光回線のおすすめ4選

Wi-Fiマルチパックとは必要か?料金は?いらない場合の解約方法も解説!

ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックは、インターネットの利便性を高められるオプションです。光回線のオプションは有料なので加入したくないと思うかもしれませんが、ソフトバンクユーザーなら低コスト利用できるサービスになります。

 

ここでは、ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックのサービス内容を解説しているので、ソフトバンク光を契約しようか迷っている人はぜひご覧ください。

Wi-Fiマルチパックのサービス内容

Wi-Fiマルチパックとは、ソフトバンク光を導入した自宅をWi-Fi環境にできるオプションサービスなので、加入すればインターネットの利便性が向上します。

 

Wi-FiマルチパックとはレンタルしたルーターでWi-Fiが使えるオプション

ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックは、レンタルした光BBユニットから電波を飛ばし、自宅でスマホやタブレットをWi-Fiに接続させてくれるオプションサービスです。

Wi-Fiを飛ばすには、光回線を契約するだけでなく家電量販店やAmazonで無線LANルーターを購入するのが一般的です。しかし、ソフトバンク光ではWi-Fiマルチパックに加入すれば無線LANルーターを購入する必要がなくなります。

 

外でフリーWi-Fiも利用できる

Wi-Fiマルチパックに加入すれば、カフェや商業施設に設置されているフリーWi-Fi「BBモバイルポイント」も利用可能になります。

BBモバイルポイントは全国5,000カ所に設置されているので、Wi-Fiマルチパックに加入すれが外でWi-Fiが使える機会が増えます。東海道新幹線の車両にも設置されているので、国内旅行に行くときの通信制限対策としても活用できます。

 

Wi-Fiマルチパックを使うには光BBユニットのレンタルが必須

Wi-Fiマルチパックに加入するには、光BBユニットをレンタルしなければいけません。光BBユニットとは、ソフトバンク光が有料で貸し出しているブロードバンドルーターです。

 

Wi-Fiマルチパックと光BBユニットのレンタルはどちらも有料オプションなので、どちらにも加入すると利用料金がかさみます。ただ、後で紹介する条件を満たしていればWi-Fiマルチパックと光BBユニットの利用料金は安くなります。

 

光BBユニットはソフトバンク光の通信速度を安定させる鍵を握っているので、レンタルして損をするわけではありません。

 

Wi-Fiマルチパックの利用料金

Wi-Fiマルチパックだけの利用料金は高く、加入が必須になる光BBユニットのレンタル料金をあわせるとより月額が高く感じます。しかし、一定の条件を満たしていれば、Wi-Fiマルチパックと光BBユニットの利用料金を安くできます。

 

Wi-Fiマルチパックの利用料金は高い

Wi-Fiマルチパックの月額料金は990円となっています。他社の光回線サービスでは月額200円から500円で無線LANルーターをレンタルできるので、ソフトバンク光のWi-Fiマルチパックの利用料金は異様に高く感じますよね。

 

光BBユニットレンタルの料金をあわせると高い

先ほど説明した通り、Wi-Fiマルチパックを利用するには光BBユニットをレンタルしなければいけません。光BBユニットのレンタル料金は月額467円となっています。Wi-Fiマルチパックの利用料金をあわせると月額が1,457円になります。

 

Wi-Fiを使うために毎月1,457円も払うぐらいなら、自分で4,000円から10,000円ほどの無線LANルーターを買ったほうが良いと思いますよね。

 

おうち割光セットを受けるなら負担は小さい

しかし、ソフトバンク光で無線LANルーターをレンタルする料金は必ず高額になるわけではではありません。おうち割光セットを適用すると、光BBユニットレンタルとWi-Fiマルチパック、光電話がセットになったオプションパックを月額500円で利用できるからです。

おうち割光セットとは、ソフトバンクユーザーがソフトバンク光を契約して受けられるセット割引で、適用するとスマホ代が500円から1,000円安くなります。おうち割光セットを適用するには、上記のオプションパックへの加入が必須となっています。

 

光BBユニットとWi-Fiマルチパックが使えるうえに光電話もおまけに付いて月額500円なら、無線LANルーターのレンタル料金としては許容範囲といえます。

 

ソフトバンクユーザーでなければおうち割光セットが適用できないので、Wi-Fiマルチパックの利用料金が高くなってしまいます。

 

Wi-Fiマルチパックに必要性はあるのか

Wi-Fiマルチパックが必要になるのかは人それぞれで違います。Wi-Fiマルチパックが必要ない場合は、ソフトバンク光そのものがおすすめできないので、他社の光回線サービスをおすすめします。

 

Wi-Fiマルチパックは性能が高い

Wi-Fiマルチパックが必要なのか悩んでいる人の多くは、無線LANルーターとしての性能が良いのか不安に思っているのではないでしょうか?結論からいうと、Wi-Fiマルチパックの品質は高いので心配する必要はありません。

 

Wi-Fiマルチパックに加入して電波を飛ばす光BBユニットは、優れた品質を誇る証のIEEE802.11acに対応しているので、快適な通信速度を出してくれます。2階建ての戸建てや3LDKのマンションにWi-Fiを飛ばせる力も持っているので、性能は申し分ありません。

 

万が一、Wi-Fiが届かないスペースがあったとしても、家電量販店やAmazonで中継器を買えばフォローできるので問題ありません。

 

光BBユニットを使えば通信速度が安定する

さらに、光BBユニットは「IPv6」という接続方式に対応しているので、通信速度の安定性もピカイチです。IPv6は網終端装置を通らずにインターネットにアクセスする接続方式なので、利用者が増えて回線が混雑しやすい時間でも通信速度が安定させられる強みがあります。

「IPv6を使うなら自分で対応ルーターを用意すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、ソフトバンク光ではONUに光BBユニットをつながなければ接続方式をIPv6に切り替えられません。

 

つまり、ソフトバンク光の通信速度を安定させるためには、光BBユニットのレンタルが必須になるわけです。

 

結論:使うべきだがおうち割光セットを適用しよう

無線LANルーターとしての機能性と先ほど紹介した利用料金を踏まえて結論づけると、Wi-Fiマルチパックはソフトバンクユーザーが使うべきオプションだといえます。

 

ソフトバンクユーザーが使うべきオプションといえる理由は、おうち割光セットを適用させると利用料金が安くなる点にあります。おうち割光セットを適用できれば、光BBユニットのレンタルや光電話とあわせて月額500でWi-Fiマルチパックを利用できます。

 

おうち割光セットが適用できない他社のスマホユーザーがWi-Fiマルチパックを使うと、光BBユニットのレンタル料金とあわせて月額が1,457円になるのでおすすめできません。

 

さらに、ソフトバンク光では光BBユニットを利用しないと接続方式をIPv6に切り替えられません。ソフトバンクでスマホを使っていない人はソフトバンク光を避けて、簡単にIPv6が利用できる光回線サービスを選ぶべきです。

 

他社のスマホユーザーにおすすめの光回線

他社のスマホユーザーはソフトバンク光以外の光回線を選べといわれても、どのサービスが良いのかわからないですよね?ドコモユーザーにとってはドコモ光が、auユーザーにはauひかりがおすすめといえます。

 

ドコモ光はドコモのスマホ代が安くなるセット割引が受けられるうえに、対応プロバイダを選べばIPv6が利用できます。ただ、IPv6に対応したプロバイダを選ばなければ通信速度が不安定になるので、注意しなければいけません。

 

ドコモ光のプロバイダでおすすめはGMOとくとくBBです。GMOとくとくBBを経由してドコモ光を契約すれば、IPv6に対応した無線LANルーターを0円で利用できるからです。

auひかりもauのスマホ代を安くしてくれるうえに、通信速度が高く評価されています。

 

Wi-Fiマルチパックを解約する方法

Wi-Fiマルチパックの解約は簡単な方法で行えます。しかし、光BBユニットも解約する場合、返却を忘れないように注意してください。

 

ソフトバンク光のサポート窓口に電話をかける

Wi-Fiマルチパックの解約はユーザー用のオンラインサイトか全国のショップ、電話窓口で行えます。

 

オンラインサイトでは解約するときは最初にMy SoftBankへアクセスして、S-IDとパスワードを入力してログインします。S-IDとパスワードはソフトバンク光を契約したときに発行された書類に記載されています。

ログインが完了すれば次の画面で「オプションサービスのお手続き」をクリックして、さらに表示される画面で「お申し込み中サービスのみを表示する」をクリックします。

 

次に表示される画面でWi-Fiマルチパックの項目にある「お手続き」をクリックし、解約を選択すれば手続きは完了です。

 

最寄りのソフトバンクショップでもWi-Fiマルチパックの解約手続きができますが、契約者本人が身分証明書を持参して出向かないといけないので注意してください。下記の電話窓口に連絡すれば、口頭での解除手続きが可能です。

 

ソフトバンク光 サポート窓口
0800-111-2009

営業時間:10時~19時

 

光BBユニットレンタルも解約するならルーターを返却する

Wi-Fiマルチパックと一緒に光BBユニットのレンタルも解約する場合、先ほど紹介した方法での手続きが可能です。しかし、申し込んだ後に光BBユニットを返却しなければいけません。

 

返却しないと18,000円の違約金がされるので忘れないようにしましょう。

 

まとめ

Wi-Fiマルチパックとは、加入するとソフトバンク光の回線をもとにWi-Fiを利用できるオプションサービスです。

 

Wi-Fiマルチパックを使うには光BBユニットをレンタルしなければいけないので、1,457円の月額料金が必要になります。しかし、ソフトバンクユーザーならおうち割光セットを適用して、Wi-Fiマルチパックと光BBユニットレンタルがセットになったオプションパックを月額500円で利用できます。

 

ソフトバンクユーザーでなければ自分で無線LANルーターを用意したほうが得なうえに、光BBユニットをレンタルしないと通信速度が不安定になるデメリットがあるので、気軽にIPv6が利用できる他社の回線を契約しましょう。