光回線のおすすめ4選

ドコモ光が詐欺と言われてしまう理由5つ!詐欺なわけない!

現在、インターネット回線は携帯電話キャリアが提供する光回線サービスが人気を集めています。

携帯電話キャリアとして高い信頼があるドコモは「ドコモ光」を展開していて、スマホ代が安くなるセット割引で通信費が節約できるメリットがあります。

しかし、ネットでドコモ光の口コミを探ってみると、「ドコモ光は詐欺だ」という声を目にします。

詐欺という口コミを見ると、ドコモ光を契約して大丈夫なのか不安になりますよね。

ドコモ光が詐欺だと言われる理由はさまざまなものがありますが、ポイントを押さえておけば口コミのようなトラブルに遭わなくなります。

ここでは、ドコモ光が詐欺と言われてしまう5つの理由を紹介し、トラブルに遭わないためのポイントを解説します。

ドコモ光を契約するか悩んでいる人は、参考にしてくださいね。

ドコモ光が詐欺と言われる理由5つを紹介!

詐欺をしている男

ドコモ光が詐欺だと言われてしまう理由は5つあります。

詐欺だと言われる主な原因を見てみましょう。

理由その1.通信速度が遅い

ドコモ光はフレッツ光の回線を利用するので、通信速度は最大で1Gbpsと非常に高速です。

契約するときもスタッフの人から「最大で1Gbpsなので快適にインターネットが利用できます」と言われますが、Twitterにはドコモ光の通信速度が遅いという口コミが多く寄せられています。


通信速度が最大1Gbpsと聞いたのに、実際の速度が10Mbps以下になると詐欺だと思いますよね。

ドコモ光を利用して通信速度が遅くなることには、「ある理由」があります。

契約する前に「ある理由」を知っておけば、通信速度が遅くなるトラブルに遭う可能性が低くなります。

この「ある理由」については、後ほど詳しく解説します。

理由その2.工事日がなかなか決まらない

光回線サービスを利用するには、自宅に回線を引くための工事が必要です。

工事を行う日程は申し込みをしてから2週間以降になり、契約手続きを行った時点で工事日が決まることがほとんどです。

しかし、ドコモ光を契約した人からは「工事日がなかなか決まらない」という声が寄せられています。


インターネット回線は工事が完了しなければ利用できないので、工事日がなかなか決まらないとストレスを感じてしまいます。

理由その3.不要なオプションを付けられる

「ドコモ光を申し込んだら不要なオプションに加入させられた」という口コミがあります。


ドコモ光は、申し込む窓口によってオプションに加入させられることがあります。

加入させられたオプションは解約することができますが、自分でドコモ光のサポート窓口に電話して手続きをしなければいけません。

ドコモ光を契約するときは、オプションに加入させられる危険がない窓口で申し込んだほうがいいでしょう。

理由その4.サポートの対応が悪い

ドコモ光を契約した人からは、サポート窓口の対応が悪いという口コミが多く寄せられています。

特に、電話がつながりにくいという事例が多発しています。


サポート窓口に電話がつながっても、対応の感じが悪いと思う人もいます。


ドコモ光を申し込むときはスタッフの人から「サポート窓口がしっかりフォローしてくれます」と言われますが、このような対応をされると詐欺と思わざるを得ませんね。

理由その5.キャッシュバックがもらえない

ドコモ光は申し込む窓口によっては、キャッシュバックなどの特典をもらうことができます。

しかし、窓口によってキャッシュバックの条件が違い、ドコモ光の開通後に申請手続きをしなければ特典がもらえないことがあります。

キャッシュバックを目当てにして契約したのに、有効期限を聞かされていなかったことでキャッシュバックがもらえなかったという事例は少なくありません。


ただ、どの窓口で申し込んでもこのようなリスクがあるわけではありません。

窓口の選ぶポイントを知っておけば、このようなトラブルを避けることができます。

ドコモ光は詐欺なのか?業界人の分析!

ドコモ光の口コミをみると、詐欺だと感じた人の声を多く目にするので、「ドコモ光は詐欺ではないか?」と思ってしまいます。

しかし、実際には詐欺というわけではありません。

契約する前に注意するべきポイントを押さえておけば、詐欺だと感じるトラブルが発生しにくくなります。

通信速度が遅くなる原因はプロバイダにある

ドコモ光で利用する回線は、最大1Gbpsの通信速度を誇るフレッツ光のものです。

フレッツ光は業界の中でも評価が高い高速回線ですが、利用するプロバイダによって速度が左右されるデメリットがあります。

ドコモ光はプロバイダが選択できるサービスとなっていますが、契約するプロバイダによっては通信速度が遅いと感じてしまいます。

ドコモのプロバイダ

ドコモ光を契約するときは、評判が良いプロバイダを選べば通信速度が遅くなる可能性が低くなります。

プロバイダを選ぶときはISP規制情報を参考にするのもあり

評判が良いプロバイダを選ぶといっても、どの事業者が高く評価されているのかわからない人がほとんどでしょう。

評判が良いプロバイダを選ぶ方法は2つあります。

1つめは、Twitterや価格.comなどに寄せられた口コミを参考にする方法です。

Twitterや価格.comは利用者からの評判を知ることができるので、信頼できるプロバイダを明確に見ることができます。

しかし、プロバイダごとに評判をチェックしなければいけないので、とても手間がかかることが欠点です。

2つめは、「ISP規制情報」というサイトを参考にする方法です。

ISP規制情報

「ISP規制情報」は利用者からの評判をもとに、プロバイダごとの通信速度が低下する可能性をランク形式で記載しています。

ランクは以下の4段階となっていて、AかBに位置付けられているプロバイダを契約すれば通信速度が遅くなる可能性を低くすることができます。

ISP規制情報 ランク別詳細

ランク詳細
ランクAほとんど速度が遅くならない。
ランクB上り速度に少し低下する程度。
ランクC上り下りともに速度が低下しやすい。
問題外上り下りともに速度が非常に低下しやすい。

回線が切断されたかのうように速度が遅くなることも。

2017年12月の時点でランクAに該当するプロバイダはありませんが、ランクBに該当する事業者を契約すれば問題はないでしょう。

全てのプロバイダが評価されているわけではありませんが、このサイトの情報は信憑性
高いので参考にする価値があります。

ドコモ光に対応しているプロバイダのランクを表にまとめたので、参考にしてください。

ドコモ光タイプA 対応プロバイダ別評価ランク

プロバイダ名評価ランク
ドコモnet評価なし
plala問題外
So-net問題外
GMOとくとくBB問題外
DTI問題外
Tigers-net.com問題外
BIGLOBE問題外
excite問題外
andline評価なし
Ic-net評価なし
U-Pa!評価なし
@nifty問題外
エディオンネットB
SYNAPSE問題外
TiKiTiKi問題外
Rakuten
ブロードバンド
問題外
hi-hoC
COARA問題外
@ネスク問題外
SIS評価なし

ドコモ光タイプB 対応プロバイダ別評価ランク

プロバイダ名評価ランク
@TCOMB
OCNC
TNC評価なし
AsahiNet問題外
WAKWAK問題外
@ちゃんぷるネット評価なし

※2017年12月現在の情報です。

iPv6を利用すれば速度が速くなるプロバイダがある

ドコモ光に対応するプロバイダのほとんどは、「ISP規制情報」でランクCや問題外と評価されています。

しかし、評価が悪いプロバイダでも、最新の接続方式「iPv6」を利用すれば通信速度が遅くならないこともあります。

iPv6

「iPv6」を利用したからと言って必ず通信速度が低下しないわけではありませんが、事業者としての歴が長いプロバイダは速度が安定する可能性が高いと言えます。

ドコモ光の対応プロバイダだと、

  • OCN
  • BIGLOBE
  • So-net
  • @nifty
  • GMOとくとくBB
この5つの事業者は、「iPv6」を利用すれば速度が安定することが多いです。


なお、ドコモ光では「iPv6」を無料で利用できますが、対応のルーターが必要になります。

住居の構造や立地条件が特殊でなければ工事日はすんなり決まる

ドコモ光には工事日がなかなか決まらないという口コミが多いですが、これは住居の構造や立地の条件が特殊な場合に限られます。

住居の構造や立地条件が特殊でなければ、工事はドコモ光を申し込んでから2週間以降に入り、日程も契約手続きを行った時点で確定します。

工事日が確定しないのはレアケースと思っていいでしょう。

工事日が確定しないという口コミが寄せられる理由は、ドコモ光に人気があり申し込み数が多いことだと言っていいでしょう。

申し込む窓口によってオプションに強制加入させられるかが違う

不要なオプションに加入させられるかどうかは、ドコモ光を申し込む窓口によって違います。

ドコモショップは安心して契約できるイメージがありますが、リモートサポートオプションに加入させられる可能性が高いです。

家電量販店は商品券や家電製品の割引などの特典を受ける条件として、複数の有料オプションに加入させられることがあります。

店頭での申し込みは、オプションに加入させられる可能性が高いと思うべきでしょう。

オプションに加入させられる可能性が低い窓口は、

  • ドコモ光の公式サイト
  • ドコモ光の公式電話窓口
  • 優良代理店のキャンペーンサイト
この3つです。

これらの窓口でドコモ光を申し込めば、口コミにあるようなオプションによるトラブルを避けることができます。

サポートセンターの対応が悪いわけではない

ドコモ光のサポートセンターは悪い評判が多いですが、一概に対応が良くないわけではありません。

中には、対応が良かったという口コミ評判も存在します。


ドコモ光のサービスが開始された頃のサポート窓口は対応が酷いものでしたが、現在は改善されつつあります。

そのため、必ずしもサポート窓口の対応が悪いとは言い切れません。

キャッシュバックをもらうなら条件が優しい代理店サイトを選ぼう

ドコモ光を申し込む窓口によっては、キャッシュバックなどの特典をもらうことができます。

しかし、

評判が良くない代理店が運営する窓口で申し込むと、受け取る条件を詳しく教えてくれないことが原因で特典がもらえなくなることがあります。

ドコモ光が申し込める窓口はいくつかの種類がありますが、キャッシュバックやポイントなどをもらいたい人は代理店が運営するキャンペーンサイトがおすすめです。

ドコモ代理店

代理店が運営するキャンペーンサイトは条件が比較的緩く、特典がもらえないトラブルが起こる可能性が低いです。

ただ、キャンペーンサイトでも運営する代理店によってはトラブルになりかねない条件があるので注意しましょう。

まとめ

ドコモ光が詐欺と言われる理由には、

  • 通信速度が遅い
  • 工事日がなかなか決まらない
  • 不要なオプションを付けられる
  • サポート窓口の対応が悪い
  • もらえるはずのキャッシュバックがもらえない
この5つがあります。

しかし、契約する前にポイントを押さえておけば、詐欺と感じるトラブルに遭う可能性は高くなりません。

通信速度は、評判が良いプロバイダを選べば低下することはありません。

工事日がなかなか決まらないのは、住居の構造や立地条件が特殊な場合に限られるので、頻繁に起きるものではありません。

不要なオプションは、リスクが低い申し込み窓口を選ぶことで付けられるリスクを無くすことができます。

サポート窓口の対応は必ず悪いわけではなく、クオリティは日々改善されているので、今後に期待と言ったところでしょう。

キャッシュバックは代理店のキャンペーンサイトで申し込めば、確実に受け取ることができます。

これらのポイントを知ることで、ドコモ光が詐欺だと感じることはなくなるでしょう。