光回線のおすすめ4選

光回線のエリアを確認する方法!エリア外の場合はどうすればいい?

光回線は今やインターネットを使う方法でもっとも主流になりました。

しかし、全ての地域で光回線が利用できるわけではありません。

光回線にはエリアというものがあり、これによって光回線が契約できるかどうか変わります。

そこで、ここでは「光回線のエリア」についてから、「光回線のエリア」を確認する方法まで詳しく解説します。

万が一光回線が使えない場合の対処法も紹介するので、是非参考にしてくださいね。

光回線のエリアってどういう意味?

川崎方面から撮影した新宿方面の景色

「光回線のエリア」は光回線のインターネットサービスを使うために、とても重要なものです。

まず「光回線のエリア」という言葉の定義を具体的に知りましょう。

光回線のエリアとは、光回線のインターネットサービスが使える場所

「光回線のエリア」とは光回線のインターネットサービスが利用できる場所、または光回線のネット業者がサービスを提供している場所を指しています。

光回線のインターネットは、日本全国どこの場所でも利用できるイメージがあるのではないでしょうか?

しかし実際には、光回線が利用できない場所があります。

光回線が利用できない場所に住んでいると、光回線をインターネットサービスを契約したくても契約できないわけです。

光回線のネットサービスを契約するには、申し込みをする前に自分の住んでいる場所が「光回線のエリア」なのかを確認しなければいけないわけです。

光回線のサービス提供エリアは回線の業者によって異なる

光回線を展開している業者は、主にフレッツ光で有名なNTTと各地方の電力会社の2種類があります。

NTTと電力会社はそれぞれ別の光回線を提供しており、サービスの提供エリアも若干違います。

また地方によっては、独自の回線を提供している業者もあります。

独自の回線を使うインターネットサービスはさまざまな種類がありますが、最近では関東地方のNURO光の名前が広がりつつあります。

NURO光

※NURO光は独自の回線を提供する事業者として有名です。

NURO光について詳しく知りたい方は、「NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!」の記事もあわせてご覧ください。

NUROの爆速に驚く男NURO光の口コミ・評判を徹底分析!良い回線なのか実態を調査!

光回線のエリアを確認する方法を紹介!確認は意外と簡単?!

光回線のエリアを調べるのは一見難しそうに思えます。

しかし、具体的な方法を見てみると思っているよりも簡単にエリアを確かめることができます。

光回線のエリアを確認する方法を知ろう!

光回線のエリアを確認する方法は、

  • 「申し込み窓口で確認する」
  • 「回線業者のインターネットサイトで確認する」
  • 「回線業者の電話窓口で確認する」
この3つがあります。

光回線を申し込める窓口ならスタッフがエリアを確認してくれる!

インターネットを申し込み窓口の定番である家電量販店は、スタッフにお願いすれば自分の住んでいる場所が光回線のエリアなのかすぐに確認してくれます。

店舗側も申し込む人の家が光回線のエリアでなければ契約が獲得できないので、光回線のエリアの確認は当たり前のことなのです。

現在は携帯電話キャリアも光回線のネットサービスを展開しており、携帯電話ショップでも光回線のエリアを確認してもらうことができます。

携帯電話ショップ

しかし店舗に出向かなければいけないので、エリアを確認してもらうだけが目的の場合は効率的ではありません。

インターネットからでもエリアの確認ができる!

光回線のネットサービスを提供している業者のほとんどは、自社のホームページに提供エリアを確認するページを用意しています。

エリア確認のページはパソコンだけでなくスマホからでも見ることができ、自分の住所を入力するだけで簡単に確認することができます。

インターネットなら店舗に出向かずに光回線の提供エリアを確認できるので、忙しい人には特におすすめの方法と言えるでしょう。

光回線の提供エリアを確認

光回線サービスの電話窓口でもスタッフが確認してくれる!

インターネット回線の業者は必ず電話窓口も設けています。

フレッツ光のホームページ

※フレッツ光のホームページには、契約を検討している人に向けた窓口の電話番号を記載しています。

電話窓口はスタッフが対応してくれることがメリットです。

オンラインのエリア確認ページを見ても、どうすればいいのかわからない人は電話窓口に提供エリアを聞いてみるといいでしょう。

ただ、問い合わせが混雑しているときは窓口に電話がつながりにくいことがあります。

なおおすすめの光回線サービスについて知りたい方は、「光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!」の記事もあわせてご覧ください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

光回線のエリア外だった場合はどうすればいい?

契約したい回線事業者の光回線が提供されていない場合、どうすればいいのかわからない人がほとんどでしょう。

光回線の提供エリア外と言われたとしても、いくつかの対処法を行うと光回線が使えることがあります。

1種類の光回線がエリア外なら、諦めるのはまだ早い!

一つの回線事業者のサービスが提供されていないと聞かされると、多くの人は「自分の家は光回線が利用できない」と思うものです。

しかし冒頭でも説明しましたが、光回線のネットサービスを提供しているサービス会社は一つだけではありません。

契約したいサービス会社の回線が利用できなくても、他のサービス会社の回線であれば利用できる可能性があります。

たとえば自分の家がフレッツ光の提供エリアではない場合は、電力会社の光回線の提供エリアなのか聞いてみましょう。

フレッツ光の提供エリア外だった場合は光コラボも利用できない

フレッツ光の提供エリア外だった場合、他の回線業者の提供エリアを調べることは鉄則です。

しかし他の回線業者にも、フレッツ光の提供エリア外である時点で契約できないものがあります。

それは「光コラボ」です。

光コラボはOCN光やソフトバンク光など、さまざまな名前と種類があります。

光コラボ

しかし光コラボは、どのサービス名でもフレッツ光の回線を利用します。

よって自宅がフレッツ光のサービス提供エリア外だということは、全ての光コラボもサービス提供エリア外ということを意味します。

自宅がフレッツ光の提供エリアではない場合、光コラボの提供エリアを調べても無駄骨になるだけなので覚えておきましょう。

エリア外のところに光回線が届く日はいつかわからない?

利用したい光回線が提供エリア外でも、割引特典などが理由でどうしてもそのサービス会社に契約したい人はいるでしょう。

光回線のサービスが提供されていない場合でも、月日が経てばサービスの提供エリアになる可能性はあります。

しかし光回線の提供エリアの拡大はいつ拡大されるのかが不透明なので、サービス会社の窓口に聞いてもいつ使えるようになるのかがわかりません。

光回線の他にネットを使う方法を知っておこう!

トラックパッドやノートPCが置かれたエンジニアのデスク

光回線を提供するサービス会社はいくつかありますが、最悪の場合は全てのサービス会社の光回線がエリア外の場合があります。

しかしインターネットを使う方法は光回線だけではありません。

全ての光回線サービスが契約できない場合、どのようなサービスを利用すればいいのか知っておきましょう。

モバイルWi-Fiルーターを利用すれば光回線なしでネットが利用できる!

光回線が利用できないときは、モバイルWi-Fiルーターを持てばネットを使うことができます。

モバイルWi-Fiルーターは自宅に線を引かずに、モバイル用の電波でネットに接続するサービスです。

モバイルWi-Fiルーター

以前のモバイルWi-Fiルーターは、毎月ネットに利用できるデータ容量が7GBまでの制限がありました。

しかし現在のモバイルWi-Fiルーターは、データ容量が無制限でネットができるようになりました。

UQワイマックス5

しかし3日間で10GBを消費すると翌日の夕方から通信速度が制限されるので、複数の人が同時にネットを使う用途にはおすすめできません。

また基本的にWi-Fi接続のみに対応している端末なので、有線接続がしたい人にも向いていません。

自宅用の据え置き型Wi-Fiルーターを利用すれば速度制限は気にならない!

Wi-Fiルーターはモバイル型だけでなく、自宅のコンセントに差すだけで利用できる据え置き型もあります。

据え置き型Wi-Fiルーターの中でも代表格と言えるのが、「SoftBank Air」です。

softbankエアー

SoftBank Air

SoftBank Airはネットの利用量に上限がなく、3日間で10GBを使っても通信速度が制限されることがありません。

なので複数の人が同時にネットを利用しても速度制限を気にする必要がありません。

据え置き型Wi-Fiルーターは他にもありますが、SoftBank Air以外は3日間で10GBを利用すると通信速度が制限されてしまいます。

SoftBank Airについて詳しく知りたい方は、「ソフトバンクエアーの口コミ分析!いい評判と悪い評判を暴露します!」の記事もあわせてご覧ください。

ソフトバンクエアーの口コミ分析!いい評判と悪い評判を暴露します!

最悪の事態に面したときの対処法を知っておこう

最悪の場合になると光回線はおろか、モバイル型や据え置き型のWi-Fiルーターもサービス提供エリア外の可能性があります。

このような事態になると、古い型のネット回線を契約するしかありません。

光回線が使えないエリアでもADSLなら契約ができる

光回線より一つ前のADSLは、固定電話の回線を使うので基本的にどの地域でも利用することができます。

(固定電話回線を引いていない場合でも工事してもらえば利用可能です)

通信速度は光回線やモバイルWi-Fiルーターに比べると劣りますが、ウェブサイトの閲覧や動画視聴には支障ありません。

利用量に上限はあるが、スマホのテザリング機能も活用できる

ネットができる量に上限はありますが、スマホに搭載されているテザリング機能も立派なネット回線の一つです。

テザリング

ドコモなどの大手キャリアであれば、通信速度はADSLよりも高速なので快適にネットを使うことができます。

また20GBや50GBなどのデータ容量が大きいプランは、以前に比べて料金が安くなっています。

ウルトラギガモンスター

※ソフトバンクは2017年9月22日から50GBのデータ量を7,000円で利用できる「ウルトラギガモンスター」の受付を開始します。

まとめ

「光回線のエリア」という言葉は、光回線のネットサービスが契約できるエリアという意味です。

光回線は全国的にサービスを展開していますが、現在も利用できないエリアがあるのが現状です。

光回線が提供されていないエリアの場合、モバイルWi-Fiルーターなど他の方法でネットを使うしかありません。

しかし光回線のサービス会社はいくつかあります。

一つのサービス会社が提供エリア外でも、他のサービス会社の提供エリアも確認してみましょう。