光回線のおすすめ4選

PS4などでのオンラインゲームのためにIPv6を契約すべき理由2つ

通信速度を改善するために多くの人が用いているIPv6はオンラインゲームでも効果があるのか気になりますよね。

 

IPv6はオンラインゲームの通信状態も改善できるツールにもなります。一部のゲームタイトルでは弊害が伴いますが、普通にゲームで遊ぶだけならデメリットはないと思っていいでしょう。

 

ここではPS4などでのオンラインゲームを快適にするためにIPv6を契約するべき理由をご紹介します。快適にオンラインゲームができる環境を作りたい人はぜひご覧ください。

IPv6とは

IPv6とは新しい通信プロトコルを利用する機能ですが、オンラインゲームでの通信速度を安定させるツールともいえます。

 

IPv6はIPアドレス不足問題を解消するために展開された機能

IPv6とは名前の通り新しい通信プロトコルのIPv6が利用できる昨日ですが、どのような昨日なのかを知るには通信プロトコルについて理解する必要があります。

 

通信プロトコルとはインターネット通信を行ううえでのルール、わかりやすくいうとIPアドレスを発行するシステムです。インターネットから情報をもらうには、契約しているプロバイダからIPアドレスを発行してもらわないといけません。

 

以前までインターネット通信のプロトコルにはIPv4の1種類しかありませんでしたが、発行できるIPアドレスの数に約43億個までの限りがあり、2011年11月31日の時点で(アメリカの国政調査局の推測だと2012年3月12日頃)世界の人口が70億人に達したことで不足が問題視されるようになりました。

 

IPアドレスの不足問題を解消するために展開されたのがIPv6です。IPv6で発行できるIPアドレスは約340澗個と膨大なので、世界中のユーザーに浸透すれば不足問題を解決できます。

 

IPv6接続を使えば通信速度の安定化も図れる

IPv6には通信速度を改善できるメリットもあります。

 

以前まで主流のプロトコルだったIPv4ではプロバイダを経由するPPPoE方式が用いられていて、利用者が増加する夜は通信速度が低下しやすく遅延が起きやすい欠点がありました。IPv6ではプロバイダを経由しないIPoE方式が利用できるので、時間帯や利用者の増加に関係なく通信状態が安定して、オンラインゲームで遅延が起きる可能性が低くなります。

 

※IPoE方式とPPPoE方式のイメージ。

 

オンラインゲームを遊ぶときの通信状態を安定させるためにIPv6を使いはじめる人は増えつつありますが、すべてのIPv6対応プロバイダでIPoE方式が使えるわけではありません。IPv6を使ってオンラインゲームの通信状態を安定させるには、IPoE方式が利用できるプロバイダとの契約が必要な点に注意してください。

 

IPv6をオンラインゲームのために契約すべき理由

結論からいうと、オンラインゲームを快適に遊ぶためにIPv6を導入するのはとてもおすすめの方法です。IPv6でオンラインゲームをプレイする方法には以下2つのメリットがあるからです。

 

  • 通信状態が安定する
  • V6プラスを使えば遊べるゲームのタイトルは少なくならない

 

一部のタイトルでは固定IPアドレスが使えない欠点が生じますが、対策方法があるので問題視する必要はないといえます。

 

IPv6を使えば通信状態が安定する

オンラインゲームを遊ぶためにIPv6を使うべき理由は、通信状態が安定する点です。IPv6ではIPoE方式での接続が可能なので通信状態の安定性が高いので、活用すれば大きな遅延が許されない格闘ゲームやFPS、TPSまで快適にプレイできる環境が仕上がります。

 

IPv6に対応したゲーミングルーターがないデメリットこそありますが、Buffaloの高性能ルーターを用意すれば十分事足ります。

 

V6プラス対応環境を作れば遊べるゲームの幅は狭くならない

IPv6を使うと遊べるゲームのタイトルが減ると聞いたことはありませんか?

 

現在販売されているゲーム機とタイトルのほとんどはIPv4にしか対応していないので、IPv6を使うと遊べるゲームのタイトルが減るのは間違いのない事実ですが、V6プラス(別名IPv6 IPoE+IPv4)を使えば話は変わってきます。

 

V6プラスではIPoE方式での接続を維持してIPv6とIPv4が併用できるので、通信状態を安定させたままIPv4のみに対応したオンラインゲームがプレイできます。V6プラスを使えば遊べないオンラインゲームはほとんどないと考えていいでしょう。

 

V6プラスが利用できないとIPv4のみ対応のオンラインゲームを遊ぶときの通信速度が安定しないので、IPv6だけ使えばいいわけではありません。IPv6を使ってオンラインの通信状態を安定させるには、V6プラスの利用が必須なので注意してください。

 

V6プラスおよびIPv6で遊べるオンラインゲームのタイトルは当サイトの下記のページで紹介しているので、あわせてご覧ください。

オンラインゲームをしている人V6プラスの非対応ゲーム名一覧!PS4やフォートナイトなどのオンラインはできるか解説!

 

固定IPが使えない弊害はあるが対処法はある

IPv6には固定IPが使えないデメリットがあるので、MMORPGやマインクラフトでワールドを公開できない弊害が伴います。MMORPGやマインクラフトで自分が作成したワールドを公開するには、固定されたIPアドレスが必要だからです。

 

とはいえ、IPv6を導入すると必ずワールドの公開ができなくなるわけではなく、下記のプロバイダを別途契約して固定IPアドレスサービスを利用する方法もあります。

 

  • オープンサーキット
  • JPNE

 

上記のプロバイダを契約して固定IPアドレスを使うと数千円ほどの月額料金がかかりますが、サーバーを公開するためにお金をかける価値があると感じるのであれば活用を検討してみましょう。

 

マインクラフトで自分のワールドを共有したい場合、Realmsの利用する方法もあります。Realmsは自分のワールドをマインクラフトのサーバーに保存する機能なので、わざわざ固定IPアドレスを用意する必要がなくなります。

 

Realmsの利用料金は月額904円からなので、固定IPアドレスを使うよりも料金がおトクです。

 

IPv6の導入方法

IPv6を使うには対応の回線やプロバイダとの契約が必要ですが、契約さえできれば簡単に導入できます。

 

対応回線・プロバイダを契約orIPv6の利用申し込みをする

IPv6を利用するには、対応の回線やプロバイダとの契約が必須です。今契約している回線やプロバイダがIPv6に対応していない場合、対応している他社へ乗り換えましょう。

 

フレッツ光を利用している場合、下記のプロバイダへの乗り換えがオススメです。

 

おすすめのIPv6対応プロバイダ
@nifty、BIGLOBE、DTI、plala、So-net、Yahoo!BB、GMOとくとくBB

 

回線とプロバイダの両方を乗り換える場合、下記の事業者がオススメです。

 

おすすめのIPv6対応回線事業者
ドコモ光(GMOとくとくBB)、ソフトバンク光、OCN光、ビッグローブ光、ぷらら光、So-net光、@nifty光、auひかり(プロバイダごとに異なる)、NURO光、コミュファ光(プロバイダごとに異なる)、eo光、ピカラ、メガエッグ

 

上記のプロバイダや回線事業者はv6プラスかそれと同等の機能が利用できるので、オンラインゲームでの通信状態が向上します。

 

対応ルーターを設置する

対応回線やプロバイダとの契約や利用申し込みが完了すれば、あとはIPv6対応のルーターを設置するだけです。設定ツールを使ってプロバイダ情報を入力するといって作業は基本的に不要です。

 

IPv6対応ルーターは当サイトの下記のページで紹介しているので、あわせてご覧ください。

無線LANルーターV6プラス対応のおすすめ無線LANルーター5選!NEC、バッファローなど比較して紹介!

 

IPv6の効果を得るための注意点

IPv6を使かって効果を得るためには、以下2つの点に注意しておきましょう。

 

  • ルーターのPPPoE設定が有効ではないか
  • IPv6パススルー機能の有効化が必要な場合あり

 

上記の注意点を知っておけば、IPv6を導入して効果がないと感じたときにスムーズに対処できます。

 

ルーターのPPPoE設定が有効ではないか要確認

契約回線やプロバイダを変えずに途中でIPv6を申し込む場合、ルーターに登録しているPPPoE設定が有効になっていないか確認してみましょう。PPPoE設定が有効になっていると、IPv6・V6プラスの優先順位が下がりIPv4やPPPoEで接続される頻度が高くなるからです。

 

PPPoE設定が有効かの確認と無効にする方法はルーターの種類ごとに違いますが、基本的な手順は同じです。Buffaloのルーターの場合、下記の手順でPPPoE設定を無効にできます。

 

  • ネットに接続しているデバイスのブラウザでルーターの設定ツールを起動する
  • 「詳細設定」をクリックする
  • 「Internet」をクリックして、次の画面でも「Internet」をクリックする
  • 「PPPoE」をクリックして、状態を無効にする

 

無効化が面倒な人はルーターを初期化させるといいでしょう。

 

パススルー機能の有効化が必要な場合あり

場合によっては設置したルーターのIPv6パススルー機能を有効化が必要です。対応ルーターを設置しても通信速度が改善されない場合、IPv6パススルー機能を有効にしてみましょう。

 

IPv6パススルー機能を有効にする方法はルーターの種類ごとに違いますが、基本的に設定ツールを利用します。

 

Buffalo製のルーターでは設定ツールのメニュー画面で「詳細設定」を選んでから「セキュリティ」を選択し、さらに「VPNパススルー」を選択してから「フレッツIPv6サービス対応機能」の項目にチェックを入れるパターンが多いです。

 

ELECOM製のルーターでは設定ツールのメニュー画面で「WAN&LAN設定」を選び、次の画面で「WAN設定」を選択した次の画面で「IPv6ブリッジを有効にする」にチェックを入れてください。

 

フレッツ光や光コラボでホームゲートウェイを利用している場合も、設定ツールを起動させてメニュー画面の右側で「詳細設定」を選択してから「高度な設定」を選び、次の画面で「IPv6ブリッジ(有線LAN)」の項目にチェックを入れます。

 

オンライン対戦のマッチングができないときの対処法

IPv6を使ってオンライン対戦のマッチングができない場合は、ルーターのUPnP機能を無効にしてみましょう。UPnPを無効してオンライン通信が可能になる確率は高いです。

 

UPnPを無効にする方法はルーターの種類ごとに若干違いますが、基本的な流れは一緒です。Buffaloのルーターを利用している場合、以下の手順でUPnPを無効化できます。

 

  • デバイスでルーターの設定ツールを起動させる
  • メニュー画面で「ネットワーク」を選択する
  • 「UPnP」を選択する
  • UPnP機能の「使用する」からチェックを外す
  • 「設定」を選択する

 

最後に「設定」を選択しないとUPnPが無効にならないので気をつけましょう。