光回線のおすすめ4選

Wi-Fiに繋ぐ時「インターネット接続なし(アクセスなし,未接続)」と出る原因と対処法!

Wi-Fiを長く使い続けていると、突然パソコンのWi-Fi設定画面に「インターネット接続なし」のメッセージが表示されて、Wi-Fiに接続できているのにインターネットが利用できなくなることがあります。

また、Wi-Fiを使いはじめて「インターネット接続なし」のメッセージが表示されて出鼻を挫かれることも珍しくありません。

 

パソコンに表示される「インターネットなし」のメッセージは、名前の通り周辺機器に不具合が起きてインターネットに接続できていないことを教えてくれています。

「インターネットなし」と表示される原因と対処法を知れば、簡単に問題を解消できるので焦る必要はありません。

 

ここでは、Wi-Fiにつなぐときに「インターネット接続なし」が出る原因と対処法を紹介します。

「インターネット接続なし」と表示されて困っている人は是非ご覧ください。

Wi-Fiにつないで「インターネット接続なし」と表示される意味を知ろう!

Wi-Fiに接続して表示される「インターネット接続なし」のメッセージは、名前の通りの状態であることを教えてくれています。

 

「インターネット接続なし」はルーターがネットにつながっていない状態

「インターネット接続なし」のメッセージは、パソコンをWi-Fiに接続するときに出てきます。

このメッセージが表示されると、Wi-Fiに接続できている状態にも関わらずインターネットを使うことができません。

 

 

あまり知られていませんが、無線LANルーターはインターネットに接続していない状態でも電源を付ければWi-Fiを飛ばすことができます。

インターネットに接続していない無線LANルーターが発信するWi-Fiにパソコンを接続すると、必ずと言っていいほど「インターネット接続なし」の表示が出ます。

 

ちなみに、「インターネット接続なし」のメッセージが表示されると、右下の扇マークにビックリマークが付きます。

 

スマホやタブレットでは表示されるメッセージが異なる

パソコンでは「インターネット接続なし」の他に、以下3種類のどれかのメッセージが出る場合がありますが、どれが表示されても意味はほとんど同じです。

 

「インターネットなし セキュリティー保護あり」

「インターネット未接続」

「インターネットアクセスなし」

 

パソコン以外の端末、スマホやタブレットでインターネットに接続していないWi-Fiに接続する場合、表示されるメッセージやアイコンは搭載されているOSで異なります。

 

Androidのスマホやタブレットでは、扇マークの側にビックリマークや×マークが表示されます。

OSをアップデートのバージョンによってはビックリマークや×マークが表示されず、ブラウザでウェブサイトを見ようとすると画面に「インターネットに接続されていません」というメッセージが表示されます。

iPhoneやiPadなどのiOSが搭載されている端末では、Wi-Fiの設定画面に「インターネット未接続」のメッセージが表示されます。

iOSデバイスでは場合によって「インターネット未接続」のメッセージが表示されず、ブラウザでウェブサイトを見ようとしたときに「ページを開けません。サーバが見つかりません。」というメッセージが出ることもあります。

Wi-Fiにつないで「インターネット接続なし」が表示される原因と対処法を紹介!

先ほどの解説を見るとわかりますが、「インターネット接続なし」と表示される原因は無線LANルーターがインターネットに接続していないことにあります。

ただ、無線LANルーターがインターネットに接続できていない原因はさまざまなので、これを掘り下げて知っておく必要があります。

 

原因その1.無線LANルーターに不具合が起きている

インターネットに接続できていない原因でもっとも多く見受けられるのは、無線LANルーターに不具合が起きていることです。

ほとんど電源を切ることが無線LANルーターは、長く使い続けると疲れて不具合を起こすことがあります。

不具合が起きると正常な動作をしなくなり、インターネットに接続できなくなります。

ただ、無線LANルーターの不具合は再起動させれば解消できることがほとんどです。

 

原因その2.契約している回線やプロバイダに障害が起きている

場合によっては、契約している回線やプロバイダに障害が発生して、無線LANルーターがインターネットに接続できないことがあります。

回線やプロバイダに障害が発生すると、復旧するのを待つしかありません。

 

障害が起きているかは、契約している回線の事業者やプロバイダの公式サイトで確認することができます。

ごく稀にですが、公式サイトには障害情報が記載されていないにも関わらず、サポート窓口に電話すると障害情報が確認できる場合があります。

細かな情報まで知りたい人は、回線事業者やプロバイダのサポート窓口に直接電話して障害が起きているのか聞いてみましょう。

 

原因その3.インターネットの接続設定に誤りがある

無線LANルーターの設定を間違えて、Wi-Fiに接続しても「インターネット接続なし」と表示されることも考えられます。

 

無線LANルーターを設置するときは、設定ツールでプロバイダから発行されたユーザー名とパスワードを入力しなければいけません。

入力するユーザー名とパスワードを間違えると無線LANルーターをインターネットに接続できず、「インターネット接続なし」と表示される原因となってしまいます。

 

「インターネット接続なし」と表示されたときは、無線LANルーターの設定ツールを起動してユーザー名とパスワードを入力し直してみましょう。

 

入力するユーザー名とパスワードは、プロバイダを契約した際に送付された書類に記載されています。

設定ツールの利用方法は無線LANルーターの種類ごとに異なりますが、スマホやパソコンのブラウザから起動することがほとんどです。

 

原因その4.デバイスが不具合を起こしている

スマホやタブレットが不具合を起こして、「インターネット接続なし」が表示されることも珍しくありません。

 

スマホやタブレットは電源をほとんど切らずに使うので、長い間に渡って働かせ続けると不具合を起こし、Wi-Fiやインターネット接続ができなくなることがあります。

ただ、スマホやタブレットの不具合は、再起動させれば解消できることがほとんどです。

 

原因その5.無線LANルーターとONUをつなぐLANケーブルが断線している

無線LANルーターはLANケーブルを使って回線の事業者からレンタルで提供されるONUにつなぎます。

LANケーブルが断線してしまうと無線LANルーターとONUの通信が切断され、インターネットに接続できない状態になり「インターネット接続なし」が表示される原因になります。

 

LANケーブルが断線した場合、新しいものを用意するしかありません。

利用しているLANケーブルが断線しているかは、そのケーブルでパソコンをONUにつなぐことで確認できます。

パソコンをONUに接続してインターネットが利用できなければ、LANケーブルが断線していると考えてください。

 

原因その6.ONU(モデム)が故障している

最悪の場合、契約している回線の事業者からレンタルしているONUが故障して「インターネット接続なし」が表示されることもあります。

 

ONUとは、はスマホやパソコンでインターネットを利用するために回線の信号を変換する機器です。

無線LANルーターはONUが変換した信号をWi-Fiという電波に変えて発信しています。

ONUが故障して稼働しなくなると、無線LANルーターがインターネットに接続しなくなり「インターネット接続なし」と表示されてしまいます。

ONUが故障した場合、契約している回線事業者のサポート窓口に連絡して修理をしてもらわなければいけません。

 

原因その7.ポケットWi-Fiを使っていてサービス提供エリア外にいる

ポケットWi-Fiを利用している場合、今いる場所がサービス提供エリア外であることが原因で「インターネット接続なし」のメッセージが表示されます。

 

WiMAXやY!mobileのポケットWi-Fiは全国の幅広いエリアで利用できますが、サービスが提供されていない地域も少なくありません。

ポケットWi-Fiを利用していて「インターネット接続なし」のメッセージが出る場合は、ポケットWi-Fiのディスプレイを見てみましょう。

ポケットWi-Fiのディスプレイに「圏外」の文字が表示されていると、今いる場所がサービスの提供エリア外である可能性は高いです。

(もちろん、ポケットWi-Fiに不具合が起きている可能性もあるので再起動も試してみましょう)

 

 

ポケットWi-Fiのサービスが提供されていない場所にいる場合、電波が行き届いている地域に移動しない限り「インターネット接続なし」の表示は消えません。

 

可能性はかなり低いですが、ポケットWi-Fiの本体ではなく挿入しているSIMカードが故障してデバイスの画面に「インターネット接続なし」のメッセージが表示されることもあります。

SIMカードが故障している場合、契約しているポケットWi-Fiの事業者に連絡して交換手続きをしてください。

 

原因その8.フリーWi-Fiの機器に不具合が起きている

かなり珍しいパターンですが、外出先でフリーWi-Fiを利用する際、飲食店や商業施設に設置されている機器に不具合が起きて「インターネット接続なし」と表示されることがあります。

 

フリーWi-Fiの機器に不具合が起きている場合、設置店舗のスタッフが再起動をさせるなどの対処をしない限り「インターネット接続なし」のメッセージを消すことができません。

最悪の場合だと、設置されているフリーWi-Fiの機器が故障している可能性もあります。

フリーWi-Fiを利用して「インターネット接続なし」のメッセージが表示されたときは、設置店舗のスタッフに機器の再起動などをお願いしてみましょう。

 

認証ができていないことで「インターネット接続なし」と表示されることもある

利用するフリーWi-Fiの種類によっては、認証作業ができていないことで「インターネット接続なし」のメッセージが出ることがあります。

 

ほとんどのフリーWi-Fiは、利用する際にログイン画面でIDとパスワードを入力して認証を済まさなければいけません。

 

※FREE Wi-Fi PASSPORTのログイン画面。

 

入力するIDとパスワードは、フリーWi-Fiを提供している事業者の公式サイトなどで発行できます。

 

ちなみに、携帯電話キャリアは自社ユーザーだけが利用できるフリーWi-Fiを全国に設置していて、あらかじめスマホで設定を行っておけば認証作業をせずに接続できます。

 

※ソフトバンクのスマホではあらかじめ設定をしておくことで、このシールが貼られている店舗で認証作業をせずにフリーWi-Fiを利用できます。

 

携帯電話キャリアのフリーWi-Fiに接続して「インターネット接続なし」のメッセージが表示される場合は、設定に問題がないか確認してみましょう。

設定に問題がなければ、設置されているフリーWi-Fiの機器に問題がある可能性が高いです。

 

まとめ

パソコンのWi-Fi設定画面に「インターネット接続なし」のメッセージは、無線LANルーターやONUがインターネットに接続できていないことを意味しています。

 

以前から正常にWi-Fiを利用できていたのに突然「インターネット接続なし」のメッセージが表示される場合、無線LANルーターやONUに不具合が起きていることが多く、再起動させれば問題を解消できます。

また、スマホやタブレットを再起動させて「インターネット接続なし」の表示が消えることもあります。

 

インターネット回線を契約して間も無いときは接続設定に誤りがある可能性が高いので、再度設定を行いましょう。

ポケットWi-Fiを利用している場合は、ルーターのディスプレイに圏外の表示がないか見てみましょう。