光回線のおすすめ4選

auひかり ちゅらの解約方法ガイド!違約金を払わない裏技公開!返却や工事、電話解約の詳細まで全て解説!

auひかり ちゅらを解約したいと思っても、方法がわからないと申し込みに進めないですよね。方法さえわかればauひかり ちゅらは簡単に解約できるうえに、手続きの手間も少なめです。

ここでは、auひかり ちゅらを解約する方法を詳しく解説していきます。auひかり ちゅらを解約したい人や、他の光回線サービスへ乗り換えたいと考えている人はぜひご覧ください。

目次

auひかり ちゅらを解約するときに必要なもの

auひかり ちゅらを解約するときは、基本的に何も用意する必要はありません。しかし、念のために契約書類を手もとに置いておきましょう。解約を申し込むときは、本人確認をするために契約書類に記載された数値を尋ねられる可能性があるからです。

手もとに契約書類があれば、契約を申し込むときの本人確認をスムーズに済ませられる可能性を高められます。

auひかり ちゅらを解約する方法と手順

auひかり ちゅらを解約する流れはシンプルなので、方法さえわかれば簡単に手続きを進められます。ただ、レンタル機器を返却する必要があるので注意してください。

電話窓口で解約を申し込む

auひかり ちゅらを解約するときは、最初に下記の窓口へ電話をかけてください。

auひかり ちゅら 問い合わせ窓口

0120-994-778

受付時間:9時~20

窓口へ電話がつながれば解約日を決めます。auひかり ちゅらの公式サイトには、解約日として指定できる日にちの範囲が記載されていません。ただ、本家のauひかりは申し込み日の解約ができないので、auひかり ちゅらも即日の解約ができない可能性があります。

なので、auひかり ちゅらを解約するときは、前もって申し込みをしたほうがいいでしょう。

希望であれば回線の撤去工事をしてもらう

インターネット回線を解約するときは、基本的に回線の撤去工事が行われますしかし、auひかり ちゅらは例外で、解約を申し込むときに回線を撤去するかを選ばしてくれます。

撤去工事をしない選択をすれば解約する際の手間を1つ省けるうえに、auひかり ちゅらを再契約するときに導入工事を省ける可能性を残しておけます。ただ、auひかり ちゅらを再契約する可能性が0であれば回線を残す必要はなく、撤去は無料でしてもらえるので工事を拒むメリットはありません。

なお、集合住宅に住んでいて回線を残しておきたい場合は、auひかり ちゅらを解約する前に管理会社か大家さんに連絡して撤去工事をしなくて大丈夫なのか確認してください。集合住宅には、原状回復義務にインターネット回線の撤去を含んだ物件があるからです。

原状回復義務にインターネット回線の撤去が含まれているのに工事をしないと、退去するときにトラブルが起きてしまいます。

レンタルしていた機器を返却する

auひかり ちゅらを解約したあとは、レンタルしていた機器を返却してください。返却しないと弁済金が請求されるので、忘れないように気をつけましょう。

auひかり ちゅらを契約すると、必ず回線終端装置がレンタルで提供されます。回線終端装置はインターネットへ接続するために不可欠な機器だからです。Wi-Fiを利用している場合は、ホームゲートウェイをレンタルしていないかも確認してください。

auひかり ちゅらの公式サイトには、回線終端装置やホームゲートウェイの返却方法が記載されていません。しかし、解約を申し込むときにレンタル機器の返却を教えてくれます。

auひかり ちゅらを解約する月の利用料金

auひかり ちゅらは利用料金が日割り制度になっています。なので、月の途中に解約すると、当月の利用料金が日割りにされて安くなります。少しでもコストを安くしてauひかり ちゅらを解約したい人は、月末までに解約できるように申し込みましょう。

ただ、他の光回線サービスに乗り換える場合、移行先の回線が開通してからauひかり ちゅらを解約してください。先にauひかり ちゅらを解約すると、乗り換え先の回線が開通するまでインターネットが使えなくなるからです。

先の乗り換え先の回線を開通させておけば、インターネットが使えない期間が発生しないので安心です。

auひかり ちゅらの解約金/違約金

auひかり ちゅらを解約するときは、違約金が請求されないか確認しなければいけません。また、工事費の残債がないかも注意してください。

違約金の値段は「しま割」を適用しているかで変わる

auひかり ちゅらを解約して請求される違約金の値段は、「しま割」を適用しているかで変わります。

しま割を適用しない場合は6ヶ月の最低利用期間が設けられ、契約してから半年以内に解約すると3,200円から14,400円の違約金が請求されます。契約してから半年経てば、いつ解約しても違約金は請求されません。

しま割を適用すると戸建てでは3年、マンションでは2年の契約期間が設けられて、更新月以外に解約すると下記の違約金が請求されます。

「しま割の契約期間と違約金」

プラン

契約期間

違約金

auひかり ちゅらホーム

3

9,500

auひかり ちゅらマンションギガ

2

auひかり ちゅらマンションV

2

2,500

戸建てでは契約してから3年ごとに1度の、マンションでは契約してから2年ごとに1度ある更新月に解約すれば違約金を請求されません。

多くの人は月額料金が安くなるしま割を適用しているので、auひかり ちゅらを解約するときは契約期間が設けられていないか確認してください。

auひかり ちゅらのプラン別月額料金」

プラン

しま割適用無し

しま割適用有り

auひかり ちゅらホーム

6,300

5,490

auひかり ちゅらマンションギガ

4,680

4,290

auひかり ちゅらマンションV

3,900

3,690

工事費の残債があるかも要確認

auひかり ちゅらを解約するときは、工事費の残債がないかも確認する必要があります。

auひかり ちゅらを契約すると工事が行われるので戸建てで37,800円、マンションで30,000円の工事費が発生します。工事費は戸建て30ヶ月、マンションでは24ヶ月の分割で支払いますが、利用料金に割引が適用されて実質無料になります。

しかし、工事費の支払い途中にauひかり ちゅら解約すると分割と割引が打ち切られて、残債を一括で精算しなければいけません。

auひかり ちゅらを解約するべきタイミング

違約金や工事費の残債を考慮すると、auひかり ちゅらを解約するべきタイミングは最低利用期間の終了後や更新月だと思いますよね。しかし、一概に最低利用期間の終了後や更新月に解約するべきとは断言できません。

状況によっては、今すぐ解約したほうが負担するコストが安いからです。

更新月に解約するべきわけではない

解約しても違約金が請求されない最低利用期間の終了後や更新月は、auひかり ちゅらをやめるベストタイミングと思われがちです。

しかし、「今すぐ解約して負担する費用」と「最低利用期間の終了後や更新月まで利用料金を払い続けて負担する費用」を比較してから、auひかり ちゅらを解約するタイミングを決めるべきです。今すぐ解約したほうがお得になる可能性があるからです。

たとえば、戸建てに住んでいる人がauひかり ちゅらを契約してしま割を適用し、12ヶ月経っていると仮定します。今すぐ解約すれば負担する費用は34,700円で済みますが、更新月まで利用料金を払い続けると合計で131,760円も負担しなければいけません。

利用期間

すぐに解約して負担する費用

更新月を待つと負担する合計の費用

12ヶ月

34,700

131,760

35ヶ月

10,550

10,980

36ヶ月

9,500

5,490

今すぐ解約するべきではない状況は、翌月に更新月を控えたときぐらいです。

他社へ乗り換えるなら今すぐでも大丈夫

他の光回線サービスに乗り換えるためにauひかり ちゅらを解約する場合も、タイミングを気にする必要がありません。他の光回線サービスに乗り換えれば、キャンペーンによる特典をもらってauひかり ちゅらの解約費用を相殺できるからです。

たとえば、代理店を経由してソフトバンク光へ乗り換えれば、30,000円以上のキャッシュバックをもらって、auひかり ちゅらの工事費残債をなくせます。

さらに、公式の「あんしん乗り換えキャンペーン」も適用されて、auひかり ちゅらの違約金と同等のキャッシュバックも受け取れます。

代理店で申し込めばキャッシュバックがもらえる光回線サービスはいくつもあるので、他社へ乗り換えるのならいつauひかり ちゅらを解約しても問題ありません。

auひかり ちゅらを解約するときの工事

光回線サービスを解約するときは基本的に撤去工事が行われますが、auひかり ちゅらを解約する場合は契約者が工事を行うかを判断できます。しかし、集合住宅に住んでいる場合、管理会社や大家さんに連絡して回線を残しても大丈夫か確認する必要があります。

撤去工事は契約者の任意

本家のauひかりは20183月以降に契約した人に向けて、解約する際の撤去工事と28,800円の費用の負担を義務付けました。しかし、auひかり ちゅらは回線の撤去が義務化されていないので、解約するときに工事を拒めます。撤去工事を行う場合でも費用はかかりません。

回線の撤去せずに残す選択をすれば、解約するときの手間を1つ省けます。さらに、auひかり ちゅらを再契約するときに工事を省ける可能性を含んでおけます。

集合住宅では管理会社や大家さんへの確認が必須

マンションやアパートに住んでいる場合でも、撤去工事をせずに回線を残す選択ができます。しかし、管理会社や大家さんに連絡して、回線を残しても問題がないか確認しなければいけません。

集合住宅には、原状回復義務にインターネット回線の撤去が含まれている物件があるからです。原状回復義務にインターネット回線の撤去が含まれているのに、auひかり ちゅらを解約するときに工事をしないと、退去するときにトラブルを招いてしまいます。

撤去工事の内容

撤去工事で行われる作業の内容は、auひかり ちゅらを契約したときに行われた導入工事の内容を振り返ればわかります。

戸建てに住んでいる場合、電柱から自宅に光ファイバーを引き込み、宅内に回線終端装置などの機器が設置されます。

集合住宅ではすでに共用スペースに光ファイバーが引き込まれ、回線が全戸に分配されている場合が多いです。なので、宅内で壁のなかから通信ケーブルを引き込み回線終端装置などが設置される内容である可能性が高いです。

撤去工事では導入工事とは真逆の作業が行われます。撤去工事が行われるときは契約者か家族の立ち会いが必須ですが、戸建てで1時間から2時間、集合住宅では30分ほどで終わるのでストレスは感じません。

auひかり ちゅらを解約してから返却する機器

無事にauひかり ちゅらを解約できれば、レンタルしていて周辺機器を返却しましょう。レンタル機器の返却を忘れると弁済金が発生するので気をつけてください。

回線終端装置やホームゲートウェイの返却が必須

auひかり ちゅらを解約したあとは、回線終端装置やホームゲートウェイを返却してください。

回線終端装置はインターネットへ接続するために不可欠な機器なので、必ずレンタルで提供されるので解約したあとに返却が必須です。

Wi-Fiや光電話を利用している場合、ホームゲートウェイもレンタルしてないかも注意してください。ホームゲートウェイは無線LAN機能と光電話アダプタ機能が内蔵されたルーターなので、Wi-Fiルーターレンタルや光電話オプションに加入すると貸し出されます。

レンタル機器の返却方法

auひかり ちゅらの公式サイトにはレンタル機器の返却方法が記載されていません。しかし、解約するときにレンタル機器の返却方法を教えてくれます。

ちなみに、本家のauひかりを契約している場合は、解約してから返却に利用する伝票が自宅に送られてきます。レンタル機器を箱に梱包して伝票を使って発送すれば、返却は完了です。

基本的な返却の流れはauひかり ちゅらも同じなので、参考に覚えておくといいでしょう。

auひかり ちゅらの光電話を解約する方法

auひかり ちゅらの光電話はオプションサービスなので、簡単に解約できます。電話番号を残せるのは、条件を満たしている人に限られます。条件を満たしていても、auひかり ちゅらを解約する前に別の窓口で手続きを行う必要があります。

①光電話とネット回線を同時に解約する場合

光電話はauひかり ちゅらのオプションサービスにしかすぎないので、auひかり ちゅらの回線を解約すると同時に解約扱いになります。

しかし、電話番号を残せるのは、以下2つの条件を満たしている人に限定されます。

NTTから発行された番号を利用している

・電話加入権を持っている

上記の条件を満たしていなければ、auひかり ちゅらを解約した時点で電話番号が使えなくなります。条件を満たしていても、電話番号を残すには「アナログ戻し」や「番号ポータビリティ」を行わなければいけません。

auひかり ちゅらを解約する前にアナログ戻し

auひかり ちゅらを解約してから電話番号をNTTのアナログ電話に移す場合は、「アナログ戻し」の手続きをしてください。アナログ戻しとは、電話番号をNTTのアナログ電話へ移行させる方法です。

アナログ戻しについては当サイトの下記のページで詳しく解説していますが、行う際は最大で13,000円の費用が必要です。また、auひかりを解約する前に手続きをしないと番号が消えてしまうので注意してください。

光電話のアナログ戻しとは?費用・料金から手順、工事内容まで全て解説!

他社の光電話へ番号を移行する方法

auひかり ちゅらの光電話で利用している番号を他社の光電話へ移す場合は、「番号ポータビリティ」を行います。「番号ポータビリティ」とは、利用している電話番号を他社の光電話に移行させる方法です。

番号ポータビリティの手続きをする方法は簡単で、他社の光回線を契約するときに利用する電話番号と電話加入権の所有者の名前を申告するだけです。(光回線の契約者と電話加入権の所有者の名義が同一なら、よりスムーズに手続きを進められます)

②光電話だけを解約してネット回線の契約を続ける場合

光電話だけ解約してauひかり ちゅらの回線契約を残す場合は、下記の電話窓口で手続きを行ってください。

auひかり ちゅら 問い合わせ窓口

0120-994-778

受付時間:9時~20

光電話だけを解約する場合でもNTTから発行された番号を利用していて、電話加入権を持っていれば、番号を変えずにNTTのアナログ電話や他社の光電話へ移行できます。

電話番号を引き継ぐ方法は光電話とネット回線を同時に解約する場合と同じで、光電話を解約する前に番号ポータビリティやアナログ戻しをしてください。先に番号ポータビリティやアナログ戻しの手続きをして、電話番号の移行が完了すればauひかり ちゅらの光電話は自動的に解約となります。

③ネット回線だけ解約して光電話の契約を続ける場合

WiMAXやワイモバイルのモバイルルーターやSoftBank Airへ乗り換えるためにauひかり ちゅらの解約を検討している人は、光電話の契約だけ残したいと思いますよね。

光電話はauひかり ちゅらのネット回線を契約した人が利用できるオプションサービスなので、光電話だけを契約することはできません。auひかり ちゅらを解約してから固定電話を利用するのであれば、NTTのアナログ電話か他社の光電話に乗り換える必要があります。

しかし、NTTから発行された番号を利用していて電話加入権を持っていなければ、auひかり ちゅらを解約した時点で電話番号が使えなくなります。電話番号を残す条件を満たしていても、他社の光電話はネット回線を契約しなければ利用できません。

なので、auひかり ちゅらを解約してからも固定電話を使うのであれば、NTTのアナログ電話が基本の移行先となります。アナログ電話に移行すると、固定電話の利用料金が光電話より高くなる難点があります。

auひかりの光電話とアナログ電話の利用料金比較表」

種別

基本料金

通話料金

自宅専用電話

携帯

国際電話

光電話

500

全国一律8/3

(提携サービスの固定電話相手なら無料)

au:15.5/1

その他:16

アメリカ:9/1

中国:30/1

韓国:30/1

アナログ電話

1,4501,950

市内:8.5/3

県内市外:2040/3

県外:2080/3

ドコモ:20/1

au:30/1

ソフトバンク:40/1

アメリカ:60/1

中国:140/1

韓国:110/1

固定電話をよく使う人からすると、利用料金の値上がりはネックですよね?しかし、NTTのアナログ電話ではなく、ソフトバンクの「おうちのでんわ」へ乗り換える方法もあります。

おうちのでんわとはソフトバンクの4G回線で固定電話が利用できるサービスです。おうちのでんわの利用料金は光電話とほぼ同等なので、アナログ電話の利用料金が高いと感じる人におすすめです。

利用している番号がNTTから発行されたもので、電話加入権を持っていれば番号の継続もできるので安心です。

auひかり ちゅらの解約にまつわるよくある疑問

auひかり ちゅらを解約する方法がわかっても、頭のなかに疑問が浮かぶと申し込むのをためらいますよね。そんな人のために、auひかり ちゅらの解約に関するよくある疑問への答えをまとめました。

①工事前なら申し込みをキャンセルできるのか

まだ工事が行われいないのであれば、申し込んだ店舗や下記の問い合わせ窓口に連絡すればauひかり ちゅらの契約をキャンセルできます。

auひかり ちゅら 問い合わせ窓口

0120-994-778

受付時間:9時~20

工事前ならまだauひかり ちゅらのサービス提供が始まっていないので、キャンセルしても費用はかかりません。

ただ、工事日の当日や前日はキャンセルを受け付けくれません。auひかり ちゅらの契約を取り消したいと思った場合は、最低でも工事日の2日前までに申請をしてください。

②回線が開通した後にクーリングオフは適用できるのか

auひかり ちゅらの契約はクーリングオフの対象外ですが、初期契約解除制度を適用できる期間内であれば回線が開通してからでもキャンセルが可能です。

初期契約解除制度とは、契約書面を受け取ってから8日以内であれば消費者の都合で契約をキャンセルできるシステムです。初期契約解除制度を適用すれば、違約金を請求されずにauひかり ちゅらの契約をキャンセルできます。しかし、工事費や事務手数料は負担しなければいけないので注意してください。

初期契約解除制度の適用方法は、auひかり ちゅらの問い合わせ窓口に電話すれば教えてくれます。

auひかり ちゅら 問い合わせ窓口

0120-994-778

受付時間:9時~20

③契約者じゃなくても解約手続きはできるのか

auひかり ちゅらの解約手続きは、契約者本人じゃなければ行えません。auひかり ちゅらでは電話でしか解約を申し込めないからです。

auひかり ちゅらの問い合わせ窓口に電話をかけると、必ず最初に本人確認が行われます。本人確認ができなければ、解約手続きを進められません。

なので、auひかり ちゅらを解約するときは、必ず契約者の人が申し込みをしてください。

④電話窓口に連絡してもつながらないときの対処法はあるのか

auひかり ちゅらの問い合わせ窓口に電話をかけても、タイミングが悪いとつながらい場合があります。電話がつながらないときは、以下のどちらかの方法で対処してみましょう。

・電話をかける日にちや時間帯を変える

・公式サイトの問い合わせフォームを活用する

auひかり ちゅらに限らず、光回線サービスの電話窓口は平日の夕方以降や土日、月曜日は混雑しやすい傾向があります。なので、電話をかけるタイミングを火曜日から金曜日の午前中や昼間に変えてみましょう。平日の午前中や昼間に電話をかけると、意外とすぐつながります。

公式サイトの問い合わせフォームから解約を申請するのも1つの方法です。

auひかり ちゅら 問い合わせフォーム

https://www.au-hikari.ne.jp/inquiryform/form.php?pcs=1

問い合わせフォームで解約を申請すれば、都合が良い時間帯に電話やメールで連絡をもらって手続きを進められます。

⑤解約してすぐに再契約すると新規扱いになるのか

最低利用期間の終了後や更新月にauひかり ちゅらを解約して、すぐに再契約すればキャンペーンを受けてお得になるのではと思いますよね。

auひかり ちゅらは定期的にキャッシュバックキャンペーンを実施していて、公式サイトには再契約だと特典を適用できない旨が記載されていません。しかし、再契約だとキャンペーンを適用できない旨を「記載していないだけ」の可能性があるので、念のために特典が受けられるかを確認するべきです。

再契約でもキャンペーンを受けられるかはauショップか、auひかり ちゅらの問い合わせ窓口で確認できます。

再契約だとキャンペーンを受けられない場合は、キャンペーンを実施している他の光回線サービスへの乗り換えを検討してみましょう。

⑥引っ越しをする場合はいつ解約するべきか

auひかり ちゅらは移転手続きに対応しているので、引っ越しをする場合でも解約せずに契約を継続できます。引っ越し先で回線の導入工事を行う必要はありますが、費用はかかりません。

ただ、auひかり ちゅらは沖縄でしか提供されていないので、別の都道府県に引っ越す場合は他社の光回線サービスへ乗り換える必要があります。

移転を申し込む方法

移転手続きをして引っ越し先でもauひかり ちゅらを使う場合は、最初に下記の問い合わせ窓口で申し込みをしてください。

auひかり ちゅら 問い合わせ窓口

0120-994-778

受付時間:9時~20

公式サイトの申し込みフォームからでも移転の申請ができます。

auひかり ちゅら 契約・移転申し込みフォーム

https://www.au-hikari.ne.jp/areasearch/sel_housing.php

移転を申し込むときは退去する家で行う回線の撤去工事と、引っ越し先で行う回線の導入工事の日程を決めます。

撤去工事と導入工事が終われば、移転の手続きは完了です。

移転や他社への乗り換えを申し込むタイミング

移転と他社への乗り換えのどちらの手続きを行う場合も、申し込みは早めにしておきましょう。ギリギリに申し込むと、撤去工事と導入工事が引っ越し日までに間に合わないからです。

撤去工事と導入工事は基本的に申し込んでから2週間から1ヵ月後に行われます。しかし、2月から4月は引っ越す人が増加して申し込みが殺到するので、申し込みをしてから1ヵ月以上待たされる恐れがあります。

引っ越しが決まったときは、すぐにでも移転や他社への乗り換え手続きをしておきましょう。

auひかり ちゅらが利用できないときにおすすめの他社回線

auひかり ちゅらが提供されていない地域へ引っ越す場合、他の光回線サービスへ乗り換えなければいけません。

引っ越し先が本家のauひかりの提供エリアであれば、他の光回線サービスを視野に入れる必要はありません。引っ越し先が本家のauひかりの提供エリアでない場合は、以下3つの光回線サービスへの移行を検討しましょう。

・ビッグローブ光

So-net

nifty

上記3つの光回線サービスはauスマートバリューに対応しているので、スマホ代の安さを維持したいauユーザーでも安心して契約できます。代理店で契約すれば高額キャッシュバックがもらえるので、初期費用を気にする必要はありません。

⑦解約するときにプロバイダの契約は残せるのか

auひかり ちゅらは回線とプロバイダがセット契約になっているサービスなので、プロバイダの契約だけ残すことはできません。メールアドレスだけ残す契約もできないので、auひかり ちゅらから発行されたメールアドレスを使っている場合、別のアドレスに乗り換えなければいけません。

auひかり ちゅらを解約してメールアドレスを他社へ乗り換える場合、Gmailなどのフリーメールがおすすめです。フリーメールに乗り換えておけば、今後またインターネット回線を解約することがあってもアドレスが消えません。

⑧レンタル機器だけの解約はできるのか

回線終端装置はインターネットへ接続するために不可欠な機器なので、レンタルを解約できません。ホームゲートウェイのレンタルを解約できるかは、光電話を利用しているかで変わります。

ホームゲートウェイは光電話アダプタの役割をする機器なので、光電話を利用している場合はレンタルを解約できません。光電話を利用しておらず、無線LANルーターとしてホームゲートウェイをレンタルしている場合は、下記の問い合わせ窓口で申請すれば解約できます。

auひかり ちゅら 問い合わせ窓口

0120-994-778

受付時間:9時~20

レンタル契約を解除するとホームゲートウェイを返却しなければいけませんが、方法は問い合わせ窓口のスタッフが教えてくれます。

⑨西日本と東日本で解約方法に違いはあるのか

auひかり ちゅらは沖縄セルラーが沖縄のみに提供している光回線サービスなので、どこに住んでいても解約方法は変わりません。移転手続きの方法も統一されています。

余談ですが、本家のauひかりを解約する方法も、auひかり ちゅらによく似ています。

まとめ

auひかり ちゅらを解約するときは、以下の流れで手続きを行います。

①問い合わせ窓口に電話をかけて解約を申し込む

②解約日と回線の撤去工事日を決める

③撤去工事をしてもらう(契約者の任意)

④レンタルしている周辺機器を返却する

auひかり ちゅらを解約するときは、基本的に問い合わせ窓口へ電話をかけて申し込みをします。電話をかける時間が取れない場合は、公式サイトの問い合わせフォームから申請してみましょう。

auひかり ちゅらを解約するときは、撤去工事をせずに回線を残すことができます。撤去工事を拒めば解約手続きの手間を1つ省けるうえに、auひかり ちゅらを再契約するときに残した回線を再利用できる可能性も残しておけます。

しかし、賃貸の集合住宅に住んでいる場合、原状回復義務によって回線を撤去しなければいけない可能性があるので注意してください。

auひかり ちゅらを解約したあとは、回線終端装置やホームゲートウェイなどのレンタル機器を返却しましょう。レンタル機器を返し忘れると弁済金が請求されるので、気をつけてください。

auひかり ちゅらを解約すると違約金や工事費の残債が請求される恐れがあるので、最低利用期間の終了後や更新月を待つべきと考えがちです。しかし、最低利用期間の終了後や更新月を待ったほうが損をする可能性があります。

auひかり ちゅらの解約を検討するときは「今すぐ解約して負担する費用」と「最低利用期間の終了や更新月を待つ間に負担する費用」を比較して、解約するタイミングを決めてください。他の光回線サービスへ乗り換える場合は、いつauひかり ちゅらを解約しても大丈夫です。

引っ越しをする場合、移転先がauひかり ちゅらの提供エリアであれば移転手続きができるので解約する必要がありません。移転する際の費用もかからないので安心してください。引っ越し先が他府県などauひかり ちゅらの提供エリア外である場合は、他の光回線サービスへ乗り換えましょう。