光回線のおすすめ4選

大損に注意!WiMAX で契約の縛りなしのプロバイダーやプランは?

WiMAX(WiMAX2+)は2年契約が基本です。でもこんな疑問が出てきますよね?

「できれば期間の縛りなしで契約したい!」

「縛りなしのプランはないの?」

このような疑問を解消しましょう。この記事ではそのWiMAXの契約の縛りについて解説していきます。

WiMAXには期間縛りなしの契約はあるが・・・

まず、WiMAXは基本的にはどのプロバイダにも、契約期間の縛りなしはありません。どこもだいたい全部2年の縛りがあります。

唯一、WiMAXの本家UQ WiMAXだけに縛りなしのプランがあるんです。

ただこのプランはふつうのプランとは違い、もちろん大きな大きなデメリットがあります。

縛りなしの代わりに大きな負担を負うことになるんですよ。

ざっとあげるとこのような感じです。

  • 基本使用料の割引はなく月額5,880円(ギガ放題のプラン)
  • 端末料金を必ず払わなければならない
  • キャンペーンはほぼ皆無(もともと)
  • ユニバーサルサービス料月2円かかる
  • 申し込みは電話でのみ

ひとつひとつ解説していきましょう。

基本使用料の割引はなく月額5,880円(ギガ放題のプラン)

まずUQ WiMAXでは基本的には2年縛りがある状態で契約をしたら、おトク割というものがあります。

この割引によって月額4,380円になっています。

ちなみに、ほかのプロバイダはこのような料金となっています。

プロバイダ名キャッシュバック月額料金
GMOとくとくBB32,000円4,263円
DTI WiMAX29,000円4,300円
3WiMAX28,000円4,330円
So-net WiMAX20,000円3,980円
BIGLOBE20,000円4,380円
UQ WiMAX0円4,380円
PEPABO 0円3,609円
Broad WiMAX0円 3,441円 
DIS mobile WiMAX0円4,380円

ただもし2年縛りなしの条件で契約すると、割引は一切ありません。なので、もともとの月額5,880円となります。言うまでもなく、すさまじく高額な料金です。

端末料金を必ず払わなければならない

ふつうどこのプロバイダでもだいたいは端末料金は無料です。にもかかわらず、UQ WiMAXでは端末料金がかかります。

これは縛りのありなしにかかわらず負担しなくてはなりません。料金は下の表のとおりです。

端末名料金
Speed Wi-Fi NEXT W052,800円
Speed Wi-Fi NEXT W05 クレードル付5,100円
Speed Wi-Fi HOME L012,800円
novas Home+CA2,800円
WiMAX2+ URoad Stick 1円

それほど高額ではありませんが、ほかのプロバイダが無料ということを考えると、ムダすぎますね。

キャンペーンはほぼ皆無(もともと)

これも縛りありなしにかかわらないことですが、UQ WiMAXではキャンペーンがほとんどありません。唯一あるのが、先ほども書きましたおトク割で、これもたいした割引ではありません。

先ほどあげた表にもあったとおり、ほかのプロバイダでは32,000円、29,000円といったすさまじい高額なキャッシュバックをやっています。

ですので、比較するとやっぱり大きなデメリットですね。

ユニバーサルサービス料月2円かかる

これはおまけみたいなものですが、縛りなしの契約の場合はユニバーサルサービス料が月2円かかります。

かなり安いのでたいした影響はありませんが、デメリットです(笑)

申し込みは電話でのみ

縛りなしの場合はふつうのウェブフォームからは申し込みができません。

電話のみでの対応となっているので、わざわざ個々人で問い合わせをしなければなりません。面倒ですね。

これだけデメリットがあって、ようやく縛りなしの契約ができるんです。いくら契約解除料が発生しないといっても、明らかに割に合わないですよね。

ふつうに契約しちゃった方が全然いい!

こんなにも高いと「縛りなしの意味ないじゃん!」と思うかもしれませんが、正にその通りと言いたいです。ふつうに安いプロバイダで契約してしまった方が全然お得なんです。

実際に計算して比較してみましょう。条件を「1年間契約してやめてしまった場合」「Speed Wi-Fi NEXT W05で契約した場合」として、比較しましょう。

UQ WiMAXで縛りなしの契約をした場合

まずはUQ WiMAXで縛りなしの契約をした場合は、先ほどあげたように下のような料金がかかります。

料金内容料金
端末代2,800円
月額料金5,880円
ユニバーサルサービス月額2円
登録料3,000円

1年間なのでそれを踏まえて計算をします。計算式はこのとおりです。

2,800円 + 3,000円 + 5,880円×12ヶ月 + 2円×12ヶ月 = 76,384円

これで契約解除料はかからないので、1年間で73,384円となります。

業界最安のGMOとくとくBBの場合

実質費用が最安のプロバイダ「GMOとくとくBB」で契約した場合を、先ほどと同様に1年で見てみましょう。

初期費用は端末料金は無料で、事務手数料の3,000円のみ。その後の月額料金は最初の2ヶ月は3,609円、その後は24ヶ月まで4,263円です。

ですので、最初の1年(12ヶ月まで)の料金合計はこうなります。

3,000円 + 3,609円×2ヶ月 + 4,263円 × 10ヶ月 = 49,848円

これだけでも先ほどの76,384円と比べると安いとわかりますね。さらに11ヶ月目にはキャッシュバックが31,000円入ります。つまり、合計金額は実質こうなります。

49,848円 - 31,000円 = 18,848円

この段階で契約を解除することになり、契約解除料は19,000円かかりますので、最終的な負担額はこうなります。

18,848円 + 19,000円 = 37,848円

76,384円と比べると、やはり明らかに安いですね。約半額でおさまってることになります。

なので、わざわざ縛りなしで契約する必要はありません。

たとえ途中で契約をやめたくなっても、ふつうに安いプロバイダで契約して、その後にお金がかかってでも契約解除した方が全然安くすみます。

まとめ:縛りなしのプランは使わない方がいい!

WiMAX2+には縛りなしのプランは基本的にありませんが、UQ WiMAXだけにはあります。ただ、縛りがない代わりに、通常受けられる割引がなくなり負担額は大きく増えるので、おすすめはできません。

それよりも実質最安プロバイダGMOとくとくBB」とふつうに契約して、契約解除料を払ってでもやめたいときにやめる方が半額以上も安く済みます

損をなるべくおさえたい場合は、このような契約の仕方をおすすめします。

しっかり計算すれば、どれが安いかは正しく判断できるんです!

ただ、これは高額なキャッシュバックがあるGMOとくとくBBと契約するのが前提ですので、それだけは忘れないようにしましょう。

またGMOとくとくBBのこれだけの高額のキャッシュバックはいつ終わるかわかりません。もしかしたら明日すぐに終了することもあるかもしれません。

なるべく早く決断をしましょう。

なお、このページのリンクからページにいかないとキャッシュバックは減額されます。損しないよう注意してくださいね。