光回線のおすすめ4選

ブロードエースの口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

自宅に光回線を導入するときは、回線の提供元だけでなくプロバイダの契約も必要になります。プロバイダを選ぶときは定番の事業者が安全ですが、知名度が低いプロバイダにも良いところがないか気になる人もいるでしょう。

「ブロードエース」は有名なプロバイダというわけではありませんが、運営は業界で名前が通った企業が行っています。しかし、口コミでの評判はとても悪いので、おすすめすることはできません。

ここでは、ブロードエースの口コミと評判を紹介し、良い回線なのか解説します。プロバイダ選びで困っている人は、参考にしてくださいね。

ブロードエースとはどんなサービス?特徴を知ろう!

ブロードエース

ブロードエースは知名度が低いプロバイダですが、運営会社の規模はそこまで小さくありません。料金プランの種類も豊富なので、サービス面は充実していると言えます。

ブロードエースはフレッツ光のサービスプロバイダ

ブロードエースはフレッツ光のサービスプロバイダの1つで、株式会社ホワイトサポートが運営しています。

知名度が高いプロバイダと比べると資本金が少なめなので、会社の規模は小さい印象を受けます。(定番プロバイダのOCNは、資本金が2,117億円のNTTコミュニケーションズが運営しています)

株式会社ホワイトサポート 会社概要
本社所在地東京都豊島区南池袋3-13-5
光3号ビル4F
設立平成16年10月1日
資本金9,000 万円
事業内容インターネット会員サービス事業
インターネット接続サービス事業
その他インターネット関連事業

しかし、ホワイトサポートは通信業界の中でも有名な「光通信」のグループ会社なので、そこまで規模が小さいわけではありません。(光通信の2017年3月時点の資本金は約542億円)

ただ、光通信は従業員が過労死したことでブラック企業という認識が強くなったので、印象はそこまで良いわけではありません。

参考 「ライン下回っても過労が原因」光通信社員突然死訴訟 2審も国側の控訴棄却して労災認定 大阪高裁<br /> 産経 WEST

強引な営業手法でも知られているので、グループ会社であるホワイトサポートのイメージもあまり良くありません。ホワイトサポートの評判については、後ほど詳しく解説します。

ブロードエースの料金プランは5種類

手,5

ブロードエースには、

  • ブロードAce光スタンダードプラン
  • ブロードAce 光Newライトプラン
  • ブロードAce 光ずっとセーフティプラン
  • ブロードAce 光セーフティ長割プラン
  • ブロードAce 光らくらくプラン

この5種類の料金プランがあります。

ブロードエース プラン別月額料金
プラン月額料金
①ブロードAce光
スタンダードプラン
1,800円
②ブロードAce光
Newライトプラン
1,197円
③ブロードAce光
ずっとセーフティプラン
1,312円
④ブロードAce光
セーフティ長割プラン
1~24ヶ月:
980円25ヶ月目以降:
1,312円
⑤ブロードAce光
らくらくプラン
1,870円

①ブロードAce光スタンダードプラン

名前の通り、ブロードエースの中でもっともスタンダードなプランです。このプランには最低利用期間がないので、いつ解約しても違約金は発生しません。その代わりに、他のプランと比べると月額料金は高めになっています。

②ブロードAce 光Newライトプラン

サービスの内容自体はスタンダードプランと違いはありませんが、最低利用期間が24ヶ月に設定されています。最低利用期間の間に解約すると4,000円の違約金を支払うことになります。その代わりに月額料金がスタンダードプランより安くなっています。

③ブロードAce 光ずっとセーフティプラン

ブロードエースのプロバイダサービスとセキュリティソフトがセットで提供されるプランです。最低利用期間は36ヶ月となっていて、この期間内に解約すると4,000円の違約金が発生します。

④ブロードAce 光セーフティ長割プラン

③の提供サービスをより安い料金で利用できるプランです。最低利用期間は③と同じで36ヶ月となっていますが、この期間に解約するときの違約金は10,000円と高めになっています。

⑤ブロードAce 光らくらくプラン

ブロードエースのプロバイダサービスとデータのバックアップ機能、お得にショッピングができるサービス「マイルクラブ」が利用できるプランです。

ブロードエースが提供するプランの中でもっとも月額料金が高く、最低利用期間も36ヶ月となっています。最低利用期間に解約するときは、4,000円の違約金が発生します。

それぞれのプランの注意点

①以外のプランは、契約してから最大2ヶ月間の月額料金が無料になります。①・②のプランは途中で他のプランに変更することができます。

③・④・⑤のプランは途中で他のプランに変更することができません。このことを考えると、最初は①か②のプランを選んだほうが無難でしょう。

通信速度はフレッツ光の品目で変わる

指さすビジネスマン

ブロードエースはフレッツ光のサービスプロバイダですが、公式サイトでは通信速度が最大200Mbpsと書かれています。フレッツ光の通信速度は最大1Gbpsなので、200Mbpsの数値に疑問を感じますよね?

しかし、ブロードエースの公式サイトをよく見てみましょう。すると、200Mbpsと数値は「NTT西日本のフレッツ光ネクスト ハイスピードタイプの場合」と書かれています。

ブロードAce光とは

フレッツ光はサービスの品目によって通信速度が変わります。ブロードエースの公式サイトでは、通信速度が1Gbps以下になる品目を利用した場合の数値を書いているわけです。

なぜこのような数値を書いているのかは謎です。しかし、西日本エリアで「フレッツ光ネクスト ハイスピードタイプ隼」が利用品目になれば通信速度が最大1Gbpsになります。

フレッツ光の速度については以下の記事でも解説しているので、こちらもあわせて参考にしてみてください。

フレッツ光の速度平均は?回線速度は遅いのか実態を暴露します!

ブロードエースの良い口コミ評判を分析して解説!

空にガッツポーズする男性

知名度が低いプロバイダや光回線サービスでも、評判が良ければ検討してみる価値があります。しかし、ブロードエースにまつわる口コミを見ると、検討してみようという気にはなれません。

その理由は、ブロードエースにまつわる良い評判の口コミがほとんどないことです。Twitterにはブロードエースの評判が良いと感じる口コミがなく、価格.comでは1つしか良い評判の口コミがありません。

価格.comブロードエースの口コミ

これだけでも評判が良くない可能性が高いことが考えられるので、ブロードエースは選択肢に入れないほうがいいでしょう。

ブロードエースの悪い口コミ評判を分析して解説!

ブーイングする男性

Twitterには、ブロードエースに不満を感じたという口コミがあります。運営会社であるホワイトサポートの評判も悪いので、口コミを見たほとんどの人が「他社を選ぼう」と思うでしょう。

ブロードエースにすると通信速度はとても遅い?

ブロードエースでは品質が高いフレッツ光の回線を利用しますが、通信速度の評判は良くありません。利用者が多い夜になると通信速度が極端に遅くなり、ネットができないことは珍しくありません。

フレッツ光の回線は最大1Gbpsの速度に対応していますが、実効速度はプロバイダが提供するサーバーのクオリティに左右されます。ブロードエースはサーバーのクオリティが低いせいか、ゴールデンタイムは光回線とは思えないほど通信速度が遅くなることが多いようです。

サポート窓口に電話がつながるまでが長い

置時計

ブロードエースは通信速度だけでなくサポート窓口の評判も良くありません。電話をかけてもなかなかつながらないことは当たり前で、メールで問いあわせても返事をしてくれない有様です。

サポート窓口の対応がここまで悪いプロバイダは、探すほうが難しいです。通信速度も遅い、サポート窓口の対応も悪いとなってはブロードエースを契約するメリットはないと考えたほうがいいでしょう。

ホワイトサポートのイメージが悪すぎる?

電話するビジネスマン

そもそも、ブロードエースを運営するホワイトサポート自体の評判が良くありません。ホワイトサポートは以前から電話勧誘の手法が悪質で、多くの人から悪いイメージを持たれています。

1度契約してしまうと最期、快適にネットを使うことはできず、まともなサポートを受けることができなくなります。

光通信のグループ会社が運営するプロバイダや光回線サービスにはこのような悪い評判の口コミが多いです。ということで、すすめられても契約は見送ったほうが無難です。

ブロードエースは契約して大丈夫?他社と比較して考えよう!

説明するビジネスマン

Twitterで口コミを見ただけでも、ブロードエースは契約すべきではないことがわかります。他のプロバイダや光回線サービスと比べると、より一層ブロードエースを選べないほうがいいと感じます。

月額料金はそこまで違いがない

ブロードエースの月額料金は、他社と比べて特別に安いわけではありません。それどころか、他社のほうが料金が安いこともあります。

ブロードエース・他社 月額料金比較表
プロバイダ戸建てマンション
ブロードエース1,197円
OCN1,100円650~900円
BIGLOBE24ヶ月間:
600円25ヶ月目以降:
1,000円
24ヶ月間:
250~500円25ヶ月目以降:
650~900円
So-net1,000円900円
@nifty1,000円950円

※ブロードエースの月額料金は「ブロードAce 光Newライトプラン」のものです。

料金の安さを求めたい人は、他のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

セット割引がある光コラボと比べるとお得感がない

落ち込む男性

とことん料金の安さにこだわりたい人は、セット割引が受けられる光コラボを選んだほうがいいでしょう。光コラボには、スマホとセットにすると割引が受けられるサービスがいくつもあります。

ソフトバンクのスマホユーザーならソフトバンク光を契約すればセット割引で通信費を安くできます。

ソフトバンク光が気になる方はソフトバンク光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ソフトバンク光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ソフトバンク光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

ドコモのスマホユーザーならドコモ光を契約すればセット割引で通信費を安くできます。

ドコモ光が気になる方はドコモ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ドコモ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ドコモ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

auのスマホユーザーの人にも、「auスマートバリュー」が受けられるビッグローブ光という選択肢があります。

ビッグローブ光が気になる方はビッグローブ光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

ビッグローブ光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

ビッグローブ光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

セット割引が受けられる光コラボを選んだほうがブロードエースよりも断然お得です。結果、スマホのキャリアにあわせて光回線サービスを選ぶことがベストだ、と思いましょう。

通信速度やサポート窓口の評判は定番プロバイダのほうが断然上

罰印をする男性

肝心の通信速度やサポート窓口の対応ですが、ブロードエースほど評判が悪いプロバイダや光回線サービスはなかなかありません。なので、他社を選んでブロードエースほどクオリティが悪いサービスに当たる可能性は低いと考えていいでしょう。

知名度が高いサービスを契約すれば、通信速度が遅くなったりサポート窓口の対応が悪いと感じる可能性は高くなりません。

料金と通信速度、サポートのクオリティのどれを取っても、ブロードエースより他社を選んだほうがいいでしょう。

他社の中でもプロバイダ単体で選ぶよりも、回線と一体となっているものが一番おすすめです。プロバイダを選ぶ手間もないので非常に簡単に質の良いネット環境が手に入ります。

速度が速く安い質の高い回線は以下の記事でも厳選して紹介しています。これから回線の契約を考えている方は、こちらもあわせて参考にしてみてください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!