光回線のおすすめ4選

無線LANルーターとは?Wi-Fiルーターやモデムとの違いまで解説!

インターネット回線を契約するときは、必ずと言っていいほど無線LANルーターの導入を勧められます。無線LANルーターを置くと、インターネットがより使いやすくなり、スマホの速度制限まで回避できます。

 

ここでは、無線LANルーターの役割を紹介し、Wi-Fiルーターやモデムとの違いまで解説しています。無線LANルーターとはどんな機械なのか知りたい人は是非ご覧ください。

無線LANルーターが担う役割

無線LANルーターはインターネットの利便性をより高めてくれるアイテムです。無線LANルーターの役割を見れば使ってみたいと感じるはずです。

 

無線LANルーターはインターネット通信を無線化する機械

自宅に導入した回線を使ってインターネット通信を行うときは、デバイスとモデムとLANケーブルでつなぐ必要がありました。しかし、無線LANルーターを置けばインターネット回線を無線化してくれるので、LANケーブルを使う必要がなくなります。

無線LANルーターが無線化したインターネット回線はWi-Fiと呼ぶのが一般的で、あらゆるシーンで活用できます。

 

無線LANルーターの使い道

無線LANルーターの使い道をより具体的に見てみましょう。

スマホやタブレットを自宅のインターネット回線につなぐ

無線LANルーターを使ってインターネット回線を無線化すれば、LANケーブルが使えないスマホやタブレットを自宅の固定回線に接続できるようになります。

スマホを無線LANルーターが発信する電波に接続する間は携帯キャリアの4G回線を使わないので、通信制限を受けるリスクを軽減できます。

 

パソコンを無線でインターネットにつなぐ

無線LANルーターを置けば、パソコンでもLANケーブルを使わずにインターネットへ接続できます。ただ、パソコンが無線通信に対応していなければ、無線LANルーターを置いても効果が出ません。

 

無線通信に対応していないパソコンを持っている場合、無線LANルーターと一緒に無線LAN子機も必要になります。無線LAN子機については以下の記事で解説しているのであわせてご覧ください。

ZenopligeのAC1200Wi-Fi/無線LAN子機とは?選び方のポイント5つとおすすめも解説!

ゲーム機をインターネットにつなぐ

無線LANルーターを置けば、Nintendo Switchや3DSをインターネットにつないでオンライン対戦で遊べるようになります。ただ、ゲームのジャンルによっては、無線でインターネットにつなぐと頻繁に遅延が起きてしまいます。

 

ゲームのオンライン対戦をするためにインターネットへつなぐときは、ジャンルに合わせて無線と有線接続を使い分けましょう。

 

無線LANルーターと他のアイテムの違い

無線LANルーターはよく様々な他のアイテムと同じと思われがちです。中には無線LANルーターとほとんど同じ役割しているアイテムもありますが、厳密な機能は違うので相違点を知っておきましょう。

 

無線LANルーターとWi-Fiルーターの違い

今や無線LANルーターとWi-Fiルーターは同義語と言ってもいい時代になりましたが、厳密な定義は若干異なります。無線LANルーターは無線LANを発信する機械、Wi-FiルーターはWi-Fiを発信する機械が正式な定義です。

 

先ほど説明した通り、無線LANはインターネット通信を無線化した電波で、Wi-Fiはあらゆる無線LAN規格の1つに当たります。

 

Wi-Fiが現れる以前に無線LANを利用する際は、ルーターとデバイスが同じ無線LANの規格に対応していなければいけませんでした。Wi-Fiは全ての無線LANルーターとデバイスに対応させるために現れた規格です。

 

今やほとんどの無線LANルーターが発信する電波がWi-Fiとなっていて、全てのスマホやパソコンがWi-Fiに対応しているので、無線LANルーターとWi-Fiルーターの違いはないと思っていいでしょう。

 

無線LANルーターとアクセスポイントの違い

無線LANルーターとアクセスポイントはどちらもインターネット回線を無線化する機械ですが、役割に大きな違いがあります。

 

無線LANルーターはインターネット回線を無線化するだけでなく、プロバイダからIPアドレスを取得するルーターとしての役割も行います。アクセスポイントはルーターとしては機能せず、インターネット回線を無線化する機器でしかありません。

 

ですので、アクセスポイントを利用するには、IPアドレスを取得するルーターもなければいけません。

 

※アクセスポイントの利用イメージ。

 

ちなみに、アクセスポイントには無線LANに対応していないパソコンにつないで、無線でのインターネット通信を利用できる機能もあります。

 

無線LANルーターとモデムの違い

モデムとは、インターネット回線から受信する信号をパソコンやスマホなどのデバイスで利用できる信号に変換する機械です。無線LANルーターはモデムが変換してくれた信号を無線化する機械です。

 

無線LANルーターを使ってインターネット回線を無線化するにはモデムがなければいけません。モデムはインターネット回線を契約する際に、事業者から必ず貸し出されます。

 

無線LANルーターとホームゲートウェイの違い

一言で言うと、ホームゲートウェイはモデムと無線LANルーターのどちらの機能も兼ね備えた優れものです。

 

ホームゲートウェイはインターネット回線から受信する信号をパソコンやスマホなどで利用できる信号に変換するうえに、無線化までしてくれます(無線化機能を使うにはオプションの加入が必要です)。

ホームゲートウェイは光回線を契約するときに無線LANオプションに加入すると、事業者が貸し出してくれます(一部の事業者は無線LANオプションに加入しなくても貸し出してくれます)。

 

無線LANルーターとブロードバンドルーターの違い

無線LANルーターとブロードバンドルーターは同じものと考えて問題ありませんが、言葉の意味に違いがあります。

 

ブロードバンドルーターは光回線やADSLで利用できる有線ルーターや無線LANルーターを一括りにして指す言葉です。無線LANルーターはブロードバンドルーターとされる機械の1つの種類に該当します。

 

基本的には同じものと考えて大丈夫ですが、厳密には言葉の意味が違う点は知っておきましょう。

 

無線LANルーターと無線LANカードの違い

フレッツ光や光コラボを契約する場合は、インターネット回線を無線化するために無線LANカードが必要になる可能性があります。無線LANカードとは、ホームゲートウェイに差し込んで無線LAN機能を作動させるアイテムです。

ホームゲートウェイに内蔵されている無線LAN機能は、無線LANカードを差し込まなければ利用できません。無線LANルーターはカードを差し込まなくてもインターネット回線を無線化できます。

 

無線LANルーターとポケットWi-Fi・WiMAXの違い

無線LANルーターとポケットWi-Fi・WiMAXは、接続するインターネット回線や機能面に大きな違いがあります。

 

無線LANルーターでは光回線をはじめとした固定回線を無線化する機械です。ポケットWi-Fi・WiMAXでは基地局から発信されているモバイル回線の電波をもとにWi-Fiを発信する機械です(固定回線に接続して無線LANルーターとしても使えるポケットWi-Fiもあります)。

 

 

利用する回線に違うと、通信速度にも大きな違いが出ます。無線LANルーターは光回線に接続できるので、最大で1Gbpsまでの速度に対応しています。ポケットWi-Fi・WiMAXはモバイル回線を利用するので、最大速度が110Mbpsから758Mbpsになります。

 

通信速度の数値だけ見ると、固定回線を契約して無線LANルーターを置いたほうが良いと感じるのではないでしょうか?しかし、ポケットWi-Fi・WiMAXは外でも利用できるメリットがあります。

 

家と外のどちらでもインターネットを使いたい人にとって、ポケットWi-Fi・WiMAXは魅力的な選択肢と言えます。固定回線をもとにする無線LANルーターと比べて通信速度の安定性は劣るので、ゲームのオンライン対戦には向いていません。

 

無線LANルーターを導入する方法

無線LANルーターを導入する際は、方法を選ぶことができます。しかし、快適にインターネットを使うなら方法は実質1つだけだと考えるべきです。

 

無線LANルーターを導入するべき状況

無線LANルーターを導入するべき状況は自宅に固定回線を引いてある、もしくは今から自宅に固定回線を引く場合に限られます。自宅に固定回線がない状態では無線LANルーターを置いても意味がないので、別の方法でインターネットを使いましょう。

 

無線LANルーターの導入方法は2つ

無線LANルーターを導入する方法は以下の2通りあります。

 

・家電量販店やAmazonで買う

・契約している回線事業者から借りる

 

家電量販店やAmazonで無線LANルーターを購入する場合は4,000円から10,000円の費用が必要です。回線の事業者からレンタルすれば、無線LANルーターを数百円の月額料金で利用できます。

 

消費するコストを比較すると、回線の事業者からレンタルしたほうがお得な印象を受けます。しかし、快適にインターネットを使うなら、家電量販店やAmazonで無線LANルーターを買うべきです。

 

無線LANルーターは種類ごとに性能が違う

家電量販店やAmazonで無線LANルーターを買うべき理由は性能の差にあります。

 

無線LANルーターは種類ごとに性能が違います。無線LANルーターを製造しているメーカーのサイトを見ると、種類ごとに通信速度の速さや電波を飛ばせる範囲に違いがあることがわかります。

回線の事業者が貸し出している無線LANルーターは最大通信速度が867Mbpsとなっていて、電波を飛ばせる範囲も2階建ての戸建てや3LDKのマンションまでとなっているので、使うべき人が限られてしまいます。

 

家電量販店ではAmazonではより通信速度が速く、より広い範囲に電波を飛ばせる無線LANルーターを選べます。自宅の無線LAN環境を快適にするなら、自分で性能を見て無線LANルーターが選べる家電量販店やAmazonでの購入がおすすめです。

 

まとめ

無線LANルーターは自宅に引いているインターネット回線を無線化してくれるアイテムです。無線LANルーターを使えばLANケーブルを使わずにインターネットに接続できるうえに、スマホに速度制限かかるリスクを軽減できます。

 

より便利にインターネットを使いたい人は、無線LANルーターを導入して損はないでしょう。