光回線のおすすめ4選

ビッグローブ光の解約方法ガイド!違約金を払わない裏技公開!返却や工事、電話解約の詳細まで全て解説!

ビッグローブ光の契約をやめたいと思っても、方法がわからないと解約手続きに進めないですよね?方法さえ知っていれば、簡単にビッグローブ光を解約できます。違約金が請求されないか気になるものですが、すぐに解約したほうが得になる可能性があります。

 

ここでは、ビッグローブ光の解約方法を詳しく解説してきます。ビッグローブ光を解約したいと思っている人はぜひご覧ください。

目次

ビッグローブ光を解約するときに必要なもの

ビッグローブ光を解約する場合、契約したときに送付された書類を用意しておきましょう。契約した際に受け取った書類を手もとに置いておけば、スムーズに解約手続きを進められます。

 

「BIGLOBE会員証」あればスムーズに手続きできる

ビッグローブ光を解約するときは、手もとに「BIGLOBE会員証」がある状態にしてください。BIGLOBE会員証には、契約者IDやユーザー名とパスワードが記載されているからです。

 

電話窓口で解約を申し込む際に、本人確認で契約者IDを利用するとスムーズに手続きを行えます。ユーザー名とパスワードはオンライン上でビッグローブ光を解約するときに利用します。

 

BIGLOBE会員証は、ビッグローブ光を契約した当時に送付されています。

 

電話窓口で申し込む場合はBIGLOBE会員証がなくてもOK

BIGLOBE会員証が見つからない場合、電話窓口に解約の申請をしてください。電話窓口でなら、契約者IDがわからなくても解約手続きができるからです。ただ、本人確認をするために住所や電話番号を申告する必要があるので、契約者IDを申告する場合より若干の時間がかかります。

 

ビッグローブ光の解約方法と手順

ビッグローブ光を解約するときは、回線の撤去工事が必要なのか確認しなければいけません。また、解約後にレンタルしていた機器を返却する必要があるので注意してください。

 

解約の申請をする

ビッグローブ光の解約申請は電話かオンラインで行えます。電話で解約の申請をする場合は、下記のカスタマーサポート窓口に電話をかけてください。

 

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク
一般・携帯から:0120-86-0962

IP電話から:03-6385-0962

受付時間:午前9時~午後6時(年中無休)

 

オンラインで解約の申請をする場合、BIGLOBEのマイページにログインしてください。

 

BIGLOBE マイページのログイン画面URL
https://login.sso.biglobe.ne.jp/scpf_op/auth.php

 

マイページで解約手続きをするときは、トップ画面でユーザー名とパスワードを入力してログインする必要があります。

ユーザー名とパスワードは、ビッグローブ光を解約したときに送付されたBIGLOBE会員証に記載されています。

 

郵送での解約手続きもできるがおすすめできない

ビッグローブ光は書類を使って郵送での解約手続きもできます。しかし、郵送での解約手続きは完了するまでの時間がかかるのでおすすめできません。スムーズに解約手続きをしたいのなら、電話窓口かマイページを活用しましょう。

 

なお、郵送で解約手続きを行う際に利用する書類は、公式サイトの下記のページからダウンロードできます。下記のページで申告して解約用の書類を送ってもらうことも可能です。

 

BIGLOBE 契約解除書類のダウンロードページ
https://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/kaiyaku/paper.html?_ga=2.43692389.1331353123.1547354190-1813650335.1517481983

 

解約日と回線の撤去日を決める

ビッグローブ光の解約を申し込むときは、サービスの停止日と回線の撤去日を決めます。

 

サービス停止日に指定できる範囲は、申し込みをしてから最短で数日後、最長で翌月の末日です。申し込み日にサービスを停止することはできません。

 

回線の撤去日として指定できる日程の範囲は、解約してから2週間から1ヶ月が目安です。しかし、2月から4月は引っ越しをする人が増加して解約や移転の申し込みが殺到するので、1ヶ月以上待たされる恐れがあります。

 

回線を撤去してもらう

解約の申し込みをしてからサービスが停止すれば、あとは回線を撤去してもらうだけです。撤去工事をしてもらうときは契約者か家族の立ち会いが必要ですが、戸建てで40分から1時間半、集合住宅では30以内で終わるのでストレスを感じるレベルではありません。

 

戸建てに住んでいる場合、解約手続きの際に申告すれば撤去工事を拒めます。しかし、残した回線は再利用できないうえに、工事も無料でしてもらえるので拒むメリットはほとんどありません。

 

賃貸のマンションやアパートに住んでいる場合も撤去工事を拒めますが、申告する前に管理会社や大家さんに連絡して原状回復義務の条件を確認する必要があります。集合住宅のなかには、原状回復義務の条件にインターネット回線の撤去が含まれている物件があるからです。

 

原状回復義務の条件にインターネット回線の撤去が含まれているのに、回線を残したままにすると退去するときにトラブルに発展してしまうので、管理会社や大家さんへの確認は必須です。

 

レンタルしていた周辺機器を返却する

ビッグローブ光を解約するときは、レンタルしていたONUを返却してください。ONUとはデバイスをインターネットに接続するために不可欠な機器で、光回線の信号をデジタルに変換する役割をしています。

 

ONUの返却方法は、回線の撤去工事を行うかで変わります。撤去工事をしてもらう場合、当日に訪問してくる業者がONUを回収してくれます。撤去工事を行わない場合、NTTから送付される回収キットにONUを梱包して発送します。回収キットへONUを返却する際の送料はかかりません。

 

ビッグローブ光の回線でWi-Fiを使っている場合、無線LANルーターをレンタルしていないかも確認してください。レンタルしている無線LANルーターも、解約するときに返却する必要があるからです。

 

無線LANルーターの返却方法は、ビッグローブ光を解約するときにスタッフが教えてくれます。

 

なお、ONUと無線LANルーターの返却期限は解約してから2週間以内となっています。2週間以内に返却しないと弁済金が請求されるので気をつけてください。

 

解約を申し込むときは「解約」と「退会」のどちらかを選択する

ビッグローブ光を解約するときは「解約」か「退会」のどちらの手続きをするか選択できます。

 

「解約」と「退会」のどちらを選んでもビッグローブ光を解約することに変わりはありません。しかし、「解約」を選ぶとプロバイダとの契約が継続します。「解約」を選んでも料金はかからず、再利用するときに手続きをスムーズに行えます。また、BIGLOBEから発行されたメールアドレスを使い続けたい人の選択肢にもなります。

 

「退会」はビッグローブ光とBIGLOBEとの契約を完全に解除する手続きです。BIGLOBEのサービスを利用するつもりがない人は「退会」を選びましょう。

 

ビッグローブ光の解約金/違約金

ビッグローブ光を解約するときは違約金がネックになります。また、新規でビッグローブ光を契約した場合、工事費の残債がないかも確認する必要があります。

 

違約金は契約内容で変わる

ビッグローブ光を解約して請求される違約金は、契約しているプランで変わります。ビッグローブ光のプランには、2年プランと3年プランの2種類があります。

 

2年プランの契約期間は2年となっていて、更新月ではないタイミングで解約すると9,500円の違約金が請求されます。契約してから2年に1度ある更新月に解約すれば、違約金は請求されません。

 

3年プランの契約期間は3年となっていて、更新月以外に解約すると20,000円の違約金が発生します。契約してから3年に1度ある更新月に解約すれば、違約金は発生しません。

 

工事費の残債も要チェック

ビッグローブ光を新規で契約している場合、解約する前に工事費の残債がないかも確認しましょう。

 

ビッグローブ光を新規で契約するときは工事が行われるので、戸建てで30,000円、マンションで27,000円の費用がかかります。工事費は40ヶ月の分割で支払うことができ、割引が適用されて実質無料になります。

 

しかし、工事費の支払いが残っている状態で解約すると、分割と割引が打ち切られて残債を一括で支払わなければいけません。

 

ビッグローブ光を解約するべきタイミング

ビッグローブ光を解約するときは、違約金と工事費の残債が請求されない更新月に申し込むべきだと思いますよね?しかし、一概に更新月を狙えばいいとは言い切れません。タイミングによっては、今すぐ解約したほうがお得だからです。

 

更新月がベストタイミングとは限らない

 

戸建てに住んでいる人がビッグローブ光を3年プランで契約していると仮定しましょう。3年プランを契約している場合、6年後の更新月に解約すれば違約金と工事費の残債を請求されません。しかし、使い始めてから12ヶ月経っている場合、すぐに解約したほうがお得です。

 

契約してから12ヶ月経った時点で解約すると、違約金と工事費の残債をあわせて51,000円が請求されます。6年後の更新月を待つと、合計で298,800円も負担しなければいけません。

 

利用期間すぐに解約して負担するコスト契約してから6年後の更新月まで支払う合計のコスト
12ヶ月51,000円298,800円
36ヶ月(初回更新月)2,000円179,280円
68ヶ月20,000円24,900円
69ヶ月20,000円19,920円
70ヶ月20,000円14,940円
71ヶ月20,000円9,9960円

 

6年後の更新月を待つべきなのは、契約してから69ヶ月以上経っている場合ぐらいです。

 

他の光回線へ乗り換えるなら今すぐでも大丈夫

他の光回線へ移行するためにビッグローブ光をやめるのなら、なおさら今すぐ解約手続きをするべきです。他の光回線サービスに移行すれば、特典としてもらったキャッシュバックをビッグローブ光の違約金や工事費の残債に充てられるからです。

 

たとえば、代理店を経由してソフトバンク光へ乗り換えれば、30,000円以上のキャッシュバックをもらって工事費の残債の負担をなくせます。

さらに、公式の「あんしん乗り換えキャンペーン」が適用されて、ビッグローブ光の違約金と同等のキャッシュバックも受け取れます。

 

代理店で申し込んでキャッシュバックがもらえる光回線はいくつもあるので、他社へ乗り換える場合はいつでもビッグローブ光を解約して大丈夫と思っていいでしょう。

 

ビッグローブ光を解約するときの工事

ビッグローブ光を解約するときは、基本的に回線を撤去してもらう必要があります。しかし、状況によっては、回線の撤去を拒むこともできます。

 

撤去工事が求められる理由

ビッグローブ光を解約するときは、高い確率で回線の撤去を求められます。しかし、後で説明しますが、申告すれば回線を撤去しない選択もできます。

 

ビッグローブ光の公式サイトには、回線の撤去を求める理由が記載されていません。しかし、2018年3月の契約分から回線の撤去を義務付けたauひかりは、「残された光ファイバーの管理や保守する費用を軽減するため」とコメントしています。

 

推測ではありますが、回線の撤去を求める理由は残された回線の状態を維持する費用を蹴らすためだと思われます。

 

撤去工事を行うかは契約者の任意

戸建てに住んでいる場合、ビッグローブ光の解約手続きをするときに申請すれば回線の撤去工事を拒否できます。回線の撤去工事をしてもらうときは契約者か家族の立ち会いが必要なので、拒否すれば解約するときの手間を省けます。

 

しかし、残した回線は再利用できないうえに、撤去は無料でしてもらえるので工事を拒むメリットはさほどありません。

 

賃貸の集合住宅では管理会社や大家さんへの確認が必要

賃貸のマンションやアパートに住んでいる場合も回線の撤去を拒めますが、解約する前に管理会社や大家さんに確認を取らなければいけません。賃貸の集合住宅のなかには、原状回復義務の条件にインターネット回線の撤去が盛り込まれているからです。

 

原状回復義務にインターネット回線の撤去が含まれているのに、回線を残したままにすると退去する際にトラブルを招いてしまいます。

 

賃貸住宅に住んでいる人は、解約する前に管理会社や大家さんに連絡して回線を撤去する必要があるのか聞いておきましょう。

 

撤去工事の内容と費用

回線の撤去工事は、ビッグローブ光を解約してから2週間から1ヶ月ほどで行ってくれます。しかし、2月から4月は引っ越しを理由にした解約や移転の申し込みが増えるので、1ヶ月以上待たされる可能性があります。

 

撤去工事の内容は、ビッグローブ光やフレッツ光を契約したときに行われた導入工事の内容を思い出せばわかります。

 

戸建てに住んでいる場合、電柱から自宅に光ファイバーを引き込み、宅内に光コンセントとONUが設置されます。

マンションやアパートではあらかじめ光ファイバーが導入されている物件が多いので、宅内で壁のなかから通信ケーブルを引っ張り、光コンセントとONUが設置されている可能性が高いです。

 

回線の撤去工事では、導入工事とは逆の作業が行われます。工事が行われるときは契約者が立ち会う必要がありますが、戸建てで40分から1時間半、集合住宅では30分以内で終わります。

 

ビッグローブ光を解約した後に返却する周辺機器

ビッグローブ光を解約した後は、レンタルしていた周辺機器を返さなければいけません。周辺機器を返さないと弁済金を請求されるので気をつけましょう。

 

解約するときはONUの返却が必須

ビッグローブ光を解約したあとは、必ずONUを返却する必要があります。ONUはデバイスをインターネットにつなぐために光回線の信号をデジタルへ変換する機器なので、ビッグローブ光を契約すると必ずレンタルで提供されます。

 

フレッツ光からの転用でビッグローブ光を契約する場合でも、すでにONUを利用しています。

 

ONUを返却する方法

ONUを返す方法は回線の撤去工事をしてもらうかで変わります。

 

回線の撤去工事をしてもらう場合、訪問してくる業者がONUを回収してくれます。回線の撤去工事が行われない場合、NTTから送付される回収キットにONUを梱包して発送します。なお、回収キットでONUを発送するときの送料は無料なので安心してください。

 

無線LANルーターをレンタルしていないかも要確認

ビッグローブ光の回線を使ってWi-Fiに接続している場合、無線LANルーターをレンタルしていないかもチェックしましょう。無線LANルーターをレンタルしている場合、解約してから返却しなければいけないからです。

 

無線LANルーターをレンタルしているかの確認と返却方法は、ビッグローブ光を解約するときに教えてくれます。

 

ビッグローブ光の光電話を解約する方法

ビッグローブ光の光電話は単なるオプションサービスなので、簡単な方法で解約できます。しかし、利用している電話番号を残すには条件を満たしていなければいけません。条件をクリアしていても、ビッグローブ光を解約する前に別の手続きをする必要があります。

 

①光電話とネット回線を同時に解約する場合

光電話はビッグローブ光の回線を契約してはじめて使えるオプションサービスなので、ビッグローブ光を解約すると光電話のサービスも同時に停止されます。ただ、利用している番号を他の光電話やアナログ電話に引き継ぐには、以下の条件をクリアしている必要がありません。

 

・NTTから発行された番号である

・電話加入権を持っている

 

上記の条件を満たしていなければ、ビッグローブ光を解約した時点で電話番号は消えてしまいます。条件を満たしていたとしても、「アナログ戻し」と「番号ポータビリティ」の手続きをしなければいけません。

 

ビッグローブ光を解約する前にアナログ戻し

アナログ戻しとは、光電話で利用している番号をNTTのアナログ電話に戻す手続きです。アナログ戻しについては当サイトの下記のページで解説していますが、手続きをするには最大で13,000円に費用がかかります。ビッグローブ光を解約する前にアナログ戻しを行わないと、番号がなくなる恐れがあるので注意してください。

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

他社の光電話に移行するときは番号ポータビリティも行う

ビッグローブ光の光電話で利用している番号を他社の光電話で利用する場合、アナログ戻しを完了させてから「番号ポータビリティ」を行ってください。「番号ポータビリティ」とは、利用している電話番号を他社の固定電話へ以降する手続きです。

 

番号ポータビリティはアナログ戻しを完了させたうえで他社の光電話を契約するときに行います。

 

電話番号を他社の光電話に引き継ぐ手順

ビッグローブ光の光電話で利用していた電話番号を他社の光電話に引き継ぐときは、以下の順番で手続きをしてください。

 

①アナログ戻しの申し込みをする

②乗り換え先の光回線サービスの契約を申し込む

③ビッグローブ光の解約手続きを行う(乗り換え先の光回線が開通日以降を解約日にする)

④乗り換え先の光回線を開通させる

⑤アナログ戻しの工事を完了させる

⑥乗り換え先の光回線サービスの窓口で番号ポータビリティの手続きをする

 

利用している番号を他社の光電話に引き継ぐときは、最初にアナログ戻しの申し込みをしてください。そして、ビッグローブ光の解約日は、アナログ戻しが完了した後になるようにしましょう。アナログ戻しが完了する前にビッグローブ光が解約されると、引き継ぎたい電話番号が消えてしまう恐れがあるからです。

 

ビッグローブ光を解約する前に乗り換え先の光回線サービスを契約する点も大切なポイントです。ビッグローブ光を解約してから乗り換え先の光回線サービスを契約すると、インターネットが使えない期間が生じるからです。

 

上記の順番で手続きを行えば、不便と感じることなくインターネット回線と電話番号の移行ができるでしょう。

 

②光電話だけを解約してネット回線だけを使い続けたい場合

光電話はビッグローブ光のオプションサービスにすぎないので、回線の契約を残したまま単体で解約できます。光電話のみの解約手続きは、カスタマーサポートに電話をするかオンラインのマイページにログインすれば行えます。カスタマーサポートの電話番号は以下の通りです。

 

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク
一般・携帯から:0120-86-0962

IP電話から:03-6385-0962

受付時間:午前9時~午後6時(年中無休)

 

マイページのURLは以下の通りですが、BIGLOBE会員証に記載されたユーザーIDとパスワードを入力してログインする必要があります。

 

BIGLOBE マイページのログイン画面URL
https://login.sso.biglobe.ne.jp/scpf_op/auth.php

 

ただ、光電話だけを解約してから番号をアナログ電話や他社の光電話に移行する場合も、アナログ戻しをする必要があります。利用している番号を他社の光電話へ移行するのであれば、アナログ戻しをしたうえで番号ポータビリティもしなければいけません。

 

アナログ戻しと番号ポータビリティの手順は、先ほど紹介した方法と同じです。

 

③ネット回線だけを解約して光電話を使い続けたい場合

WiMAXやワイモバイルのポケットWi-Fiや、SoftBank Airに乗り換えるためにビッグローブ光を解約する場合、光電話の契約は残したいと思いますよね?

 

光電話はビッグローブ光の回線を契約してはじめて使えるサービスです。なので、ビッグローブ光の回線を解約して光電話の契約を残すことはできません。

 

他社の光電話もネット回線を契約しなければ利用できません。利用している番号を残すにはNTTから発行された番号で電話加入権を持っている条件を満たしているうえで、アナログ電話に移行しなければいけません。

 

しかし、アナログ電話に移行すると、利用料金が高くなってしまいます。

 

「光電話とアナログ電話の利用料金比較表」

種別基本料金通話料金
自宅専用電話携帯国際電話
光電話500円全国一律8円/3分ドコモ:16円/1分

au:17.5~18円/1分

ソフトバンク:17.5~18円/1分

アメリカ:9円/1分

中国:30円/1分

韓国:30円/1分

アナログ電話1,450~1,950円市内:8.5円/3分

県内市外:20~40円/3分

県外:20~80円/3分

ドコモ:20円/1分

au:30円/1分

ソフトバンク:40円/1分

アメリカ:60円/1分

中国:140円/1分

韓国:110円/1分

 

光電話を利用している人にとって、アナログ電話の利用料金はネックになりますよね。しかし、ソフトバンクの「おうちのでんわ」へ移行する方法もあります。

 

おうちのでんわとはソフトバンクの4G回線で固定電話が使えるサービスです。おうちのでんわの利用料金は光電話とほぼ変わらないので、アナログ電話の料金が高いと感じる人におすすめです。

 

もちろん、NTTから発行された番号を利用していて、電話加入権を持っていれば「アナログ戻し」と「番号ポータビリティ」による番号移行も可能です。

 

ビッグローブ光の解約にまつわるよくある疑問

ビッグローブ光を解約したいと思っても、頭のなかに何かしらの疑問が浮かぶと手続きに進めないですよね。そんな人のために、ビッグローブ光を解約するときに抱きやすい疑問へ対する答えをまとめました。

 

①工事前なら申し込みをキャンセルできるのか

ビッグローブ光を新規と転用のどちらで契約していても、工事をする前なら申し込んだ窓口か下記のカスタマーサポートに申告すればキャンセルできます。

 

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク
一般・携帯から:0120-86-0962

IP電話から:03-6385-0962

受付時間:午前9時~午後6時(年中無休)

 

工事が入る前ならサービスの提供が開始されていないので、キャンセルしても違約金は請求されません。

 

しかし、工事日の当日や前日だと、申告してもキャンセルできません。申し込みをキャンセルする場合、最悪でも工事が入る2日前までに申告してください。

 

②クーリングオフは適用できるのか

ビッグローブ光の回線が開通していても、サービスが停止して間もなければクーリングが適用できないかと思いますよね。

 

ビッグローブ光の契約はクーリングオフの適用外です。しかし、BIGLOBE会員証を受け取ってから8日以内であれば、初期契約解除制度を適用したキャンセルが可能です。初期契約解除制度とは、契約書類を受け取ってから8日以内であれば消費者の都合で契約をキャンセルできるシステムです。

 

初期契約解除制度を適用すれば、違約金を支払わずにビッグローブ光の契約をキャンセルできます。しかし、工事費と事務手数料は支払わなければいけません。

 

初期契約解除を適用してキャンセルするときは、最初に専用の書類を印刷して必要事項を記入します。専用の書類は公式サイトの下記のページで配布されています。

 

 

BIGLOBE 初期契約解除用書類のダウンロードページ
https://support.biglobe.ne.jp/download/yosi/shoki-kaiyaku-shinki.pdf

 

書類に必要事項を書いたあとは、下記の住所に発送してください。

 

初期契約解除用書類の発送先住所
〒980-8790

仙台中央郵便局

郵便私書箱第30号

ビッグローブ株式会社 BIGLOBE 登録センター

 

BIGLOBEのスタッフが書類を確認して処理を行えば、初期契約解除の適用手続きは完了です。

 

転用でビッグローブ光を契約して回線が開通している場合、初期契約解除を適用してもフレッツ光へ戻るにはNTTに連絡して再契約をしなければいけません。フレッツ光を再契約すると、工事費がかかってしまいます。

 

利用していた電話番号も、NTTから発行されたもので電話加入権を持っている条件をクリアしていなければキャンセルした時点で消えてしまいます。条件を満たしていても、電話番号を残すにもアナログ戻しの手続きをしなければいけません。

 

ビッグローブ光の転用契約を初期契約解除でキャンセルする場合、フレッツ光以外への移行を検討しましょう。フレッツ光以外の光回線サービスに移行すれば、キャンペーンによって工事費が無料になる可能性があります。

 

③契約者本人じゃなくても解約手続きはできるのか

カスタマーサポートに電話して解約の申請をする場合、本人確認が行われるので契約者じゃない人は手続きができません。

 

オンラインのマイページでの解約手続きは、BIGLOBE会員証に記載されたユーザーIDとパスワードを知っていれば誰でも行えます。しかし、マイページの解約手続きは契約者本人が行うのが前提なので、代わりに手続きした人が「解約」と「退会」の選択を間違えてトラブルになっても自己責任です。

 

④電話窓口につながらない場合はどうすればいいのか

カスタマーサポートで解約手続きをしようと思っても、電話がつながらなくて困る可能性があります。カスタマーサポートに電話をかけてもつながらない場合、下記の方法で対処しましょう。

 

・電話をかける日にちや時間を変える

・オンラインのマイページで手続きをする

 

ビッグローブ光に限らず、光回線サービスの電話窓口は平日の夕方移行や土日、月曜日は問い合わせが殺到してつながりにくくなる傾向があります。なので、カスタマーサポートと連絡が取れないときは、火曜から金曜の午前中や昼間に電話をかけてみましょう。

 

平日の午前中や昼間に電話をかけられない人は、オンラインのマイページでの手続きがおすすめです。マイページでの解約手続きはいつでも行えます。

 

⑤解約してすぐに再契約すると新規の扱いになるのか

ビッグローブ光を更新月に解約して再契約すれば、キャンペーンが適用されてお得になるのではと思いますよね。

 

ビッグローブ光は新規で契約した人に向けて以下3つのキャンペーンを実施しています。

 

・25,000円キャッシュバックor12ヶ月間月額割引

・工事費実質無料割引

・無線LANルーターレンタル1年間0円

 

公式サイトには再契約しても適用されない旨が記載されていないので、解約してすぐに契約しても特典が受けられる可能性があります。しかし、キャンペーンの内容と条件は定期的に変わるので、解約してからの再契約を検討するときは前もって特典を受けられるのか確認してください。

 

⑥引っ越しをする場合はいつ解約するべきか

ビッグローブ光は移転手続きに対応しているので、引っ越しをするときは解約せずに契約を継続できます。移転手続きをするときは退去する家で回線の撤去工事を、引っ越し先で回線の導入工事が行われますが、費用はかかりません。

 

移転手続きをする方法

ビッグローブ光の移転申し込みは下記の電話窓口でのみ可能です。

 

BIGLOBE 電話で入会センター 引越し相談窓口
0120-92-1740

受付時間:午前9時~午後9時(年中無休)

 

上記の窓口で移転の申し込みをするときは、下記の5項目の申告が必要です。

 

・契約者ID

・移転元の回線設置場所

・契約者の氏名

・移転先の住所と建物種別

・連絡先となる電話番号

 

契約者IDはビッグローブ光を申し込んだときに送付されたBIGLOBE会員証に記載されています。BIGLOBE会員証が記載されていなくても、生年月日などを申告すれば移転手続きを受け付けてくれます。

 

移転を申し込むタイミング

ビッグローブ光を移転させるときは、退去する家で回線の撤去工事を、引っ越し先で回線の導入工事をしてもらわなければいけません。

 

撤去工事と導入工事は移転を申し込んでから2週間から1ヵ月ほどで行ってくれます。しかし、2月から4月は引っ越す人が多いので、1ヶ月以上待たされて工事が引っ越し日に間にあわなくなる恐れがあります。

 

なので、引っ越しが決まったときは、早めに移転の申し込みをしてください。

 

⑦解約するときにプロバイダの契約は残せるのか

ビッグローブ光は回線とプロバイダがセットになったサービスですが、解約手続きで「解約」を選べばプロバイダの契約だけを継続できます。解約手続きをするときに誤って「退会」を選ぶとプロバイダの契約も解除されるので、プロバイダの契約を残したいときは注意してください。

 

プロバイダの契約を残しておけば、BIGLOBEから発行されたメールアドレスを月額200円で使い続けることができます。また、フレッツ光やauひかりに乗り換えるときに手続きをスムーズに行える利点もあります。

 

⑧無線LANルーターだけの解約はできるのか

無線LANルーターのレンタルはビッグローブ光のオプションサービスにすぎないので、回線の契約を残したまま利用を解除できます。無線LANルーターのレンタルは下記のカスタマーサポートに電話するか、オンラインのマイページで停止できます。

 

BIGLOBEカスタマーサポートインフォメーションデスク
一般・携帯から:0120-86-0962

IP電話から:03-6385-0962

受付時間:午前9時~午後6時(年中無休)

 

マイページのURLは下記の通りですが、BIGLOBE会員証に記載されたユーザー名とパスワードを入力してログインする必要があります。

 

BIGLOBE マイページのログイン画面URL
https://login.sso.biglobe.ne.jp/scpf_op/auth.php

 

レンタルを停止させた後は、利用していた無線LANルーターを返却してください。返却方法はレンタルの停止手続きをするときに教えてくれます。

 

⑨西日本と東日本で解約方法に違いはあるのか

ビッグローブ光は西日本と東日本のどちらも同じ会社が運営しているので、どこに住んでいても解約方法は変わりません。引っ越しをする際に移転手続きを場合も、どこに住んでいても方法は同じです。

 

まとめ

ビッグローブ光を解約するときは以下の流れで手続きを行ってください。

 

①解約の申請をする

②解約日と回線の撤去工事日を決める

③撤去工事をしてもらう

④レンタルしている周辺機器を返却する

 

解約の申請はカスタマーサポートに電話をかけるか、会員用サイトのマイページにログインすれば行えます。

 

戸建てに住んでいる人は、回線の撤去工事を拒むことができます。賃貸のマンションやアパートに住んでいる人も回線の撤去をしない選択ができますが、解約する前に原状回復義務にインターネット回線の撤去が含まれていないか確認してください。

 

回線の撤去を拒めば、立ち会いが必要な工事を省けます。といっても、残した回線は再利用できないうえに、工事は無料でしてもらえるので撤去も検討する余地があります。

 

ビッグローブ光を解約したあとは必ずONUを返却してください。ONUを返却しないと弁済金が請求されます。ONUは撤去工事を行うスタッフが回収してくれます。撤去工事を行わない場合、NTTから送付されるキットを使って返却しましょう。

 

ビッグローブ光を解約する際、更新月に申し込まない限り9,500円か20,000円の違約金を支払わなければいけません。工事費を分割で支払っている途中に解約すると、残債も一括で支払わなければいけません。しかし、他の光回線サービスに乗り換えるのであれば、キャッシュバックをもらって違約金や工事費の残債の支払いにまわせます。

 

引っ越しをする場合、移転手続きをすれば違約金を支払わずにビッグローブ光を続けて利用できます。撤去工事と導入工事をしてもらう必要はありますが、費用は一切かからないので安心してください。