光回線のおすすめ4選

Wi-Fiの種類ごとのメリットとデメリット!自宅からポケットWi-Fiまで解説!

インターネットを便利に使ううえで、Wi-Fiはなくてはならないツールです。Wi-Fiはデバイスの機能性も向上してくれるので、スマホでしかインターネット利用しない人も導入すれば利便性が高くなったと感じられます。

 

ここでは、Wi-Fiの種類と仕組みやメリットとデメリットを解説するので、Wi-Fiについて知りたい人は是非ご覧ください。

Wi-Fiの基本知識

Wi-Fiはインターネットの機能性を格段に向上できるツールで、スマホやタブレットを使っている人にとってなくてはならない存在と言っても過言ではありません。今から紹介する基本知識を見れば、Wi-Fiが便利なツールであることがわかります。

 

Wi-Fiはインターネット通信を無線化した電波

以前までなら、インターネットを使うときはデバイスをモデムに接続しなければいけませんでした。しかし、Wi-Fiが表れたことで、わざわざデバイスをモデムにつなぐ必要がなくなりました。Wi-Fiはインターネットを無線にした電波だからです。

Wi-Fiとは無線LANルーターがインターネット通信を無線化した電波です。インターネット通信をWi-Fiに変換すれば、デバイスをインターネット接続する際にLANケーブルを使う必要がなくなります。

 

Wi-Fiを使うメリット4つ

Wi-Fiを使うメリットは大きく分けて3つあります。メリットを見ればWi-Fiが魅力的なツールだと感じるでしょう。

 

複数のデバイスを同時にインターネットへ接続できる

家にWi-Fiがあれば、自宅にあるスマホやタブレットなどのあらゆるデバイスを同時にインターネットへ接続できます。LANケーブルも必要ないのでコードがかさばることもなく、家の中の好きな場所でインターネットが使えるようになります。

 

ゲーム機をWi-Fiにつなげばオンライン対戦もできるので、遊びの幅も広がります。

 

スマホの通信制限を避けられる

スマホでインターネットに接続する際に利用するモバイル回線には、一定のデータ量を消費すると通信制限がかかるデメリットがあります。しかし、Wi-Fiがあればスマホに通信制限がかかる可能性を軽減できます。

 

スマホをWi-Fiに接続すると、モバイル回線ではなく別の回線でインターネットに接続します。Wi-Fiの大もとになる回線は基本的に使い放題なので、モバイル回線のように使い過ぎて通信制限を受けることがありません。

 

毎月スマホに通信制限がかかる人は、自宅Wi-Fiがあるだけでインターネットの使いやすさが向上するので導入を検討してみましょう。

 

スマホを様々な家電と連携させられる

Wi-Fiを使う用途は、スマホやパソコンをインターネットにつなぐだけではありません。生活家電をより便利に使いたい人にとっても、Wi-Fiは便利アイテムになります。

 

例えば、家にWi-Fiを導入して対応のブルーレイレコーダーを設置すれば、録画したテレビ番組をスマホで視聴できます。Wi-Fiに対応したエアコンや炊飯器を外から遠隔で操作することだって可能になります。

 

iOSのアップデートができる

iPhoneとiPadに搭載されているiOSは、Wi-Fiにつながなければアップデートができません。

 

※携帯キャリアの4G回線に接続している状態ではiOSのアップデートができません。

 

iOSのアップデートは軽視されがちですが、常に最新のバージョンにしておかないとセキュリティが不安定になるので、自分の情報を盗まれるリスクが高まります。Wi-Fiが利用できれば常にiOSを最新の状態にできるので、安全にインターネットが利用できます。

 

Wi-Fiには4つの種類がある

Wi-Fiには大きく分けて以下4つの種類があります。

 

・自宅のWi-Fi

・ポケットWi-Fi

・据え置き型Wi-Fi

・Wi-Fiスポット

 

どの種類を使うかで導入方法や使いやすさが変わるので、Wi-Fiを導入する際は自分にあった種類を選ぶ必要があります。今から初回する種類別の仕組みを見て、どの方法でWi-Fiを使うべきなのか考えてみましょう。

 

自宅のWi-Fiの仕組みとメリット・デメリット

もっとも一般的なWi-Fiの使い方は、家に光回線を引いて自宅専用のインターネットツールにすることです。Wi-Fiを自宅専用のツールにすれば、もっとも機能性が高いインターネット環境を構築できます。

 

自宅で利用するWi-Fiの仕組み

Wi-Fiを自宅専用のツールとして利用する場合、電柱から家に光回線を引き込み、宅内に無線LANルーターを設置します。

自宅のWi-Fiは光回線が大もとになるので、他の方法よりも機能性が高いインターネット通信を利用できます。

 

自宅で利用するWi-Fiのメリット

自宅のWi-Fiには、機能性が高いうえに導入や利用するコストが安いメリットがあります。

 

通信速度の速さがピカイチ

自宅のWi-Fiは最大1Gbpsまでの高速通信が可能な光回線が大もとになっているので、他の方法よりも快適にインターネット通信ができます。通信速度の速さにこだわりたい人は、自宅のWi-Fiを利用しましょう。

 

意外と初期費用と利用料金が高くない

自宅のWi-Fiを使うには光回線を導入しなければいけないので、高額な初期費用が請求されると思われがちです。しかし、光回線を提供する事業者の多くはキャンペーンを実施しているので、初期費用はほとんどかかりません。

 

キャンペーンを実施している窓口で光回線を申し込めば、高額キャッシュバックをもらって工事費を無料にしてくれます。工事費が無料になるうえにキャッシュバックがもらえる光回線サービスや窓口も少なくありません。

ただ、工事費無料やキャッシュバックのキャンペーンを実施していない光回線サービスや申し込み窓口もあるので気をつけてください。

 

ソフトバンクユーザーがソフトバンク光をといった感じに、利用している携帯会社に合わせて光回線サービスを選べば、セット割引が適用されて毎月支払う利用料金まで安くなります。

※ソフトバンク光を契約しておうち割光セットが適用した場合のイメージ。

 

初期費用と利用料金が安い光回線サービスは以下の記事で厳選して紹介しています。今から自宅のWi-Fiを使いたい人は、是非ご覧ください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

 

自宅で利用するWi-Fiのデメリット

自宅のWi-Fiは機能性がもっとも優れているWi-Fiの使い方である代わりに、導入するまでのハードルが高いと感じるデメリットがあります。

 

導入するまで手間がかかる

自宅のWi-Fiを導入するためには、家に光回線の導入する工事をしてもらう必要があるので、申し込みをしてから利用を開始できるまで最低でも2週間かかります。工事の予約が混み合っていると、Wi-Fiが利用できるまで1ヵ月以上待たされることもあります。

 

ただ、自宅のWi-Fiは他の種類よりも通信速度が速いので、2週間から1ヵ月以上待ってでも導入する価値があります。

 

無線LANルーターを選ぶ際に注意が必要

自宅のWi-Fiを利用する際は、光回線を契約するだけでなく無線LANルーターも用意しなければいけません。無線LANルーターとは、光回線をもとに行うインターネット通信を無線化する機器です。

無線LANルーターには様々な種類があり、どれを使うかで通信速度が左右されます。値段の安さだけで無線LANルーターを選ぶとWi-Fiの通信速度が遅くなってしまいます。なので、設置する無線LANルーターを選ぶときは、どのような性能なのか確認しましょう。

 

無線LANルーターの選び方は以下の記事で詳しく紹介しているので、自宅のWi-Fiを導入する人は参考にご覧ください。

Wi-FiルーターWi-Fi/無線LANルーターの選び方のポイント7つ!おすすめを安さや人気度ごとに紹介!

ポケットWi-Fiの仕組みとメリット・デメリット

簡単にWi-Fiを使いたい人にはポケットWi-Fiがおすすめですが、機能性にデメリットがあるので注意しなければいけません。

 

ポケットWi-Fiの仕組み

ポケットWi-Fiとは、モバイル用の電波回線でインターネット通信を行う端末から発信されるWi-Fiです。

 

※ポケットWi-Fiの仕組みのイメージ。

 

ポケットWi-Fiは契約する際に手間が掛からないので、あらゆるWi-Fiを使う方法の中でも一番ハードルが低くなっています。しかし、機能性にデメリットがあるので、人それぞれで向き不向きが変わります。

 

ポケットWi-Fiのメリット

ポケットWi-Fiを導入する最大のメリットは、簡単に手に入る点です。利用できる場所も制限されないので、いろんな場所でWi-Fiを使いたい人にもおすすめです。

 

工事せずにWi-Fiが使える

ポケットWi-Fiの最大の売りは、工事をせずにWi-Fiが使える点です。

 

自宅のWi-Fiを利用する場合、光回線の導入工事をしてもらう必要があるので、申し込んでから2週間から数ヶ月は待たなければいけません。ポケットWi-Fiは工事が不要なので、端末を手にした当日からWi-Fiが利用できるようになります。

 

さらに、初期費用もほとんど掛からないので、低コストでWi-Fiを導入したい人にもおすすめです。簡単にかつ1日でも早くWi-Fiを使いたい人は、ポケットWi-Fiを検討してみましょう。

 

外でもWi-Fiが使える

ポケットWi-Fiで利用する端末は持ち運びができるので、外出先でもWi-Fiを利用することができます。外でWi-Fiが使えるようになると、4G回線が利用できないパソコンを外で利用する際の勝手が格段に向上します。

 

利用コストを安くできる

ポケットWi-Fiは初期費用をかけずに導入できるうえに、キャンペーンサイトで申し込めば高額なキャッシュバックをもらって通信費まで安くできます。

 

※GMOとくとくBBでWiMAXのポケットWi-Fiを契約すれば、40,000円以上ものキャッシュバックがもらえます。

 

さらに、auユーザーがWiMAXを契約すればセット割引が適用されるので、auでスマホを使っている人にとってポケットWi-Fiはお得なWi-Fiの利用方法と言えます。

 

ポケットWi-Fiのデメリット

ポケットWi-Fiを導入するハードルはとても低いですが、機能性に難があります。利用スタイル次第では自宅のWi-Fiを導入するべき場合があるので、デメリットを把握したうえでポケットWi-Fiを使って大丈夫か決めましょう。

 

速度制限がかかる条件がある

ポケットWi-Fiが抱える最大の欠点は、使い過ぎると速度制限がかかることです。

 

ポケットWi-Fiを利用して3日間で10GB以上消費するほどのインターネット通信を行うと、翌日の夕方から深夜まで速度が制限されます。契約する事業者によって速度制限がかかる時間は若干異なりますが、リスクの度合いはほとんど変わりません。

 

事業者条件
WiMAX3日間で10GB以上利用すると、翌日の18時から26時まで速度制限がかかる。
Y!mobile3日間で10GB以上利用すると、翌日の18時から25時まで速度制限がかかる。

 

速度が制限されると下り速度が1Mbpsまで落ち、動画どころかホームページの閲覧も難しくなります。速度制限を避けるために通信量を注意するのが面倒だと思う人は、他の方法でWi-Fiを使いましょう。

 

利用できないエリアに出くわす可能性がある

ポケットWi-Fiの事業者は全国の幅広い地域にインターネットを提供していますが、サービスが提供されていないエリアも存在しています。地方の山間部や山の近くではポケットWi-Fiが利用できない可能性が高いので、導入できる人は限定されてしまいます。

 

オンラインゲームに向いていない

ポケットWi-Fiでもゲーム機をインターネットにつないでオンライン対戦ができますが、自宅のWi-Fiと比べて通信速度が不安定なので、動きに遅延が起きる可能性が高いです。特に動きが激しい格闘ゲームのオンライン対戦をする場合、ポケットWi-Fiを使うとストレスを感じてしまいます。

 

動きが激しくないゲームならさほど問題ありませんが、アクションゲームのオンライン対戦では自宅のWi-Fiを使ったほうがいいでしょう。

 

据え置き型Wi-Fiの仕組みとメリット・デメリット

据え置き型Wi-Fiは仕組みがポケットWi-Fiとよく似ていますが、機能性はポケットWi-Fiより少し優れています。

 

据え置き型Wi-Fiの仕組み

据え置き型Wi-Fiとは、自宅専用のWi-Fiルーターを設置すれば利用できるWi-Fiです。仕組みはポケットWi-Fiと同じで、モバイル用のインターネット電波をもとにWi-Fiを利用します。

 

※据え置き型Wi-Fiの仕組みのイメージ。

 

ポケットWi-Fiと違って外では使えませんが、簡単にWi-Fiを使いたい人にとってはもう1つのおすすめできるWi-Fiの導入方法です。

 

据え置き型Wi-Fiのメリット

据え置き型Wi-Fiにも導入がしやすいメリットがあります。さらに、今の状況と条件が噛み合えば、利用料金も大幅に安くできます。

 

導入方法が簡単で初期費用が安い

据え置き型Wi-Fiでは、端末を自宅のコンセントに差し込むだけでWi-Fiが使えるので、工事が必要なく初期費用もかかりません。また、申し込みをすれば最短で当日からWi-Fiが使えるので、1日でも早くWi-Fiを使いたい人にもおすすめです。

 

セット割引を適用できれば利用料金が安い

契約している携帯キャリア次第では、据え置き型Wi-Fiルーターの利用料金を安くできます。

 

ソフトバンクでスマホを使っている人が、ソフトバンクの据え置き型Wi-Fiルーターのソフトバンクエアーを契約すると、おうち割光セットが適用されて毎月支払うスマホ代が500円から1,000円割引されます。

 

 

さらに、おうち割光セットは家族も受けられるので、人によっては利用料金が実質無料になるほどの割引が入ります。

光回線サービスにもおうち割光セットが受けられるソフトバンク光がありますが、簡単にWi-Fiを導入したいソフトバンクユーザーの人はソフトバンクエアーも選択肢に入れて損はありません。

 

据え置き型Wi-Fiのデメリット

据え置き型Wi-Fiは導入するハードルが低いWi-Fiの使い方ですが、人によっては致命的なデメリットになる不安要素を抱えています。

 

オンラインゲームに向いていない

据え置き型Wi-Fiはホームページや動画を見る分には十分な通信速度を出してくれますが、ゲームのオンライン対戦が快適にできるほどの安定性がありません。特にアクションゲームの対戦で利用すると、頻繁に遅延が起きてストレスを感じる可能性が高いです。

 

と言っても、動きが激しくないゲームでは問題なくオンライン対戦ができるので、ゲームのジャンルを確認して据え置き型Wi-Fiを利用して大丈夫か確認しておきましょう。

 

契約できる事業者の数が少ない

据え置き型Wi-Fiを提供している事業者は、ソフトバンクとWiMAXの2つしかありません。ただ、WiMAXの据え置き型Wi-Fiには先ほど紹介した速度制限がかかる条件があるので、機能性を求めるなら選択肢はソフトバンクエアーのみになってしまいます。

 

Wi-Fiスポットの仕組みとメリット・デメリット

Wi-Fiスポットとは、通信事業者がカフェやショッピングモールに設置しているWi-Fiです。下記のシールが貼ってあるお店にはWi-Fiスポットが設置されているので、Wi-Fiが利用できます。

 

 

Wi-Fiスポットは設置店舗に行けば誰でもWi-Fiが使えますが、機能性がイマイチなうえに致命的な不安要素も抱えているので、利用するときは注意しなければいけません。

 

Wi-Fiスポットの仕組み

Wi-Fiスポットの仕組みは2種類あり、設置店舗によってどちらの方式で導入しているかが違います。

 

1つめは、自宅のWi-Fiと同じように回線を導入してルーターを設置する方式です。

2つめは、据え置き型Wi-Fiと同じように、モバイル回線の電波をもとにWi-Fiを飛ばす端末を設置する方式です。

 

どちらの方式で導入されていても、利用するうえでのメリットとデメリットは変わりませんが、通信速度には若干の違いが出ます。

 

Wi-Fiスポットのメリット

Wi-Fiスポットのメリットは誰でも気軽に使える点です。また、条件を満たしていれば簡単に接続できる点も魅力です。

 

無料で利用できる

カフェやショッピングモールに設置されているWi-Fiスポットのほとんどは無料で提供されているので、利用する際は料金を払う必要がありません(一部例外あり)。なので、Wi-Fiスポットが設置されている店舗に行ったときは是非使ってみましょう。

 

大手キャリアのスマホを使っていれば接続が簡単

ドコモやソフトバンク、auの回線を利用しているスマホでは、予め設定をしておけば契約しているキャリアが設置しているWi-Fiスポットを簡単に利用できます。設定方法も難しくないので、利用するまでのハードルも低くなっています。

 

Wi-Fiスポットのデメリット

Wi-Fiスポットは無料で使える点が魅力ですが、機能面には複数のデメリットがあります。

 

設置店舗だけでしか使えない

当たり前の話ですが、Wi-Fiスポットは設置されているお店で使えません。なので、長時間に渡ってWi-Fiを使いたい人は自宅のWi-FiやポケットWi-Fi、据え置き型Wi-Fiを導入しなければいけません。

 

Wi-Fiスポットはあくまでも出先で使える便利なツールと考えましょう。

 

通信速度が遅い

Wi-Fiスポットの通信速度は基本的に遅いので、決して快適だとは言えません。

 

※某有名カレー屋に設置されているWi-Fiスポットの通信速度。

 

ホームページを見たりLINEのやり取りをするぐらいなら不便とは感じませんが、YouTubeなどの動画を見るとストレスを感じる恐れがあります。設置されている店舗によって通信速度は若干異なりますが、基本的に通信速度は期待できないと思ってください。

 

セキュリティ面に不安がある

Wi-Fiスポットは不特定多数の人が利用するWi-Fiなので、対策をしておかないと第三者に自分の情報を盗まれる危険があります。スマホを製造しているメーカーも、Wi-Fiスポットに接続した際に警告メッセージが表示される仕様にしてます。

 

※Wi-Fiスポットに接続すると、Wi-Fiの設定画面にプライバシーに関する警告が表示されます。

 

端末にセキュリティソフトを入れておけばWi-Fiスポットを利用しても自分の情報を盗まれるリスクを無くせますが、何も対策していない人はWi-Fiスポットは使わないようにしましょう。

 

まとめ

Wi-Fiとは、無線でインターネットを利用するための電波です。Wi-FiがあればデバイスとモデムをLANケーブルでつながなくてもインターネットに接続できます。さらに、スマホをWi-Fiにつなげば速度制限も防止できます。

 

便利にインターネットを使いたい人は、是非Wi-Fiを導入しましょう。

 

Wi-Fiには自宅のWi-FiとポケットWi-Fi、据え置き型Wi-Fiの3種類があります。とにかく通信速度の速さと安定性を求めたい人には自宅のWi-Fi、簡単にWi-Fiを導入したい人にはポケットWi-Fiと据え置き型Wi-Fiがおすすめです。