光回線のおすすめ4選

Wi-Fiの0000docomo/0001docomoとは?セキュリティは安全?パスワードは何か解説!

街中でスマホのWi-Fi設定画面を開くと、SSIDの一覧に0000docomoや0001docomoの文字が表示されるときがあります。0000docomoと000docomoが表示されるときは、周りにドコモが提供するフリーWi-Fiが飛んでいます。

 

ドコモのフリーWi-Fiは対象者であれば無料で利用でき、使い心地も悪くありません。

 

ここでは、0000docomoや0001docomoはどんなWi-Fiなのか解説しています。便利なWi-Fiなのか、本当に使って大丈夫なのか気になっている人はぜひご覧ください。

0000docomo/0001docomoはドコモが提供するフリーWi-Fi

0000docomoと0001docomoは、ドコモが全国各地のカフェや商業している設置しているフリーWi-FiのSSIDです。ドコモのフリーWi-Fiは品質が高いので、接続すると快適なインターネット通信が利用できます。

 

ただ、無料で利用するには条件があり、人によっては料金を払わないと使えません。

 

ドコモWi-Fiの仕組み

Wi-Fiには自宅に導入した光回線の通信を無線に変えたものと、WiMAXなどのモバイルルーターがモバイル用回線の通信を無線に変えたものの2種類があります。フリーWi-Fiにも設置場所に導入した固定回線を無線に変えたものと、アクセスポイントを設置してモバイル向け回線を無線に変えたものの2種類があります。

 

固定回線を大もとにしたフリーWi-Fiは通信速度が安定しやすいですが、アクセスポイントを設置して発信されているWi-Fiは通信速度が遅くなりやすく、ホームページの読み込みすら遅いと感じる事例が少なくありません。

 

ドコモのフリーWi-Fiは店舗や施設に導入されたドコモ光の回線が大もとなので、通信速度は安定しやすいといえます。

 

※ドコモが設置しているフリーWi-Fiの仕組みのイメージ。

 

ただ、設置された場所ごとに同時に接続できるデバイスの台数に上限があるので、混雑している場所で利用すると通信速度が遅くなる場合もあります。

 

ドコモユーザーなら無料で利用できる

0000docomoと0001docomoはドコモが自社ユーザー向けに無料で提供しています。つまり、ドコモ回線を使っているスマホからなら無料で接続できるわけです。

 

厳密には300円の月額料金が設定されていますが、2012年9月から永年無料キャンペーンが実施されています。キャンペーンの終了アナウンスもされる予定がないので、利用料金はからないと思っていいでしょう。

 

無料で利用するには対象の料金プランへの加入が必要ですが、ドコモでスマホを契約すれば確実にクリアできるので気にする必要はありません。

 

ドコモ回線を利用するスマホを持っていればパソコンやタブレットも0000docomoや0001docomoに接続できますが、300円の月額料金が必要です。

 

他社ユーザーは月額1,500で利用できる

他社のスマホユーザーが0000docomoや0001docomoに接続するには、1,500円の月額料金を支払わなければいけません。ソフトバンクやauの回線でスマホを使っていれば、無料でソフトバンクやauのWi-Fiスポットに接続できるので、わざわざ毎月1,500円を払ってまでドコモのフリーWi-Fiを使う必要はありません。

 

ワイモバイルやUQ mobileの回線でスマホを使っていても、無料で対象のフリーWi-Fiに接続できます。その他の格安SIMでは有料オプションとして対象のフリーWi-Fiへの接続サービスを提供していて、月額は200円から500円ほどと安めです。

 

ですので、ドコモ回線でスマホを使っていない限り、0000docomoと0001docomoを利用する必要はないと思ってください。

 

海外からの旅行者向けに有料での提供もされている

0000docomoと0001docomoは旅行で海外から日本に来た人に向けても有料で提供されています。利用料金の支払いはプリペイド式(前払い)となっていて、購入するプランごとに接続できる期間と料金が変わります。

 

「海外からの旅行者が0000docomoを利用した場合の料金」

利用期間利用料金
1日360
1週間900円
3週間1,300円

 

0000docomo/0001docomoに安全性はあるのか

フリーWi-Fiはセキュリティに弱点があるので、利用を控えている人は多いのではないでしょうか?0000docomoと0001docomoも例外ではなく、セキュリティに弱点を抱えているので、接続するときは前もって対策をしておかなければいけません。

 

アクセスポイントとデバイスの間はセキュリティが保護されている

ドコモの公式サイトでは、0000docomoと0001docomoはセキュアな通信だからビジネス用途でも安心して使えると記載されています。

 

上記の記載内容は事実で、設置されているアクセスポイントとデバイスの通信は保護されているので安心です。他のフリーWi-Fiはアクセスポイントとデバイスの通信が保護されていないので、ドコモのフリーWi-Fiは品質が良いことがわかりますね。

 

0000docomoと0001docomoを使うときの注意点

しかし、アクセスポイントとデバイスの通信が保護されているからといって安心はできません。0000docomoと0001docomoに接続する場合、アクセスポイントの向こう側にある情報を行き交うサーバーが保護されていないからです。

 

サーバーが保護されていないと、個人情報を送受信するときにデータが第三者に盗まれる恐れがあります。ですので、0001docomoと0001docomoに接続するときは、個人情報の送受信を控えるかデバイスにセキュリティソフトを導入しておかなければいけません。

 

セキュリティソフトを導入せずに接続する場合は、SSL保護がされているウェブサイトだけ見るようにしてください。SSLで保護されているウェブサイトを見ると、ブラウザのURL欄に鍵マークが表示されます。

 

URL欄に鍵マークが表示されないウェブサイトで個人情報を入力して送信すると、第三者に情報を盗まれる危険があるので閲覧は控えてください。

 

0000docomo/0001docomoが利用できるエリア

当たり前の話ですが、0000docomoと0001docomoはフリーWi-Fiなので、設置された場所でしか利用できません。しかし、大手企業のドコモが提供しているだけあって、全国のさまざまなお店や施設で利用できます。

 

設置されているお店や施設を挙げればキリがありませんが、代表的なところを表にまとめただけでも以下の量になります。

 

「0000docomo/0001docomoの代表的な設置店舗・施設」

カテゴリー店舗名
飲食店エスプレッソアメリカーノ、カフェソラーレ、ケンタッキーフライドチキン、シアトルズベストコーヒー、スターバックス コーヒー、タリーズコーヒー、デニーズ、ファーストキッチン、プロント、ロッテリア
コンビニセブンイレブン、ファミリーマート、ローソン
商業施設イエローハット、イトーヨーカドー、恵比寿ガーデンプレイス、オートバック、西武池袋本店、西武渋谷店、サンシャインシティアルパ、
交通機関つくばエクスプレス、東京メトロ、新潟空港、羽田空港、
その他の施設大阪国際会議場(グランキューブ大阪)、東京シティ競馬、東京ミッドタウン、パシフィコ横浜、パナソニックセンター、フジテレビ、幕張テクノガーデン、幕張メッセ、丸ビル、ラクーア、全国の商工会議所

 

馴染みのあるチェーン店にも設置されているので、0000docomoと0001docomoは利用できる機会が多いといえます。上記の店舗や施設以外への設置も進んでいるので、今後は0000docomoと0001docomoが利用できる場所がより増えるでしょう。

 

0000docomo/0001docomoの通信速度

フリーWi-Fiは通信速度が遅いと思われがちですが、ドコモのフリーWi-Fiに限っては例外といえます。0000docomoと0001docomoを使った多くの人は通信速度が早いと感じているからです。

 

他社のフリーWi-Fiの通信速度

フリーWi-Fiの通信速度は遅いというイメージは決して間違いではありません。ソフトバンクユーザーである筆者が無料で利用できるソフトバンクのWi-Fiスポットの通信速度を計測すると、動画の読み込みが遅くなるほどの数値を叩き出します。

 

※筆者のiPhoneでソフトバンクが設置するWi-Fiスポットの通信速度を計測した数値。

 

ソフトバンクのWi-Fiスポットは設置場所によって大もとの回線が固定かモバイル向けかが違うので、利用する店舗や施設によっては使い心地が悪く感じます。その他のフリーWi-Fiもモバイル向け回線が大もとになっている場合が多いので、通信速度が遅い可能性が高いです。

 

ドコモのフリーWi-Fiの通信速度

筆者はソフトバンクユーザーなのでdocomoのフリーWi-Fiの速度を計測できませんでしたが、Twitterで利用者からの口コミを見ると使い心地は良いように見受けられます。

 

 

0000docomoの通信速度は0001docomoより遅いという声も挙がっていますが、7Mbpsから8Mbpsも出れば動画視聴もできるので、フリーWi-Fiのなかでは優秀な部類と思っていいでしょう。

 

 

0000docomoと0001docomoの通信速度が速い理由は仕組みにあります。ドコモのフリーWi-Fiはどこで利用してもドコモ光の光回線が大もとになります。光回線が大もとになれば、モバイル向けの回線を大もとにするフリーWi-Fiよりも通信状態が安定します。

 

ただ、混雑している場所ではアクセスポイントが設けている上限を超える人が同時に利用する可能性があるので、通信速度が低下する可能性がある点は頭の片隅に入れておきましょう。駅でドコモフリーWi-Fiを使うと、高い確率で通信速度が遅くなります。

 

 

0000docomo/0001docomoを使う方法

ドコモが設置しているフリーWi-Fiを使う方法は、ドコモユーザーであるかで大きく変わります。ドコモユーザーなら簡単に利用できますが、他社ユーザーだと少々面倒です。

 

ドコモユーザーの場合

ドコモのスマホユーザーがドコモのフリーWi-Fiに接続する場合、0000docomoか0001docomoのどちらを利用するかで設定方法が変わります。

 

0000docomoはパスコード入力が必要

0000docomoに接続する場合は設定画面でパスワードを、ログイン画面でユーザーIDとパスワードを入力しなければいけません。入力するIDとパスワードは、dメニューにアクセスしてMy docomoに進めば画面の指示に従いながら以下の手順で確認できます。

 

  • 「設定(メール等)」を選択する
  • 「docomo Wi-Fi設定の確認・変更」を選択する
  • ネットワーク暗証番号を入力して「暗証番号確認」を選択する
  • 設定画面で表示するパスワードとログイン画面で入力するユーザー名とパスワードが表示される

 

最後の画面で表示されるセキュリティキーは設定画面で入力する、docomo Wi-FiユーザーIDとパスワードはログイン画面で入力します。

 

上記の手続きが終われば、次にデバイスの設定アプリを開いてWi-Fi機能をONに、表示されているSSIDのなかから0000docomoを選択してください。次にパスワードの入力画面が表示されるので、先ほど確認したセキュリティキーを入れて右上の接続を選択します。

 

次にログイン画面が表示されるので、プルダウンメニューを「SPモード」にあわせて、先ほど確認したdocomo Wi-FiのユーザーIDとパスワードを入力して「ログイン」を押してください。

 

以上で0000docomoへの接続設定は完了です。

 

なお、ログイン画面で「次回からユーザーID/パスワードの入力を省略」にチェックを入れてログインすると、最大で30日間は0000docomoへ自動接続できます。ただ、設置場所でWi-Fi機能をONにしてブラウザを起動し、表示されたログイン画面で「ログイン」を押す必要があります。

 

0001docomoはSIM認証だから自動で接続できる

0001docomoを利用する場合、端末に挿入しているSIMカードで認証が行われるのでパスワードなどを入力する必要がなく、設置場所でWi-Fi機能をONにすれば自動で接続されます。

 

他社のスマホユーザーの場合

ドコモ以外のスマホユーザーが0000 docomoや0001 docomoに接続する場合、最初にドコモショップに行って申し込みをしなければいけません。また、他社ユーザーはSIMカードでの認証ができないので、どちらのSSIDを選んでも先ほど紹介した0000 docomoに接続する手順で設定しなければいけません。

 

接続するときに入力するユーザーIDやパスワードは、ドコモショップで申し込んだ際に確認できます。

 

海外からの旅行者の場合

海外から旅行に来た人が0000 docomoや0001 docomoを利用するときは、最初に「docomo Wi-Fi for visitors」の公式サイトでオンライン申し込みを行います。

参考 docomo Wi-Fi for visitors

申し込み画面ではプランを選択して、自分のメールアドレスと利用料金を支払うクレジットカードの情報を入力します。

 

利用料金はクレジットカードでしか支払えないので注意してください。

 

申し込みが完了すれば、入力したアドレスにユーザー名やパスワードが記載されたメールが送られてきます。ユーザー名とパスワードが確認できたら、スマホの設定アプリを開いて先ほど紹介したのと同じ手順で設定を行います。

 

ただ、海外の旅行者向けのサービスとして利用する場合は、ログイン画面で左上の「docomo Wi-Fi for visitors」をタップしてからユーザー名とパスワードを入力しなければいけないので気をつけてください。

 

0000docomo/0001docomoにつながらない4つの原因と対処法

ドコモのフリーWi-Fiに接続できない、接続したのにホームページや動画を読み込めないときは、今から紹介する4つのうちのどれかが原因です。原因によって自分で対処できる場合とできない場合があります。

 

デバイスに不具合が起きている

フリーWi-Fiを使う場合に限らず、インターネットにつながらないときの定番といえる原因はスマホの不具合です。

 

スマホは基本的に電源を切らずに使うアイテムですが、長く使い続けると動作ログが溜まりすぎて正常な動作をしなくなります。しかし、スマホを再起動させれば動作ログが消えて、正常にインターネット通信ができるようになります。

 

スマホに動作ログが溜まりすぎてインターネットがつながらなくなるパターンは珍しくないので、困ったときはとりあえず再起動させてみましょう。

 

設置されている通信機器に不具合が起きている

自宅のWi-Fiを使っていると、無線LANルーターやONUに不具合が起きてWi-Fiやインターネットがつながらなくなる場合があります。

 

無線LANルーターやONUはサーバーへのアクセスログが蓄積される仕組みなっていて、長く使っていると溜まりすぎたログが周辺機器を圧迫して不具合を発生させてしまうからです。ルーターやONUの不具合が原因でWi-Fiが使えなくなるパターンは少なくありません。

 

ドコモのフリーWi-Fiで使われるアクセススポットなどの周辺機器も同じで、電源を切らずに動作させ続けるとログが溜まりすぎて不具合が起きます。周辺機器に不具合が起きたときは、再起動させればログが消去されて正常に動作されます。

 

0000docomoや0001docomoにつながらない、もしくは接続できてもインターネット通信ができずスマホを再起動させても問題が解決できないときは、設置場所のスタッフさんにお願いして再起動してもらうのも1つの手です。

 

利用者が多くて混雑している

Wi-Fiは設置されているアクセスポイントごとに同時接続できるデバイスの台数に上限があります。上限以上のデバイスを同時につなぐことはできますが、通信が混雑して速度が著しく落ちてしまいます。

 

0000docomoと0001docomoは不特定多数の対象者が利用できるWi-Fiなので、接続するデバイスが多すぎて混雑して通信速度が急激に低下する可能性があり、最悪の場合だとホームページすら見られなくなってしまいます。

 

利用者が多く混雑が発生している場合は自分で対処できません。

 

大もとの回線に通信障害が起きている

あまり見かけませんが、大もとの回線に通信障害が起きてインターネットに接続できくなる場合があります。通信障害が起きている場合は復旧するのを待つしかなく、スマホの4G回線を使うしかありません。

 

まとめ

0000docomoや0001docomoはドコモが設置しているフリーWi-FiのSSIDです。ドコモのフリーWi-Fiはドコモユーザーであれば無料で利用できます。しかし、他社のスマホユーザーが利用する場合は1,500円の月額料金がかかるので、他のフリーWi-Fiを利用しましょう。

 

フリーWi-Fiは通信速度が遅いと思われがちですが、0000docomoと0001docomoは光回線が大もとなので通信速度は速い部類に入ります。ただ、セキュリティ面に不安があるので、利用するときはスマホにセキュリティソフトを入れておきましょう。