光回線のおすすめ4選

Wi-Fiなしで動画を見る4つの方法!制限を気にせずに見れる?!

YouTubeなどで配信されているインターネット動画を見たいけど、自宅にWi-Fiがない人は多いのではないでしょうか?

 

携帯電話キャリアの回線を契約してスマホを持っていれば、Wi-Fiがなくてもインターネット動画を視聴できます。

しかし、Wi-Fiがない環境でインターネット動画を見ると、使い勝手の悪さを実感してしまいます。

ここで紹介するWi-Fiがない環境で動画を視聴する方法を見て、どのようなメリットとデメリットがあるのかを知っておきましょう。

 

ここでは、Wi-Fiなしで動画を見る4つの方法を解説します。

低コストでWi-Fiを導入する方法も紹介するので参考にしてくださいね。

Wi-Fiなしで動画を見る4つの方法を知ろう!やってはいけない方法も!

今は光回線以外のインターネット回線や携帯電話の機能性が充実したので、Wi-Fiがなくても動画の視聴が可能になりました。

しかし、Wi-Fiがなしで動画を見る場合、どの方法を使っても何かしらのリスクが伴います。

 

方法その1.携帯会社の4G回線を使う

最もベターなWi-Fiを使わずに動画を見る方法は、携帯電話キャリアが提供する4G回線を使うことです。

既にご存知の人も多いと思いますが、4G回線では数百Mbps以上の高速通信が可能なので、YouTubeをはじめとしたサイトの動画を難なく見れます。

 

しかし、4G回線を利用するサービスはプランごとに1ヶ月に利用できるデータ量に上限があるので、頻繁に動画を見つけると通信制限を受けるリスクがあります。

 

プランを変更すれば通信制限を受けない可能性がある

4G回線で動画を見る場合でも、利用する動画サイトによっては料金プランを変えて通信制限を受けるリスクが無くなる可能性があります。

 

例えば、ソフトバンクでスマホを使っている人がプランをウルトラギガモンスタープラスに変えれば、YouTubeやAbemaTVなどの動画を無制限で視聴できます。

格安SIMのBIGLOBEモバイルも、対象の動画サイトを無制限で視聴できるプランを展開しています。

 

4G回線でインストール動画を見たいと思っている人は、動画サイトを無制限で利用できるプランへの変更を検討してみましょう。

 

方法その2.スマホのテザリング機能を使う

パソコンの大画面で動画を見たくても自宅にネット回線がない場合、スマホのテザリング機能を使う方法があります。

テザリングとは、自分のスマホをモバイルルーターとして利用できる機能です。

テザリング機能を利用すれば、パソコンをスマホに接続してインターネット動画の視聴が可能になります。

 

 

パソコンだけでなく、タブレットやゲーム機もインターネットに接続できます。

 

しかし、テザリングでは先ほど紹介した携帯電話キャリアの4G回線を使うので、頻繁に動画を見ると消費したデータ量が上限に達して通信制限を受ける恐れがあります。

 

方法その3.有線接続を使う

既に固定回線を自宅に引いている場合、デバイスとモデムをLANケーブルで繋ぐ有線接続を利用すればインターネット動画の視聴が可能になります。

 

 

有線接続を利用する際はデータの消費量に上限がない固定回線でインターネット動画を見ることがほとんどなので、通信制限を受けないメリットがあります。

しかし、有線接続を使う際は、その都度デバイスとモデムをLANケーブルで繋がなければいけないので面倒です。

有線接続が利用できるデバイスの種類もパソコンやゲーム機に限られるので、スマホやタブレットで動画を見たい人にはおすすめできません。

 

方法その4.ダウンロード機能を活用する

U-NEXTやHuluなどのビデオオンデマンドのダウンロード機能を利用して、予め端末に動画作品を取り込んでおけば、Wi-Fiやインターネット回線が無くても動画の視聴ができます。

 

※筆者が利用しているビデオオンデマンド「L MOVIE powerd by U-NEXT」では、前もって動画作品をダウンロードすることでWi-Fiが無い環境でも視聴が可能になります。

 

ただ、動画をダウンロードするにはインターネット回線が必要になります。

4G回線を使って動画作品をダウンロードする場合、多くのデータ量を消費するので通信制限を受けるリスクが高まります。

 

やってはいけないWi-Fiなしで動画を見る方法も知っておこう!

他にもWi-Fi無しで動画を見る方法がありますが、法に触れる可能性があるので注意しなければいけません。

法に触れないために、やってはいけない動画を見る方法も知っておきましょう。

 

YouTubeの動画ダウンロードは禁止

App StoreやGoogle Play Storeでは、YouTubeの動画をダウンロードできるアプリが配信されていることがあります。

YouTubeの動画がダウンロードできるアプリを使えば、Wi-Fiがなくてもお気に入りの動画を何度も見られるので、自分のスマホにインストールしたくなりますよね?

しかし、YouTubeを運営するGoogleは動画のダウンロードを禁止しているので、ダウンロードができるアプリの利用は法に触れる恐れがあります。

 

YouTubeの動画がダウンロードできるアプリを見つけても、使わないようにしましょう。

 

DVDのデータコピーは違法になる可能性が高い

DVDに収録されている動画データをデバイスに移せば、Wi-Fiがなくても動画を見られるようになります。

しかし、DVDに収録されている動画をデバイスに移す行為は、場合によって法に触れてしまいます。

 

コピーガードが付いたDVDの動画データを複製すると著作権法違反になり、3年以下の懲役が300万円の罰金に処されます。

(コピーガードを解除しただけでは違法になりません)

 

ちなみに、音楽CDはコピーガードが施されていないので、データを複製してパソコンやスマホに移しても違法にはなりません。

Wi-Fiを導入する方法と費用を詳しく知ろう!

Wi-Fiがなくても動画を見る方法はいろいろありますが、通信制限を受けるリスクがあります。

使い放題の固定回線を導入して有線接続を利用する方法もありますが、パソコンやゲーム機でしか動画が見られないので使い勝手は良くありません。

なので、快適にインターネット動画を見るなら、Wi-Fiの導入が好ましいです。

 

Wi-Fiの導入方法は3種類ありますが、それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分にスタイルに合った方法を見つける必要があります。

Wi-Fiの導入方法ごとの特徴を知り、自分に合った方法はどれなのか判断できるようにしましょう。

 

Wi-Fiを導入する方法は3通りある

Wi-Fiを導入する方法は、大きく分けて以下の3つのです。

・光回線を導入する

・モバイルWi-Fiルーターを契約する

・ソフトバンクエアーを契約する

 

上記3つの具体的な導入方法を見てみましょう。

 

光回線を契約する

最も一般的なWi-Fiの導入方法は、光回線を契約することです。

光回線はデータ量に上限がないので、どれだけインターネット動画を見ても通信制限がかかりません。

また、光回線は最大1Gbpsまでの通信が可能なので、動画の読み込みがスムーズに行えます。

 

光回線の契約は工事が面倒と思われがちなので、他の方法がないかと思う人は多いのではないでしょうか?

光回線の導入工事は40分から1時間半で終わるうえに、業者が全ての作業を行ってくれるので思ったほど面倒ではありません。

 

モバイルWi-Fiルーターを契約する

どうしても工事が手間だと感じる人は、モバイルWi-Fiルーターを検討してみましょう。

モバイルWi-Fiルーターは名前の通りモバイル回線を利用する機器なので、工事をせずにWi-Fiが使えるようになります。

光回線と比べると流石に劣りますが、動画を見る分には問題ない通信速度が出るので不便には感じません。

 

しかし、3日間で消費したデータ容量が10GBに達すると、翌日の夕方から深夜まで通信制限を受けるデメリットがあります。

3日間で10GB以上消費するほど動画を見る人は、他の方法を検討しましょう。

 

ソフトバンクエアーを契約する

 

工事をせずにWi-Fiを導入したい場合、ソフトバンクが販売している自宅専用のWi-Fiルーター「ソフトバンクエアー」も選択肢になります。

 

ソフトバンクエアーとは、自宅のコンセントに差し込むだけでWi-Fiが利用できる機器です。

通信速度は最大350Mbpsと高速なので、快適にインターネット動画を視聴できます。

利用者からは夜になると通信速度が制限される声が挙がっていますが、動画が見れなくなるほどは遅くならないので問題はありません。

 

利用料金を安くできる導入方法は人それぞれで違う

今から自宅をWi-Fi環境にしようと思っているほとんどの人は、利用料金を安くしたいと考えているのではないでしょうか?

 

毎月支払うWi-Fiの利用料金は、導入する方法で変わります。

光回線を導入すると利用料金は戸建てで5,000円から6,000円、マンションで3,500円から4,500円になります。

モバイルWi-Fiルーターは4,380円、ソフトバンクエラーは4,880円となっていて、戸建てに住んでいる人が光回線を契約する場合より安めです。

 

「Wi-Fi導入方法別の月額料金」

種類月額料金
光回線戸建て:5,000~6,000円

マンション:3,500~4,500円

モバイルWi-Fiルーター4,380円
ソフトバンクエアー4,880円

 

上記の表を比較すると、マンションに住んでいない限りはモバイルWi-Fiルーターが最安という結論になります。

 

ただ、セット割引が受けられる光回線サービスを契約すれば、モバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーよりも通信費が安くなる可能性があります。

ドコモユーザーがドコモ光、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光といった感じに光回線サービスを選べば、スマホの利用料金に割引が適用されます。

 

といっても、光回線の契約がベストなWi-Fiの導入方法になるわけではありません。

auユーザーがWiMAXのモバイルWi-Fiルーターを、ソフトバンクユーザーがソフトバンクエアーを契約してもセット割引が受けられるからです。

利用料金を安くできるWi-Fiの導入方法は、人それぞれで違うわけですね。

 

なので、Wi-Fiを導入するときは、セット割引が受けて利用料金を安くできる方法を選びましょう。

 

導入費用は方法によって変わる

Wi-Fiを導入するうえで大きなネックになる要素は初期費用です。

初期費用を安くできるかが、Wi-Fiの導入方法を決める鍵になります。

 

光回線を契約してWi-Fiを導入する場合、負担する初期費用のほとんどは工事費が占めます。

工事費は光回線の事業者ごとに違いますが、安くても15,000円、高い場合だと30,000円以上かかってしまうので決して安くはありません。

 

「主要光回線サービスの工事費」

サービス戸建てマンション
フレッツ光18,000円15,000円
ドコモ光18,000円15,000円
ソフトバンク光24,000円24,000円
auひかり37,500円30,000円
NURO光40,000円40,000円

 

モバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーは端末を購入するだけでWi-Fiが使えるようになるので、初期費用は事務手数料の3,000円しかかかりません。

 

初期費用を比較すると、モバイルWi-Fiルーターとソフトバンクエアーが最も負担が少ないWi-Fiの導入方法だと感じます。

しかし、光回線を契約する場合でも、後で紹介する方法を活用すれば初期費用を大幅に削減できます。

方法さえ知っておけば、どんな形式でWi-Fiを導入しても初期費用はかかりません。

 

モバイルWi-Fiルーターを検討する際は現在のデータ消費量に注意

モバイルWi-Fiルーターの導入を検討する場合、日頃から利用しているデータ量をポイントにして契約するかを決めなければいけません。

モバイルWi-FiルーターでWi-Fiでは、3日間で10GBを消費すると通信制限がかかるからです。

 

家族全員でWi-Fiを共有すると、すぐに消費するデータ容量が10GBに達するので、光回線かソフトバンクエアーを契約してWi-Fi使うべきです。

1人暮らしをしている状態で、3日間で消費するデータ容量が10GB未満であればモバイルWi-Fiルーターを検討みる価値があります。

しかし、現在スマホを利用している場合、3日間で利用しているデータ量がどれほどなのか確認しなければいけません。

 

「3日間でどれだけのデータ量を消費しているかなんてわからないよ!」と思った人は、通信量チェッカーアプリを使ってみましょう。

 

画像引用元:App Storeより。

 

通信量チェッカーをインストールすれば、3日間で消費したデータ容量を簡単に計測できます。

通信量チェッカーで計測した3日間のデータ消費量が10GBを超えた場合、光回線かソフトバンクエアーを契約してWi-Fiを使いましょう。

 

Wi-Fiを安く導入する方法を伝授します!

自宅をWi-Fi環境にする際は高額な初期費用がかかり、毎月支払う利用料金も大きな負担になると思われがちです。

しかし、低コストで自宅をWi-Fi環境にできる方法が溢れています。

低コストでWi-Fiを導入する方法を見て、「Wi-Fiを使うとコストがかかる」というイメージを払拭しましょう。

 

光回線を引くならキャンペーンが強いサービスを選ぼう

光回線を契約してWi-Fiを導入する場合は、手厚いキャンペーンを実施している事業者を選んで申し込みましょう。

 

多くの光回線サービスは工事費無料やキャッシュバック特典が受けられるキャンペーンを実施しているので、初期費用の負担する必要がありません。

また、代理店で申し込める光回線サービスを申し込めば、工事費無料とキャッシュバック特典の両方を受けられる場合もあります。

 

ただ、工事費無料やキャッシュバックキャンペーンを実施していない光回線サービスも存在しているので、契約する事業者を選ぶときは注意してください。

 

モバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーも申し込み先選びが大事

初期費用が安いWiMAXのモバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーも、キャンペーンを実施している窓口で申し込めばキャッシュバックをもらってお得に契約できます。

 

モバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーを契約する場合も、キャンペーン内容が強い窓口を選んで申し込みましょう。

 

利用料金を安くするならスマホとのセット割引を活用しよう

先ほどもお話しましたが、セット割引が受けられるサービスを契約すれば、Wi-Fiの利用料金も安くできます。

 

例えば、auユーザーがauひかりを契約すればスマホ代が最大で2,000円、最低でも500円安くなります。

WiMAXのモバイルWi-Fiルーターやソフトバンクエアーでも、対象のキャリアを契約していればスマホ代が安くなります。

 

セット割引を受けて利用料金を安くできる光回線サービスは当サイトの「光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!」で紹介しているので、是非あわせて参考にしてください。

当サイトでは、auユーザーがセット割引を受けられるWiMAXのモバイルWi-Fiルーターについても解説しているので是非ご覧ください。

光回線のおすすめに圧倒される男光回線のおすすめ4選!速度が速い料金も安い最適な回線を紹介!

まとめ

Wi-Fiがなくても携帯電話キャリアの4G回線があればインターネット動画を視聴できますが、通信制限がかかるリスクが付きまといます。

固定回線を引いている場合、Wi-Fiを飛ばさなくても有線接続を利用すれば動画を視聴できますが、対応デバイスの種類が限られるので使い勝手は良くありません。

通信制限のリスクや使い勝手の良さを考えると、インターネット動画を見る際は自宅をWi-Fi環境にすることがおすすめです。

 

自宅をWi-Fi環境にすると初期費用と利用料金が高くつくと思われがちですが、今はキャンペーンやセット割引を活用することでコストを大幅に削減できます。

頻繁にインターネット動画を見たい人は、Wi-Fi環境の導入を検討してみましょう。