光回線のおすすめ4選

ソフトバンク光とYahoo!BB光の決定的な違い6つ!どっちがいいか比較!

ソフトバンクが提供しているインターネット回線「ソフトバンク光」は、セット割引やキャンペーンが充実していることで高い人気があります。

ただ、ソフトバンクによるインターネット回線には「Yahoo!BB光」もあり、ソフトバンク光と比べてどうなのか気になっている人は少なくないですよね?

ソフトバンク光とYahoo!BB光はサービスの内容が大きく異なっていますが、比較してみると多くの人がソフトバンク光を選ぶべきと感じるでしょう。

そこで、ここではソフトバンク光とYahoo!BB光の違い6つを紹介して、どちらを選ぶべきか解説します。

ソフトバンクのインターネット回線を契約しようと思っている人は、参考に読んでみてくださいね。

Yahoo!BB光とソフトバンク光の共通点5つを知ろう!

5

Yahoo!BB光とソフトバンク光は同じ会社が運営しているサービスなので、意外と多くの共通点があります。

どのようなところが共通しているのか見てみましょう。

共通点その1.同じ会社が運営している

Yahoo!BB光とソフトバンク光は、どちらも携帯電話キャリアとして有名なソフトバンクが運営するサービスです。

大手企業のソフトバンクが運営していると聞いただけで、Yahoo!BB光とソフトバンク光はどちらも信頼できるサービスだと思う人が多いのではないでしょうか?

そのイメージは大方間違いではなく、Yahoo!BB光とソフトバンク光のどちらもサービスのクオリティは高くなっています。

共通点その2.利用する回線が同じ

Yahoo!BB光とソフトバンク光では、どちらもフレッツ光の回線でインターネットを提供しています。

フレッツ光はもともとNTTが長年インターネットを提供している回線なので、クオリティは申し分ありません。

共通点その3.対応している通信速度が同じ

スピード

フレッツ光の回線は最大で1Gbpsの速度に対応していて、Yahoo!BB光とソフトバンク光のどちらを契約しても対応速度は変わりません。

ただ、マンションで利用する場合、住居によっては配線方式によって対応速度が最大100Mbpsになることもあります。

インターネット回線は対応速度が同じでも、実効速度はサービスによって大きく異なります。

しかし、Yahoo!BB光とソフトバンク光は同じ回線とプロバイダを利用します。(後で詳しく説明します)

ですので実効速度に大きな違いはなく、どちらも安定して100Mbps程のスピードを出してくれます。

ただ、Yahoo!BB光とソフトバンク光は、どちらも通信速度を安定させるために接続方式を「iPv6」に切り替えることがほぼ必須です。

「iPv6」を利用するための料金には若干の違いがあるので、後半の「相違点の紹介」であわせて解説します。

共通点その4.サービスの提供エリアが同じ

Yahoo!BB光とソフトバンク光はどちらもフレッツ光の回線でインターネットを提供しているので、利用できる地域はどちらもフレッツ光の提供エリアと同じになっています。

フレッツ光のエリア確認ページで利用できると表示されれば、どちらのサービスも契約できることになります。

Yahoo!BB光やソフトバンク光の契約を考えている人は、下記のページで自宅が提供エリア内なのか調べてみましょう。

Yahoo!BB光・ソフトバンク光 サービス提供エリア確認ページ

エリアURL
東日本https://flets.com/app2/cao/prefselect/index/
西日本https://flets-w.com/service/next/area/

共通点その5.新規で契約すると回線の導入工事が入る

新規で契約する場合、Yahoo!BB光とソフトバンク光のどちらも回線を導入するために工事が必要になります。

どちらの同じ種類の回線を利用するので、工事の作業内容も全く同じものになります。

戸建てタイプでは電柱から自宅へ光ファイバーを引いて、家の中に光コンセントとホームゲームウェイを設置する作業が行われます。

フレッツ光 開通工事の流れ 戸建て

マンションタイプでは予め住居に光ファイバーが引かれていることが多いのです。

よって壁の中から宅内に通信ケーブルを引いて、光コンセントとホームゲームが設置されるパターンになることがほとんどです。

フレッツ光 開通工事の流れ マンション

ただ、工事の作業内容が同じなのに、初期費用の金額はYahoo!BB光とソフトバンク光で違いがあります。

初期費用の金額については、後で詳しく説明します。

Yahoo!BB光とソフトバンク光の違い6つを知ろう!

6

Yahoo!BB光とソフトバンク光は運営会社が同じでも、サービスの形が全く異なるので5つの相違点があります。

5つの相違点がどちらのサービスを選ぶかの基準になるので、必ず把握しておきましょう。

違いその1.サービスの提供形式が違う

Yahoo!BB光とソフトバンク光はどちらもフレッツ光の回線を利用しますが、サービスが提供される形式が同じというわけではありません。

Yahoo!BB光を利用する場合、回線の提供元はNTTになり、プロバイダサービスはYahoo!BB光が行います。

なので、回線の利用料金はNTTに、プロバイダの利用料金はYahoo!BB光に支払うことになります。

ソフトバンク光でもフレッツ光の回線とYahoo!BB光のプロバイダサービスを利用しますが、回線とプロバイダサービスのどちらもソフトバンクが提供します。

回線とプロバイダの利用料金はまとめてソフトバンクに支払うことができるので、Yahoo!BB光と比べると金銭管理の手間がかかりません。

回線とプロバイダの料金を別々に支払うのが面倒なら、ソフトバンク光を選んだほうがいいでしょう。

サービスの形式が違うことによる影響は、サポート窓口にも出てきます。

Yahoo!BB光を利用すると、サポート対応はNTTとYahoo!BB光が行いますが、相談する内容によって問い合わせる窓口が変わります。

回線にまつわる相談になるとNTTとYahoo!BB光の窓口をたらい回しにされる恐れがあるので、ストレスを感じる可能性が否定できません。

ソフトバンク光ならソフトバンクが一括してサポート対応を行ってくれるので、複数の窓口をたらい回しにされる可能性が低くなります。

サポート窓口の使いやすさも、ソフトバンク光のほうが優れているというわけです。

違いその2.月額料金が違う

財布とお金

Yahoo!BB光とソフトバンク光では、月額料金にも大きな違いがあります。

先ほども説明しましたが、Yahoo!BB光ではフレッツ光の利用料金とプロバイダの利用料金が別々に発生します。

プロバイダの利用料金は

  • スタンダードプランで1,200円
  • プレミアムプランで1,450円

となっていますが、フレッツ光の利用料金はエリアや住居によって異なります。

そのため、Yahoo!BB光の利用した場合の月額料金は、以下の表を目安にしなければいけません。

Yahoo!BB光 月額料金

エリア住居タイプフレッツ光
の月額料金
Yahoo!BB光
の月額料金
合計
東日本戸建て4,700~
5,700円
スタンダード:
1,200円

プレミアム:
1,450円

スタンダード:
5,900~6,900円

プレミアム:
6,150~7,150円

マンション3,050~
4,350円
スタンダード:
950円

プレミアム:
1,200円

スタンダード:
4,000~5,300円

プレミアム:
4,250~5,550円

西日本戸建て3,610~
5,400円
スタンダード:
1,200円

プレミアム:
1,450円

スタンダード:
5,810~6,600円

プレミアム:
5,060~6,850円

マンション1,830~
3,900円
スタンダード:
950円

プレミアム:
1,200円

スタンダード:
2,780~4,850円

プレミアム:
3,030~5,100円

ソフトバンク光の月額料金、フレッツ光の回線とプロバイダの利用料が1つになっているうえに、戸建てとマンションともに金額が一律になっています。

とてもわかりやすいですね。

ソフトバンク光 月額料金

住居タイプ月額料金
戸建て5,200円
マンション3,800円

Yahoo!BB光とソフトバンク光の月額料金をまとめた表で比べてみましょう。

Yahoo!BB光・ソフトバンク光 月額料金比較表

サービス戸建てマンション
Yahoo!
BB光
【東日本】

スタンダード:
5,900~6,900円

プレミアム:
6,150~7,150円

【西日本】

スタンダード:
4,810~6,600円

プレミアム:
5,060~6,850円

【東日本】

スタンダード:
4,000~5,300円

プレミアム:
4,250~5,550円

【西日本】

スタンダード:
2,780~4,850円

プレミアム:
3,030~5,100円

ソフト
バンク光
5,200円3,800円

東日本では、戸建てとマンションともにソフトバンク光を選んだほうが月額料金が安くなります。

西日本では、戸建てとマンションともに申込むプランや住居の条件次第でYahoo!BB光を選んだほうがいい場合があります。

ただ、この後に紹介するセット割引を受けることができれば、エリアや住居の条件など関係なくソフトバンク光を選んだほうがいい結論になります。

違いその3.セット割引を受けられるかが違う

ソフトバンク光には「おうち割光セット」というセット割引があり、これを受けられるかがどちらのサービスを選ぶかを決める重要なポイントになります。

ソフトバンク光 おうち割光セット

「おうち割光セット」とはソフトバンクのスマホ代が割引される特典で、スマホ代が最大で1,000円安くなります。

おうち割光セット 離れて住む家族も対象

おうち割光セット 割引金額

スマホの料金プラン割引金額
データ定額
50GB/20GB/5GB

パケットし放題フラット
for 4G LTE(7GB)

1,000円
データ定額ミニ
2GB/1GB

データ定額
(3Gケータイ)

500円

さらに、「おうち割光セット」は家族も対象なので、ソフトバンクのスマホを使っている人が多ければ割引金額もより高くなります。

つまり、ソフトバンクのスマホを使っている人なら、Yahoo!BB光よりもソフトバンク光を選んだほうがいいわけです。

Yahoo!BB光にはスマホ代が安くなるセット割引がないので、ソフトバンク光ほどお得ではないと言わざるを得ません。

違いその4.初期費用の金額が違う

Yahoo!BB光とソフトバンク光のどちらも契約するときは初期費用が必要になり、そのほとんどを工事費用が占めています。

Yahoo!BB光を契約した場合の工事費はNTTが定めた金額になり、

  • 戸建てで18,000円
  • マンションで15,000円

です。

ソフトバンク光を契約した場合の工事費は、

  • 戸建てとマンションのどちらも24,000円

とYahoo!BB光より高額なものになっています。

ただ、フレッツ光からの乗り換えなら自宅の回線を継続して使うので、工事をする必要がありません。

新規での契約を考えている人の中には、「同じフレッツ光の回線を使うのに工事費に違いがあるのはおかしい」と思った人は多いのではないでしょうか?

しかし、ソフトバンク光では、キャンペーン特典を受けることで工事費による負担をなくすことができます。

違いその5.キャンペーン特典の内容が違う

キャンぺーン

Yahoo!BB光とソフトバンク光では、キャンペーンの充実度に大きな差があります。

キャンペーン特典だけで考えると、ソフトバンク光が断然お得です。

ソフトバンク光はキャンペーンの充実度がとても高く、初期費用が無料になるどころかお小遣いになるキャッシュバックがもらえる可能性があるからです。

他社からソフトバンク光へ乗り換えると「SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引きキャンペーン」が適用されます。

そうすると24,000円のキャッシュバックか、24ヶ月間渡って1,000円の割引を受けることができます。

ソフトバンク光乗り換えキャンペーン

上記のキャンペーンを受けることができれば、ソフトバンク光の工事費が実質0円になります。

さらに、代理店のキャンペーンサイトでソフトバンク光を申し込めば、別でキャッシュバック特典を手に入れることもできます。

ソフトバンク光代理店キャンペーンサイト

Yahoo!BB光には、キャッシュバックや割引が受けられるキャンペーンがほとんどありません。

特典と言えば、初月のプロバイダ料金が無料になるぐらいです。 

Yahoo!BB光 with フレッツ プロバイダー料初月無料

キャンペーンの充実度なら、ソフトバンク光がはるかに上回っていると言えるでしょう。

違いその6.「iPv6」を利用する料金が違う

Yahoo!BB光とソフトバンク光の通信速度を安定させるには、接続方式を「iPv6」への切り替えることがほぼ必須です。

接続方式を「iPv6」には切り替えるには、どちらのサービスも「光BBユニット」のレンタルが必要です。

光BBユニット

光BBユニットとは、光電話のルーターや無線LANルーターの機能が利用できる接続機器です。

Yahoo!BBとソフトバンク光のどちらを契約しても、光BBユニットをレンタルするには467円の月額料金が必要になります。

しかし、ソフトバンク光では、「おうち割光セット」を受けるために加入が条件となっているオプションパックに、光BBユニットのレンタルが含まれています。 

おうち割光セットの3つのオプション

「おうち割光セット」が受けられるソフトバンクユーザーなら、ソフトバンク光を契約したほうが光BBユニットの利用料金が安くなるわけです。

通信速度を安定させるコストで考えても、ソフトバンク光のほうがYahoo!BB光よりも条件が良いと言えるでしょう。

Yahoo!BB光とソフトバンク光ならどっちがいい?あらゆる状況を仮定して解説!

運営会社が同じYahoo!BB光でもソフトバンク光でも、さまざまな要素で比較するとソフトバンク光のほうが優れています。

そのため、どのような状況でもソフトバンク光を選んだほうが無難です。

あらゆる状況を仮定して、Yahoo!BB光とソフトバンク光のどちらを契約したほうがいいのか考えてみましょう。

状況その1.新規で回線を契約するならYahoo!BB光とソフトバンク光のどっち?

新規

新規で契約するならどちらのサービスを選んでも工事が必要になりますが、ソフトバンク光を申し込んだほうが無難です。

ソフトバンク光はキャンペーンが充実しているので、初期費用がほとんどかかりません。

月額料金もYahoo!BB光より安く、「おうち割光セット」を受けることができればソフトバンク光のほうが断然お得です。

Yahoo!BB光は初期費用の負担がなくなるキャンペーンがなく、セット割引もないので、ソフトバンク光と比べるとお得とは言えません。

状況その2.Yahoo!BB光からソフトバンク光へ乗り換えるのはアリなのか?

Yahoo!BB光からソフトバンク光

Yahoo!BB光を使っているなら、ソフトバンク光への乗り換えは魅力的な選択肢だと言えます。

なぜなら、Yahoo!BB光からソフトバンク光へ乗り換える場合は、工事をする必要がないからです。

工事をする必要がなくなると、初期費用をかけずにソフトバンク光に移行することができます。

ソフトバンク光に乗り換えると月額料金が安くなる可能性が高く、「おうち割光セット」を受けることができればYahoo!BB光よりも通信費を大幅に安くできます。

状況その3.ソフトバンク光からYahoo!BB光へ乗り換えるのはアリなのか?

ソフトバンク光からYahoo!BB光

ソフトバンク光からYahoo!BB光への乗り換えは、以下の4つもデメリットがあるのでおすすめすることはできません。

  • 月額料金が高くなる
  • 「おうち割光セット」の割引が無くなる
  • 工事が必要だから高額な初期費用がかかる
  • ソフトバンク光を解約して違約金が発生する

Yahoo!BB光に乗り換えると、月額料金がソフトバンク光より高くなることがほとんどです。

「おうち割光セット」を受けている人だと割引が無くなってしまいので、ソフトバンク光よりも通信費が高くなることはほぼ確実です。

Yahoo!BB光からソフトバンク光へ乗り換える場合は工事をする必要がありません。

しかし、ソフトバンク光からYahoo!BB光に乗り換える場合は管理システムが異なる関係で、工事をしなければいけません。

Yahoo!BB光はソフトバンク光ほどキャンペーンが充実していないので、15,000円から18,000円の工事費を負担することになります。

ソフトバンク光を解約するときも更新月でない限り9,500円の違約金が請求されるので、Yahoo!BB光への乗り換えは損でしかないと思ってください。

ソフトバンク以外でスマホを使っている人は他社も選択肢になる

スマホを持ってグッドサインをするビジネスマン

選択肢がYahoo!BB光とソフトバンク光に絞られている場合、どのような状況でもソフトバンク光を選ぶべきです。

といっても、ソフトバンク以外のキャリアでスマホを使っているなら話は変わってきます。

ドコモやauでスマホを使っている人がソフトバンク光を契約しても、「おうち割光セット」が受けられないからです。

ドコモやauでスマホを使っている人は、セット割引が受けられる他社のサービスとも比較したほうがいいでしょう。

ドコモユーザーならドコモ光、auユーザーならauひかりやKDDIの提携サービスを利用すればセット割引を受けることができます。

まとめ

Yahoo!BB光とソフトバンク光は、どちらもソフトバンクが運営するサービスですが、全く別ものと考えるべきです。

どちらのサービスを選ぶべきかと聞かれると、ソフトバンク光です。

ソフトバンク光は月額料金が安いうえに、ソフトバンクでスマホを使っていれば「おうち割光セット」が適用されるので、Yahoo!BB光よりも断然お得です。

ソフトバンクのインターネット回線を契約するなら、ソフトバンク光一択と思っていいでしょう。