Amazonは旧式モデルを1,562円、現行モデルを3,641円で販売しているので、ソフトバンクショップで買うよりもお得です。

 

無償提供は終了している

かなり昔の話になりますが、FONルーターの旧式モデルはソフトバンクショップで無償配布されていました。ソフトバンクが運営するホワイトBBの契約特典としてFONルーターがプレゼントされていた時期もありました。

 

しかし、現在はFONルーターの旧式モデルの無償提供は終了しています。

 

まとめ

FONルーターは自宅に引いてある固定回線を簡単に無線化してくれるアイテムで、設置すれば外出先でFONのWi-Fiスポットも利用できるようになります。

 

しかし、暗号化されていないWi-Fiも発信されるので、自宅のインターネット環境のセキュリティ面に危険が及ぶ可能性があります。無線LANルーターと比べると性能も良くありません。

 

FONルーターの購入を検討するときは性能をしっかり把握して、無線LANルーターと比較したうえで買うか判断してください。