光回線のおすすめ4選

メガエッグとauひかりの決定的な違い6つ!どっちがいいか比較!

インターネット回線を契約するときフレッツ光が安定の選択肢というイメージがありますが、中国地方ではメガエッグも高い人気を集めています。

メガエッグにはauユーザーが受けられる特典が通信費を安くできるので、低コストでインターネットを使いたい人におすすめのサービスと言えます。

しかし、auひかりと比べてどうなのか気になっている人も少なくないでしょう。

メガエッグとauひかりにはどちらもauユーザーが受けられる特典を用意していますが、回線の品質や基本料金に大きな違いがあります。

そこで、ここではメガエッグとauひかりの違い6つを紹介して、どちらを選ぶべきなのか解説します。

メガエッグかauひかりのどちらを契約するか迷っている人は、参考にしてくださいね。 

auひかりとメガエッグの共通点3つを知ろう!

auひかりとメガエッグには3つの共通点があり、中にはauのスマホユーザーがどちらを選ぶか迷ってしまう要素があります。

共通点その1.auスマートバリューが受けられる

auひかりとメガエッグは、どちらも「auスマートバリュー」に対応しています。

auスマートバリュー 永年割引

「auスマートバリュー」とは、auのスマホ代が割引される特典です。

割引される金額はスマホ側の料金プランによって変わりますが、スマホ代が最大で2,000円安くなります。

auスマートバリュー 割引金額一覧

プランデータ容量2年間3年目以降
auピタット
プラン
スーパーカケホ/
カケホ:2GBまで

シンプル:1GB超~
2GBまで

500円500円
スーパーカケホ/
カケホ/シンプル:
2GB超~20GB
まで
1,000円1,000円
auフラット
プラン
20/30GB1,000円1,000円
データ定額1/2GB934円500円
データ定額2/3GB

ジュニアスマートフォンプラン

シニアプラン

934円934円
データ定額5/20GB

LTEフラット(7GB)

ISフラット

1,410円934円
データ定額30GB2,000円934円

さらに、「auスマートバリュー」では家族全員が割引の対象になるので、auのスマホを使っている家族が多いほど通信費が安くなります。 

「auスマートバリュー」家族全員が割引の対象

auユーザーにとってauひかりとメガエッグは、もっとも通信費を安くできる光回線サービスになります。

共通点その2.回線の導入工事が必要

auひかりとメガエッグは、どちらも契約する際に回線の導入工事を行わなければいけないので、高額な初期費用が発生します。

しかし、どちらのサービスもキャンペーンが充実しているので、初期費用による負担を最小限に抑えることができます。

キャンペーンの内容はauひかりとメガエッグで異なるので、後ほど詳しく解説します。

共通点その3.工事の内容が同じ

auひかりとメガエッグの導入工事は、作業内容がほとんど同じものになっています。

戸建てで利用する場合は、どちらのサービスを利用する場合も電柱から自宅へ光ファイバーを引き込み、宅内に光コンセントとONUを設置します。

auひかり 工事内容 戸建て

マンションで利用する場合は、どちらのサービスも予め住居に光ファイバーが引き込まれていることが多いです。

ですので、壁の中から宅内に通信ケーブルを引き込んでから光コンセントとONUが設置されます。

auひかり 工事内容 マンション

工事の内容は同じですが、請求される費用はそれぞれ異なっています。

工事費用の金額は後ほど紹介します。

auひかりとメガエッグの違い6つを知ろう!

auひかりとメガエッグには、異なる点が5つあります。

5つの相違点はどちらのサービスを選ぶのかを判断するポイントになるので、しっかり把握しておきましょう。

違いその1.サービスの提供エリアが違う

日本地図

メガエッグとauひかりには、サービスを提供しているエリアに大きな違いがあります。

メガエッグは中国電力系列の会社が運営しているので、

  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 山口県

にしかサービスを提供していません。

auひかりは全国的にサービスを提供していますが、運営しているKDDIが電力系通信事業者の幹部会社です。

そういう関係があり、電力会社の100%子会社が運営するeo光がある関西とコミュファ光がある中部では戸建てタイプを利用することができません。

メガエッグとauひかりを比較する必要があるのは、中国地方に住んでいる人に限られるわけです。

ただ、地域によってはメガエッグとauひかりのどちらかしか提供されていないことがあるので、下記のページで確認しておきましょう。

auひかり・メガエッグ 提供エリア確認ページ

サービスURL
auひかりhttps://bb-application.au.kddi.com/auhikari/zipcode
メガエッグhttps://www.megaegg.jp/area_check/article_check.html

違いその2.対応速度が違う

スピード

メガエッグとauひかりには、対応する通信速度に大きな違いがあります。

メガエッグは最大で1Gbpsの通信速度に対応していますが、マンションの配線方式によっては対応速度が最大100Mbpsになることがあります。

auひかりも最大1Gbpsの速度に対応していますが、2018年3月からは

  • 最大5Gbpsに対応した「auひかりホームV5ギガ」
  • 最大10Gbpsに対応した「auひかりホームX10ギガ」

の提供を開始しています。

といっても、「auひかりホームV5ギガ」と「auひかりホームX10ギガ」は関東でしか利用できないのが現状です。

中国地方に住んでいる場合はメガエッグとauひかりのどちらも対応速度が最大1Gbpsになります。

違いその3.実効速度が違う

メガエッグ光とauひかりはどちらも最大1Gbpsの速度に対応していますが、実際に出る通信速度は大きく異なっています。

メガエッグは回線のクオリティに定評があるサービスですが、実効速度が100Mbps以上になることは少ないです。



auひかりは実効速度が100Mbps以上になることが多く、場合によっては400Mbps以上の数値を叩きだします。



100Mbps以上のスピードが出れば十分快適にインターネットができますが、通信速度の速さにこだわるならauひかりがおすすめです。

違いその4.月額料金が違う

財布

auひかりとメガエッグには月額料金に違いがあるので、「auスマートバリュー」が受けられたとしても比較しておく必要があります。

auひかりの戸建てタイプには、

  • ずっとギガ得プラン
  • ギガ得プラン
  • 標準プラン

この3つがありますが、もっとも月額料金が安い「ずっとギガ得プラン」を選ぶことがほとんどです。

auひかり戸建てタイプ 月額料金

プラン1年目2年目3年目以降
ずっとギガ得
プラン
5,100円5,000円4,900円
ギガ得プラン5,200円
標準プラン6,300円

auひかりのマンションタイプは、住居内の契約戸数や配線方式によって月額料金が異なります。

auひかりマンションタイプ 月額料金

契約タイプ月額料金
タイプV16契約以上3,800円
8契約以上4,100円
都市機構
デラックス
東日本/
西日本
3,800円
タイプE16契約以上3,400円
8契約以上3,700円
マンション ギガ4,050円
マンションミニ ギガ5,000円
タイプF3,900円

メガエッグの戸建てには、

  • ファミリーコースプラン
  • ファミリーコース

この2種類があり、マンションタイプでは上記の2つに加えて「スタンダードコース」があります。

この3つのコースには、セキュリティソフトや設定サポートの利用が無料か有料になるかの違いがあります。

メガ・エッグ 光ネット[マンション](集合住宅)各コースの仕様

無料で利用できるオプションが多い「ファミリーコースプラン」は月額料金が若干高いです。

逆に無料で利用できるオプションが少ない「ファミリーコース」と「スタンダード」コースは月額料金が低めになっています。

そのため、メガエッグでは必要なオプションにあわせてプランを選ぶ必要があります。

メガエッグ 戸建てタイプ 月額料金

プランファミリー
コース
プラス
ファミリー
コース
1年目4,000円4,000円
2~3年目5,410円5,000円
4~6年目5,410円5,000円
7年目以降5,110円4,700円

メガエッグのマンションタイプは、1棟あたりの契約戸数によって月額料金が変動します。

メガエッグ マンションタイプ 月額料金(1棟あたり15契約以下の場合

プランファミリー
コース
プラス
ファミリー
コース
スタンダード
コース
1年目2,200円2,200円2,600円
2~3年目4,281円3,800円3,400円
4~6年目4,481円4,000円3,600円
7年目以降4,281円3,800円3,400円

メガエッグ マンションタイプ 月額料金(1棟あたり16契約以上の場合

プランファミリー
コース
プラス
ファミリー
コース
スタンダード
コース
1年目2,000円2,000円2,400円
2~3年目4,081円3,600円3,200円
4~6年目4,281円3,800円3,400円
7年目以降4,081円3,600円3,200円

どちらにしても、メガエッグは契約を開始した直後は月額料金が安くなっています。

ですので、通信費を少しでも安くしたい人におすすめできるサービスと言えるでしょう。

auひかりとメガエッグの月額料金を表で比較してみると、メガエッグのほうがお得な印象を受けます。

auひかり・メガエッグ 月額料金比較表

サービス戸建てマンション
auひかり1年目:
5,100円

2年目:
5,000円

3年目以降:
4,900円

3,400~
5,000円
メガエッグ1年目:
4,000円

2~3年目:
5,000~
5,410円

4~6年目:
5,000~
5,410円

7年目以降:
4,700~
5,110円

1年目:
2,000~
2,600円

2~3年目:
3,200~
4,281円

4~6年目:
3,400~
4,481円

7年目以降:
3,200~
4,281円

安い料金でインターネットを使うならメガエッグを選んだほうがいいです。

しかし、とにかく通信速度が速い回線を使いたいなら月額料金を度外視してもauひかりを選ぶといった感じになります。

違いその5.初期費用の金額が違う

  • メガエッグ:戸建てとマンションともに35,000円
  • auひかり:戸建てで37,500円、マンションで30,000円

メガエッグ、auひかり、それぞれ契約時には上記の工事費用が必要になります。

どちらのサービスも初期費用が高額ですが、分割で支払うことができるうえに、月額料金を割り引いて実質負担を0円にしてくれます。

しかし、auひかりの工事費用を実質無料にするには、ひかり電話に加入しなければいけません。

そのため、初期費用を安くする条件はメガエッグのほうが優しいということになります。

違いその6.キャンペーンの内容が違う

メガエッグとauひかりは、どちらも契約特典としてキャッシュバックを用意していますが、もらえる金額が大きく異なります。

メガエッグを公式サイトから申し込むと、15,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

メガエッグ公式サイト 15000円キャッシュバック

auひかりを公式サイトで申し込むと10,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

ただ、メガエッグと比べるともらえる金額が低いうえに、ひかり電話に加入しなければいけません。

auひかり(au one net)10000円キャッシュバック

しかし、auひかりでは、公式サイトではなく代理店のサイトで申し込めば、ひかり電話に加入しなくても高額なキャッシュバックをもらうことができます。

auひかり代理店サイト

auひかりにはひかり電話に加入しないと工事費の負担が無くならないというデメリットがありました。

ですが、高額なキャッシュバックがもらえる代理店で申し込めば問題が無くなります。

ひかり電話に加入すれば、auひかりの工事費用が実質無料になるうえに、キャッシュバックの金額が高くなります。

キャッシュバックキャンペーンの充実度では、auひかりに分があると言えるでしょう。

auひかりとメガエッグならどちらを選ぶべき?さまざまな状況を仮定して解説!

auひかりとメガエッグにはそれぞれに得手不得手があるので、どちらのサービスを選ぶべきなのかは状況によって異なります。

さまざまな状況を仮定し、auひかりとメガエッグのどちらを契約したほうがいいのか考えてみましょう。

状況その1.新規で契約するならauひかりとメガエッグのどちらがいい?

新規

新規で契約する場合、通信速度の速さか料金の安さのどちらを重視するかで契約するサービスが変わってきます。

通信速度にこだわるなら回線の評価が高いauひかりを選ぶべきですが、料金の安さを求めるならメガエッグを選ぶべきです。

auひかりとメガエッグのどちらを契約しても工事は必要ですが、費用を負担する必要はないので初期費用は比較の対象にはなりません。

状況その2.auひかりからメガエッグへ乗り換えるのはアリなのか?

auひかり→メガエッグ

auひかりからメガエッグに乗り換えると月額料金が安くなりますが、通信速度がある程度落ちる可能性があります。

そのため、通信速度にこだわるなら、auひかりを使い続けたほうがいいでしょう。

auひかりからメガエッグに乗り換えるには工事が必要になりますが、先ほどから説明している通り初期費用はかかりません。

auひかりを解約するには更新月でない限り7,000円から15,000円の違約金が発生します。

ですが、公式の15,000円キャッシュバックキャンペーンがあるので問題ありません。

つまり、メガエッグに乗り換えるときは費用を心配する必要がないので、月額料金の安さを求めるなら悪い選択肢ではありません。

状況その3.メガエッグからauひかりに乗り換えるのはアリなのか?

メガエッグ→auひかり

料金の安さを重視するなら、メガエッグからauひかりへの乗り換えはおすすめできません。

先ほど比較した通り、auひかりの月額料金はメガエッグより高くなることがほとんどだからです。

マンションならauひかりに乗り換えて月額料金が安くなることがありますが、一部に限られます。

通信速度にこだわるなら、月額料金が高くなっても実効速度が優れているauひかりに乗り換えたほうがいいでしょう。

メガエッグからauひかりに乗り換えるには工事をしなければいけません。

ですが、代理店が運営するサイトで申し込めばキャッシュバックをもらえるので費用の負担が無くなります。

ひかり電話に加入して工事費用の実質無料割引を受ける方法もあるので、初期費用を心配する必要はないでしょう。

まとめ

auひかりとメガエッグはどちらも「auスマートバリュー」に対応しています。

このことからどちらもauユーザーにはおすすめできる光回線サービスと言えるでしょう。

しかし、回線のクオリティと月額料金には差があるので、通信速度とコストの安さのどちらに重きを置くかで選ぶべきサービスが変わってきます。

通信速度の速さを求めるなら回線のクオリティが高いauひかりがおすすめです。

そして利用料金を安くしたいならメガエッグを契約したほうがいいでしょう。