光回線のおすすめ4選

Wi-Fi/無線LANはインターネット回線の契約なしで使える?わかりやすく解説!

スマホからつなげばデータ量を消費せずにインターネットが利用できるWi-Fiですが、そんなWi-Fiをなんとか安く使えないかと思っている人は多いのではないでしょうか?

 

仕組みの関係上、Wi-Fiを使うにはインターネット回線の契約が必須になるので、毎月利用料金を払わないといけません。

外出先でWi-Fiを使う場合も、基本的に回線を契約しなければいけません。

と言っても、Wi-Fiを安い料金で使う方法はいくつかあります。

前もって方法を知っておけば、思ったよりも安い料金でWi-Fiを使えるはずです。

 

ここでは、Wi-Fi/無線LANはインターネット回線の契約がなくても使えるのかを解説します。

これからWi-Fiを安く使いたいと思っている人は参考にご覧ください。

Wi-Fi/無線LANは回線の契約なしで使えるのか?基本的に契約は必要?

Wi-Fi/無線LANは固定回線がもとになっている電波なので、インターネット回線は必要不可欠です。

一部の例外はありますが、仕組みを知ればWi-Fiとインターネット回線が切れない関係であることがわかります。

 

Wi-Fi/無線LANはインターネット回線の契約なしでは使えない

Wi-Fi/無線LANを使う方法は2つあります。

仕組みに若干の違いはありますが、どちらの方法でWi-Fiを使っても回線の契約が必須なことは一目瞭然です。

 

Wi-Fi/無線LANとは固定回線を電波に変えたもの

Wi-Fiとは、無線LANルーターを使って光ファイバーをはじめとした固定回線の通信を電波に変えたものです。

つまり、自宅で利用するインターネット回線の契約なしではWi-Fiは使えず、使うには回線の利用料金を支払わなければいけないわけです。

 

モバイルWi-Fiルーターも回線の契約が必須

今やWi-Fi/無線LANは固定回線を引かなくても、ポケットWi-Fiルーターを購入して使うことができます。

たまに「ポケットWi-Fiなら回線の契約が必要ない」と考えている人を見掛けますが、それは大きな間違いで携帯と似た仕組みになっています。

 

ポケットWi-Fiは電波塔から発信されているインターネット回線の電波をスマホやパソコンで利用できる電波に変換したものです。

 

回線は線でなく電波になっていますが、ポケットWi-Fiで利用するWi-Fiも大もとはインターネット回線になっているわけです。

なので、ポケットWi-FiでWi-Fiを使う場合も、電波塔から発信されているインターネット回線の利用料金を支払わなければいけません。

 

無料でWi-Fiが使える例外のサービスがある

と言っても、Wi-Fiを使う際に必ず利用料金が掛かるわけではありません。

飲食店やショッピングモールに設置されている「Wi-Fiスポット」を活用すれば、無料でWi-Fiに接続することができます。

 

※ドコモはあらゆる店舗や施設にドコモユーザーが無料で利用できるWi-Fiスポットを設置しています。

 

ドコモ・ソフトバンク・auの携帯電話キャリア3社は全国各地にWi-Fiスポットを設置していて、自社のスマホユーザーに向けて無料でWi-Fiを提供しています。

ただ、Wi-Fiスポットは対象の場所にしか設置されていないので、自宅でWi-Fiを使うにはインターネット回線を契約しなければいけません。

 

スマホのテザリング機能を使う方法がある

パソコンやタブレットでWi-Fiを使いたい場合、スマホに内蔵されているテザリング機能を使う方法があります。

 

テザリングとはスマホをポケットWi-Fiのように使い、携帯電話キャリアの回線でパソコンやタブレットをインターネットに接続する機能です。

(接続規格が異なるので厳密にはWi-Fiではありませんが、Wi-Fi感覚で利用できる機能です)

 

テザリングを活用すればわざわざ新しくインターネット回線を契約する必要が無くなりますが、携帯電話キャリアで契約しているプランによっては500円から1,000円の利用料金を支払わなければいけません。

 

「テザリングの月額料金」

ドコモソフトバンクau
1~20GB:無料

30GB以上:1,000円

1~5GB:無料

20GB以上:1,000円

1~5GB:無料

20GB以上:1,000円

※ドコモは30GB以上のプランへ無料キャンペーンを実施中です。

 

また、携帯電話キャリアのインターネット回線は契約プランによって利用できるデータ量に上限があるので、通信制限が掛からないことに気をつけなければいけないデメリットがあります。

 

Wi-Fiのタダ乗りは罪に問われるからダメ絶対

集合住宅に住んでいて家でスマホの画面を触っていると、設定メニューでパスワードを入力せずに接続できるWi-Fiを見つけることがあります。

 

 

Wi-Fiに接続するときはパスワードの入力が必要なものですが、ごく稀に近所の人がWi-Fiにパスワードを掛けていないことがあります。

自宅でパスワードが掛けられていないWi-Fiがあると、無料で接続できる所謂「タダ乗り」ができるのですが、これは問題視されているので決しておすすめできません。

実際にWi-Fiのタダ乗りを巡って裁判が起きた事例があります。

(参考URL: https://mainichi.jp/articles/20170427/k00/00e/040/265000c

 

裁判では「タダ乗りは無罪」と判断されましたが、総務省は大きな問題と認識しているので、今後は法整備で有罪となる可能性が大いにあります。

それに現行の法律で罪が無いとしても、訴えられて裁判になると弁護士費用が必要になったり、裁判上でのやり取りなどが発生するので面倒なことになってしまいます。

 

なので、Wi-Fiのタダ乗りはしないようにしましょう。

(常識的に考えて、他人のWi-Fiを勝手に使うという発想にはならないとは思いますが…)

 

Wi-Fi/無線LAN環境を作るいろんな方法を知ろう!格安でWi-Fiを使う方法も!

先ほど説明した通り、Wi-Fiを使う方法は2つあります。

方法別にWi-Fi環境を作る流れを見てみましょう。

 

方法その1.すでに光回線などを引いているなら無線LANルーターを置くだけでOK!

もう既に回線を契約していて、自宅にインターネット回線を引いている場合なら、無線LANルーターを用意するだけでWi-Fiを使えるようになります。

無線LANルーターとは、インターネット回線に接続して通信を電波に変換してくれる機器です。

無線LANルーターは家電量販店やオンラインの通販サイトで購入することが基本ですが、契約している回線事業者から有料で借りることもできます(事業者によっては無料で貸し出してくれる場合もあります)。

 

ただ、無線LANルーターならどれを選んでもいいわけではなく、様々な種類から自分に合ったものを買う必要があります。

無線LANルーターを選ぶポイントは当サイトの「Wi-Fi/無線LANルーターの選び方のポイント7つ!おすすめを安さや人気度ごとに紹介!」で解説しています。

既にインターネット回線を引いている、これから自宅にインターネット回線を引いてWi-Fiを使おうと思っている人は併せてご覧ください。

方法その2.インターネット回線を引いていない場合、光回線かポケットWi-Fiを契約する

自宅にインターネット回線が無い場合は光回線を契約するか、ポケットWi-Fiを購入してインターネット回線を契約しなければいけません。

 

光回線を導入するには工事が必要だが通信速度はピカイチ

光回線を契約してWi-Fiを使う場合、自宅に光ファイバーを引く工事をしなければいけません。

工事をする際は契約者(もしくはその家族)が立ち会わなければいけないので、作業日に予定を空けておく必要があり面倒に感じます。

 

※光回線の導入工事のイメージ。

 

と言っても、光ファイバーの導入工事は長くても1時間半で終わるので、スケジュールさえ確保できればそれほど問題ではありません。

工事をするには高額な費用が掛かるイメージもありますが、今はキャンペーンで無料にしてくれる光回線サービスが多いので、初期費用もそれほどかかりません。

 

また、光回線は導入するまでの手間が掛かる分、通信速度は最大1Gbps以上なのでWi-Fiを使う際の快適さは他の回線よりもずば抜けています。

 

ポケットWi-Fi工事不要だがデメリットがある

ポケットWi-Fiは工事をする必要がないので、端末を購入して回線を契約するだけで使うことができます。

しかし、ポケットWi-Fiの最大速度は110Mbpsから708Mbpsとなっていて、光回線と比べて劣ってしまいます。

3日間で10GBを消費すると翌日の夕方から深夜まで速度制限が掛かる欠点もあります。

 

ポケットWi-Fiは「契約するときの手間が少ない替わりに使い勝手が良くない」わけですが、1人暮らしをしている人は3日で10GBを使うことが少ないのでそれほど悪いサービスでもありません。

ただ、オンラインゲームで遊ぶと遅延が起きる可能性が高いので、利用目的によっては光回線を契約したほうが良いでしょう。

 

工事不要の自宅専用Wi-Fiルーターを買う方法もある

ポケットWi-Fiと仕組みはほとんど似ていますが、自宅にソフトバンクエアーを置いてWi-Fi環境を作る方法もあります。

 

ソフトバンクエアーとは、電源ケーブルを自宅のコンセントに差し込むだけでWi-Fiが使える端末です。

 

※工事をせずに端末を置くだけでWi-Fiが利用できる「ソフトバンクエアー」。

 

ソフトバンクエアーもポケットWi-Fiと同様に工事をする必要がないサービスなので、契約する際に初期費用はほとんどかかりません。

ポケットWi-Fiのように通信制限が掛かる条件もありませんが、最大速度は350Mbpsとなっていて光回線より劣ってしまいます。

ウェブサイトと動画を見るぐらいなら不便には感じませんが、オンラインゲームで遊びたいならやはり光回線がおすすめです。

 

Wi-Fiを格安料金で使う方法を知ろう!

Wi-Fiを使うには回線を契約するしかないことはわかりましたが、毎月支払う利用料金がネックに感じる人は多いのではないでしょうか?

確かに、インターネット回線の利用料金は安くなく、以下の表で目安を見ると毎月4,000円から5,000円以上支払わなければいけません。

 

「光回線とポケットWi-Fiの月額料金目安表」

サービス戸建てマンション
光回線ドコモ光タイプA:5,200円

タイプB:5,400円

タイプA:4,000円

タイプB:4,200円

ソフトバンク光5,200円3,800円
auひかり4,900~5,100円3,400~5,000円
ポケットWi-FiWiMAX4,380円
Y!mobile4,380円
ソフトバンクエアー4,880円

 

上記の表を見て利用料金が高いと感じる人は少なくないでしょう。

しかし、上記の料金は表面的なもので、割引やキャンペーンを駆使することで利用料金を安くできます。

光回線とポケットWi-Fi、ソフトバンクエアーの利用料金を安くする方法を知れば、毎月支払う費用が少ないと感じられるかもしれません。

 

光回線を引く場合はセット割が受けられるサービスを契約する

光回線を契約してWi-Fiを使う場合、自分が利用している携帯電話キャリアに合わせてセット割引が受けられるサービスを選びましょう。

 

現在は、対象の携帯電話キャリアを利用しているとスマホ代を割り引いてくれ光回線サービスが増えています。

たとえば、ドコモ光・ソフトバンク光・auひかりは、自社ユーザーを対象にスマホ代が安くなるセット割引を提供しています。

(ドコモユーザーの人がドコモ光を契約するとスマホ代が安くなると言った感じです)

 

どのサービスもスマホで利用している料金プランで割引金額が変わりますが、最低でも500円、高いときは数千円以上もスマホ代が安くなるのでセット割引を使わない手はありません。

※家族全員がソフトバンクユーザーである人がソフトバンク光を契約すると、数千円以上の割引が受けられることがあります。

 

光回線の工事費用はキャンペーンが充実しているサイトで契約して無くす

セット割引を受けられれば利用料金が安くなるとわかっていても、光回線を導入する際の初期不良が高くないか不安に感じている人も多いでしょう。

しかし、今は光回線を契約する際の初期費用も気にする必要がありません。

多くの光回線サービスは、工事費が無料になるキャンペーンを実施しているからです。

 

ドコモ光は工事費無料キャンペーンを定期的に実施していますし、ソフトバンク光とauひかりは代理店のサイトで申し込めばキャッシュバックを貰って初期費用を実質タダにできます。

※auひかりは代理店である「NNコミュニケーションズ」で契約すれば、最大50,000円のキャッシュバックが貰えるので初期費用がかかりません。

 

ただ、中にはキャッシュバックをプレゼントしてくれない光回線サービスもあるので、しっかりとキャンペーンを実施している事業者を選びましょう。

 

ポケットWi-Fiはキャンペーンが受けられる代理店で申し込む

ポケットWi-Fiもキャンペーンが実施されている窓口で申し込めば、特典を受けて利用料金を安くできます。

 

たとえば、WiMAXをGMOとくとくBBで契約すれば、最大で43,000円のキャッシュバックを貰って利用料金に充てることができます。

(キャッシュバックの金額は2018年8月時点のものです。キャッシュバックの金額は時期によって異なります。)

 

ただ、キャッシュバックキャンペーンを実施している事業者はWiMAXのプロバイダに限られています。

Y!mobileはポケットWi-Fiはキャッシュバックキャンペーンを実施していないので注意しましょう。

auユーザーはセット割が受けられるWiMAXを選ぼう!

ポケットWi-Fiを契約するときはWiMAXかY!mobileのどちらかが選択肢になりますが、auユーザーなら迷わずにWiMAXを申し込みましょう。

WiMAXなら「auスマートバリューmine」が適用されてauのスマホ代が500円から1,000円割り引いてくれるからです。

 

ただ、割引が受けられるスマホは1台だけなので、家族全員でWi-Fiを使いたい人はauひかりを契約したほうが良いでしょう。

 

ソフトバンクエアーはキャッシュバックとセット割引を一緒に受ければお得

ソフトバンクエアーもキャンペーンを実施している窓口で申し込めば、キャッシュバックを貰って利用料金に充てることができます。

 

※30,000円のキャッシュバックが貰えるソフトバンクエアーの窓口「エヌズカンパニー」。

 

さらに、ソフトバンク光と同じセット割引が受けられるので、ソフトバンクユーザーならポケットWi-Fiよりも利用料金を安くできます。

 

工事費が掛からないうえに、セット割引とキャッシュバックの両方を受けられるソフトバンクエアーは最も格安でWi-Fiが利用できるサービスと言えるでしょう。

 

まとめ

Wi-Fiはインターネット回線を無線化した電波なので、利用するには回線を契約して毎月利用料金を支払わなければいけません。

ただ、今はセット割引が受けられる回線を契約すればそれほど高い利用料金が請求されず、キャンペーンを実施している窓口で申し込めばキャッシュバックを貰って初期費用をタダにできます。

セット割引とキャンペーンを駆使して、安い料金でWi-Fiを使いましょう。