光回線のおすすめ4選

NURO光10Gとは?実測はどうか評判はどうか実態を解説!

光回線サービスを通信速度のクオリティで選びたい、と思う人は多いのではないでしょうか?

現在の光回線サービスは、通信速度が最大1Gbpsであることが一般的です。

しかし、So-netは1Gbpsよりも高速の光回線サービスを提供しています。それが「NURO光」です。

NURO光は最大2Gbpsの速度に対応していて、さらに10Gbps対応のNURO光10Gも提供しています。

NURO光10Gが対応する10Gbpsという速度は、他の光回線サービスでは出せない速度なので気になっている人は少なくありません。

しかし、NURO光10Gのクオリティを発揮するにはハードルが高く、利用できるエリアも限られているというデメリットがあります。

ここでは、世界最速と言われるNURO光10Gのサービス内容について解説します。

NURO光10Gのクオリティや評判が気になっている人は、参考にしてくださいね。

NURO光10Gとはどんなサービスなのか?

まずはNURO光10Gのサービス内容について見ていきましょう。

NURO光10Gは最大10Gbpsの下り速度に対応した世界最速の光回線

「NURO光10G」とは、フレッツ光のプロバイダとして有名だったSo-netが提供する光回線サービスです。

So-netは「NURO光10G」のサービスを開始する前から、「NURO光」(以下、従来型NURO光)を提供していました。

「NURO光」

従来型NURO光は下り速度が最大2Gbpsとなっていて、もっとも通信速度が優れている光回線サービスです。

他の光回線は下り速度が最大1Gbpsであることがほとんどなので、従来型NURO光はもっとも通信速度が速いサービスと言えます。(速度の詳細は以下の記事をご参照ください。)

NURO光の速度平均は遅い?回線速度の実態を暴露します!

NURO光10Gは下り速度が最大10Gbpsとなっていて、従来型よりもさらに高速になっています。

10Gbpsの下り速度に対応しているサービスは他にありません。NURO光10Gは世界最速の光回線サービスなのです。

最大10Gbpsの下り速度に対応しているだけあって、夜に通信速度が遅くなることもありません。

なお従来型NURO光の無線の最大速度は450Mbpsで、NURO光10Gの場合はその約3倍の1.3Gbpsとなっています。

NURO光10Gが高速通信できる理由

高速通信

NURO光10Gが10Gbpsの超高速通信ができるのは新しい技術を取り入れたためです。

従来型のNURO光では光ファイバーの伝送規格GPON(Gigabit Passive Optical Network)を使っていました。

このGPONという技術により電話や回線などのサービスを効率的にまとめることでき、他社よりも圧倒的に速い2Gbpsを実現していました。

他社はほとんどNTTの回線を使っていて、この技術には対応しておらず導入できていませんでした。

NURO光だけはNTTの回線を使っておらずダークファイバーを使っていたため、技術の導入が容易にできたわけです。(ダークファイバーの詳細は以下の記事をご参照ください。)

ダークファイバーとは?専用線との違いから仕組みまで全て解説!

そしてこのGPONという技術の新世代の規格が、XGPON(10Gigabit Capable Passive Optical Network)。

このXGPONを新たに導入して、10Gbpsの高速化に成功したのです。

NURO光10Gが利用できるエリア

従来型のNURO光は関東・東海・関西で提供されています。NURO光10Gはこの条件より厳しく、関東・東海・関西のうちの

  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県(島田市、藤枝市、焼津市)
  • 大阪府(羽曳野市、枚方市、藤井寺市、八尾市)
  • 兵庫県(明石市、神戸市西区、姫路市)
  • 奈良県(生駒市、香芝市、橿原市、葛城市、北葛城郡上牧町、桜井市、奈良市)

これらの一部エリアのみで利用できます。

サービスが提供されるエリアが広がる可能性はありますが、いつどの地域で利用できるようになるのかは不透明です。

NURO光10Gが利用できる条件

マンション

従来型NURO光は、戸建てと7階以下のマンションでなければ使うことができません。ただ8階建て以上のマンションで利用できる「NURO光 for マンション」はあります。

しかし、これは住居内の契約者が4人以上にならなければ使えません。従来型NURO光は、マンションで利用するハードルが高いのです。(詳細は以下の記事をご参照ください。)

NURO光forマンションは人が集まらないと工事できない?詳細を全解説!

NURO光10Gはさらにハードルが高くなっていて、戸建てと5階以下のマンションでなければ使うことができません。

マンションに住んでいる人の中で、NURO光10Gが契約できる人は、従来型NURO光よりも限られてしまいます。

ただそれ以外の契約条件はなく、エリアに入ってさえいれば個人でもこの高速回線を契約して使うことができます。

NURO光10Gの料金を知ろう!他の光回線サービスより高い?

調査

NURO光10Gは、光回線サービスの中でもっとも通信速度が優れているので、誰でも安心して契約することができます。

しかし、料金面ではお得なサービスとは言えません。NURO光10Gには「対応速度が速い代わりに料金が高い」というデメリットがあります。

最大10Gbpsの下り速度に高い料金を支払う価値を見出せるのかがポイントになってきます。

NURO光10Gは通常のNURO光より料金が高い

NURO光10Gの月額料金は6,480円となっていて、契約期間を2年にしても金額が変わりません。

従来型NURO光の月額料金は7,124円となっていますが、プランを2年契約の「NURO光G2V」にすれば4,743円にすることができます。

契約期間を2年にすれば、従来型NURO光のほうが料金が安くなるわけです。

NURO光10G・NURO光 料金比較表
項目NURO光10G従来型NURO光
2年間の
継続契約
継続契約
無し
NURO光
G2V
NURO光
G2
月額
基本料金
6,480円6,480円4,743円7,124円
工事費40,000円

(30ヶ月での
分割支払い)

40,000円

(30ヶ月での
分割支払い)

40,000円

(30ヶ月での
分割支払い)

40,000円

(30ヶ月での
分割支払い)

契約事務
手数料
3,000円3,000円3,000円3,000円
契約期間2年無し2年無し
契約解除
料金
9,500円0円9,500円0円

なおNURO光10Gは2年間の継続契約の場合は、工事費相当分割引が割引となります。つまり実質工事費は無料です。

また、「NURO光 for マンション」が利用できれば、さらに月額料金が安くなります。

NURO光 for マンション 月額料金
利用人数4人5人6人7人8人9人10人以上
月額
基本料金
1,600円1,600円1,600円1,600円1,600円1,600円1,600円
Hands-up
回避
900円900円900円800円700円600円300円
合計2,500円2,500円2,500円2,400円2,300円2,200円1,600円

※NURO光 for マンションは住居内の利用者が4人にならなければ利用不可。

NURO光10Gはキャンペーンを含めて考えても高い

NURO光10Gには「1年間3,980円キャンペーン」があります。

しかし、それでも長期的に使うことを考えれば料金が高いと言わざるを得ません。

NURO光 1年間3,980円キャンペーン適用時の料金
項目開通月2ヶ月目~
12ヶ月目
13ヶ月目
以降
月額基本料金6,480円6,480円6,480円
キャンペーン
割引
-6,480円-2,500円0円
割引適用時の
金額
0円3,980円6,480円

他の光回線サービスと比べても、NURO光10Gの月額料金は高くなっています。

NURO光10G 他社のとの月額料金比較
住居タイプNURO光
10G
ソフトバンク光auひかり
戸建て6,480円5,200円4,900~5,200円
マンション3,800円3,400~5,000円

NURO光10Gを契約するか考えるときは、最大10Gbpsの下り速度に毎月6,480円を払う価値があると思えるかがポイントになります。

電話オプションはNURO光と同じ

電話オプションについては、NURO光10GはNURO光と同じ料金で使うことができます。

  • 関東:500円
  • 東海・関西:300円

この料金で追加費用等はなしで使えます。

NURO光10Gの実効速度はどれほどなのか?落とし穴あり?

NURO光10Gは、世界でもっとも通信速度が優れている光回線サービスです。しかし、NURO光10Gを契約する価値があるのかは微妙なところです。

NURO光は最大10Gbpsの下り速度に対応しています。ですが、このクオリティに追いつけるデバイスや通信機器はほとんどないことが理由です。

NURO光10Gの実効速度は1G以上は出ない?

驚き

NURO光10Gは下り速度が最大10Gbpsなので、多くの人は魅力的に感じるでしょう。

しかし、今の状況でNURO光10Gを契約する意味はそこまでありません。

最大10Gbpsの速度に対応しているデバイスや通信機器は、ほとんどないのが現状です。

ネットを利用するパソコンやスマホなどのデバイスは、対応速度が800Mbpsから1,000Mbps程度のものが多いです。

なので、最大10Gbpsの回線をフルに活かすことができません。

そのため、NURO光10Gを実効速度は800Mbps程になる可能性が高く、実測値が800Mbpsだったという事例も存在しています。

現状ではNURO光10Gを利用する価値は高くないので、従来型NURO光でも十分と言えます。

無線の速さの実効速度も期待できない

無線lanルーター

無線の速さにおいても同様にあまり活かせない可能性が高いです。

NURO光10Gの無線の最大の速さは1.3Gbpsですが、多くの無線LANルーターは300~800Mbpsの速度までしか対応していません。

優れた機器でも対応速度が最大で2,133Mbpsで1.3Gbpsまで対応はできます。

しかし、限界速度が大きくなるとルーターの料金は高くなり余計な費用がかかります。今の段階では気軽にNURO光10Gを使うのはあまり現実的ではありません。

やはり従来型のNURO光の方が現実的には使いやすいでしょう。

通常のNURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

通常のNURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

NURO光10Gの評判を口コミから分析

口コミ

NURO光10Gは快適にネットが利用できるサービスですが、評判の良し悪しは何とも言えません。

これはNURO光10Gのサービス内容に問題があるわけではなく、対応機器の少なさや提供エリアの狭さに原因があります。

NURO光10Gの回線を活かす機器が少ない?

最大10Gbpsと聞いてNURO光10Gを契約しても、実際に出る速度は思ったほど速くありません。

NURO光10Gを契約したけど、実測値が800Mbpsだったいう事例が存在しています。

先ほど説明したように、デバイスや通信機器には10Gbpsの速度に対応しているものがほとんどありません。

そのため、NURO光10Gを契約しても実効速度が1Gbpsを超えることは難しくなってしまいます。

対応速度が速いデバイスや通信機器を用意するとしても、もちろん高額な費用が発生します。

月額料金の他にもコストがかかるデメリットこそがデメリットになりえます。

これが理由で、「今は契約しなくてもいい」という声は少なくありません。

NURO光10Gは利用できるエリアがとても限られている

NURO光10Gには、提供エリアが狭いという課題もあります。

従来型NURO光はもともと関東・関西・東海でしか契約することができず、提供エリアの中でも利用できる地域が限られています。

NURO光10Gはさらに提供エリアが狭いので、使いたくても契約できないという声が少なくありません。

10Gbps対応のデバイスや通信機器が充実して提供エリアも広がれば、NURO光10Gはとても優秀な光回線サービスになります。

しかし、現状ではNURO光10Gにこだわる必要性はそれほどないと思うべきでしょう。

通常のNURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

NURO光10Gに関するよくある質問に業界人が回答!

回答

NURO光10Gのサービス内容を見ていると、さまざまな疑問が出てきます。

その中でも、

  • NURO光10Gで工事はどうなっているか?NURO光と違うのか?
  • NURO光10G以外に10Gの回線はないのか?
  • NURO光に入っている人が後からNURO光10Gに回線変更はできるか?

この3つの疑問を感じる人は多いのではないでしょうか?

Q1.NURO光10Gで工事はどうなっているか?NURO光と違うのか?

A.基本的な流れは変わりません。

従来型NURO光は、宅内と屋外で計2回の工事を行います。これはNURO光10Gも全く変わりません。

基本的な流れは従来型NURO光の工事と同じなので、何か特別な作業を行うこともありません。

Q2.NURO光10G以外に10Gの回線はないのか?

考える女性

A.NURO光10G以外の光回線には、10Gbpsに対応しているサービスはありません。

NURO光以外の光回線には10Gbpsに対応したサービスがないのが現状です。

ただauひかりは以前に10Gbpsの光回線を体感できるイベントを実施したことがあります。

関西のeo光も10Gbpsのネット回線の体験モニターを募集したことがありました。

これらの事例を見ると、NURO光10Gの他にも10Gbpsに対応した光回線サービスが出るのではないかと期待しますよね?

しかし、他の事業者が10Gbpsの光回線サービスを提供する可能性は高いとは言えません。

他の事業者が10Gbpsに対応するには光回線の伝送規格を切り替える必要があって、莫大なコストが必要になるからです。

昔からサービスを提供している事業者は、1Gbpsの光回線を展開するだけでも高いコストがかかっていました。

ですから、今から10Gbpsに切り替えることはとてもリスクが高いわけです。

そのため、10Gbps対応の光回線サービスはNURO光10Gだけという状況が当分続くことが考えられます。

Q3.NURO光に入っている人が後からNURO光10Gに回線変更はできるか?

考える女性

A.変更はできますが、従来型NURO光を解約してNURO光10Gを契約する形になります。

すでにNURO光を使っている人の中で、「NURO光10Gに乗り換えたい」と思っている人もいるのではないでしょうか?

従来型NURO光からNURO光10Gへ乗り換えることはできますが、1度解約してからNURO光10Gを契約しなければいけません。

従来型NURO光とNURO光10Gでは、光回線の伝送規格が異なります。従来型NURO光の回線では、10Gbpsの速度を出すことができません。

そのため、従来型NURO光からNURO光10Gに変更するには、光回線の入れ替えが必要になるわけです。

NURO光10Gの契約はおすすめしない

NURO光10Gは世界でもっとも通信速度が優れているサービスなので、とても魅力的に見えます。

しかし、10Gbpsの速度に対応しているデバイスや通信機器はほとんどないので、現状では1Gbps以上の実効速度を出すことができません。

将来的には対応機器も増えると思いますが、今の段階ではNURO光10Gが持つ本来のクオリティを引き出すのは難しいでしょう。

NURO光10Gには、提供エリアが限られているという問題もあります。

もともとNURO光は従来型のサービスも提供エリアが限られていて、NURO光10Gになるとさらに利用できる地域が狭くなります。

これが原因で「NURO光10Gを使いたくても契約できない」という人は少なくありません。

しかし、現状では従来型NURO光でも優れた実効速度を出してくれます。ネットを使ううえで10Gbpsの速度が必要になることはほとんどないので、従来型NURO光でも十分と言えるでしょう。

従来型のNURO光が気になる方はNURO光の公式サイトもあわせてご参照ください。(以下のボタンリンクからもご覧になれます。)

従来型のNURO光については以下の記事でも詳細を解説しているので、詳しいところまで知りたい方はこちらも参考にしてみてください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!