光回線のおすすめ4選

NURO光のIPv6接続の速度は遅い?料金は無料?口コミ・評判まで全て解説!

インターネット回線を契約するときは、通信速度を速くしたいと思いますよね。

 

NURO光のIPv6接続は通信速度が高速になるうえに、常に良い通信状態を維持できる優れた機能です。設定方法も簡単で、市販ルーターを使いたい場合でも簡単に設定ができます。申し込み方法まで簡単なので、一度検討してみるといいでしょう。

 

ここではNURO光のIPv6接続の通信速度や申し込み方法をご紹介します。通信速度が速いインターネット回線を契約したい人はぜひご覧ください。

NURO光のIPv6接続とは

NURO光のIPv6接続とは新しい通信プロトコルが利用することが趣旨の機能ですが、通信速度が速い理由でもあります。

 

IPv6接続とは新しい通信プロトコルが使える機能

NURO光IPv6接続は名前の通り新しい通信プロトコルであるIPv6を用いてインターネットに接続できる機能ですが、どのような機能なのかを理解するには通信プロトコルについて簡単に知っておく必要があります。

 

通信プロトコルとはインターネット通信を行ううえでのルール、わかりやすくいうとIPアドレスを発行するシステムです。インターネットから情報をもらうには、契約しているプロバイダからIPアドレスを発行してもらわないといけません。

 

以前までインターネット通信のプロトコルにはIPv4の1種類しかありませんでしたが、発行できるIPアドレスの数に約43億個までの限りがあり、2011年11月31日の時点で(アメリカの国政調査局の推測だと2012年3月12日頃)世界の人口が70億人に達したことで不足が問題視されるようになりました。

 

IPv6接続はIPアドレスの不足問題を解消するために展開されているIPv6が利用できる機能です。IPv6で発行できるIPアドレスは約340澗個と膨大なので、ユーザーに浸透すれば不足問題を解決できます。

 

IPv6接続はIPv4のIPアドレス不足を解消するためにフレッツ光が展開しているサービスというわけです。

 

IPv6は通信速度を速くするツールにもなる

IPv6接続には通信速度を改善できるメリットがあります。

 

以前まで主流のプロトコルだったIPv4ではプロバイダを経由するPPPoE方式でインターネットに接続するので、利用者が増加する夜は通信速度が低下しやすい欠点がありました。IPv6接続ではプロバイダを経由しないIPoE方式が利用でき、時間帯や利用者の増加に関係なく通信速度が安定します。

 

通信速度を安定させるためにIPv6を使いはじめる人は増えつつあります。

 

NURO光の通信速度が速い理由は最大2Gbpsの回線を採用した点が大きいですが、IPoE方式が利用できるのも要因の1つといえます。

 

NURO光はIPv4/IPv6デュアル方式でIPv6接続が利用可能

NURO光ではIPv4/IPv6デュアル方式という形でIPv6接続を提供しています。

 

IPv4/IPv6デュアル方式はIPoE方式でIPv4とIPv6が併用できる接続方式です。IPv6接続を利用するときはIPv6に対応したサイトにしかアクセスできませんが、IPv4/IPv6デュアル方式ではアクセスする対応にあわせて自動でIPv4とIPv6が切り替わるので、すべてのサイトが閲覧可能になります。

 

IPv4とIPv6のどちらを利用する場合でも接続方式はIPoEなので、どのサイトを見るときも通信速度が不安定になりません。利用料金も無料なので安心です。

 

NURO光のIPv6接続の速度

NURO光はただでさえ最大2Gbpsの速度を誇る高速回線なので、ただでさえ高い数値の実効速度を叩き出します。IPv6を利用した際の通信速度も同様に高速で申し分がありません。

 

実効速度は常時100Mbps以上

NURO光では自動でIPv6とIPv4が切り替わるので、速度にまつわる口コミはすべてIPv6の評価につながるといえます。NURO光を契約した人からの口コミをご紹介します。

 

口コミでのNURO光のIPv6接続の評価は非常に高く、下りと上りともに100Mbps以上の実効速度が出るとの計測値が出ています。

 

 

場合によっては1Gbpsを超えそうなほどの実効速度を叩きだします。

 

口コミから見て、NURO光のIPv6接続はネットサーフィンだけでなく動画のアップロードなどの幅広い用途で使えるといえるでしょう。

 

オンラインゲームも快適に

快適にオンラインゲームで遊べる環境を作るためにNURO光を検討している人は、通信速度だけでなくPing値も気になりますよね。NURO光のIPv6接続はPing値も素晴らしいので安心してください。

 

NURO光のIPv6接続を使えば、Ping値が1ケタになって遅延が最小限になるのも夢ではありません。

 

 

Ping値が高くなったとしても10ms台なので、品質はとても高いです。

 

 

NURO光のIPv6接続を契約すれば、オンラインゲームまで快適にできる環境が手に入ると考えていいでしょう。

 

NURO光のIPv6接続のメリットとデメリット

NURO光のIPv6接続には快適なインターネット環境が得られる大きなメリットがあります。デメリットもありますが、簡単に対処できるのでネックにはなりません。

 

NURO光のIPv6接続のメリット

NURO光のIPv6接続のメリットは2つです。

 

  • 通信速度が安定しやすい
  • 設定が不要

 

通信速度が速いうえに導入が簡単なところに注目です。

 

通信速度が安定しやすい

先ほどご紹介した口コミを見ての通り、NURO光のIPv6接続の最大のメリットは通信速度の安定性と速さです。

 

NURO光のIPv6接続では100Mbps以上の通信速度が出るうえに、安定性が高いので高速通信を維持できます。NURO光は最大速度が2Gbpsの高速回線なので、状況次第では1Gbpsに近い実効速度が出る場合だってあります。

 

設定が不要

NURO光のIPv6接続には面倒な設定が不要なメリットもあります。

 

NURO光では工事の際に無線LAN機能が内蔵されたONUが設置されるので、開通した当日から有線とWi-Fiの両方でIPv6接続が使えるようになります。ブラウザで設定ツールを開いてプロバイダ情報を入力するといった作業をする必要はありません。

 

NURO光のIPv6接続のデメリット

NURO光のIPv6接続には以下のデメリットがありますが、簡単に対処できるので重大な問題にはなりません。

 

  • IPv6接続対応の機器が必要
  • 市販のルーターを使う場合は2重ルーターになる
  • ONUの種類はランダムで決まる

 

IPv6接続対応の機器が必要

NURO光のIPv6接続を利用するには、デバイスのOSがIPv6対応のバージョンでなければいけません。IPv6対応のOSバージョンは以下の通りです。

 

IPv6・V6プラスを利用できるOSのバージョン
デバイスの種類OSIPv6対応のバージョン
パソコンWindowsWindows XP SP1以降
MacOS X 10.7以降
スマホ・タブレットiOSiOS 9.2以降
AndroidAndroid 5.0以降

 

利用しているデバイスに内蔵されているOSが上記よりも古いバージョンであれば、アップデートが必要です。デバイスが古く上記のバージョンへアップデートできない場合は買い替えが必須です。

 

とはいえ、NURO光ではIPv4接続でもIPoE方式が利用できるので、デバイスがIPv6未対応でも著しい速度低下は起きません。

 

市販のルーターを利用する場合も、対応のルーターでなければIPv6接続を利用できません。今利用している市販のルーターがIPv6未対応でONUの性能に満足できない場合、買い替えが必須になりますが、ONUを高性能モデルに交換してもらう方法もあります。

 

IPv6対応ルーターは当サイトの下記のページで紹介しているので、あわせてご覧ください。

無線LANルーターV6プラス対応のおすすめ無線LANルーター5選!NEC、バッファローなど比較して紹介!

 

市販のルーターを使う場合は2重ルーターになる

NURO光のIPv6接続を契約して市販のルーターを使う場合、無線LAN内蔵のONUに接続しなければいけないので、複数のWi-Fiが干渉して通信状態が不安定になる恐れが伴います。

 

ルーターが2重の状態になるので、ONUと市販のルーターが同じ働きをして不具合が起きる危険も生じますが、後で紹介する対処法を知っていれば通信状態を安定させられます。

 

ONUの種類はランダムで決まる

NURO光のONUには5つの種類があり、それぞれ性能が異なりますが、どの機種が提供されるかはランダムで決定されます。場合によっては最大通信速度が450MbpsのONUが提供される場合がありますが、下記の窓口に連絡すれば性能の良い機種に交換してくれます。

 

NUROサポートデスク
0120-65-3810

受付時間:9時~18時

 

交換してもらうときにオススメの機種は以下の2つです。

 

  • ZXHN F660A
  • HG8045Q

 

上記のONUは最大通信速度が1.3Gbpsなので、最大2Gbpsを誇るNURO光回線の力を最大限引き出してくれます。

 

NURO光のIPv6接続の申し込み方法

NURO光のIPv6接続を利用する方法は簡単で、窓口で申し込みをして工事が終わり開通するだけです。特別な手続きをする必要はありません。すでにNURO光を契約している場合、すでにIPv6接続が利用できる状態になっているので申し込みは不要です。

 

NURO光のIPv6の設定方法

NURO光のIPv6接続の設定方法はとても簡単で、面倒な入力作業はありません。市販のルーターを利用する場合は注意点を把握しておく必要がありますが、難しい知識は必要ありません。

 

ONUが設置されて工事が終われば完了

NURO光の工事が行われるときに設置されるONUはIPv6対応なので、工事が終わって回線が開通した時点で設定完了になります。何か設定作業を行う必要はないので、NURO光でのIPv6接続の設定方法はとても簡単です。

 

市販のルーターを利用する場合の設定方法

ONUに市販のルーターをつなぐ場合、市販のルーターのモードをアクセスポイントモードかブリッジモードに切り替えておきましょう。

 

ツマミをAPにあわせるとWi-Fiを発信するアクセスポイントモード、WBにあわせると有線LANのハブとして機能するブリッジモードになります。市販ルーターのWi-Fiを使うのならAPを、有線接続だけを使うのならWBを選んでください。

 

Wi-Fiの干渉を防ぐために、ONUの無線LAN機能を停止しておくこともオススメします。ONUの無線LAN機能は以下の手順で停止できます。

 

  • ONUのWi-Fiに接続しているデバイスのブラウザを起動
  • ブラウザのURL欄に「168.1.1」と入力してアクセス
  • ログイン画面でユーザー名とパスワードに「admin」と入力してログイン
  • ステータス画面の左メニューにある「ネットワーク」を選択
  • 左メニューにある「無線LAN RF2.4G」選択して「SSID設定」を選択
  • 「無線LANを有効にする」からチェックを外す
  • 左メニューにある「無線LAN RF5G」選択して「SSID設定」を選択
  • 「無線LANを有効にする」からチェックを外す
  • 右下の「設定」を選択